Mitsuwa Interio STAFF BLOG「ミツワインテリア」のスタッフ・ブログでは、日々の施工事例や新着情報をご紹介しています。

NORMAN(ノーマン)のハニカムスクリーン。電動タイプの展示品紹介と実際の納品事例。

2020年10月22日

NORMAN ノーマン ハニカムスクリーン 電動タイプ 展示品 取扱店

本日の特集でご紹介させていただく製品は、NORMAN(ノーマン)ハニカムスクリーンより「電動タイプ」です。

ミツワインテリアでは国内外有名メーカーのハニカムスクリーンを30台以上の展示品でご案内しておりますが、ノーマン製品については手動タイプ、電動タイプを合計10台以上ご用意することで、製品仕様ごとの操作性と特徴をわかりやすくご確認いただくことができます。

 

NORMAN(ノーマン)のハニカムスクリーン。
電動タイプ「シングル」と「ツイン」を展示品で操作比較。

NORMAN ノーマン ハニカムスクリーン 電動タイプ シングル ツイン 違い 比較

ノーマン『ハニカムスクリーン(電動タイプ)』は、下降[↓]・上昇[↑]停止[-]だけのシンプルなリモコン操作が特徴の「シングル」タイプと、上下に採光、遮光、シースルーの自由なスクリーンの組合せでご採用いただける「ツイン」タイプの2種類がございます。

ツインタイプのご採用にあたってはリモコン操作によるスクリーンの動きに特徴があるため、必ず展示品で操作体験をしていただいておりますが、本日は動画説明を使いながらご説明をさせていただきます。

 

上の動画はノーマン「ハニカムスクリーン」・電動タイプ展示品を使用した操作イメージです。

 

シングルスクリーンの場合であれば、最初に下降ボタン[↓]を単押しするとスクリーンが下降して最下位置で自動停止します。
いたってシンプルで使いやすいのがシングルタイプです。

 

NORMAN ノーマン ハニカムスクリーン 電動タイプ ツイン 操作

ツインスクリーンで下降ボタン[↓]を単押しした場合は、まず上部のシースルースクリーンが下部の採光スクリーンを押しながら下降し、最下位置で止まることなく今度は下部の採光スクリーンが上昇して上がり始めて最上部で自動停止します(※イメージは「コードレスタイプ」で再現したもの)。

そのため生地配分の調整を行う場合は、途中で停止ボタン[-]を押してから、上昇[↑]ボタン下降ボタン[↓]を適宜使用して調整を行う必要があります。

 

次にご紹介するのはツインスクリーン(電動タイプ)で操作可能な「中間設定位置」での停止操作イメージです。

 

NORMAN ノーマン ハニカムスクリーン 電動タイプ ツイン 中間位置 設定

停止ボタン[-]を4秒長押しすると、上部のシースルースクリーンが下部の採光スクリーンを押しながら最下位置まで下降し、引き続いて最下位置からは下部の採光スクリーンが上昇しますが、上下生地配分の中間に差しかかった位置で自動停止します(※画像イメージは「コードレスタイプ」で再現したもの)。

 

補足説明として、「ツインタイプ」の場合、シースルーの生地を上下どちらにもご採用いただくことができます。

生活上のプライバシーを確保しながら上部からシースルーで採光したい場合や、シースルーメインで生活しながら時間帯に応じて上部からの陽射しを採光や遮光生地で遮りたい場合など、窓環境に応じて生地の配置を自由に決めていただくことができますが、注意点としてノーマン製品のシースルーは非防炎品のみの取扱いのため、防炎製品の採用が義務つけられている高層住宅や商業施設では採用ができませんので、その場合は他社メーカーの防炎対応品をご採用いただく必要があります。

 

最後に、「電動タイプ」ご採用の際に必要な確認として、電源ユニットアダプターの仕様、形状の理解があります。

電源コードの位置は「右側」・「左側」の指定ができますが、1500mmのコードに余剰が出た場合はヘッドレール内に収納することができないため、ノーマン製品ご採用の場合は結束してまとめるか、適宜収納ケースなどを用意してまとめるなどの工夫が必要です。

コンセントの位置が電源コードから1500mm以上離れている場合は、オプション・延長コード(※1220mmまたは2440mm)の併用も可能です。

 

