Mitsuwa Interio STAFF BLOG「ミツワインテリア」のスタッフ・ブログでは、日々の施工事例や新着情報をご紹介しています。

カテゴリー別アーカイブ: 「新着展示品」 紹介

クリエーションバウマンの遮熱レース。「シャドー Ⅳ」と「シャインプラス」の縫製展示品入荷。

2018年06月13日

クリエーションバウマン 遮熱レース 取扱店 東京 神奈川 横浜

クリエーションバウマン SHADOW Ⅳ  シャドー Ⅳ 遮熱 ロールスクリーン

クリエーションバウマンの最高品質「遮熱レース」として知られる『SHINE PLUS (シャインプラス)』と、『SHADOW Ⅳ (シャドー Ⅳ)』の縫製展示品(丈240cm)を入荷いたしました。

『SHADOW Ⅳ (シャドー Ⅳ)』については、ロールスクリーンの展示品もご用意しており、ご訪問時に現地の窓辺に当てて遮熱性と透け感を体感していただくことができます。

また、他社ブランドの遮熱レースと比較される場合の目安となる、最高性能の「遮熱レース」サンプルとしてもご活用いただけます。

 

 

クリエーションバウマンの遮熱レース。

眺望豊かなタワーマンションにあって、南西に面した大開口窓を持つリビング・ダイニングでは、午後の陽射しが悩みとなる場合があります。

夏場の熱射はもちろん、冬場の低い陽射しも想像以上に暑く眩しいため、一年中冷房を使いたくなるような時間帯があると言われる方もいらっしゃいます。

クリエーションバウマンでは、

窓から見える景色は遮えぎらず、熱を遮る。
木陰で休んでいるような快適さで、夏のお部屋で過ごすことができる。
気持ち良さとは、「不快な熱を遮る」ことであり、同時に、「外の景色が見える開放感を遮らない」こと。

 
というコンセプトで「遮熱レース」を作っており、とりわけ生地の裏面にアルミ蒸着を施した「SILVER COLLECTION(シルバーコレクション)」 は、1998年の発売開始以来、20年間続く同社ロングセラー・ファブリックとして世界的に知られています。
 
 
 
 
『SHINE PLUS (シャインプラス)』 と
『SHADOW Ⅳ (シャドー Ⅳ)』 について。
 
 
東京・神奈川エリアのタワーマンションでの採用実績が高い、クリエーションバウマンの『SHINE PLUS (シャインプラス)』  『SHADOW Ⅳ (シャドー Ⅳ)』
どちらも、生地の裏面に、最も遮熱効果が高いとされる「アルミ蒸着加工」が施されており、同社の高品質ファブリックとの組み合わせで評価の高い遮熱効果レースです。
 
 
クリエーションバウマン SHINE PLUS  シャインプラス 遮熱レース
 
『SHINE PLUS (シャインプラス)』 は、透け感を透け感を多くするために糸を緻密に織りこんだ、手触りの柔らかい風合いでありながら、72~77%の遮熱効果75~79%のUVカット効果が期待できる遮熱レース(全6色)で、必要に応じて後防炎加工が可能です。
 
 
 
クリエーションバウマン SHADOW Ⅳ  シャドー Ⅳ 遮熱レース
 
防炎レースの 『SHADOW Ⅳ (シャドー Ⅳ)』 は、緻密に織られた美しいテクスチャーと、半透明でありながら光と熱をしっかり反射させる性能を誇るクリエーションバウマンのベストセラー遮熱レースです。
 
 
クリエーションバウマン SHADOW Ⅳ  シャドー Ⅳ ロールスクリーン
 
 
アルミニウムコーティングにより、86~89%の遮熱効果89~91%のUVカット効果が期待できるため、 『SHADOW Ⅳ』であれば、ヒダをとったレーススタイルはもちろん、すっきりとフラットな視界を得られるロールスクリーンとしてご採用いただいても高い遮熱効果が得られます。
 
 
 
 
 
ロールスクリーンとしてご採用いだく場合は、明るい色に限らず、グレーブラックなどの濃色を選んだ方が、「網戸」を通して景色を見るような濁りの少ないクリアな眺望を楽しむことができます(※当社展示品はダークグレー)。
 
