Mitsuwa Interio STAFF BLOG「ミツワインテリア」のスタッフ・ブログでは、日々の施工事例や新着情報をご紹介しています。

奥行きの狭いボックスに電動ハニカムシェード(ハニカムスクリーン)を設置するには。

2021年04月09日

ルーセントホーム シェルシェード 電動リモコンタイプ ハニカムシェード 事例

こちらは幅14m、高さ2.8mの大開口窓にルーセントホームのハニカムシェード、『シェルシェード』電動リモコンタイプをご採用いただいた事例です。

採用セルは室内外の色調に合せた38mmセルの「ライスグレー」です。

 

奥行き80mmのブラインドボックスに
電動ハニカムシェードを設置。

当社がお客様よりお声掛けをいただいたのは工事竣工の約1か月前。

現場ではすでに奥行き80mmのブラインドボックスが設置されていて、その中にW2650mm以上の製品幅に対応する電動ハニカムシェード(=ハニカムスクリーン)を紹介して欲しいというご相談でした。

 

電動ハニカムスクリーン シェード 比較 コンパクト

設置に必要な条件の中で、製品幅W2650mm以上に対応する電動ハニカムシェードには、ハンターダグラスの『デュエットシェード』とルーセントホームの『シェルシェード』がありましたが、『デュエットシェード』は設置に必要な奥行きが90mm以上必要なため、今回は製品奥行きが約55mmとコンパクトな『シェルシェード』の電動リモコンタイプをご採用いただくことになりました

 

ルーセントホーム シェルシェード AC/DCアダプター 

続いて、奥行き80mmのボックス内に『シェルシェード』電動リモコンタイプを設置する場合の注意点がこちら。

ボックス内には製品が設置できるスペースしか存在しないため、抜け止めタイプの1つ口コンセントと電源プラグ(※AC/DCアダプター)を、ボックス天井内に隠蔽収納できる空間を用意していただきました。

このポイントは本当に重要で、いざ設置という段階でコンセントに差し込んだアダプターが完全収納できないと大変なことになりますので、事前に現場責任者の方に現物のアダプターをお預けして確実に収納できるスペースを確保していただきました。

 

電動ハニカムスクリーン カーテンボックス ブラインドボックス 

必要な注意点をおさえ、限られた条件の中でご希望通りの製品を納めることができました。
今回は建築段階からボックス内(※天井内)に専用コンセントが計画されていた事例でしたが、コンセントをボックス内に用意する場合は、製品の手前にコンセントを設置するスペースを確保する必要があります。

 

電動昇降の様子は動画でもご覧いただけます。

 

ハニカムスクリーン ルーセントホーム シェルシェード 展示 取扱店

ルーセントホーム シェルシェード 価格 取扱店 

以上、納品事例のご紹介でしたが、
当社ではルーセントホーム『シェルシェード』電動リモコンタイプの展示品を大小ご用意しており、ハンターダグラス『デュエットシェード』、ノーマン『ハニカムスクリーン』、ニチベイ『レフィーナ25』の電動タイプの展示と比較していただくことができます。

また、ご来店が難しいお客様には現地お打合せ時に各社の電動展示品をお持ちするサービスも行っておりますので詳細はお気軽にご相談ください。

 

◆ 当社・『ハニカム シェード(スクリーン)』の特集ページ。
https://www.mitsuwa-i.com/honeycomb.html

 

ミツワインテリア: https://www.mitsuwa-i.com/

 

 

  • ハニカム・スクリーン
  • Trackback(0)
  • 奥行きの狭いボックスに電動ハニカムシェード(ハニカムスクリーン)を設置するには。 はコメントを受け付けていません
  • at 8:02 PM
  • posted by 管理者

バーチカルブラインド。シングルスタイルとセンターレーススタイルの組合せ納品事例。

2021年03月25日

センターレーススタイル バーチカルブラインド 取扱店 販売店 おすすめ

こちらはバーチカルブラインドの組合せ納品事例です。

 

