Mitsuwa Interio STAFF BLOG「ミツワインテリア」のスタッフ・ブログでは、日々の施工事例や新着情報をご紹介しています。

月別アーカイブ: 2021年10月

『ONE SIXTY』珠玉の壁紙とファブリック。サンダーソン・160周年記念コレクションカタログを入荷しました。

2021年10月28日

『ONE SIXTY』~ 珠玉の壁紙とファブリック。
サンダーソン・160周年記念コレクション。

ONE SIXTY サンダーソン 壁紙 ファブリック カタログ 取扱店

本日ご紹介するのは、英国・Sandersonブランドの160周年を記念して作られたたアニバーサリーコレクションブック、『ONE SIXTY』。

Sanderson(サダーソン)ブランドの始まりは、1860年に創業者であるアーサー・サンダーソンがロンドンのソーホースクエアにショールームを構え革新的な壁紙を発表し始めたことに端を発しますが、創業以来、ヒット作を生み出し続けて、英国のみならず世界のインテリアシーンに大きな影響を与えるブランドへと成長しました。

今回の160周年記念コレクションでは、サンダーソンの歴史の中でも特に象徴的な種類のパターンを集めた「壁紙」「ファブリック」のコレクションをカタログでリリースいたしました。

 

コレクションの醍醐味は、カントリーな風景からインスピレーションを受けた伝統的な花柄デザインに加え、その伝統的なデザインをビビットな配色で展開した珠玉の壁紙とファブリックを、それぞれを単独、あるいはコーディネートして空間に採り入れることで作品の魅力と世界観の奥深さを堪能することにあります。

 

『ONE SIXTY 』
FABRIC COLLECTION

 
ONE SIXTY サンダーソン ファブリック カタログ 取扱店
 

『ONE SIXTY 』
WALLPAPER COLLECTION

 
ONE SIXTY サンダーソン 壁紙 カタログ 取扱店
 

収録アイテムは「生地コレクション」、「壁紙コレクション」ともに31柄と見ごたえ十分です。

ミツワインテリアでも各カタログをご用意しておりますが、本日は収録アイテムの一部をご紹介させていただきます。

 


 

生地&壁紙のコーディネート

Chelse チェルシー バラ 壁紙

Chelse チェルシー 壁紙 サンダーソン

Chelse チェルシー バラ ファブリック

Chelse チェルシー バラ ファブリック 取扱店

 
ケニス・トリューマンによる典型的なサンダーソンのフローラルデザインとして 1957 年から受け継がれている「Chelsea(チェルシー)」

1950年代に一世を風靡した典型的なバラのブーケをイメージしたプリントデザインは普遍的な定番としての位置を確立した感があります。

Sandersonブランドののコレクションブック『Vintage Ⅱ』では2配色の壁紙と、4配色のファブリック(組成  麻:53%、綿:35%、ナイロン:12%)が紹介されていますが、『ONE SIXTY』ではコットン(綿)100%を含めた発色豊かな3配色を追加しました。
 



 
ファブリック編
 

「Sorilla」

Sorilla ソリラ 薔薇柄 カーテン

Sorilla ソリラ パラ柄 ファブリック

1950年代のサンダーソンスタジオで当時のデザイナーであったトゥルーマン氏によって描かれた伝統的なデザインの「Sorilla(ソリラ)」は、フランスの花柄デザインからインスピレーションを受けたビンテージ感のあるファブリックです。

ONE SIXTY』では、クラシカルな柄はそのままに、21世紀のコンテンポラリーな雰囲気に合うカラー展開で表現しました。
 

 

「Stapleton Park」

Stapleton Park サンダーソン ファブリック 取扱店

Stapleton Park サンダーソン ファブリック

 

「Roslyn 」

Roslyn サンダーソン ファブリック

Roslyn サンダーソン ファブリック 取扱店 価格

 


 

壁紙 編

Hykenham サンダーソン 壁紙 取扱店

Hykenham サンダーソン 壁紙 価格

 

 

Caverley サンダーソン 壁紙 取扱店

 Caverley サンダーソン 壁紙 価格

 

 

Very Rose And Peony サンダーソン 壁紙 取扱店

Very Rose And Peony サンダーソン 壁紙 価格

 


 

以上、本日は英国・Sandersonブランドの160周年を記念して作られたたアニバーサリーコレクションブック『ONE SIXTY』をご紹介させていただきました。

大判カタログですので、壁紙、ファブリックともに約50cm角大のサンプルでご覧いただけます。

英国からの取寄せ納期は約2週間(※施工、縫製納期等は含まず)ですので、ご新築からリフォーム、掛け替えなどのタイミングで是非ご検討ください。

 