クリエーションバウマン 遮熱レース 効果 評判
 
 
極端な検証ですが、『SHADOW Ⅳ』を昼間の直射日光に向けた体感実験では、遮熱性能の高さと眩しさの軽減度合いがより解りました。
 
 
 
 
「遮熱レース」の現地コーディネート
ご相談ください。
 
 
以上、本日は「遮熱レース」の代表格とも言われる、クリエーションバウマンの「SILVER COLLECTION(シルバーコレクション)」 と、人気ファブリックの魅力についてご紹介をさせていだきました。
 
 
 
フジエテキスタイル 遮熱レース 人気
 
遮熱レース 天然素材風 麻
 
遮熱レース 100%
 
当社では、川島織物セルコン、フジエテキスタイル、マナトレーディングなど、国内有名ブランドの様々な遮熱レースから、遮熱糸を100%使用した輸入レースまで、縫製展示品を多数ご用意しています。
 
『SHADOW Ⅳ』や 『SHINE PLUS 』との比較で、遮熱性能や、素材感、窓辺での見え方、価格などをご検討できる品揃えで、お客様のご要望にあたらせていただいております。
 
 
 

◆ 当社・『輸入カーテンの特集ページ』を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/inhouse-2.html

◆ 当社・『オーダーカーテン』の特集ページ を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/sub2.htm

 

ミツワインテリア: http://www.mitsuwa-i.com

 
  • 「新着展示品」 紹介
  • Trackback(0)
  • クリエーションバウマンの遮熱レース。「シャドー Ⅳ」と「シャインプラス」の縫製展示品入荷。 はコメントを受け付けていません。
  • at 8:39 PM
  • posted by 管理者

クリエーションバウマンの『サファイア クラッシュ Ⅱ』と『Halina(ハリナ)』。展示品のご紹介

2018年06月04日

クリエーションバウマン レースカーテン 取扱店 東京 神奈川

ミツワインテリアでは2018年6月、「スイス品質」のインテリアファブリックブランドとして知られる、クリエーションバウマンの展示品を多数入荷いたしました。

 

第1回目(6/1)のブログでは、「バウマンの顔」と言われるレース、 ⇒ 『SOPRANO II(ソプラノ II)』  のご紹介をさせていただきましたが、第2回の本日は、窓辺を飾るレースとしての用途はもちろん、繊細な表情で空間をセパレートする間仕切りレースとしての評価も高い、『Saphir Crash Ⅱ(サファイアクラッシュ II)』 [写真左] と 『Halina(ハリナ)』 [写真右] の2アイテムをご紹介いたします。

  
 
『Saphir Crash Ⅱ(サファイア クラッシュ II)』
生地の特徴と魅力
 
サファイア クラッシュ Ⅱ カラー
 
 
『Saphir Crash Ⅱ(サファイア クラッシュ II)』は、生地幅:310cmの「タテ使い」レース。
 
無地レース「サファイア プラス(全36色)」より選りすぐった全12配色に、クラッシュ加工によるランダムなプリーツ加工を施した生地は、立体的なドレープ性と陰影を際立たせ、縦方向に水が流れるような表情と光沢感が魅力です。
 
 
 
クリエーションバウマン サファイア クラッシュ Ⅱ レース カーテン 東京 神奈川 取扱店
 
縫製展示品は、1.5倍ヒダ(ワンプリーツ)の仕様でご用意していますが、程よい透明感と透けにくさが得られ、窓辺の1枚掛けとしても使いやすいシアーになっています。
 
メーカー縫製は、生地の裾とサイドを飾りロック(※メロウロックとも呼ばれます)で仕立てていてドレスのような印象。
 
裾の表情にはスカラップレースを思わせる小刻みなアップダウンが生まれるのがこの生地の特徴です。
 
 
サファイア クラッシュ Ⅱ レース 間仕切り
 
こちらは、空間を仕切る「間仕切り」として使用したイメージ。
 
生地の裏側を撮影したものですが、裾とサイドを飾りロックで仕立てているための場合、表裏の意匠性に富み、間仕切りとしても使い易くとなっています(※裏側の吊り元にはフックが付きます)。