バーチカルブラインド
シングルスタイルとセンターレーススタイルを組合わせて。

センターレーススタイル シングルスタイル 比較

リビングの掃出窓と2階ホールの窓には、微細なレース越しの調光ができるニチベイ『アルペジオ』のセンターレーススタイルを、高さ5.5mの吹抜窓にはシングルスタイルを組合わせてご採用いただきました。

 

異なる開閉操作タイプ操作を組合わせて。

両側開閉操作反対寄せ アルペジオ センターレーススタイル

開閉操作仕様については、窓ごとの実用性に合せて異なる仕様をお選びいただいています。

窓の両端側からウッドデッキに出る頻度が高い1階掃出窓については、ループコード式の「両側開閉操作反対寄せ(※オプション)」を採用。
製品面積が6㎡を超える大開口窓の場合、2階ホールでは採用可能なバトン式の両側操作が選択できないため、それに近い機能を持つ両側開閉操作とすることで生活導線に配慮しています。

 

吹抜窓 バーチカルブラインド シングルスタイル 事例

 

1階掃出窓直上にある吹抜窓の操作については、2階の廊下側から手を伸ばすことで開閉・調光が可能な環境であったため、ループコード式の両開き操作で納めています。

基本的に開けている状態が多いとされる吹抜窓は、シングルスタイルの両開きとすることで畳み代をコンパクトすることが可能です。

 

センターレーススタイル シングルスタイル 使い分け

近隣へのプライバシー対策が多少必要な2階ホールのテラス側窓は、手軽なバトン式両側操作で納めました。

 

ニチベイ アルペジオ センターレーススタイル 取扱店

以上、本日は窓の用途に合わせたバーチカルブラインドの組合せ納品事例をご紹介させていただきました。

 


 

当社展示品のご案内。

センターレーススタイル 展示品 取扱店 ニチベイ アルペジオ

センターレーススタイル ニチベイ アルペジオ 見え方

ミツワインテリアでは、バーチカルブラインドの「シングルスタイル」はもちろん、「センターレーススタイル」の大小の展示品をご用意しております。

小型の展示品については、お打合せ時にお持ちして実際の窓辺で簡単なイメージ確認をいただくこともでき、ご来店が難しいお客様からもご好評いただいております。

参考サイズが判れば出張前の事前メール見積りも可能ですので、お気軽にご相談ください。

 

◆ 『バーチカル(縦型)ブラインド』特集ページ
https://www.mitsuwa-i.com/ver&ver.html

◆ 当社・『調光ロールスクリーン』の特集ページ
https://www.mitsuwa-i.com/shilhouette.html

 

ミツワインテリア: https://www.mitsuwa-i.com/

 

  • バーチカル・ブラインド
  • Trackback(0)
  • バーチカルブラインド。シングルスタイルとセンターレーススタイルの組合せ納品事例。 はコメントを受け付けていません
  • at 8:25 PM
  • posted by 管理者

長尺無垢板のカウンターテーブルを引き立たせるウッドブラインドの演出。

2021年03月19日

無垢ダイニングテーブル ウッドブラインド おすすめ

横滑り出し窓 カーテン ブラインド おすすめ

長さ5mを超える栃の木の長尺無垢板カウンターテーブルが印象的なリビング・ダイニングの窓辺にナニックのウッドブラインドをご採用いただきました。

 

ナニック Gシリーズ ウッドブラインド ダークブラウン 912

今回ご採用いただいたスラットカラーは「Gシリーズ」収録のダークブラウン(912)

TVボードと建具の近似色でということで、主要メーカー6社のスラットサンプルを見比べていただいた結果一番近い色がこちらでした。
現地採寸の際はGシリーズの全色カラーチャート展示品もお持ちしてご確認をいただいております。

 

長尺無垢板カウンターテーブルを引き立たせる
ブラインドの組合せ。

リビング側の窓は一間の引き違い窓でしたが、ダイニング側には一間幅の「横滑り出し窓」が連窓・連段で4箇所設置されていましたので、窓の機能を活かしつつウッドブラインドの見栄えも映える納まりをご提案させていただきました。

