Mitsuwa Interio STAFF BLOG「ミツワインテリア」のスタッフ・ブログでは、日々の施工事例や新着情報をご紹介しています。

ハンターダグラスの電動『シルエットシェード』納品事例。

2019年11月04日

ハンターダグラス シルエットシェード 電動 マンション 事例

シルエットシェード 2分割設置

開口幅: 4m、開口高: 2.26mの窓枠内に、ハンターダグラス『シルエットシェード』の電動・「パラーライズ操作」を2分割設置で納めさせていただきました。
ご採用のコントロール機器はリモコン操作の「プラチナ・リモート」です。

 

 

選べる3タイプの操作方式

シルエットシェードの操作方式には、大型窓の手動操作を容易にするループコード操作の「イージーライズ」、すっきりとした意匠とチャイルドセイフティなどの安全性に配慮した「ウルトラグライド(UG2)」、そして4chまでのリモコン操作に対応した「パワーライズ」をご用意しており、当社でもそれぞれの展示品をご覧いただくことができます。

 

 

選べる2種類のスラットサイズ

 

繊細で美しい独自のレースをスラットの前後に組み合わせることで得られる光のヴェールがシルエットシェードの魅力。

数ある調光ロールスクリーンの中でもレースの美しさは抜きん出ていますが、スラットのタイプも小窓から広幅の窓までお使いいただける2インチと大型窓での演出性の高い3インチの2種類をご用意しています。

今回ご採用いただいたスラットと生地は、オリジナル2インチの人気色「WHITE DIAMOND」(A1-126)
当社の展示品を実際の窓に当てながら、スラットサイズと色の選定をいただきました。

 

 

『シルエットシェード』パワーライズ操作を
窓枠内に設置する場合の注意点

製品を納めた窓は、奥行150mmのカーテンボックスと、有効奥行き135mmの窓枠で構成されていました。

カーテンボックス自体は一般的な規格でしたが、有効奥行135mmの窓枠窓枠内開口高H2260ある窓というのは珍しくゆったりとしたものでした。

一般的な窓枠の奥行は100mm以下が多いため、通常であれば窓枠内に『シルエットシェード』電動モデルの複数台設置はできませんが、今回は運よく窓枠内にも設置できるという選択肢が加わったため、窓辺をすっきり広く使いたいというお客様の希望をかなえることができました。

 

『シルエットシェード』のパワーライズ操作をAC/DCアダプターでコンセントに接続させる場合、本体付属ケーブル(285mm)に直接アダプターをつなげてコンセントに接続できる環境であれば、有効奥行:100mm程度の窓枠に製品を設置することもできますが、ケーブルが届く製品直近にコンセントが用意されているケースはごく稀です。

今回の事例でもコンセントまでの距離が離れていたため延長ケーブルを使用する必要がありました。

 

シルエットシェード純正のピンプラグタイプ「延長ケーブル」は、15インチ(381mm)、4フィート(1219mm)、10フィート(3048mm)、20フィート(6096mm)の4種類と決まっていますが、配線はヘッドレール内に収納できないため露出します

ピンプラグタイプのケーブルはカットすることができないため、通常、余ったケーブルは製品(ヘッドボッククス)の背後で結わえてまとめる必要があり、そのためのクリアランスを確保する必要があります。

 

ハンターダグラス シルエットシェード 窓枠内 配線

今回の設置では、余剰ケーブルを結わえずに、3号サイズの化粧モールの中に収納することでコードを垂らすことなくまとめています。

 

 

ハンターダグラス シルエットシェード デイジーチェーン

製品単体での設置であれば上記の3号モールを併用した納めで解決ですが、今回は製品2台分の電源を分岐「デイジーチェーン」につなげて一本化することと、デイジーチェーンに接続させているケーブルの余剰をまとめることも考える必要があり、これらの部材を室内から極力見えない様に平坦にさせてまとめています。
カーテンボックスに設置する場合も、余剰ケーブルのまとめかたには工夫が必要でしょう。

なお、この様なケーブルや分岐を隠蔽した納めを希望される場合は別仕様の「ワイヤレス壁スイッチ」配線を設計段階から計画する必要がありますが、その説明はここでは省略します。

 

調光ロールスクリーン 電池式

参考までにシルエットシェードでは製品周辺に電源のない環境にも対応した、12本のアルカリ乾電池搭載・専用バッテリーワンドで駆動させる電池式も用意しており、これについては過去の当社展示品紹介事例にてご案内しています。
https://mitsuwa-i.com/blog/2018/04/12

 

 

コンセントまでの配線

本体からコンセントまでの配線には、0号サイズの化粧モールを併用して納めました。
直線のモールに曲がり(マガリ)、入隅(イリスミ)、出隅(デスミ)といった専用部材を併用して納めています。

ここまでが電動製品設置の手順です。

 

リモコンの設定。

シルエットシェード 操作方法

窓枠内に2台の「シルエットシェード」を連窓設置した様子。

電動操作は4ch対応のプラチナリモートというリモコンで行いますが、初期段階では操作に必要な設定がされていないので、現地にて以下の設定を行います

◆ 「チャンネル設定」:
製品ごとにリモコン操作用のチャンネル設定を行います。詳細は取説を参照しますが、今回は左側の製品を1ch、右側の製品を2chに設定しました。

 

◆ 「FM電波操作」を追加

製造時の初期設定では、操作したい製品の赤外線受光部にリモコンを向けて操作を行う「赤外線操作」になっています。

製品単体であればこれだけでも良いですが、複数台の製品を一斉に操作する場合は各製品の受光部に個別に赤外線を当てる操作ではなくFM電波を使って一斉受信させる操作仕様が必要となります。

 

今回は追加設定で、個別受信と一斉受信が選択できる「FM電波操作」の設定を加えて全てのセッティングが完了しました。

 

「シルエットシェード」
パワーライズ操作を使用する。

シルエットシェード パワーライズ 事例 マンション

プラチナリモートを使用したパワーライズ操作の様子。

FM電波操作で個別・一斉の操作が行えるようになりました。

 

動画では、窓枠内開口高:H2260の窓を約20秒かけて昇降している様子をご覧いただけます。

 

当社では、『シルエットシェード』パワーライズ操作の展示品をご用意しておりますので、設置イメージや配線方法など、現物を見ながらのお打ち合わせに対応しています。

 

◆ 当社・『調光ロールスクリーン』の特集ページ
http://www.mitsuwa-i.com/shilhouette.html

ミツワインテリア: http://www.mitsuwa-i.com/

 


  • シェード(その他)
  • Trackback(0)
  • ハンターダグラスの電動『シルエットシェード』納品事例。 はコメントを受け付けていません。
  • at 6:02 PM
  • posted by 管理者
2020年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930