 

 

『Halina (ハリナ)』
生地の特徴と魅力

続いてご紹介するレースは、クリエーションバウマン・東京ショールームの展示でも好評と博した『Halina (ハリナ)』

生地幅:325cmの「タテ使い」レースです。

縦方向のプリーツ加工と横方向のエンボス加工の組合せで、生地の持つ洗練された立体感を表現しており、ヒダを抑えて自然なウェーブで表現するフラットカーテンや空間をセパレートする間仕切りなどのスタイルで実績のあるシアーです。

 

 全9色展開の『Halina (ハリナ)』は、『Saphir Crash Ⅱ(サファイア クラッシュ II)』 同様に、ドイツ・トレビラ社が開発した「難燃ポリエステル(トレビラCS)」繊維を使用しています。
 
防炎加工ではなく、難燃性を持つ繊維を使うことで、より自然な風合いの防炎性を確保しています。
 
 
クリエーションバウマン Halina ハリナ レース 取扱店 東京 神奈川

クリエーションバウマン  ハリナ レース 間仕切り

展示品は、「フラット(ヒダ無し)」縫製でご覧いただけますが、ウェーブを多め持たすことで程よい透明感と透けにくさも得られる個性的なシアーです。 

こちらも、メーカー縫製では、生地の裾とサイドを飾りロックで仕立てており、特にチャームポイントとなっているドレッシーな裾の表情を活かして、窓周りから空間を仕切る「間仕切り」としてお使いいただけます。

 

クリエーションバウマン Soprano  Ⅱ 透ける

透け感の強いクリエーションバウマンの ⇒ 『SOPRANO II(ソプラノ II)』   と並べたイメージ比較を始め、ご希望により当社の様々な縫製展示品と比較してご覧いただくことずできます。

 

以上、本日はクリエーションバウマンの 『サファイア クラッシュ Ⅱ』  『ハリナ Ⅱ』 の特徴と魅力をご紹介させていただきました。
 
当社には、丈240cmの縫製展示品と生地サンプルをご用意しており、お打ち合わせ時にお持ちできます(東京・神奈川エリア 出張対応)。
 
ご興味のあるお客様はお気軽にご相談ください。
 
 

◆ 当社・『輸入カーテンの特集ページ』を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/inhouse-2.html

◆ 当社・『オーダーカーテン』の特集ページ を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/sub2.htm

 

ミツワインテリア: http://www.mitsuwa-i.com

 
  • 「新着展示品」 紹介
  • Trackback(0)
  • クリエーションバウマンの『サファイア クラッシュ Ⅱ』と『Halina(ハリナ)』。展示品のご紹介 はコメントを受け付けていません。
  • at 4:20 PM
  • posted by 管理者

クリエーションバウマンの『SOPRANO(ソプラノ) Ⅱ』。展示品のご紹介。

2018年06月01日

クリエーションバウマン SOPRANOⅡ ソプラノ Ⅱ レース 展示

ミツワインテリアでは2018年6月、「スイス品質」のインテリアファブリックブランドとして知られる、クリエーションバウマンの展示品を多数入荷いたしました。

 バウマンの製品はすべてデザイン・製造をスイス本社で行い、現在600アイテム6000色を超えるインテリアファブリックを世界40カ国に輸出していますが、本日はそんな数あるファブリックの中から、「クリエーションバウマンの顔」となるレースと言われる、『SOPRANO II(ソプラノ II)』をご紹介いたします。
 
 
 
『SOPRANO II(ソプラノ II)』
生地の特徴と魅力
 
 
『SOPRANO II(ソプラノ II)』は、「分繊糸(モノフィラメント糸)」と呼ばれる1本の極細繊維を使って織り上げられた、透明感と流れるような柔らかさが特徴のレースです。
 
通常、薄手とされるボイルレースなどでも、1本の糸は複数の繊維を撚(よ)って作られていますが、 極細の分繊糸で織られている『ソプラノⅡ』の透明性と柔らかな手触りは他のブランドメーカー品のそれと比較しても質感が抜きん出ており、「羽衣」の様なレースと言われています。
 