 

今回のこだわりポイントがこちらの「連窓タイプ」バランスです。

 

横滑り出し窓 連窓 連段 4分割 ウッドブラインド おすすめ

ナニック ウッドブラインド 連窓バランス

ウッドブラインドは左右2分割の壁面付で設置していますが、ブラインドボックスを思わせるオプションのバランス仕様を連窓タイプとすることで、ブラインドを閉じた際に4分割窓とは思えないダイナミックな印象を持たせています。

 

 

ダイニング ウッドブラインド 人気 おすすめ ナニック

横長窓 ウッドブラインド 木製ブラインド おすすめ 人気

左右のLタイプバランスを中央でジョイントする3.6mの連窓タイプとすることで、2分割しているブラインド同士の一体感が強まり、5m超の無垢板カウンターテーブルに寄り添うにふさわしいゆったりとした存在感を見せています。

 

1本ものバランス ウッドブラインド

横滑り窓 ブラインド

もちろん、横滑り出し窓の機能性を損なうことなく自由自在に調光と換気を行うことが出来、お客様からも大変ご満足をいただくことができました。

 

◆ 当社・『木製ブラインドの特集ページ』を見る。
https://www.mitsuwa-i.com/tokyo-b.htm

◆ ナニック ウッドブラインド」の特集ページ。
https://www.mitsuwa-i.com/newpage13.htm

 

ミツワインテリア: https://www.mitsuwa-i.com/

 

  • 木製ブラインド(海外)
  • Trackback(0)
  • 長尺無垢板のカウンターテーブルを引き立たせるウッドブラインドの演出。 はコメントを受け付けていません
  • at 6:57 PM
  • posted by 管理者

ナニックの電動ウッドブラインド。リビング・吹抜窓でのご採用事例。

2021年03月10日

ナニック 電動ブラインド SF型 吹抜け窓 事例

こちらはナニックのウッドブラインドのご採用事例です。

操作仕様はフロア側を手動操作、高所吹抜窓を電動モデルの組合せでご採用いただきました。

 

 

ナニック・電動ウッドブラインド(SF型)

 

ナニックの横型電動ウッドブラインドでは、隠蔽の電気配線を想定した「MA型(multi function)」と、専用コンセントまたは最寄りのコンセントへ露出の電源コードで配線する「SF型(simple function)」を用意しており、今回の高所窓でご採用いただいたのはSF型です。

SF型は、製品本体に内蔵された小型モーターをRF電波を使ったリモコン操作で昇降&調光操作できる製品タイプで、最大15台までの個別、一斉操作が可能です。

製品サイズにかかわらず手動タイプの製品価格+50,000円/台(※リモコン別途)の加算で導入が可能なため、製品を複数分割する一般住宅やマンションの大開口窓や吹抜け窓でご採用が増えてきています。

 

電動タイプは、ナニックがシリーズ展開している全ての横型ウッドブラインド全てに対応していますが、とりわけ高品位モデルの「ナニックシリーズ」は、73の展開色と6種類(※25mm、35mm、50mm、63mm、76mm、82mm)のスラットを組合わせることができる自由度の高さが特徴。

今回の事例では人気色のバーニッシュドメープル(518)63mmスラットと組合わせて納めています。

 

 

電動製品設置における注意点

ご相談をいただいた吹抜窓(開口幅:3750mm)には、窓枠内の左側に1箇所だけ電動製品用のコンセントが用意されていました。

奥行きのない窓枠内にコンセントが配置されている状況では製品を内付できないため窓を覆う様に設置する必要があります。

ナニック電動ブラインドの場合、電源コードの配置は製品右側のみに限定されていることと、製品を中央2分割で設置する必要があったため、今回は既設のコンセントから誘導した露出コンセントを窓枠内に2カ所増設させることで対応いたしました。

 

ナニック ウッドブラインド 電動シリーズ SF型 吹抜け窓 事例

納品後の様子。

スラットは上下に約180°開閉できますので、陽射しのコントロールは自由自在です。

 

