Mitsuwa Interio STAFF BLOG「ミツワインテリア」のスタッフ・ブログでは、日々の施工事例や新着情報をご紹介しています。

カテゴリー別アーカイブ: 「新着展示品」 紹介

トーソー『ヴィンクスシェルフ』カーテンレールがキャットウォークとして注目されている話。

2019年09月05日

カーテンレールの上を自由にディスプレイできる(toso)の『ヴィンクスシェルフ』

デッドスペースであったカーテンレールの上をインテリアスペースとして活用することができる新発想により、カーテンとディスプレイの両方を楽しむことができる製品です。

幅広いインテリアシーンに対応可能な装飾カーテンレール『ヴィンクス22』の上に専用の棚板を付けることで、カーテンレールの上をお好きなもので飾ることが出来る様になりました。

 

『ヴィンクスシェルフ』
展示品を
ご用意。

トーソー ヴィンクスシェルフ カーテンレール キャットウォーク 取扱店

当社では『ヴィンクスシェルフ』のダブルタイプ展示品を用意して、現地お打ち合わせ時に持参できるようにしています。

 

トーソー ヴィンクスシェルフ  キャットウォーク 猫 カーテンレール

製品の質感、重量感、堅牢度、立てかけに便利な溝・落下抑制形状の確認など、実物でご覧いただくことで、採用にあたってのイメージ確認にお役立ていただけます。

 

 

『ヴィンクスシェルフ』の特徴

『ヴィンクスシェルフ』は、造作家具をオーダーするような感覚で棚板のサイズを事前に決める受注生産品です。

 

堅牢な棚板はカーテンレールの様に現地でカットすることが困難なためオーダーの時点でサイズを確定させておく必要があります。

 

また、棚板の幅がW2110mmを超える場合は2分割に分けたジョイント仕様になるため、棚板サイズを窓の中心から左右非対称でオーダーしたい窓配置の場合は別注タイプ(※オプション)でオーダーする必要があることが注意点です。

 

 

『ヴィンクスシェルフ』の意外なニーズ。
「キャットウォーク」として使用できるの?


ところで、『ヴィンクスシェルフ』が発売されてから数か月、メーカー(トーソー)に意外な問い合わせがあるそうです。

 

それは、「ヴィンクスシェルフはキャットウォークとしても使用できますか?」 というもので、この問い合わせ件数の多さがメーカーとしても想定外だというのです。

カーテンレールの上を直接猫が歩くことはメーカー見解として論外ですが、『ヴィンクスシェルフ』の場合、カーテンレール部分と棚板(シェルフ)部分の許容加重が分散されているため、猫が歩く場合はカーテンレール上の棚板を歩くことになります。

棚板の許容加重は140cm以内のブラケット間隔内に5kg(※文庫本30冊)程度の重量物を置ける構造になっているため、例えばそこまで幅広でない1間(いっけん)程度の窓であれば、90cm以内のブラケット間隔を想定しても間隔内の耐荷重が約7.7kgとなる計算で、机上では猫一匹程度が乗っても問題なさそうな強度がありそうです。

 

ブラケットの形状は壁面付けのみ可能。

窓枠に取付けたい方のニーズには合いませんが、しっかりとしたビス下地の用意されている壁面との相性を重視した設計になっています。

さらに、シェルフ素材が素材強度に優れるアルミニウム合金押出形材であること、引っ張り強度、硬度、耐衝撃強度にも優れる亜鉛ダイカスト製のブラケット素材を使用していることに着目した一般ユーザーからこうした問合せが多いとのことで、メーカー側では静止物を対象とした棚としての製品開発であることを強調しつつも、メーカーが推奨していない応用についてはあくまでお客様の自己責任で判断してくださいと回答を付け加えている実情なのだそうです。

棚としての性能を評価してもらえることは有難いことですが、キャットウォークとしての用途を尋ねられるとは「にゃんとも困りました」という冗談の裏に何があるのかは推し量れませんが、ディスプレイ棚としては優れているというメーカー側の自信の一端をうかがいとることはできました。

個人的にはこれまで、窓回りの上にある棚は、地震などの際に怖いのではないかという懸念があるため積極的な推奨を避けてきましたが、この話を聞いてインテリア性に優れたキャットウォークとしての応用価値はあるのかもしれないと感じた次第です(※とはいえ実際に相談された場合は、やはりお客様の自己責任で判断してください、と言ってしまいますが、、、)。

 

