Mitsuwa Interio STAFF BLOG「ミツワインテリア」のスタッフ・ブログでは、日々の施工事例や新着情報をご紹介しています。

五洋インテックスの人気カーテン。『サウスエンド』の展示品紹介と納品事例。

2020年02月28日

五洋インテックス サウスエンド IH472 カーテン 取扱店 価格

五洋インテックスのカタログ『インハウス』に収録されている「サウスウンド」(IH472)は16色展開からなるインド製のポリエステル無地。

そのしっかりとした生地の手持ち感と天然素材を思わせる質感が人気で同社のベストセラー無地となっています。
非防炎生地ですが、消防法の規制がある高層マンションなどでも後防炎加工をつけることで採用することができます。

 

五洋インテックス サウスエンド  バイカラー

当社でも『サウスエンド』の単色の3番色と、上中下・3段階に色を切りかえしたバイカラースタイルの縫製展示品を丈240cmでご用意していますが、本日の事例紹介はグレー系の無地をご採用いただいたものです。

 

五洋インテックス サウスエンド IH472 価格

LDの大開口窓でご採用いただいた3番色は展示品と同色でしたので、現地にお持ちして実際の窓辺でご確認をいただきました。

 

IH472 サウスエンド 五洋インテックス

また寝室でお選びいただいた11番色も現地でカラーチャートをご覧いただきお選びいただきました。

 

遮光裏地を付けた大開口窓。
カーテンを束ねやすい「ふさかけ」の設え方

LD・納品後の様子。

L字コーナー形状のリビング・ダイニング窓は、片側W370cmと非常に広幅で、両開きで仕立てると幅7.4mになる大開口窓。

レースには遮熱性のある生地をお選びいただいていますが、今回お客様のご要望は、カーテンにも遮光裏地をつけて日中の西日をしっかり遮り暗くしたいというもの。
『サウスエンド』は遮光生地ではありませんが、メーカーのショールームでこちらの生地に一目惚れされたお客様としては、質感を妥協して裏地を必要としない遮光カーテンに選び直すのではなく、『サウスウンド』に遮光裏地を併用して使いたいというご希望でした。

 

片側:W3700mmのカーテンに遮光裏地をつけるということは、生地のボリュームも2倍近くなるということですので、ふさかけを設置する際には配慮が必要です。

そこで今回は、通常1箇所設置するふさかけを横に2つ並べて使用することで、元にゆとりを持たせタッセルを束ねやすくしています。

 

五洋インテックス 舟形タッセル 共布

「共布タッセル」をつけた時の納まり。
ぎっゅと縛り上げた様な圧をかけることなく自然に束ねられています。

 

五洋インテックス サウスエンド 事例

「装飾タッセル」をつけた時の納まりも自然です。

 

参考までに2つのタッセルを同時につけた場合はこの様に納まりました。

 

五洋インテックス サウスエンド カーテン マンション

無地でありながら質の良さと豪華さが感じられる希望通りの窓辺になりましたとお客様にもご満足をいただくことができ何よりでした。

ちょっとした納め方の工夫をすることで、ボリュームのあるカーテンを美しく納めることが出来ます。

 

◆ 当社・『輸入カーテンの特集ページ』を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/inhouse-2.html

 

ミツワインテリア: http://www.mitsuwa-i.com

 


  • カーテン(国内ブランド)
  • Trackback(0)
  • 五洋インテックスの人気カーテン。『サウスエンド』の展示品紹介と納品事例。 はコメントを受け付けていません。
  • at 2:17 PM
  • posted by 管理者
2020年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930