 

クリエーションバウマン ソプラノ Ⅱ レース

クリエーションバウマン ソプラノ Ⅱ 裾 メローロック

こちらは、クリエーションバウマン・東京(本社)ショールームでの生地選定時に撮影したもの。

ショールームの展示は、吹抜けから吊られいる丈の長いものでしたが、形態安定加工などを施さなくても美しいヒダの落ち感が得られることと、ジョーゼットを思わせるふっくらとした柔らかさは評判通りのものでした。

裾の仕様は『ソプラノⅡ』の魅力を引き立てる縫いの細かい「メローロック」縫製ですが、裾にウエイトは付けなくても美しいウェーブを楽しむことができます。

 

 

『SOPRANO II(ソプラノ II)』を
他社の高級シアーと比較展示

クリエーションバウマン ソプラノ Ⅱ レース 取扱店

ミツワインテリアでは、『SOPRANO II(ソプラノ II)』の縫製展示品は、丈240cmの大吊りでご用意しています。

展示色は、一番人気と言われるNO.118で、全40色の生地サンプルと併せてご覧いただけます。

際立つ透明感と美しいヒダの流れは画像では伝えきれそうもありません。

 

クリエーションバウマン ソプラノ Ⅱ レース ブログ

そこで、以下に全国的に人気の高い、他社の売れ筋レース(3アイテム)と比較してみました。

 


 

クリエーションバウマン SOPRANOⅡ ソプラノ Ⅱ レース 特価

まずは、クリエーションバウマンのSOPRANO II(ソプラノ II)よりNO.118番色。

経糸、緯糸の個性を均質にした極細の分繊糸には、ドイツのトレビラ社が開発した難燃ポリエステル素材の「トレビラCS」を採用した防炎認定生地です。

「難燃ポリエステル」の魅力は、防炎加工を施さずとも繊維自体に難燃性能があるため、ファブリックの柔軟性を損なわないという特性にあります。

ゆえに『SOPRANO II(ソプラノ II)』は透明度の高さに加え、軽く柔らかな手持ち感は抜きん出た防炎レースとなっています。

 


 

五洋インテックス ロワール レース 特価

続いて、五洋インテックスのベストセラーレースの『ロワール』・IH549 01

フランス製の上質な生地で、『SOPRANO II(ソプラノ II)』までは手が届かないというお客様でも手が届く価格設定のシアーといわれています。

目の肥えたインテリア・コーディネーターや窓装飾プランナーはこの生地を提案の場で使っていますが、生地のバリエーションがこの1点に限られる点が難点です。

生地の柔らかさは、『SOPRANO II(ソプラノ II)』に迫るものがありますが、繊維は防炎品ではないため、「後防炎加工」を加えて使用する際は、生地が硬めになります。

生地の透明度はやや劣り、縦横に繊維の流れが見て取れます。

 


 

フジエテキスタイル FA1670 ハウ レース 特価

次にご紹介するのは、フジエテキスタイルのベストセラーレースの『ハウ』・FA1670より、一番人気のNL色。

上品な光沢感が魅力のカラーボイルで、コーディネイトしやすいニュートラル系からエレガントなカラーまで7配色ご用意があります。

経糸(たていと)には30デニールのマルチフィラメント糸、緯糸(よこいと)には20デニール分繊糸と30デニールフィラメント糸、フィルム糸を織り込んだ複雑かつ繊細な質感を表現しています。

こちらのレースも透明性と手持ち感に優れており、インテリア・コーディネーターや窓装飾プランナーが好んで提案の場で採用しています。

生地の仕上げに防炎加工を施しているため生地の柔らかさは『SOPRANO II(ソプラノ II)』、『ロワール』に較べてやや硬めです。

生地の透明度はやや劣り、縦方向に繊維の流れが感じられるシアーです。

 


 

マナトレーディング シュプール レース

最後にご紹介するのは、マナトレーディングの人気レースとして知られる『シュプール』の1番色。

防炎加工品でありながら、柔らかな手触りと程良い透明感の得られる『シュプール』は1色展開の1点物。

微かに天然繊維を思わせる縦の流れが感じられるナチュラルエレガントなシアーです。

 