カーテンレール 猫 キッャトウォーク ヴィンクスシェルフ

今回の話を聞いたうえで改めてインターネットを調べてみると、カーテンレールの上に猫が登って困るといった話題や、カーテンレールを猫が持つ本能を満たすキッャトウォークとして使うことができないだろうかと考えるニーズが多いことに気付きましたが、やはり普通のカーテンレールの上に猫が直接乗ることはいろいろな意味で危険です。

カーテンレール本来の使用目的は、カーテン、レースをランナーに吊るすことですので、例えばレール自体に洗濯物を干したり、コートなどを掛けたりするだけでレールやブラケットが曲がったり折れたりする危険性があるため、仮にカーテンレールの上に板を乗せて加重分散を図ったとしても、キャットウォークとしての用途には耐えません。

 

以上余談の方が長くりましたが、本日はディスプレイ棚としての機能性に優れるトーソー『ヴィンクスシェルフ』の特徴についてご紹介をさせていただきました。
あくまでもインテリア性を演出するシェルフとしての長所に着目した製品ですが、想定外の用途にも注目されている製品です。

 

◆ 当社・『オーダーカーテン』の特集ページ を見る
http://www.mitsuwa-i.com/sub2.htm

◆ 当社・『輸入カーテンの特集ページ』 を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/inhouse-2.html


ミツワインテリア: http://www.mitsuwa-i.com/

 

 

  • 「新着展示品」 紹介
  • Trackback(0)
  • トーソー『ヴィンクスシェルフ』カーテンレールがキャットウォークとして注目されている話。 はコメントを受け付けていません。
  • at 10:09 PM
  • posted by 管理者

セイキ総業「ハニカムサーモスクリーン」トップライトタイプの展示品紹介と導入事例。

2019年08月09日

効率的な採光を目的とするトップライト(天窓)は、壁面に設ける窓に比べて数倍の採光効果があると言われ、建築基準法の有効採光面積では通常窓の3倍の採光能力を有する窓として計算されます。

ただし、裏を返せばそれだけ強い陽射しが天井面から直接差し込む窓であるため、季節、天候、時間帯によっては「眩しさ」、「暑さ」も3倍になる可能性があり、耐え難い不快感をもたらず場合もあるようです。

 

夏場のトップライトから差し込む熱射と眩しさに悩まれていたこちらの事例では、セイキ総業の『ハニカムサーモスクリーン(トップライトタイプ)』をご採用いただくことで暑さ、眩しさの効果的改善を図ることになりました。

VELUX(ベルックス)製の天窓には建築当初からの設計で電動プリーツスクリーンが設置されており、窓の周囲に電源もなくすっきりとした納まりになっていましたが、断熱性の低いシースルー生地では満足できる効果が得られないため、伸縮操作棒で開閉する採光ハニカムを併用したダブル仕様で効率よく使い分けようという切実なご相談でした。

 

 

セイキ総業の
『ハニカムサーモスクリーン(トップライトタイプ)』

 

天窓 傾斜窓 ハニカムスクリーン

こちらは、当社が提案用でご用意している『ハニカムサーモスクリーン(トップライトタイプ)』の展示品。
窓枠内での設置を想定した製品ですので窓枠の外に設置することはできません。

 

ハニカムスクリーン 伸縮操作棒

W500×H600の展示サイズですが、こちらを「専用操作棒」と一緒にご用意することで、実際の使用を想定した天窓、傾斜窓でのご提案が行いやすくなりました。

 

ハニカムサーモスクリーン トップライトタイプ 取扱店 展示

トップライトタイプをフレームに納めた完成品でご用意することで、店内だけでなくお打ち合わせ先でも実物を想定したハニカムサーモスクリーンのイメージ確認、操作体験が可能になりました。

 

トップライトタイプ ハニカムサーモスクリーン セイキ 展示

こちらは、過酷な夏場の屋外(気温33°)で西日の直射に当てた実験の様子。
窓ガラスのない環境下では、スクリーンに100%の直射があたりますが、それ故に体感温度と眩しさが軽減される実感が得られます。

小さなサンプルであっても使い方の工夫で機能性と操作性の確認をお客様にご提供できますが、トップライトタイプの場合、完成サンプルをご用意することで設置に際しての注意事項と納まりの確認をお客様がよりイメージしやすくなるという利点があります。

 

SEIKI セイキ ハニカムサーモスクリーン トップライトタイプ 事例

水平、傾斜面の天窓にも対応する「トップライトタイプ」は、傾斜角度に応じた製作可能寸法内で採用可能です。

スクリーンの開閉は「ワイヤーテンション式」で、設置時に適度な張力でワイヤー調整を行い、手動または、高所用の「専用操作棒」を用いて開閉を行うシステムとなっています。

