Mitsuwa Interio STAFF BLOG「ミツワインテリア」のスタッフ・ブログでは、日々の施工事例や新着情報をご紹介しています。

月別アーカイブ: 2020年2月

五洋インテックスの人気カーテン。『サウスエンド』の展示品紹介と納品事例。

2020年02月28日

五洋インテックス サウスエンド IH472 カーテン 取扱店 価格

五洋インテックスのカタログ『インハウス』に収録されている「サウスウンド」(IH472)は16色展開からなるインド製のポリエステル無地。

そのしっかりとした生地の手持ち感と天然素材を思わせる質感が人気で同社のベストセラー無地となっています。
非防炎生地ですが、消防法の規制がある高層マンションなどでも後防炎加工をつけることで採用することができます。

 

五洋インテックス サウスエンド  バイカラー

当社でも『サウスエンド』の単色の3番色と、上中下・3段階に色を切りかえしたバイカラースタイルの縫製展示品を丈240cmでご用意していますが、本日の事例紹介はグレー系の無地をご採用いただいたものです。

 

五洋インテックス サウスエンド IH472 価格

LDの大開口窓でご採用いただいた3番色は展示品と同色でしたので、現地にお持ちして実際の窓辺でご確認をいただきました。

 

IH472 サウスエンド 五洋インテックス

また寝室でお選びいただいた11番色も現地でカラーチャートをご覧いただきお選びいただきました。

 

遮光裏地を付けた大開口窓。
カーテンを束ねやすい「ふさかけ」の設え方

LD・納品後の様子。

L字コーナー形状のリビング・ダイニング窓は、片側W370cmと非常に広幅で、両開きで仕立てると幅7.4mになる大開口窓。

レースには遮熱性のある生地をお選びいただいていますが、今回お客様のご要望は、カーテンにも遮光裏地をつけて日中の西日をしっかり遮り暗くしたいというもの。
『サウスエンド』は遮光生地ではありませんが、メーカーのショールームでこちらの生地に一目惚れされたお客様としては、質感を妥協して裏地を必要としない遮光カーテンに選び直すのではなく、『サウスウンド』に遮光裏地を併用して使いたいというご希望でした。

 

片側:W3700mmのカーテンに遮光裏地をつけるということは、生地のボリュームも2倍近くなるということですので、ふさかけを設置する際には配慮が必要です。

そこで今回は、通常1箇所設置するふさかけを横に2つ並べて使用することで、元にゆとりを持たせタッセルを束ねやすくしています。

 

五洋インテックス 舟形タッセル 共布

「共布タッセル」をつけた時の納まり。
ぎっゅと縛り上げた様な圧をかけることなく自然に束ねられています。

 

五洋インテックス サウスエンド 事例

「装飾タッセル」をつけた時の納まりも自然です。

 

参考までに2つのタッセルを同時につけた場合はこの様に納まりました。

 

五洋インテックス サウスエンド カーテン マンション

無地でありながら質の良さと豪華さが感じられる希望通りの窓辺になりましたとお客様にもご満足をいただくことができ何よりでした。

ちょっとした納め方の工夫をすることで、ボリュームのあるカーテンを美しく納めることが出来ます。

 

◆ 当社・『輸入カーテンの特集ページ』を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/inhouse-2.html

 

ミツワインテリア: http://www.mitsuwa-i.com

 

  • カーテン(国内ブランド)
  • Trackback(0)
  • 五洋インテックスの人気カーテン。『サウスエンド』の展示品紹介と納品事例。 はコメントを受け付けていません。
  • at 2:17 PM
  • posted by 管理者

バーチカルブラインドのセンターレーススタイル。コーナー窓の納め方とレールジョイント仕様。

2020年02月12日

窓の形状と周辺環境に配慮した
適切なバーチカルブラインドの選定。

ニチベイ アルペジオ センターレーススタイル ブログ 事例

ニチベイ アルペジオ センターレーススタイル レールジョイント仕様

こちらはマンション・LDの大開口窓に、バーチカルブラインドをご採用いただいた納品事例です。

 

調光コントロールとプライバシー性に配慮したシースルーを組合わせた、ニチベイの『アルペジオ』センターレーススタイルをお選びいただきました。

 

 

