Mitsuwa Interio STAFF BLOG「ミツワインテリア」のスタッフ・ブログでは、日々の施工事例や新着情報をご紹介しています。

カテゴリー別アーカイブ: ウッドシャッター

NORMAN(ノーマン)の「ウッドシャッター」。レール付き折戸タイプ納品事例。

2022年07月01日

NORMAN ノーマン ウッドシャッター 4枚折れ戸

NORMAN ノーマン ウッドシャッター レール付き折戸タイプ 事例

こちらはNORMAN(ノーマン)の「ウッドシャッター」より、レール付き折戸タイプの納品事例です。

 

 

NORMAN®のウッドシャッター

「ウッドシャッター」とは、羽根(格子戸でいうと組子の部分)が稼働する、格子戸に似た耐久性の高い窓まわり品で、ルーバーの角度調節やパネル本体の開け閉めにより、採光と遮蔽、換気の調節、外部からのプライバシーコントロールができる製品です。

主に窓まわりに用いられることが多いウッドシャッターですが、ドアや間仕切りなどアイデアによって様々な用途に応用可能で、ヨーロッパの王室や中東の宮廷、歴史ある教会、北米の邸宅や高級リゾートホテルなどでも愛用される木製インテリアの最高級品として世界的に認知されています。

今回ご採用いただいたNORMAN(ノーマン)ウッドシャッターは、豊富な製品ラインナップと、カラーバリエーションの多様さ、最先端の機能性が支持されて現在では世界のウッドシャッターシェアNO1のブランドとなっています。

日本の住宅におけるインテリアシーンでウッドシッャターが積極的に採用され始めたのはここ10年くらいのことですが、ノーマン製品がその普及に寄与していることはいうまでもありません。

 

 

NORMAN「ウッドシャッター」
レール付き折戸タイプ

こちらの注文住宅では、NORMAN「ウッドシャッター」の製品ラインナップよりレール付き折戸タイプをご採用いただきました。

 

リビング ウッドシャッター 折れ戸タイプ

上吊りレールだけで開閉できる仕様もありますが、よりスムースで安定感のある開閉が可能なボトムレール(下レール)付きで納めています。

 

 

ルーバーサイズは47mm,63mm,76mm,89mm,114mmの5タイプの展開がありますが、日本の住宅シーンで流通している窓枠内で採用する場合の推奨は63mm76mmで、今回は63mmルーバーを採用しています。

 

 

 

組合わせのルーバーカラーは、25色展開のペイントカラー」より人気色のデコレーターズホワイト(063)を選定。

 

 

その他、30色展開の「ステインカラー」、12色展開の「オスモワックスカラー」を含めた合計67配色をお好みのルーバーサイズに組み合わせることができる選択肢の広さがノーマンウッドシッャターの特徴です。

 

 

ルーバーは、ノーマン独自の「イージーチルトシステム」により1枚のルーバーを指で回転させるたげでルーバー全体が連動して足並みが揃います。

 

 

オプションの「ルーバー自動クローズ機能」。

NORMAN ノーマン ウッドシャッター ルーバー自動クローズ機能

 
 

またこちらの事例では、NORMANがレール付き折れ戸向けの新機構として開発したルーバー自動クローズ機能・「AutoTilt 」を併用しています。

動画をご覧いただけばより解り易いですが、これはパネルを外側に向かって折りたたむ際にルーバー(羽根)の開閉状態にかかわらず自動的にルーバーが閉じる機能で、折れ戸でありがちな開いた羽根同士の接触による破損を防ぎ、折れ戸の扱いがより簡単・便利になりました。

 

折れ戸は両開きはもちろん、必要に応じて左右に片寄せすることも可能です。

 

 

また、これまでのレール付き折れ戸は、外に向けて最大で90度までしか畳むことができませんでしたが、NORMAN®が開発した「bi-fold 180°」ではパネルが180 度開き、壁に沿うように畳むことも可能です。

 