取付は、製品本体を上下用のブラケットで固定、昇降をサポートするガイドレールをスクリーンの両側面に固定して設置するため、窓の四方に取付可能なビス下地が存在していれば以下の設置手順で採用可能です。

 

①製品の開閉をアシストする「ガイドレール」の取付。

②上部レール用ブラケットの取付。

③下部レール用ブラケットの取付。

④上下レール用のブラケット線上にスキマ防止材の貼付け。

⑤ ガイドプラグに専用「潤滑剤」を塗布後ガイドレールへセット。

⑥ 上下レールへのブラケット固定。

⑦ テンションコードの調整作業。

 

高所窓の打ち合わせであっても、下地の調査と併せて①~⑦の設置手順で組み立てられたイメージを完成されたサンプルで確認することで、お客様とのイメージ確認がスムーズに進みます。

トップライトタイプの施工は、一般的な窓回り品の設置より調査項目が多く、施工難易度も高いためこういった準備は大切なのです。

 

セイキ総業「ハニカムサーモスクリーン」トップライトタイプ

施工後の様子。

採光スクリーンから適度な明かりを採り入れながら、問題となっていた猛烈な日差しを緩和することができました。

採用セル色は「S-01(パールホワイト)」
当社展示品と同じカラーです。

 

ハニカムスクリーン トップライト 天窓 傾斜窓 コードレス

室温調整で困っていたキッチンの断熱対策も併せて実施しています。

採用セル色は「S-02(コーラルイエロー)」です。

 

『トップライトタイプ』に対応する、スクリーンのバリエーションは10配色の採光生地3配色の防炎採光生地、そして3配色の遮光生地からなります。

窓辺に合わせたカラーと機能性からお選びいただくことができます。

 

◆ 当社・『ハニカム シェード(スクリーン)』の特集ページ。
http://www.mitsuwa-i.com/honeycomb.html

ミツワインテリア:http://www.mitsuwa-i.com/

 

  • 「新着展示品」 紹介
  • Trackback(0)
  • セイキ総業「ハニカムサーモスクリーン」トップライトタイプの展示品紹介と導入事例。 はコメントを受け付けていません。
  • at 6:33 PM
  • posted by 管理者

タチカワブラインドの新作。「パーフェクトシルキー チェーンタッチ」の展示品入荷。

2019年07月01日

タチカワブラインド パーフェクトシルキー チェーン式

タチカワブラインドの人気製品「パーフェクトシルキー 」に2種類のチェーン操作タイプが登場しました。

タチカワブラインドの一般住宅用アルミブラインド(※業務用除く)には、小窓などの調光・昇降に適した、従来型のポール式、ワンポール式の操作仕様と、大型窓での操作性に優れたチェーン式操作の「シルキーサート」がありましたが、高遮光性タイプの「パーフェクトシルキー」ではチェーン式の対応が遅れていました。

しかし、今回新たに「パーフェクトシルキー」にも2種類のチェーン式操作が仕様に加わることで、大型窓・オフィスなどでの複数窓高所窓での提案がしやすくなりました。

 

「セーフティチェーン」の採用で
大型窓での安全性に配慮

タチカワブラインドでは、近年チェーン式操作における安全対策にも取り組んでいて、操作チェーンに通常操作以上の力が掛かると外れる部品「セーフティーチェーン」を標準装備させています(※オプション「マルチチェーンハンガー」の併用で、さらに安全性を高めることも可能)。

こういった安全性への取り組みにより、大型窓、高所窓、複数窓でもチェーン式を導入しやすくなっています。

 

 

「パーフェクトシルキー」
ワンポール式とチェーン式の展示を比較

タチカワブラインド パーフェクトシルキー チェーン式 ワンポール式 比較 違い

タチカワブラインド パーフェクトシルキー 操作 違い

こちらは、当社展示品をつかった新旧「パーフェクトシルキー」の比較

写真左が従来型の「ワンポール式」で写真右が新登場の「チェーンタッチ 」です。

パーフェクトシルキーのチェーン式では2種類の仕様が用意されていて、自動降下機能を持つ「チェーンタッチ」タイプと、自動降下機能を持たない「チェーン」タイプに分かれ、「チェーン ワンタッチ」が+2,000円のオプションになっています(※外観自体は同じです)。

 

当社展示品は「チェーンタッチ」の方で、室内側の操作チェーンを引くだけで、ブラ インドが自動的にゆっくり静かに降りるスマート操作が特徴です。

これならば大きな窓や窓が複数あるお部屋でも、 ブラインドを降ろす手間が掛からず便利だということを体感いただけます。

 

 

