Mitsuwa Interio STAFF BLOG「ミツワインテリア」のスタッフ・ブログでは、日々の施工事例や新着情報をご紹介しています。

月別アーカイブ: 2021年6月

調光ロールスクリーン『FUGA』の「ACコレクション」。新遮熱生地(AC-2303)納品事例。

2021年06月26日

FUGA 調光ロールスクリーン 新遮熱 AC-2303 シルバーホワイト

FUGA 調光ロールスクリーン ACコレクション 遮光

西日の強いリビング・ダイニングの窓に、調光ロールスクリーン『FUGA』・「ACコレクション」収録の新遮熱生地(AC-2303・ホワイト)をご採用いただきました。

 

新遮熱の開発コンセプトは、寝室などで必要とされる就寝用途のしっかりとした遮光生地で遮熱するのではなく、強い陽射しが差し込むLD等の窓でも眩しさを適度に軽減しながら過ごしたいというお客様ニーズを叶えた生活遮光を兼ねた遮熱生地です。
遮光性は控えめですが、高密度の織りによってむ、生地を閉じた時の遮熱性能は同社の採光生地との比較で
5~6℃、他社製品との比較を含めると最大で-8℃程度優れた遮熱性を有しています(※メーカー社内試験による)。

 

FUGA「ACコレクション」
採光生地と新遮熱について。

FUGA 調光ロールスクリーン 新遮熱生地 ACコレクション 展示品 取扱店

 

FUGA ACコレクション カラーバリエーション

ミツワインテリアでは、調光ロールスクリーン『FUGA』の新作「ACコレクション」(※ADVANCED COLLECTION・アドバンスド コレクション)の展示サンプルを全点ご用意しています。

ACコレクションの展開色は、AC-1303(オフホワイト)、AC-1302(シャンパン)AC-1711(グレージュ)の採光生地に加えて今回ご紹介の新遮熱・AC-2303(シルバーホワイト)を加えた全4配色となります。

価格設定は、採光の「ACコレクション」は従来採光生地の「BASIC」と同価格設定、新遮光は従来遮光生地の「BLACKOUT」と同価格設定となっております。

 

「ACコレクション」と従来生地である「PLAIN」、「BASIC」、「BLACKOUT」との主な違いは以下のとおり。

① スラット(羽根)幅が従来生地よりも5mm広くなりました(※従来生地:55mm →  AC生地: 60mm)。

② 生地の変更により前側レース端部に出来やすい糸ほつれの問題が解消されました。

③ 新遮熱においてはスラット全閉状態での重なり幅を増やすことでダイレクトな光の侵入を抑え、遮熱性能を向上させることができました。

遮光生地の仕組みは、生地に織り込む黒い横糸の量と密度で遮光性を調整するのですが、生地の織り方、糸の密度、生地の色と濃淡によって遮光性に違いが出ることと、黒糸の使用で生地全体が暗くくすみがちになるというデメリットがあります。

対してAC-2303(ホワイト)商業空間で特注された際に求められたニーズ、つまり、従来生地より白糸を高密度に織ることで生地のくすみを抑えること、程よい採光が得られる暗くなり過ぎない遮光生地であること、織の密度を上げることで生地の遮熱性を高めること、といった課題に向き合った生地ですので、本事例の様に一般住宅での西日対策などでおすすめしやすいアイテムとなりました。

 

「ACコレクション」
採光生地と新遮熱生地の比較

FUGA ACコレクション AC-1303 オフホワイト

FUGA ACコレクション 価格

こちらは先日の事例紹介でもご案内した、採光・AC-1303(オフホワイト)の展示品と納品イメージ。

スラット(※不透明生地部分)幅が60mmと従来品より5mmサイズアップして、大型窓を意識したものになっていますが、採光生地の場合、スラットの重なり幅自体は従来生地と変わりありません。

 

FUGA ACコレクション AC-2303 ホワイト 価格 取扱店

FUGA 調光ロールスクリーン 新遮光生地 AC-2303 特徴

そしてこちらが本事例でご紹介している、新遮熱生地・AC-2303(シルバーホワイト)の展示イメージ。

表面の生地はホワイトですが、内部に黒い横糸を織りこんでいる関係で淡いグレイの表情を持った風合いとなります。

60mmスラットの背部を完全に閉じると前後に15mmの重なりができて上方からの光漏れを抑制します。
(※この特殊機能は、日本・韓国・中国での特許を取得しています。)

生地自体は弱めの遮光であってもスラット構造としての遮光性は高いといった特徴を持っているのです。

 

リビング 調光ロールスクリーン 西日対策 遮光 

こちらは西日が強い時間帯での納品イメージ。

(※陽射しの強い時間帯はレースが光るため外部が見えにくくなりますが、通常は程良い透過性が得られます。)

 

生地自体は採光生地寄りの遮光性がありますので部屋は必要以上に暗くなりませんが、スラット間からの光漏れを抑える高遮蔽で不快な光のちらつきと熱気を抑えることができました。

この様にスラットを閉じて遮熱効果を上げたい日中でも、室内照明を点けることなく過ごせる程良い明るさが得られるため、リビング・ダイニングなどで使いやすくなっています。

 

 

デスク側に対面する南向きの窓も、眩しい時間帯での読書や書き物を妨げない快適に過ごせる快適な窓辺になりました。

以上、本日は調光ロールスクリーン『FUGA』・ACコレクション」と新遮熱生地(AC-2303・シルバーホワイト)の特徴と機能性について事例を交えてご紹介させていただきました。

ミツワインテリアでは、従来品の「PLAIN」、「BASIC」、「BLACKOUT」に加え「ACコレクション」の展示品をご用意しております。
また、必要に応じて現地お打合せ時に実際の窓辺でご確認いただくサービスも行っておりますので、ご興味のあるお客様はお気軽にご相談ください。

 

◆ 当社・『調光ロールスクリーン』の特集ページ
https://www.mitsuwa-i.com/shilhouette.html

 

ミツワインテリア: https://www.mitsuwa-i.com/

 

  • スクリーン(その他)
  • Trackback(0)
  • 調光ロールスクリーン『FUGA』の「ACコレクション」。新遮熱生地(AC-2303)納品事例。 はコメントを受け付けていません
  • at 3:40 PM
  • posted by 管理者
2021年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930