◆ 当社・『輸入カーテンの特集ページ』を見る。
https://www.mitsuwa-i.com/inhouse-2.html

◆ 当社・『輸入壁紙施工の施工事例集』 を見る
https://www.mitsuwa-i.com/yunyuu-k.htm

 

ミツワインテリア:https://www.mitsuwa-i.com/

 

  • 「新着展示品」 紹介
  • Trackback(0)
  • 『ONE SIXTY』珠玉の壁紙とファブリック。サンダーソン・160周年記念コレクションカタログを入荷しました。 はコメントを受け付けていません
  • at 8:45 PM
  • posted by 管理者

ウィリアム モリス『MORRIS ARCHIVE IV』コレクション 。収録生地納品事例。

2021年10月07日

『MORRIS ARCHIVE IV』 
THE COLLECTOR FABRICS

ウィリアム モリス MORRIS ARCHIVE IV カタログ 

本日は世界的なベストセラーである『MORRIS ARCHIVE』の第4弾コレクションブック・『MORRIS ARCHIVE IV』 – THE COLLECTOR FABRICS 収録のファブリックをご採用いただいた事例紹介です。

 

ウィリアム モリス MORRIS ARCHIVE IV 価格

このアーカイ ブックンに付けられたタイトルは、『THE COLLECTOR』

デザイナーとしてだけでなく、ペルシャ絨毯やインドの染色テキスタイルの専門家という顔も持ち合わせていたウィリアム・モリスが、彼個人の収集品やオリエントのテキスタイルから刺激され創作したものを基につくられたコレクションです。

生地の詳細は発売元であるマナトレーディングの特集ページよりご覧いただけますが、8柄のプリント生地と刺繍生地が収録されており、カーテンやクッション用のファブリックとしてクラシカルだけでなく、モダン空間でのコーディネートにもお使いいただけます。

 

ウィリアム モリス  Bullerswood ファブリック カーテン

こちらは、『THE COLLECTOR』収録作品の中の1つ「Bullerswood」のご採用事例。

リビンク゛と洋室エリアを開放して使うことができる、マンションご入居前の納品事例です。

 

ウィリアム モリス  Bullerswood 価格

「Bullerswood」は、1893年開催のアーツアンドクラフツ協会の展示会で発表された、マートンアビー工房による手織りカーペットからインスパイアされた作品で、ケルムスコットハウスのダイニングに飾られていた大きなペルシャ絨毯をベースに描かれたと言われています。

『THE COLLECTOR』では4配色をご用意していて、今回はブラックのベースカラーとアンティーク調の色使いで表現した色番:226393を遮光裏地との組み合わせでご採用いただきました。

 

ウィリアム モリス  Bullerswood 柄 リピート

139cmの生地巾いっぱいを1リピートで表現した大柄は、縦リピートも103cmあり、伝統的なペルシャ絨毯の花瓶デザインを大胆かつ個性的に表現しています。

この様なビッグ・リピートの生地でドレープカーテンを仕立てる場合に注意するポイントとして、2倍ヒダ(3ツ山)や1.5倍ヒダ(2ツ山)などの倍率だけにとらわれず、製品幅の中に本来の生地巾を無駄なく落としこむ配慮が必要な場合があります。

1窓だけの場合は配慮し易いのですが、複数窓での統一感を考える場合は窓幅の相違により難しい場合があります。

 

ウィリアム モリス  Bullerswood カーテン 事例

今回の場合、リビング側の窓は製品幅W228cmで仕立てていますが、139cmの生地巾を3巾接ぎ合せて無駄なく使いきることで約1.83倍のヒダ倍率となりました。

 

リビング側との統一感を求めたい洋室側の窓は製品幅W150cmで仕立てていますが、139cmの生地巾を2巾接ぎ合せて無駄なく使いきることで約1.85倍のヒダ倍率となりました。

今回は、たまたまですがリビングとほぼ同じヒダ倍率で揃えることが出来ましたので、ご採用生地の柄リピートと窓との相性が良かった好例となりました。

 

その他、柄の特性を考慮して通常縫製とは異なる納めを考えたのがこちらの脇部の納め方。

 

ストライプ柄端部の接ぎ代が少ない生地であったため、通常では切り落として使用しない耳の部分も折り返しとして使うことで脇のボーダー柄を途切れさせることなく製品に表現することができました。

個性の強い輸入生地を取扱う場合は提案の引き出しを多く持つことが必要です。

 

◆ 当社・『ウィリアム・モリスの特集ページ』を見る。
https://www.mitsuwa-i.com/inhouse.htm

 