従来型パーフェクトシルキー「ワンポール式」「ポール式」は、最小製品幅W450mm以上という制約はありますが、その要件を満たす小窓での採用は可能です。
ブラケットを含むヘッドレールの奥行が54mmあり、窓枠内にビス止めする場合は40mm程度のクリアランスが確保されている必要があるため、オペレーターハンドルや内付網戸のある窓では事前の確認が必要です。 

製作幅450mm未満、ビス止めに必要なクリアランスが40mm未満の窓については高遮光タイプ以外のアルミブラインドをおすすめすることになります。

 

 

タチカワブラインド パーフェクトシルキー チェーンワンタッチ 展示 価格

大型窓推奨のパーフェクトシルキー「チェーンタッチ」「チェーン」は、最小製品幅W600mm以上必要ですので、その要件を満たせない小窓では残念ながら採用できませんのでご注意ください。

ブラケットを含むヘッドレールの奥行が69mmあり、窓枠内にビス止めする場合は55mm以上のクリアランスが確保されている必要があるため、こちらもオペレーターハンドルや内付網戸のある窓での事前の確認が必要です。 

 

タチカワブラインド パーフェクトシルキー チェーンワンタッチ 事例 ブログ

 

以上の特性と注意点を抑えながらパーフェクトシルキーのチェーン操作仕様をご検討いただければ幸いです。

展示品は店内で見学するだけでなく現地お打ち合わせに持参することもできますので、詳細はお気軽にご相談ください。

 

◆ 当社・『アルミブラインドの特集ページ』を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/sub3.htm

 

ミツワインテリア:http://www.mitsuwa-i.com/

 

  • 「新着展示品」 紹介
  • Trackback(0)
  • タチカワブラインドの新作。「パーフェクトシルキー チェーンタッチ」の展示品入荷。 はコメントを受け付けていません。
  • at 2:59 PM
  • posted by 管理者

ナニック『Gシリーズ』ウッドブラインドの新色展示品を入荷いたしました。

2019年02月26日

意外と思われる方も多いかもしれませんが、日本国内におけるウッドブラインド流通の歴史はWindows PCと同じで四半世紀程度なのです。

1995年、日本で最初に「ウッドブラインド」の販売を始めたNanic(ナニック)。
発売当時、製品はアメリカ・Nanic社からの輸入品でしたが、現在ではナニック ジャパンを設立して国内工場での生産体制を確立しました。

現在もナニックジャパンは、木製ブラインドのリーディングカンパニーとして国内王手メーカーの手本となっており、ニチベイが『クレール』、タチカワブラインドが『フォレティア』、トーソーが『ベネウッド』といった製品群がこれに追随しています。

ナニック製品はスラットの品質はもちろん、昇降メカの基本性能、組立過程の精巧さという点においてもナニック製品の評価は非常に高く、そればエントリーモデル(廉価版)の『Gシリーズ』であっても同様です。


ナニック「Gシリーズ」ウッドブラインド。

カラーチャート展示品をご用意

ナニック Gシリーズ ウッドブラインド 取扱店 販売店 価格 割引率

ナニック Gシリーズ ウッドブラインド カラー 見本

今回、当社の展示品に加わったナニック『Gシリーズ』のカラーチャート展示品

新色(2色)を含めた全15色のスラットを網羅した展示になっており、よりダイナミックに色味の確認が行えます。

展示品は店内での見学はもちろん、出張お打ち合わせ時にお持ちする事もできます。

 

新色が追加。
911「スノウホワイト」
918「コニャックブラウン」

2019年2月18日より、販売開始になった新色がこちら。

よりはっきりとした白色の911「スノウホワイト」 赤みのある深い茶色が特徴の918「コニャックブラウン」の2色です。

 


ナニック Gシリーズ ウッドブラインド 911 スノウホワイト

911「スノウホワイト」は、国内主要メーカーのエントリーモデルとの比較で、もっとも白みが強かったニチベイ『クレール』展開色の「スターホワイト」より僅かに白みを強めたスラット。

 

 

ナニック Gシリーズ ウッドブラインド 918 コニャックブラウン

918「コニャックブラウン」は、ナニックのフラッグシップモデル(上級品)の人気色518『バーニッシュドメープル』に近い雰囲気を廉価版で味わえる色調です。

 

ナニックシリーズ Gシリーズ ウッドブラインド 比較

新色(2色)については、展示品で比較してご覧いただけます。

 

ナニック Gシリーズ ウッドブラインド クロステープ 展示 取扱店

また、ナニック『Gシリーズ』は、オプションでクロステープ(全9色)の組み合わせにも対応しておりますので、ご興味のあるお客様はお気軽にご相談くださいませ。

 