以上、本日はNORMAN(ノーマン)のウッドシッャターより、機能性が充実したレール付き折戸タイプの納品事例をご紹介させていただきました。

 

近年、ウッドシッャターは機能性も進化してますます使い易くなってきています。

ルーバーの開閉操作も意匠に合せた手動タイプと、ソーラーバッテリーを内蔵させて電源を必要としない電動タイプまで幅広く展開していますので、是非ご検討ください。

 

ミツワインテリア:
https://www.mitsuwa-i.com/

 

  • ウッドシャッター
  • Trackback(0)
  • NORMAN(ノーマン)の「ウッドシャッター」。レール付き折戸タイプ納品事例。 はコメントを受け付けていません
  • at 8:18 PM
  • posted by 管理者

ナニックの「ウッドシャッター」(横ルーバータイプ)。ウッドブラインドとの組合せ納品事例。

2020年09月07日

ナニック ウッドブラインド ウッドシャッター組合せ 事例 ブログ

 

こちらは寝室の3連小窓にウッドブラインドとの組み合わせでナニックの「ウッドシャッター」(横ルーバータイプ)をご採用いただいた事例紹介です。

 

3連小窓の内寸は、W304mm × H925mm と横型ウッドブラインドの製作自体は可能でしたが内開き網戸が含まれるため窓内の設置が出来ない状況でした。

また、網戸の開閉に干渉しない様、畳み上げた製品を窓上に納めるためには取付ビス位置を130mm以上離す必要がありましたが、その位置には取付下地が用意されていないため、結論として横型ブラインドの採用は出来ない窓構造となっていました。

巻き上げがコンパクトに納まるロールスクリーンであれば窓上に設置することができましたが、お客様の希望はあくまでも木製の窓周り品ということで、可動ルーバー付開閉扉の「ウッドシャッター」を検討することになりました。

 

 

建売住宅・内装木目色の雰囲気を
ウッドブラインドやアクセントウォールで調整

ナニック ウッドブラインド グレーアッシュ 507 事例

ナニックシリーズ(63mm & 50mm)・「グレーアッシュ(507)」組合せ納品イメージ。 

戸建購入にあたり、注文住宅より価格が抑えられた建売住宅を購入し、差額を家具の購入や内装のカスタマイズに充当しようという考え方は、注文住宅にありがちな追加工事や外溝工事など想定外の出費で予算を失うリスクが少ないため、結果的に満足度の高い家づくりを実現できる場合があります。

 

ナニック ウッドブラインド セーブル 140 事例

ナニックシリーズ(50mm)・「セーブル(140)」納品イメージ。 

 

ナニック ウッドブラインド ピカーン 503 事例

ナニックシリーズ(50mm)・「ピカーン(503)」納品イメージ。 

 

建売住宅の場合、購入段階でフローリングや壁紙などの内装が出来あがっているため、それに合せて窓周り品を揃えるお客様も多いですが、本事例の様に、引渡し後にエコカラット(内装タイル)のアクセントを入れて、その雰囲気に合せた窓周りにこだわりを持たせることで、満足度の高いインテリアを手に入れることは難しくはありません。

 

 

ウッドブラインドがつけられない窓に
「ウッドシャッター」を付ける。

ナニック ウッドシャッター 小窓

全ての居室でご家族それぞれの好みに合わせたウッドブラインドを選ぶことが出来たなか、唯一「ウッドシャッター」を組合わせることになったのがこちらの居室です。

 

3連小窓の内寸は、W304mm × H925mm と横型ウッドブラインドの製作自体は可能でしたが、内開き網戸が含まれるため窓内の設置が出来ない状況でした。

また、網戸の開閉に干渉しない様、畳み上げた製品を窓上に納めるためには取付ビス位置を130mm以上離す必要がありましたが、その位置には取付下地が用意されていないこと、右側のクローゼット折戸の開閉にも支障を来すことから結論として横型ブラインドの採用は出来ない窓構造となっていました。

巻き上げがコンパクトに納まるロールスクリーンであれば窓上に設置することができましたが、お客様の希望はあくまでも木製の窓周り品ということで、可動ルーバー付開閉扉の「ウッドシャッター」を検討することになりました。