ミツワインテリア:  https://www.mitsuwa-i.com/

 

 

 

  • 「ウィリアム・モリス」
  • Trackback(0)
  • ウィリアム モリス『MORRIS ARCHIVE IV』コレクション 。収録生地納品事例。 はコメントを受け付けていません
  • at 12:14 PM
  • posted by 管理者

高所窓での電動「ハニカムスクリーン」納品事例。

2021年10月05日

吹抜け窓 電動ハニカムスクリーン 事例 

高所窓 吹抜窓 電動ハニカムスクリーン 事例 

本日は、高所・吹抜け窓でのNORMAN(ノーマン)ハニカムスクリーン「電動タイプ」採用事例を2例ご紹介させていただきます。

 

国内で流通している電動ハニカムスクリーン

電動ハニカムスクリーン 人気 おすすめ 比較

ミツワインテリアでは、ハンターダグラスルーセントホームニチベイノーマンの電動ハニカムスクリーンを展示品でご用意しています。

電動製品については各メーカーごとの特徴があって、例えばハンターダグラスやルーセントホームであればコンセントなどの電源を必要としない「電池式」などにも対応していますが、電池交換が容易ではない高所においては電源ケーブルを使用した製品モデルが推奨となります。

次に、配線工事のしやすい製品はという話になると、製品付属の電源ケーブルと部材がコンパクトで扱いやすいルーセントホーム製品かノーマン製品がおすすめとなります。

ルーセントホームであれば余剰の電源ケーブルを本体内に収納しやすい構造ですが、ノーマン製品の場合は電源ケーブルや延長ケーブルが細いため、余剰ケーブルをコンセントまでに誘導する化粧モール内に収納しやすいという特徴を持っています。(※どちらの製品も、発注時に電源プラグ位置を「左」「右」任意の側に指定することができ、ルーセントホーム製品は1つのリモコンで5ch、ノーマン製品は15chまでの個別・グループ操作が可能です。)

 

NORMAN(ノーマン)の電動ハニカムスクリーン。

ノーマン 電動ハニカムスクリーン 価格 取扱店

 

今回の事例紹介で採用となったノーマン・電動ハニカムスクリーンの特徴は、先に述べた配線工事のしやすさという点もありますが、豊富なカラーバリエーションと5種類のセルタイプを自由に組み合わせられるという点、シースルーを組み合わせたツインスクリーンにも対応しているという製品ラインナップの充実ぶりが魅力となっています。

 


 

納品事例①

階段上にあるコーナー窓に上下左右4分割で設置した電動ハニカムスクリーンの納まり。

コーナー短編側の窓から入る午後の西日が眩しく暑いため、階段側に向けられたワークスペースの環境改善目的で採用いただきました。

 

ロフト階には「アスレチックネット」といわれるハンモック状の多目的ネットが張られおり手動操作も可能でしたが、今回はロフト階のコンセントを利用して、上下4か所の製品を動かす露出コンセントを増設しました。 

各製品で生じた余剰ケーブルはコンセントへ中継する化粧モールの中に収納しています。

 

採用セルは、採光無地・45mmダブルの「インディゴ(C7202)」。

操作の様子を動画でご覧いただけます。

 


 

納品事例②

ノーマン 電動ハニカムスクリーン 高所窓 吹抜窓

納品事例②では、5mの吹抜けある4連窓にそれぞれ内付で電動シングルスクリーンを設置しました。(※1階の掃出窓はテラスに手軽に出入りしやすい手動操作でおさめています。)

本体付属の電源ケーブルと延長ケーブルをジョイントして1階のコンセントまで電源プラグを誘導しており、余剰ケーブルは化粧モールに収納しています。

電源配線工事を伴う設置の場合は高所足場の設営が必要となります。

 

採用セルは、採光無地・45mmシングルの「グレーバイオレット(C2101)」。

操作の様子を動画でご覧いただけます。

 

以上、本日は高所・吹抜け窓でのNORMAN(ノーマン)ハニカムスクリーン「電動タイプ」採用事例をご紹介させていただきました。

生活の中で必要性を感じる断熱対策、グレア対策の解決手段としてご参考いただければ幸いです。

 

 

◆ 当社・『ハニカム シェード(スクリーン)』の特集ページ。
https://www.mitsuwa-i.com/honeycomb.html

 

ミツワインテリア: https://www.mitsuwa-i.com/

 

  • ハニカム・スクリーン
  • Trackback(0)
  • 高所窓での電動「ハニカムスクリーン」納品事例。 はコメントを受け付けていません
  • at 4:16 PM
  • posted by 管理者
2021年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31