◆  ナニック ウッドブラインド」の特集ページ。
http://www.mitsuwa-i.com/newpage13.htm

◆  当社・『木製ブラインドの特集ページ』を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/tokyo-b.htm

 

ミツワインテリア: http://www.mitsuwa-i.com/

  • 「新着展示品」 紹介
  • Trackback(0)
  • ナニック『Gシリーズ』ウッドブラインドの新色展示品を入荷いたしました。 はコメントを受け付けていません。
  • at 6:49 PM
  • posted by 管理者

『PURE MORRIS NORTH』のファブリック カタログ。

2018年12月01日

今日から12月になりました。

当社では、「ウィリアム・モリス」の2019年壁掛け用カレンダーを限定100冊ではございますがご来店のお客様に差し上げています。

 

こちらのカレンダーは、今秋発表された新コレクションである 『PURE MORRIS NORTH』収録のファブリックと、コーディネート用の壁紙の一部を各月1枚の画像と組み合わせた見開き構成となっており、ピュアモリスの世界観を生活の一部としてお楽しみいただけます。

 

 

 『PURE MORRIS NORTH』 
ピュアモリス・第2弾となるファブリックカタログ

PURE MORRIS NORTH ピュアモリス

  『PURE MORRIS NORTH』 のファブリックカタログは当社でもご用意しております。
 
 
 
『PURE MORRIS NORTH』は、現代的なナチュラル&モダンの住空間への調和をコンセプトに掲げたブランド『ピュア モリス』待望の第二弾としてリリースされた作品集で、ウィリアム・モリスの「アイスランド旅日記(1871年)」にインスピレーションを受けた作風を、最先端の刺繍&プリント技術で表現したこだわりの1冊です。
 
本日のブログでは、全13柄の収録生地となる、刺繍6柄プリント5柄織り生地2柄の特徴をご紹介いたします。
 
 

 

Pure Acanthus Weave

Pure Acanthus Weave ピュアモリス カーテン

ピュアモリス Pure Acanthus Weave

ダイナミックに描く曲線を繰り返しながら複雑に重なり合うデザインの“Acanthus”は、1875年の発表以来モリスによる最も有名なデザインのひとつで、3D効果を思わせるアカンサスの葉模様が特徴です。
 
ところどころかすれたような表情を織りで再現しつつ、レーヨンのスパン糸を使用することで美しいドレープ性が得られるファブリックは、ブラック、インクグレーの2色展開となっています。
 
 


 
 
Pure Arbutus Embroidery
 
Pure Arbutus Embroidery ピュアモリス カーテン
 
ピュアモリス Pure Arbutus Embroidery
 
キャスリーン・カージーがモリス商会のためにデザインした “Arbutus(1913)”をモノトーンの刺繍生地にリデザインしました。
 
茎は光沢のあるレーヨン糸、葉はマットなコットン糸、そして果実はメタリック糸、と綿麻の生地に複数の刺繍糸を用いることで動きを出しています。
ホワイトクローバー、リネン、インクグレーの3色展開です。
 
 

 

Pure Bachelors Button

Pure Bachelors Button ピュアモリス カーテン

ピュアモリス Pure Bachelors Button

人気を博したPURE MORRISコレクション“Batchelor’s Button”の壁紙が巾いっぱいにデザインされた2配色のファブリックで新登場。
 
重量感あるざっくりとした麻にプリントを施したブラックインク色は、男性的でラグジュアリーな印象。
一方、ホーンポピー/グレー色はフレッシュでコンテンポラリーな雰囲気に仕上がりました。

 


 

Pure Bachelors Button Embroidery

Pure Bachelors Button Embroidery ピュアモリス カーテン

“Batchelor’s Button”のデザインを綿麻の生地に刺繍で再現した3色展開のファブリックです。
 
オリジナルのアーカイブ資料をより忠実に表現するためリピートサイズを縮小し、単色のウール混撚糸で繊細に刺繍を施しました。
生地全体にリズム感のある、洗練された印象の生地です。
 
 


 
 
Pure Bramble Embroidery
 
Pure Bramble Embroidery ピュアモリス カーテン
 
モリスの自然に対する愛情に影響を受けたケイト・フォークナーがモリス商会のためにデザインした“Bramble(1879)”。 
本来は壁紙の柄ですが、今回は染色と刺繍という新たな組み合わせで表現しました。
やわらかにぼかしたキイチゴの葉と、幹はレーヨン糸、綿花と果実はメタリックの撚糸を使用した刺繍がデザインに動きを出しています。
インクパープル、ライトグレーの2色展開。
 