ご相談いただいたLD窓は、リビング側のコーナー窓が東向き、バルコニーに面したダイニング窓が南向きに面しています。

窓環境としては午前中はリビング側が明るく、午後はダイニング側の陽射しが強くなる配置となるため、シースルー生地にはプライバシー対策と併せて遮熱性能も高いミラーセンターレースを組合せることになりました。

 

ニチベイ アルペジオ ミラーセンターレース

ニチベイ アルペジオ センターレーススタイル 西日

生地の組合せは、厚手生地「サージュ」のクールグレイ(A7829)にホワイト(2341)のミラーセンターレース

シースルーが冬晴れの強い陽射しを効果的に抑え快適な窓辺になりました。

 

 

「コーナー窓」の形状と
使い勝手を考慮した製品仕様で。

リビング側のコーナー窓には外開きの換気窓が3箇所あり、今回はそれらに配慮した開閉操作仕様で納めています。

 

ニチベイ『アルペジオ』では、「コーナー窓仕様」を選択することでルーバーを閉じた際にコーナーにできる光漏れ幅を標準品より12~17mm(※製品幅によって異なる)軽減させる納め方ありますが、今回はコーナー窓仕様を併用しない標準仕様同士の組合せで納めています。

 

ニチベイ アルペジオ センターレーススタイル コーナー窓仕様

参考までにこちらは「コーナー窓仕様」を採用した場合の納まり。

ルーバーを閉じるとコーナー部分の光漏れがほとんどない状態になります。

ただし、その場合の注意点として、調光操作の採光時(ルーバーを開く)にはコーナー窓仕様側のルーバーを先に開くことルーバーを閉じる際には長辺窓側ルーバーから先に閉じるといった調光順序の決まりを守る必要があり、お子様が小さいご家庭などでは常に開閉手順を意識して使うことが難しい場合もあります。

 

また、コーナー部分がガラス突き合せになっている窓であれば、「コーナー窓」仕様を強く推したいところですが、今回の場合はコーナー周辺のサッシ分量が多かったため、ご検討の結果操作手順がシンプルな標準仕様同士の組合せで納めようということになりました。

 

バーチカルブラインド コーナー窓

コーナー窓で標準仕様同士のレールを組合わせた調光操作。

 

ニチベイ アルペジオ サージュ クールグレイ

コーナー窓の納め方は、窓の構造、配置、方位、生活者の使い勝手とこだわりを踏まえて決めると良いでしょう。

 

大開口窓をすっきりまとめる「レールジョイント仕様」。

 

続いてダイニング側の窓は、開口幅:W3600超の大型窓のため、搬入経路の問題からバーチカルブラインドを2分割で設置する必要がありました。

外階段を使った玄関までの経路はW3600幅の製品も搬入可能でしたが、最後の玄関から室内に搬入できるスペースが十分ではありませんでした。

そういった状況はマンションでは少なからず存在し、今回はその場合の対処案として「レールジョイント仕様」の製品をご紹介させていただきました。

 

「レールジョイント仕様」は、製品に連結構造を持たせることで、ルーバーの調光システムを連動させることができる製品仕様です。

構造上、開閉タイプは「両開き」に限定され2分割の左右それぞれを個別に開閉させる必要がありますが、調光操作は1本の調光ポールにまとめることができます。

更にセンターレーススタイルの場合であれば、ジョイント部分の不透明生地とシースルー生地の組合せを自然な流れで納めることができるというメリットがあります。
これは標準仕様を2つ並べた場合、製品の両端は必ず不透明生地になるのですが、レールジョイント仕様であれば片側をシースルーにすることができるため規則的で一体感のある納まりが可能になる点がお勧めのポイントとなります。

窓の左右から出入りする必要のある窓には向きませんが、今回は窓の中央からバルコニーに出入りできる窓であったため意匠面でも機能面でも使い易い納まりとなりました。

 

以上、本日はニチベイのバーチカルブラインド『アルペジオ』センターレーススタイルを採用した納品事例を、コーナー部分の納めと、大開口窓での分割設置と併せてご紹介させていただきました。

マンションの角部屋や大開口窓にバーチカルブラインドをご検討される場合の参考としてご覧いただければ幸いです。

 

◆ 『バーチカル(縦型)ブラインド』特集ページ
http://www.mitsuwa-i.com/ver&ver.html
 
ミツワインテリア: http://www.mitsuwa-i.com/

 

  • バーチカル・ブラインド
  • Trackback(0)
  • バーチカルブラインドのセンターレーススタイル。コーナー窓の納め方とレールジョイント仕様。 はコメントを受け付けていません。
  • at 9:02 PM
  • posted by 管理者