 

ハニカムスクリーン『電動タイプ』。
「ツインスクリーン」の採用事例。

NORMAN ノーマン ハニカムスクリーン 電動タイプ ツイン 事例 ブログ

こちらは実際の採用事例。

リビング・ダイニングの窓で「ツインスクリーン」を4箇所ご採用いただいたのですが、窓ごとによって「電動タイプ」の他に「コードレスタイプ」「ループコードタイプ」を使い分けています。

 

NORMAN ノーマン ハニカムスクリーン コードレスタイプ

「電動タイプ」の場合、スクリーンの昇降速度が約4.5~5cm/秒程度とゆっくりなため(※当社調べ)、手早く操作したいダイニングの小窓では「コードレスタイプ」をご採用いただきました。

「コードレス」タイプは、2~3秒の手短かな操作で昇降と調光を自由に行いたい小窓や腰高窓に適した製品で、操作グリップに手が届く高さにあればお勧めしたい製品です。

 

NORMAN ノーマン ハニカムスクリーン 電動タイプ コーナー窓 L字窓 事例

 

続いてL字コーナー窓の短辺側(FIX窓)には「ループコード式」をお選びいただきました。

電動ハニカムスクリーンを複数台並べて採用する場合の注意事項の1つに、最少製作幅(W)の確認があります。
ノーマンのツイン電動タイプ製品の場合、製品高:H1829mm以下の場合、最少製作幅はW797mmですが、製品高:H1830mm以上の場合は最少製作幅がW899mmとなってしまいます。

今回の事例では、短辺側窓が換気を行わないFIX窓であることと、通りからの視線を絶えず遮る必要がある配置にあったため、製品幅がコンパクトで、調光操作だけを手動で行うループコードタイプの採用となりました。

 

NORMAN ノーマン ハニカムスクリーン 電動タイプ 電源 コンセント

そして、電動タイプ(ツイン)をご採用いただいた、引き違いの掃出窓。

電動窓周り品の採用を想定されていたとのことで、掃出窓の上部(※左右)には専用コンセントが配置されていました。

製品は壁面付で設置したため、余剰コードを収納する樹脂ケースをヘッドレール上に乗せて納めています。

 

電動ハニカムスクリーンの一斉操作は[0ch]ですが、2分割の右側を[1ch]設定、左側を[2ch]設定に設定して、それぞれを個別操作することができます。

 

シースルー全開時(※採光セルは全閉)。

 

採光セル全開時(※シースルーは全閉)。

 

ツインスクリーン(電動タイプ)における「中間設定位置」
(※自由な上下調光操作も可能。)

 

最後に動画でおさらいです。

まずは電動タイプ(ツイン)の下降操作
下降ボタン[↓]を単押しすると、上部のシースルースクリーンが下部の採光スクリーンを押しながら下降し、最下位置からは下部の採光スクリーンが上昇して全開状態で停止します。

 

続いて、電動タイプ(ツイン)の中間設定位置で止める操作
STOPボタン[-]を4秒長押しすると、上部のシースルースクリーンが下部の採光スクリーンを押しながら下降し、最下位置を経てツインスクリーンの中間位置にきたところで自動停止します。

 

以上、本日はノーマン「電動タイプ」ハニカムスクリーンのご紹介と特徴説明を動画解説を交えてご紹介させていただきました。

ミツワインテリアでは、ノーマン、ハンターダグラス、ルーセントホーム、ニチベイ、タチカワブラインド、トーソー、セイキ総業のハニカムスクリーンを合計30台以上の展示品でご用意しております。

店内での見学はもちろん、現地お打合せ時にお持ちすることも可能ですので、詳細はお気軽にご相談ください。

 

◆ 当社・『ハニカム シェード(スクリーン)』の特集ページ。
https://www.mitsuwa-i.com/honeycomb.html

 

ミツワインテリア: https://www.mitsuwa-i.com/

 


  • 「新着展示品」 紹介
  • Trackback(0)
  • NORMAN(ノーマン)のハニカムスクリーン。電動タイプの展示品紹介と実際の納品事例。 はコメントを受け付けていません
  • at 4:00 PM
  • posted by 管理者
2021年4月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930