Mitsuwa Interio STAFF BLOG「ミツワインテリア」のスタッフ・ブログでは、日々の施工事例や新着情報をご紹介しています。

トーソー『デュアルシェイプ』バーチカルブラインドより「スタイルC」納品事例。

2019年10月18日

トーソー デュアルシェイプ スタイルC  ブログ

デュアルシェイプ スタイルC  ルノプレーン

 

こだわりの無垢フローリング、煉瓦、塗装でまとめられたリビング・ダイニングの窓辺に、個性的なルーバーデザインで知られるTOSO(トーソー)の『デュアルシェイプ』バーチカルブラインドを「スタイルC」仕様で納品させていただきました。

個性的で美しい窓回り品が見つかるまでは暑さに負けず、寒さに負けず我慢という信念で製品を模索されたお客様。

程よいボリューム感を持たせながら窓枠の中に納められる製品、光の陰影、布の風合いと洗練されたデザイン性を求めているうちにご入居から1年経ってしまったとのことですが、ようやくこれならば腑に落ちた製品が『デュアルシェイプ』「スタイルC」でした。

 

 

レーザーカット加工で作りだした幾何学的なフォルムのルーバーが重なり方によって独特の陰影とコントラストを生み出す『デュアルシェイプ』8種類のルーバーデザイン展開を用意しています。

 

その中にあって一番の人気デザインと言われる「スタイルC」は、スイス・サイレントグリス社の『バーチカルウェーブ(Vertical Wave)』を彷彿とさせる北欧テイストのダイナミックデザインながら、ルーバーサイズを日本の住宅事情に合わせてダウンサイズしているため、間仕切りだけでなく窓回り品としてもお使いいただけます。

例えば、「スタイルC」の手本となっているサイレントグリス『バーチカルウェーブ(Andrea)』のルーバー幅は広幅部分が7インチ(約17.5mm)あるため、日本の住宅における標準的なカーテンボックス(奥行幅: 約150mm)には収まらないのですが、スタイルCのルーバー幅は広幅部分が130mm(くびれ部分は80mm)と一般的な100mmルーバーより広い設計ながらカーテンボックス内に設置し易くなっています。

製品価格自体も2分の1以下とお求めやすいこともありますが、その様な納まりの良さが採用に結び付く要因になっています。

 

デュアルシェイプ スタイルC  片開き バトン式

今回の事例では、有効奥行100mm程度の窓枠内に付けていますので、ルーバーの手前側が垂直時に40mm程度窓枠外にはみ出す納めとなりますが、閉じた状態では窓枠内に収められ、ご覧の様に専用のレールも内付け可能です。

 

TOSO デュアルシェイプ スタイルC  バトン式

ただし注意点もあり、こちらのテラスへの出入窓は、出入りだけを考えれば右側納まりの片開きでも良かったのですが、窓右側にある造作収納の引き出しがあるため、窓の左右どちらもバトン操作で開閉できる「両側バトン仕様」のオプションをつけました。

これであれば引き出しを使うときにルーバーを左側に寄せることで使い勝手を妨げません。

 

トーソー デュアルシェイプ スタイルC  価格

トーソー デュアルシェイプ スタイルC  価格 取扱店

トーソー デュアルシェイプ スタイルC  サイズ

調光の度合いによってフォルムの陰影が変わる「スタイルC」にはルーバーの上部と裾部に一定割合の直線が加わります。

裾部は製作高に関わらず一定で、C-1ルーバー側に200mm、C-2ルーバー側に300mmの直線が入る納めですが、上部の直線部分は製品高とスタイルCの柄リピート(1リピート=200mm)の関係によって変わります。

 

今回の場合は、製品高H2030mmで作りましたので、C-1ルーバー側に190mm、C-2ルーバー側に90mmの直線が入るルーバー上部の納めとなりました(※ヘッドレール厚は含まず)。

スタイルCの柄リピートはC-1、C-2共に8リピート入っています。

 

デュアルシェイプ スタイルC  屋外 プライバシー

『デュアルシェイプ』の見どころは、室内側だけではなく、屋外からの見え方を意識したデザインを求める場合にもおすすめです。

『デュアルシェイプ』に対応するルーバーは3シ リーズ75色を用意していますが、今回の採用ルーバーは新アイテムの「ルノプレーン」収録のホワイトです。

「ルノプレーン」は、今どきのシンプルでナチュラルな色 味を追求した、どんなインテリアにも合わせやすい空間のベースカラーに調和することをコンセプトにつくりだされた生地で、「シャビー」「ナチュラル」「アーバン」を意識した20色の展開を持ちます。

室内の壁装、造作家具、建具に英国伝統の『farrow&Ball』塗料を使用しているこちらのインテリアにマッチするカラーコーディネートとなりました。

 

リビングとはスキップフロアでつながっているダイニングの掃出窓は4枚建ての引き違い窓。

内側2枚の引き分けで出入りや換気をする場合はコード式操作の両開きで、左右の袖側から出入りや換気をする場合はオプションの両側バトンを使った開閉で対応できるフレキシブルな組み合せをご採用いただきました。

 

TOSO デュアルシェイプ スタイルC  事例

デュアルシェイプ スタイルC  外からの見え方

 

以上、本日はレーザーカット加工が描くフォルムと光の陰影が美しいトーソーの『デュアルシェイプ』より「スタイルC」の納品事例を、実用的な操作性と併せてご紹介させていただきました。

 

***関連記事***

トーソー デュアルシェイプ スタイルC  コルトシークル 遮光

今回は、採光生地を使用した事例紹介でしたが、遮光2~3級の機能を持つ「コルトシークル」を使った寝室での納品事例も併せてご紹介させていただきます。

https://mitsuwa-i.com/blog/2016/04/08

 

 

◆ 『バーチカル(縦型)ブラインド』特集ページ
http://www.mitsuwa-i.com/ver&ver.html

ミツワインテリア: http://www.mitsuwa-i.com/

 


  • バーチカル・ブラインド
  • Trackback(0)
  • トーソー『デュアルシェイプ』バーチカルブラインドより「スタイルC」納品事例。 はコメントを受け付けていません。
  • at 12:35 PM
  • posted by 管理者
2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930