Mitsuwa Interio STAFF BLOG「ミツワインテリア」のスタッフ・ブログでは、日々の施工事例や新着情報をご紹介しています。

英国・「ハーレクイン」社のプリント柄・カーテンを使用した『子供部屋』のウィンドゥ・コーディネート事例。

2012年09月20日

2012.9.16.7

当社では、英国・「HARLEQUIN(ハーレクイン)」社がリリースしている、「キッズ・インテリア」ブランドの専用カタログブックを2冊ご用意しております。「子供部屋」のインテリアのご提案の際には、壁紙とカーテン、その他ベッドリネンなどのトータルコーディネートなどが可能です。

日本でも一部の生地をマナトレーディングが国内在庫をしておりますが、専用カタログ収録のアイテムは、輸入取寄品(約2週間程度の納期)として入荷可能なため、採用事例の多い人気ブランドとなっています。

当店でも、カタログと一部の縫製展示品をご用意しておりますので、実際に現地でのお打ち合わせの際にイメージしやすいとお客様からご好評をいただいております。

 

「寝室」の窓として、「遮光裏地」の併用。

2012.9.16.6

まず、1つ目の子供部屋では、『WHAT A HOOT(ホワット ア フート)』の生地から、3222番の生地をお選びいただきました。 寝室でもありますので、メーカー推奨の遮光裏地を組み合わせています。

 

2012.9.16.8

『WHAT A HOOT(ホワット ア フート)』とは、イギリスの慣用句で、『何て可愛いんでしょう』という意味合いの表現に使われる言葉なのだそうです。

また、「フクロウ」は日本でも「幸」の字に置き換えられて縁起物として捉えられる様に、英国でもHappyな存在として愛されているということで、子供部屋にはお勧めのファブリックとしてお勧めです。

 

お嬢様のお部屋には『ローマンシェード』を採用。

2012.9.16.1

もう一つの、お嬢様のお部屋には、小物用のコーディネートファブリックとしても人気のある、『LOVE HEART』をレースとセットの「ローマンシェード」仕立てで小窓にご採用いただきました。

 

2012.9.16.9

選定品番は3239番です。小さなハート柄が上品にコットン・プリントにパターン表現されているとてもコーディネートし易いアクセント生地です。

 

2012.9.16.2

日中のレース使用時も、窓の「上飾り」的なインテリア表現が楽しめます。

 

2012.9.16.3

「ローマンシェード」は日照調整、プライバシーの保護などの用途に合わせて、スタイリング性を演出しながら適度に昇降のコントロールすができるのが魅力です。

以上、ワンポイントでのご採用でも、生地の素材感とデザインパターン、そしてカラーリングの魅力により、子供部屋が楽しく感じられる、英国・ファブリックの納品事例でした。

神奈川県 横浜市 子供部屋・納品事例

 

当社・「子供部屋」の特集ページ
http://www.mitsuwa-i.com/shumi-1.htm

当社・『ローマンシェード』の特集ページを見る。
http://www.mitsuwa-i.com/roman.html

当社・『輸入カーテンの特集ページ』を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/inhouse-2.html

当社・『オーダーカーテン』の特集ページを見る。
http://www.mitsuwa-i.com/sub2.htm

 

文責: 梶川 完之(インテリアコーディネーター・色彩コーディネーター)
ミツワインテリア:http://www.mitsuwa-i.com/


2021年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031