 

 

Pure Brer Rabbit

Pure Brer Rabbit ピュアモリス カーテン

邦名『兄弟うさぎ』として知られる“Pure Brer Rabbit(1882)”。
モリスが描いた愛らしいデザインを、今回は麻100%の生地ベースにフラックスとリネンの2配色展開でご用意しました。
 
自然な亜麻の風合いを持つ重量感のあるリネン100%の地にプリントしたフラックス色は、椅子張り用生地としておすすめ。
リネン色は薄手のリネン生地にハンドブロック印刷の風合いを出すため、白色染料で直にプリントしたこだわりのファブリックとなっています。
 
 

 

Pure Brer Rabbit Weave

Pure Brer Rabbit Weave ピュアモリス カーテン

 
1882年発表の“Brer Rabbit”をドレープ性の高いジャガード生地で 表現した新作では、タテ糸に麻を、ヨコ糸に微光のレーヨンを使用しています。
 
フェイドシーピンク、リネン、フラックスの3色展開です。
 
 

 

Pure Honeysuckle & Tulip

Pure Honeysuckle & Tulip ピュアモリス カーテン

モリスのオリジナルの水彩画であるHoneysuckle(1876年以降)のベースに、細い線のインクや鉛筆、水彩を加えた作品です。
 
アウトラインを取ったやわらかく流れるようなデザインや緩やかな色のトーンはそのままにしています。
 
 

 
 
Pure Honeysuckle & Tulip Embroidery

“Honeysuckle & Tulip”のオリジナルは1876年にデザインされたものですが、「NORTH」コレクションでは新解釈を経て3つの色を用いた総刺繍生地として製作しました。

ポイントとなるあるチューリップの部分には、光沢が美しいベルベットのアップリケを施しています。

 


 

Pure Marigold

Pure Marigold ピュアモリス カーテン

 1875年作のプリント生地“Marigoldを、3配色の麻プリントで表現した新作で、しなやかでありながら椅子張りにも使用可能な耐久性が特徴。
 
光沢が美しいパールプリントのリネン/オイスター色はカーテンにおすすめ、ブラック色とライトグレー色はクッションなどの小物で使用しても引き立ちます。

 


 

Pure Marigold Trail Embroidery

Pure Marigold Trail Embroidery ピュアモリス カーテン

 1875年作のプリント生地“Marigold”にインスピレーションを得た葉のトレイル柄を、コットン&リネン地に手作業を交えたコード刺繍で表現しました。


ライトグレー、リネンの2色展開ょを持ち、美しい刺繍とシンプルなデザインで、「Pure Marigold」のプリント生地や壁紙とのコーディネトを楽しめます。

 

 
 
Pure Scroll Embroidery
 
Pure Scroll Embroidery ピュアモリス カーテン
 
モリス作の“Diaper”からインスパイアされた幾何柄デザインを、綿麻の生地にチェーンステッチで表現した刺繍生地。
 
リネン、フラックス、ライトグレーの3色展開からなり、全体に光沢感をもたらすサテンの美しい仕上がりが印象的です。
 
 


 
 
Pure Willow Boughs
 
Pure Willow Boughs ピュアモリス カーテン
 
1887年発表の“Willow Boughs”をさらにシンプルに表現した3色展開のプリントで、それぞれに厚みの異なる麻地を使用しています。
 
  

 
 
 
『PURE MORRIS NORTH』のファブリック、マナトレーディングの東京ショールームでは縫製展示品でご覧いただけますので、ご興味のあるお客様は是非ご来場くださいませ。
 
 

◆ 当社・『ウィリアム・モリスの特集ページ』を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/inhouse.htm

◆ 当社・『輸入カーテンの特集ページ』 を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/inhouse-2.html

 

ミツワインテリア:http://www.mitsuwa-i.com/

 
 
 
  • 「ウィリアム・モリス」
  • Trackback(0)
  • 『PURE MORRIS NORTH』のファブリック カタログ。 はコメントを受け付けていません。
  • at 2:47 PM
  • posted by 管理者

「プリーツスクリーン」のスマートコード式。展示品を入荷しました。

2018年10月02日

ニチベイ プリーツスクリーン もなみ スマートコード式 展示

ニチベイのプリーツスクリーン 『もなみ』

最新カタログより加わった新しい操作仕様、「スマートコード式」の展示品を入荷しました。

 

洗練された空間演出で採用される
「プリーツスクリーン」の魅力

「プリーツスクリーン」は、和室はもちろん、スタイリッシュなインテリア演出を目指すウィンドゥ・トリートメントとして人気があり、豊富な素材と色柄の組合せをお楽しみいただけます。