 

ナニックでは、可動式木製ルーバーのラインナップとして、3種類のルーバータイプで「ウッドシッャター」をご用意しており、初台のショールームでは横型、縦型のウッドブラインドと併せてご覧いただくことができます。

 

 

ナニック ウッドシャッター 片開き

 

今回ご採用いただいた仕様は開戸タイプの丁番仕様(片開き)で、「フラットタイプ」58mmのルーバーをお選びいただきました。

 

ナニック ウッドシャッター 取扱店 価格

設置にあたっては窓内に丁番とマグネットキャッチが固定できるビス下地が存在していること、内開き網戸の開閉に支障がないことを確認します。

 

ウッドシッャター メリット デメリット

換気窓の際はウッドシャッターを開放していただく必要がありますが、これにより網戸の干渉も回避することができました。

 

ウッドシッャターを検討される際は、シッャター自体の開閉エリアでの障害物についても確認されることをお勧めします。

 

ナニック ウッドシャッター 取扱店 東京

ウッドシッャター 遮光性

以上、ウッドブラインドの設置が困難な窓での「ウッドシャッター」を組合せ納品事例をご紹介させていただきました。

 

◆ 当社・『木製ブラインドの特集ページ』を見る。
https://www.mitsuwa-i.com/tokyo-b.htm

 

ミツワインテリア: https://www.mitsuwa-i.com/

 

  • ウッドシャッター
  • Trackback(0)
  • ナニックの「ウッドシャッター」(横ルーバータイプ)。ウッドブラインドとの組合せ納品事例。 はコメントを受け付けていません
  • at 5:48 PM
  • posted by 管理者

マンション引き渡し後の「内装リフォーム」と「造作・建具」の新設施工事例。

2014年06月25日

 本日のブログでは、昨日ご紹介いたしました、『リビング・ダイニング』編に引き続き、マンション引渡し後に「壁装と建具」仕上げを実施した、「インテリア・カスタマイズ」事例の後編、『玄関・廊下』、『主寝室・書斎』、『その他の居室』編をご紹介させていただきます。

港区 マンションリフォーム事例

男の書斎のインテリア

 


『玄関・廊下』エリアの「Before~After」。

「玄関・廊下」のリフォーム Beforr~After

まず、最初に「カスタマイズ・リフォーム」完了後の「玄関・廊下」エリアの内装の様子をご紹介させていただきます。

「マンション・内覧会」時の状態では、「洗面所」と「子供部屋」の内装については標準仕様にて仕上げられておりましたが、「カスタマイズ・リフォーム」を実施するエリアに関しては、仕上げを行わずに、下地までの仕上げでの内見となっておりましたので、引き渡し後のリフォームに向けて、各居室で個別の仕上げ材の選定とコーディネートの打合せを行い、最終的な施工にあたりました。

 

(1)『塗装下地』専用壁紙の選定。

ルナファーザー 741

『玄関・廊下』と『主寝室(書斎側)』の壁装では、『LD』同様に、フラットタイプのさらりとしたテクスチュアと強靭な繊維質の組成により、従来型の、「石膏ボード」の上に直接塗装をして仕上げる『ドライ・ウォール』工法を上回る仕上がり強度と演出効果を発揮する、『塗装仕上げ専用・フリース壁紙』を、インテリア・ペイント仕上げの下地用壁紙としてご採用いただきました。


この「フリース繊維」の壁紙に塗料が浸透することにより、壁面の「クラック(ヒビ割れ)」を予防する強靭な壁装面を作ることができます。

 

(2)『インテリア・ペイント』の選定。

Sharwin Willams インテリアペイント

「玄関・廊下」の壁面及び、「主寝室」と間仕切壁でセミ・セパレートされた「書斎エリア」の壁装仕上げには、LDと同じ作業工程にて『インテリア・ペイント』による仕上げをご採用いただきました。