調光ロールスクリーン『FUGA』カバーレスタイプ納品事例。

2020年02月05日

調光ロールスクリーン FUGA カバーレス

カーテンボックス 100mm 調光ロールスクリーン

こちらは、調光ロールスクリーン『FUGA』カバーレスタイプの納品事例です。

今春発売予定のカバーレスタイプを、縁あって先行販売させていただきました。

 

奥行き100mmのカーテンボックスに
調光ロールスクリーンを設置したい。

2階・LDに隣接するウッドデッキ。
フェンスを設けることで通りからの視線を遮りつつ桜並木だけを楽しめる設計の窓辺に「調光ロールスクリーン」を採用したいというのがお客様からのご相談。

 

設計段階の打合せでは、ロールスクリーンや幅75mmのバーチカルブラインドなどを想定したボックスで検討されていたため、出入口部分の奥行きは必要最小限度の100mmほどになっていました。

今回は、竣工後に当初の想定になかった調光ロールスクリーンを検討したいと思ってしまったケースですが、実際の検討に入ると標準的なカバー付タイプでは収まりません。
そこでボックス内での納めを想定したカバーレスタイプを用意している製品で検討することになるのですが、奥行き100mmはカバーレスでも設置困難であることがわかりました。

 

 

カバーレスタイプでの検討。

現行製品の中では、ニチベイ『hanari(ハナリ)』トーソー『ラクーシュ』でカバーレスタイプが採用されていますが、どちらの製品もプッシュボタン式ブラケットの着脱に必要な指を入れるクリアランスとボトムレールの収納に必要なクリアランスを含めると130mm程度の奥行きが必要となるため設置ができません(※上の画像と納まり図はニチベイ製品のもの)。

 

 

調光ロールスクリーン FUGA カバーレスタイプ

今回、こういった状況で納められる調光ロールスクリーンがないものかと、『FUGA』発売元の株式会社WISに相談したところ、タイミング運良く、今春発売予定の『FUGA』カバーレスタイプであれば構造的に可能との回答がありました。

現段階では試作用の部材が僅かに残っている状況のため大口受注には応じられないが、2台分であれば製造できるという話はまさに渡りに船で、お客様からも是非それで作ってほしいとの要請を受けました。

設置前の検品でヘッドレールの形状、ブラケット金具の特製を確認してみると、確かに何とか着脱可能な構造になっていることがわかり一安心、いざ設置です。

 

カーテンボックス 狭い 調光ロールスクリーン

『FUGA』カバーレスタイプ設置後の様子。

難所となる、出入口上の100mmエリアにも辛うじて取付けることができました。
もちろん取外しも可能です。

 

『FUGA』カバーレスタイプを使ってみる。

開閉昇降タイプの調光ロールスクリーンは、最初にスラットが閉じた状態で生地が降りてきますが、下降途中でのスラットの開閉はできません。

 

そしてオーダーした製品高の直前でスラットが開き始め、最終的に手前側に90°のスラット水平状態までが調光エリアとなります。

 

調光ロールスクリーン FUGA 特徴 メリット

『FUGA』の場合、スクリーンを降ろし切った水平状態から更にループコードを引き続けると水平状態を維持したままでスクリーンを120cm程度引き上げられる機能があります。

カバーレスタイプの場合でも同様で、むしろヘッドレール手前側の干渉がなくなったため更に上方へ引き上げることが出来ました。

こういった機能は他の開閉昇降タイプ・調光ロールスクリーンにはありません。

 

調光ロールスクリーン 開いたまま 上げる

本事例でお客様が求めていた機能がまさにこれで、調光途中のレース越しに桜を見ることができる窓辺となりました。

調光ロールスクリーン『FUGA』カバーレスタイプは現時点で正式発売されておりませんが、今後カーテンボックス内での設置を考えられているお客様にお勧めできる新アイテムとなりました。

 

◆ 当社・『調光ロールスクリーン』の特集ページ
http://www.mitsuwa-i.com/shilhouette.html

ミツワインテリア: http://www.mitsuwa-i.com/

 

  • スクリーン(その他)
  • Trackback(0)
  • 調光ロールスクリーン『FUGA』カバーレスタイプ納品事例。 はコメントを受け付けていません。
  • at 6:09 PM
  • posted by 管理者
2020年2月
« 1月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829