Mitsuwa Interio STAFF BLOG「ミツワインテリア」のスタッフ・ブログでは、日々の施工事例や新着情報をご紹介しています。

魅力的なファブリックとアクセサリーで表現するコンテンポラリー&エレガンスの窓辺

2020年08月17日

コンテンポラリー&エレガンス インテリア カーテン レース

現代的な個性の中にも静かにしっとりと佇む大人の空間を演出してくれる、コンテンポラリー&エレガンスの窓辺。

洗練を尽くしたモダンデザインの中に普遍的な美しさを持つ貴金属やジュエリーのニュアンスを落とし込むことで更なる上質を表現したミックススタイルです。

 

コンテンポラリー インテリア カーテン レース 組合せ

今回、お客様の目にとまったのがこちらの展示品。

カーテン、レースともにコンテンポラリー&エレガンスのコレクションを多数揃えている『FEDE RICCO(フェデリッコ)』のファブリックからお選びいただきました。

 

厚手の 「ROIZ(ロイス)」は、ポリエステル(72%)と綿(28%)の混紡生地で、シルキーな光沢とマットな綿素材の風合いが特長。
シンプルデザインの中に
収縮糸で表現した凹凸感を落とし込むことで軽やかさの中にも程良いボリューム感が得られる仕上がりになります。

 

RC523 ロイス ROIZ フェデ

今回の採用色は、シルキーなクリスタルグレーが魅力の RC523-02です。

 

続いて、滑らかな質感のシアーが特徴の 「BACCARAT(バカラ)」は、ポリエステル100%の組成。

採用色は RC604-01です。

 

BACCARAT バカラ レース RC604

透明感のあるベースは多色効果による僅かな玉虫があり、その上にバックカットされたメタリカルな織物が浮かぶ上質な佇まいが人気です。

 

 

ジャクリーヌ 装飾タッセル 179

今回、コンテンポラリー&エレガンス ファブリックを引き立たせるアクセサリーには、ファブリックが持つメタリカルな素材感を引き立たせるシルバーのカーテンレール(「グレイスフィーノ19」)と、シックな表情を持つ厚地と同形状のジュエリー部を持つ装飾タッセル(「ジャクリーヌ 179」)を組合わせました。

 

RC523 ロイス ROIZ ローマンシェード

小窓は、生地の魅力を平面で表現するローマンシェードスタイルとしましたが、敢えてダブルタイプにはせず、レースを窓枠内での揺らぎが感じられるカフェカーテンにしました。

規則的なモダン表現の中にエレガンスの要素を落とし込むことでコンテンポラリー&エレガンスの窓辺をさりげなくひきたててくれました。

 

◆ 当社・『オーダーカーテン』の特集ページ を見る。
https://www.mitsuwa-i.com/sub2.htm


◆ 当社・『輸入カーテンの特集ページ』を見る。

https://www.mitsuwa-i.com/inhouse-2.html

 

ミツワインテリア:  https://www.mitsuwa-i.com/

 


  • 「新着展示品」 紹介
  • Trackback(0)
  • 魅力的なファブリックとアクセサリーで表現するコンテンポラリー&エレガンスの窓辺 はコメントを受け付けていません
  • at 7:27 PM
  • posted by 管理者
2021年4月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930