吹抜け窓 電動ウッドブラインド おすすめ 人気 事例

上方からの陽射しをより遮りたい場合は、スラットを屋外側に倒すと効果的です。

 

昇降と調光の様子と動画でご覧いただくとこの様な感じになります。

 

◆ 当社・『木製ブラインドの特集ページ』を見る。
https://www.mitsuwa-i.com/tokyo-b.htm

◆ ナニック ウッドブラインド」の特集ページ。
https://www.mitsuwa-i.com/newpage13.htm

 

ミツワインテリア: https://www.mitsuwa-i.com/

 

  • 木製ブラインド(海外)
  • Trackback(0)
  • ナニックの電動ウッドブラインド。リビング・吹抜窓でのご採用事例。 はコメントを受け付けていません
  • at 8:54 PM
  • posted by 管理者

小鳥柄の刺繍レースとファブリックパネル。

2021年03月01日

イチゴドロボウ ファブリックパネル

日中の寒暖差が大きいこの季節ですが、真冬の寒さも和らぎ春の気配を感じるようになってきました。

春の気配といえば、小鳥がさえずり花をついばむ様子思い浮かべるのですが、本日納品した刺繍レースファブリックパネルも春の訪れを感じさせるほのぼのとしたデザインが魅力でしたので、季節のお便りとしてご紹介をさせていただきます。

 

小鳥柄の刺繍レース

スミノエ U-8003

小鳥柄 刺繍レース

こちらの生地は、スミノエのU-8003

白と黒、2色の糸を使った縦使いの刺繍レースで、ナチュラル&モダン、クラシック&モダンのインテリアにも合わせやすい上品デザインが鳥好きの心をくすぐります。

 

スミノエ U-8003 刺繍レース

今回は、刺繍レースを前幕にするフロントレーススタイルで納めていますが、自然光を通すとシアーの上で鳥たちが戯れているかのような幻想的で優雅な窓辺になります。

 

鳥柄 レース

U-8003は透け間のあるレースですので、後幕にお気に入りの無地を合せれば、立体的な表情と色味で2つの生地を楽しむことができます。

今回は前後の丈を同サイズで仕立てているので、前幕と後幕を入替えて使うこともできます。

 

縦長の窓は、敢えてツインシェードとはせず、窓枠内にヒダを持たせたレースを納めました。

 

トイレには小鳥柄のファブリックパネルを

続いてこちらはトイレの壁に『イチゴドロボウ』のファブリックパネルをレイアウトした様子です。

ブルーグレーの壁紙の中に暖かみの感じられる色味とお気に入りの鳥柄を加えたアクセント演出です。

 

『イチゴドロボウ』の個性的でシンメトリーな柄使いは、クッションなどにコーディネートし易いことは知られていますが、オーダーサイズのファブリックパネルとして製作することも可能です。

 

138cmの生地巾には背を向けあっている鳥と向き合っている鳥のパターンが3対ずつ描かれていますが、ファブリックパネルの製作にあたってはお好みの柄をお好みのサイズに抽出して表現することができます。

 

イチゴドロボウ ファブリックパネル

今回は、2種類の鳥がどちらも背を向けあっている柄域でファブリックパネルを並べて納めました。
(※ファブリックパネルのみの販売、通信販売は行っておりませんのでご了承ください。)

 

 

◆ 当社・『オーダーカーテン』の特集ページ を見る。
https://www.mitsuwa-i.com/sub2.htm


◆ 当社・『輸入カーテンの特集ページ』を見る。

https://www.mitsuwa-i.com/inhouse-2.html

◆ 当社・『ウィリアム・モリスの特集ページ』を見る。
https://www.mitsuwa-i.com/inhouse.htm

 

ミツワインテリア:  https://www.mitsuwa-i.com/

 

  • 「ウィリアム・モリス」
  • Trackback(0)
  • 小鳥柄の刺繍レースとファブリックパネル。 はコメントを受け付けていません
  • at 6:38 PM
  • posted by 管理者
2021年4月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930