 

「和室」でのコーディネート

 

「和モダン」インテリアでのコーディネート

 

「ナチュラルインテリア」でのコーディネート

 

「北欧インテリア」でのコーディネート

 

 

ニチベイ の プリーツスクリーン 『もなみ』
6種類の操作仕様と
新登場の「スマートコード式」

プリーツスクリーン 展示 比較

プリーツスクリーンは、日本で最初に製品化したニチベイを始め、タチカワブラインド、トーソーなどがカタログ展開しており、当社でも各社展示品を大小10点ほど用意しています。

 

プリーツスクリーンの手動操作仕様には、発売当初からある「コード式」「ループコード式」の他、大型窓への対応と自動降下機能を持つ「チェーン式」、和室の地窓や設置高の低い窓などで採用可能な「コードレス式」など様々な操作仕様がありますが、今回新たに「スマートコード式」が加わりました。

 

「スマートコード式」は、1本のコードをワンアクションで自動降下させる機能と、上下に動かして小刻みに引き上げる機能からなる操作仕様で、製品サイズ: W2000 ☓ H2500 (最大5㎡)までの窓に対応します。

操作コードがループでないため、引っ掛けなどの心配もなくチャイルドセーフティなど安全性の観点から支持されています。

 

「スマートコード式」の解説はこちら。

ご来店いただければ、も他の操作方式と比較しながらの操作体験が可能です。

 

◆ 『プリーツスクリーンの特集ページ』を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/pleats&pleats.htm

 

ミツワインテリア: http://www.mitsuwa-i.com/

 

  • 「新着展示品」 紹介
  • Trackback(0)
  • 「プリーツスクリーン」のスマートコード式。展示品を入荷しました。 はコメントを受け付けていません。
  • at 1:07 PM
  • posted by 管理者

ルーセントホーム『シェルシェード』。圧倒的な色数と操作仕様の組合せで演出するハニカムスクリーンの魅力。

2018年09月17日

ルーセントホーム シェルシェード 取扱店 東京 神奈川

ルーセントホーム シェルシェード 比較

 

「ハニカムスクリーン」をご検討中のお客様に新着展示品のお知らせです。

Lucenthome(ルーセントホーム)の『シェルシェード』は、豊富なカラーバリエーションと操作仕様を誇る、ハニカムスクリーン(シェード)の人気ブランドとして知られていますが、9月発売のカタログより新たに「バンブー」、「ダークバンブー」、「グロス」、「粋」 計27種類の新ファブリックが加わり、採光・遮光・シースルー 合せた標準色(38mmセル)の展開は11種類(143色)となりました。

セルのサイズは、標準セル(38mm)に加えて25mmセル、プレミアムコレクション限定のダブルセルの3種類あり、全てを合算 した生地バリエーションは総数202色にのぼる充実のコレクションとなりました。

ハニカムスクリーンの基本機能である断熱(遮熱・保温)、グレア防止以外に、意匠性、操作性を求めるお客様におすすめです。

 

 

「採光」セル (6アイテム・89色)

ルーセントホーム シェルシェード セミオパーク カラー

ルーセントホーム シェルシェード エンボス ワッシャー グロス バンブー カラー

採光セルのラインナップは、無地の「セミ・オパーク(42色)」に加えて、意匠性の高い「バンブー(5色)」「グロス(12色)」「エンボス(10色)」「ワッシャー(5色)」に、『プレミアムコレクション』限定の「ダブルセル(15色)」を加えた計89配色をご用意。

採光タイプのセルは、自然光を透した時のシェードの美しい発色と陰影が高い意匠性をもたらすため、このコレクションがあれば、和洋を問わず様々なインテリアシーンでご採用いただけます。

 

 

「遮光」セル (2アイテム・29色)

ルーセントホーム シェルシェード オパーク 遮光 カラー

遮光セルのラインナップは、無地の「オパーク(24色)」に、意匠性の高い「ダークバンブー(5色)」を加えた計29配色のカラー展開となりました。

新色の「ダークバンブー」は、光を透さない遮光セルに竹肌のような模様を入れることにより、表情豊かな窓辺を演出します。

 

 

「レース」セル (3アイテム・25色)

ルーセントホーム シェルシェード シースルー 綾 粋 カラー

レースセルのラインナップは、スタンダードの「シースルー(10色)」に、天然素材風の織物を意識した「綾(10色)」「粋(5色)」を加えた計25配色をご用意。

一般的なハニカムスクリーンでは、レースセルのバリエーションが非常に少なく限定されているだけにこちらのコレクションの充実ぶりは圧巻です。

レースセルの単独使用はもちろん、採光セルや遮光セルと組み合わせたダブルタイプなど、幅広いインテリアシーンでをご採用いただけます。

 