 

f-2014.6.21.12

Serwin Williams(シャーウィン・ウィリアムズ) 「SW6244(Naval)」

今回、「玄関・廊下」と「書斎エリア」でご採用いただきました仕上げ材の『インテリア・ペイント』には『Serwin Williams(シャーウィン・ウィリアムズ)』の1268色のカラーラインナップの中から、SW6244(Naval)」と名付けられたカラーをご採用いただきました。
「Naval」は、「Navy」の形容詞で、「navy blue」は、濃混色を意味します。

 塗装の「艶感」は、『マット(艶なし)』もございますが、今回も「リビング・ダイニング」同様、メンテナンス性の良い、『エッグ・シェル(3分艶)』をご採用いただきました。

 

 

(3)『装飾モールディング』の選定。

モールディング施工 マンション

f-2014.6.20.32

「玄関・廊下」エリアにでご採用いただきましたのは、75mm×35mmサイズの「アユース材」・装飾モールディングです。

 

f-2014.6.20.8-5

f-2014.6.20.31

 

ちなみに、今回、「玄関・廊下」の天井と壁面の境界にご採用をいただきました『装飾モールディング』は、天井高が高く間取りの広い「リビング・ダイニング」でご採用いただきました、150mm×150mm・「4段形状」の大ぶりなサイズのデザインより、居室の特性に合わせてダウンサイジングしたものをご提案させていただいております。

 具体的には、「3段形状」で通常仕様の形状サイズが「75mm×30mm」のモールディングを反転させて、「横使い(30mm×75mm)」で設置したアレンジ施工となっています。
LDより天井高の低い「玄関・廊下」エリアの構造上の問題と、天井と近接している開口ドアとのクリアランスの関係を考慮したうえで、全体のまとまりを意識したコーディネートを心掛けました

この様に、一般的に、集合住宅の廊下や洗面所、トイレなどは、通常の居室よりも天井高が低く設計されていますので、モールディングの選定の際は、間取りの大きさと天井高に配慮して材料を選定する必要がございます。

 

f-2014.6.21.5

こうした工夫の結果、ご覧の様に、天井高の低いエリアでも、LDとの調和を図って、ステップ・デザインの装飾モールディングをコーディネートすることができました。

 

 

(4)「主寝室」に『ウール・カーペット』の施工

f-2014.6.21.24

「主寝室」は、日常の疲れを癒し心身のリラックスを図る大切な空間です。

こちらの施工事例では、フローリングを傷めず、部屋全体にカーペットを敷きつめる、当社オリジナルの「置き敷き」施工により、将来的にフローリングへの原状回復が手軽に出来つつ、現時点でご要望のラグジュアリー感の味わえるフロアリニューアルを行いました。

足触りが良く、四季を通じての適度な調湿機能を持つウール・カーペット敷きは、ソフト・フロアを愛用されるお客様からご要望の多い、マンション・リフォームの中のリクエスト施工です。

 

 f-2014.6.20.33

「主寝室」の置き敷きカーペットには、アスワンの『アスベルク』・色番:(BER05)をご採用いただきました。

全厚:9mmのループタイプで、パイル長:7mm・6mm・5.5mmの3段階の「ハイ&ロー」ループが特徴のウールカーペットで、耐久性もあり、ホテルの客室など土足歩行をされるインテリアシーンにも使用可能な高品質カーペットです。

 

 

f-2014.6.21.18

『ウールカーペット』、『インテリア・ペイント』、『装飾モールディング』でコーディネートされた、『主寝室(間仕切壁を挟んで奥に「書斎」があります)』完成後の様子です。

 

 

(5) 「書斎エリア」の小窓は、『ウッド・シヤッター』で演出。

f-2014.6.21.13

こちらは、ご入居後の「書斎エリア」にある小窓の様子です。

 

f-2014.6.21.7

「間仕切壁」によって、『寝室』側と通路でセパレートされた「書斎エリア」の壁装は、廊下と同じ濃紺色の『インテリア・ペイント』で仕上げました。
上の写真は、ウッドシャッター設置前の、既存の窓枠下側「化粧枠」が張り出している、標準仕様の仕上げ過程の様子です。

