Mitsuwa Interio STAFF BLOG「ミツワインテリア」のスタッフ・ブログでは、日々の施工事例や新着情報をご紹介しています。

高遮光が特徴のNORMAN(ノーマン)・桐ウッドブラインド。「オスモカラー」ご採用事例。

2022年05月13日

NORMAN(ノーマン)・桐ウッドブラインド
「オスモカラー」ご採用事例

こちらはL字コーナータイプの掃出窓にNORMAN(ノーマン)・桐ウッドブラインドより、「オスモカラー」のシルクグレー(1109)ご採用いただいた納品事例です。

 

ノーマン・「桐ウッドブラインド」は、ステインカラー(16色)とペイントカラー(14色)で構成される『標準カラー(全30色)』と、木の呼吸を活かした低光沢の植物油・ワックスとして知られる『オスモカラー(12色)』からなる全42色のカラーバリエーションがあります。

スラットバリエーションも標準仕様の50mmとオプションの63mmをご用意していて、今回も実物の展示をご覧いただいてお気に入りのカラーを選定しています。

 

遮光性とプライバシー性に配慮した製品機構。

ノーマンのウッドブラインドは遮光性プライバシー性への配慮も高く、横型ブラインドの特徴ともいえるスラットの昇降にかかわるルートホールからの光漏れや、スラットの隙間からの光漏れを極力抑える構造になっています。

 

もちろん1枚板ではないのででスラット間の光漏れは伴いますが、「スマートプライバシー機能」という、ルートホールの配置とスラットの回転幅と立角度を改善する機構デザインを組み合わせることで、光漏れの割合ををより軽減させ、寝室での使用を想定した遮光性の改善を目指して製品になっています。

今回の事例ではコーナー部分を含む複数台の製品を分割しているため、製品単体よりは光漏れが生じますが、遮光性やプライバシー性を重視されるお客様におすすめのウッドブラインドとなります。

 

ノーマン・桐ウッドブラインドに関する更に詳しい紹介はこちらの⇒過去のブログをご参照ください。

 

ミツワインテリアでは、ノーマン・ウッドブラインドを始め、国内外ブランドメーカーの人気製品を、「電動モデル」も含めて、33機種(7社)の展示品でご用意して、お客様にとって最適な製品をご案内しております。

ご来店予約、出張ご相談など詳細はお気軽にお問い合わせください。

 

◆  当社・『木製ブラインドの特集ページ』を見る。
https://www.mitsuwa-i.com/tokyo-b.htm

ミツワインテリア:
https://www.mitsuwa-i.com/

 


  • 木製ブラインド(海外)
  • Trackback(0)
  • 高遮光が特徴のNORMAN(ノーマン)・桐ウッドブラインド。「オスモカラー」ご採用事例。 はコメントを受け付けていません
  • at 3:24 PM
  • posted by 管理者
2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031