 

製品モデルと昇降システムも充実。

ルーセントホームの『シェルシェード』では、バリエーション豊かなセル展開をサポートする、製品モデルと昇降システムも大変充実しています。

シングル操作に加えて、上下に2種類のセルを組み合わせた「ダブルタイプ」、上部を開口できる「トップオープンタイプ」など自由度の高い生地選びが可能です。

 

昇降コードを使用せず、開閉フックを握って手動操作が可能な「コードレスタイプ」は意匠性の高い人気操作仕様。

小窓や、開閉フックに手の届く窓での採用実績の高い製品です。

 

リモコン操作で昇降を行う「電動リモコン」タイプは、高所窓などでおすすめです。

また、電源がない場合でも、内臓電池や、外付け電池の入替えで使用できる仕様もご用意しております。

 

 

新作展示品のご紹介

ミツワインテリアでは、店内や屋外、ご訪問先で生地の性能と質感を体験いただける展示品を大小9点ご用意しておりましたが、今回、新作生地を含めた11種類のセルタイプのご確認をいただける展示サンプルを新たに5点ご用意いたしましたので、新入荷品の顔ぶれを以下にご案内させていただきます。

 

 

ルーセントホーム シェルシェード ダークバンブー バンブー 展示

1点目は、セルの表面に竹肌のような模様を入れることで、スタイリッシュな表情を醸し出す「ダークバンブー(上生地)「バンブー(下生地)を組み合わせたコードレスダブルタイプの展示品。

「バンブー」は、採光状態でのシェードの美しさを、「ダークバンブー」は光りの入らない夜間の表情を確認することができる組合せです。

 

ルーセントホーム シェルシェード エンボス オパーク 展示

2点目は、セルの表面に浮き彫り細工加工を施した「エンボス(上生地)と、42色のカラーバリエーションを持つ無地の「セミ・オパーク(下生地)を組み合わせた、ドラム・ダブルタイプの展示品。

柄と無地の採光セルが持つ味わいを対比してご覧いただける組合せです。

 

ルーセントホーム シェルシェード グロス ワッシャー 展示

 

3点目は、セルの表面にグロス(光沢)加工を施して上品なファブリックを表現した「グロス(上生地)と、和紙を思わせるシワ加工で素材感のあるファブリックを表現した「ワッシャー(下生地)を組み合わせたコードレスダブルタイプの展示品。

光沢とシワで表現した採光セルが持つ味わいを対比してご覧いただける組合せです。

 

 

ルーセントホーム シェルシェード 粋 綾 展示

4点目は、織物でレース(シースルー)を表現した、「粋(上生地)「綾(下生地)を組み合わせたコードレスダブルタイプの展示品。

素材感のある織りと非妙なニュアンスを、採光しながら対比てできる組合せです。

 

ルーセントホーム シェルシェード プレミアムコレクション ダブルセル 展示

最後に、『プレミアムコレクション』限定で取扱いのある「ダブルセル(上生地)と、10配色のカラーバリエーションを持つ「シースルーを組み合わせた、ドラム・ダブルタイプの展示品。

ダブルセル特有の高い断熱性と意匠性、シースルーレースとの対比をご確認いただける組合せです。

 

--------------

 

以上、本日は多彩なセル展開と操作タイプを取り揃える、ルーセントホーム『シェルシェード』の特徴を、展示品の紹介を交えてご紹介させていだきました。

ミツワインテリアでは、その他、ハンターダグラス『デュエットシェード』、ニチベイ『レフィーナ』、タチカワブラインド『ブレア』、トーソー『エコシア』、SEIKI『ハニカムサーモスクリーン』の展示品を含め、全26点ハニカムスクリーン(シェード)の展示品をご用意しております。

東京・神奈川エリアにて出張対応をしておりますので、導入ご検討のお客様はご相談くださいませ。

 

 

◆ 当社・『ハニカム シェード(スクリーン)』の特集ページ。
http://www.mitsuwa-i.com/honeycomb.html

 

ミツワインテリア:http://www.mitsuwa-i.com/

 

  • 「新着展示品」 紹介
  • Trackback(0)
  • ルーセントホーム『シェルシェード』。圧倒的な色数と操作仕様の組合せで演出するハニカムスクリーンの魅力。 はコメントを受け付けていません。
  • at 4:59 PM
  • posted by 管理者
2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031