 

f-2014.6.21.8

ダイニングの小窓でも同じ仕上げを行いましたが、窓枠下側「化粧枠」の張り出し厚に合わせて、ウッドシャッターを設置するための「四方枠」下地を調整した様子です。

 

f-2014.6.20.9

f-2014.6.21.17

そして、「真鍮製」の「丁番と取手」を組み合わせて、オーダーメイドの『ウッドシャッター』を小窓に設置いたしました。

 

f-2014.6.20.10

f-2014.6.20.11

『ウッドシャッター』の調光は、中央のバーの上げ下げで調節いたします。

 

f-2014.6.20.24

『ウッドシャッター』は、調光以外にも、「開閉」・「換気」などを自由に行う事ができます。

 

f-2014.6.20.49

こうして、お客様の居心地の良い、『ウッドシャッター』と「ネイビー・ブルー」の壁装が調和した、洒脱な『書斎』のインテリア・シーンを設えました。

 

 

(6) 『室内ドア』の製作。

f-2014.6.20.15

f-2014.6.20.30

f-2014.6.21.16

室内ドアの「丁番」には、「掘商店」の『オリーブナックル丁番(BF)真鍮色』を採用して、ドアの「レバーハンドル」は全体的な馴染みの良いアイテムを合わせました。

 

置き敷きカーペット 施工事例

また、「LD」と「キッチン」の境界にある、大理石廊下側の外開きドアには、、、

 

f-2014.6.20.18

f-2014.6.20.20

れまたこだわりの感じられる、「掘商店」の真鍮製・スプリング式 ドアストッパーをご採用いただきました。

 

 

(7) 収納『クローゼット・ドア』の製作。

f-2014.6.21.27

f-2014.6.21.28

主寝室」とは、反対側にある廊下の突き当たりに位置する、「LD」右側の廊下部分は、2つの「子供部屋」のエントランスとなるデザインホールがあり、ホール入口の右側に『収納・クローゼット』用のスペースが割り当てられていました。

 

造作 クローゼットドア 

こちらが、「子供部屋」のホール手前にある、収納「クローゼット・ドア」の設置の『Before~After』の様子です。

 

f-2014.6.20.19

左側が「出隅」コーナーとなっている「クローゼット・ドア」の上を走る装飾モールディングが、意匠性の良い上品な「上飾り」となっています。

 

 

(8) 「洗面・脱衣所」の洗濯機置場を覆う『ルーバー折戸』

f-2014.6.21.22

室内ドア 造作建具

こちらは、「洗面・脱衣所」入口ドアの「Befire~After」の様子です。

 

洗面所 ルーバードア

ルーバードア 丁番

中に入ると、洗面台と鏡の背後に「洗濯機」の配置スペースがありましたので、意匠性と機能性を考慮して、換気に配慮した『ルーバー・ドア』を製作いたしました。

 

以上、昨日ご紹介致しました、『リビング・ダイニング』のカスタマイズ編に続き、本日は、マンション引き渡し後にカスタマイズ製作を行いました、『玄関・廊下』、『主寝室』、『洗面所』、『子供部屋』における、こだわりの「内装」と「造作建具」の新設施工事例をご紹介させていただきました。

 

当社・『リフォーム工事の特集ページ』を見る
https://www.mitsuwa-i.com/m-reform.htm

当社・「モールディング」の特集ページ
https://www.mitsuwa-i.com/sub7tokushu-14.htm

当社・「インテリアペイントによるリフォーム」の特集ページ
https://www.mitsuwa-i.com/farrow&ball.htm

 

 

ミツワインテリア:
https://www.mitsuwa-i.com/

  • 「インテリア塗装」事例
  • Trackback(0)
  • マンション引き渡し後の「内装リフォーム」と「造作・建具」の新設施工事例。 はコメントを受け付けていません
  • at 10:56 PM
  • posted by 管理者
2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031