 

クリエーションバウマン SOPRANOⅡ ソプラノ Ⅱ レース 東京 販売店

以上、本日のブログでは、クリエーションバウマンを代表するレースとして知られる『SOPRANO II(ソプラノ II)』を、国内他社ブランドの人気レースとの比較を交えてご紹介させていただきました。

当社の展示品のほとんどは出張お打合せ時にお持ちすることができますので、ご興味がございましたらお気軽にご相談いただければ幸いです。

 

◆ 当社・『輸入カーテンの特集ページ』を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/inhouse-2.html

◆ 当社・『オーダーカーテン』の特集ページ を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/sub2.htm

 

ミツワインテリア: http://www.mitsuwa-i.com

  • 「新着展示品」 紹介
  • Trackback(0)
  • クリエーションバウマンの『SOPRANO(ソプラノ) Ⅱ』。展示品のご紹介。 はコメントを受け付けていません。
  • at 10:38 PM
  • posted by 管理者

タチカワブラインドのハニカムスクリーン『ブレア』。展示品が入荷しました。

2018年05月01日

タチカワブラインド
ハニカムスクリーン「ブレア」
5/1新発売 と 展示品入荷のご案内

タチカワブラインド ブレア ハニカムスクリーン

本日(5/1)より、タチカワブラインドから新発売されるハニカムスクリーン 『ブレア』のご紹介です。

 

ハニカムスクリーン 展示

独特の「ハニカム(蜂の巣)」構造で断熱性と意匠性が人気の「ハニカムスクリーン(ハニカムシェード)」は、既に、ハンターダグラスルーセントホームニチベイトーソー(TOSO)セイキ(SEIKI)がそれぞれのメーカーの特性を活かした魅力的な製品を出していて、当社でも大小10数点の展示品をご用意しています。

 

ブレア タチカワブラインド ハニカムスクリーン 展示

ここに今回、新たな展示品として、タチカワブラインド  『ブレア』 の「コードレス式」「チェーン式」が加わりました。

写真(左)が「コードレス式」で、展示品では採光タイプ・「メライト」収録セルのHS-1001(ホワイト)とオフホワイトの部品色を組合せです。

写真(右)は「チェーン式」で、「メライト遮光」収録セルのHS-1103(ベージュ)とセピア(木目調)の部品色を組合せています。

 

 

生地バリエーションと性能

タチカワ ブレア 生地

『ブレア』で展開している生地ラインナップは、採光生地・「メライト(全8色)」遮光生地・「メライト遮光(全6色)」の2種類で、どちらも防炎加工に特化したセル展開となっています。
 
防炎加工品であれば高層マンションや、ホテルの客室、商業施設など、消防法上の制約を受ける環境下での採用も可能ですが、防炎加工コストが非防炎加工品よりコストアップになってしまうことと、生地本来の持っている風合いが硬めになる点はデメリットとなります。

また『ブレア』では「シースルー」生地の用意と「ダブルタイプ」の製品展開を持っていないため、1日を通じてより自由度の高い調光ができない点は、その機能を持つ他社製品と比較した場合の弱みとなりそうです。

 
 
 
一方で8種類の部品色が用意されていることは『ブレア』の魅力で、生地と部品色との組み合わせで、様々なインテリアシーンを想定したカラーコーディネートを楽しむことができる魅力を持っています。
 
以上のことから、タチカワブラインドの『ブレア』は防炎加工のシングルタイプに特化した製品構成になっていると考えて良いでしょう。
 
  
 
 
 
 『コードレス式』 を含めた 3種類の操作仕様
 
 

ハニカムスクリーン ブレア 操作

『ブレア』では、「コード式」 チェーン式」といった一般的な操作方式に加えて、操作コードやチェーンを使わずにシャッターを上げ下げする感覚で昇降できる「コードレス式」を加えた3種類の操作仕様を用意しています。

 

タチカワブラインド ブレア ハニカムスクリーン コードレス式 展示

ハニカムスクリーン コードレス式 タチカワ 展示

こちらは、窓際で行っている「コードレス式」操作のデモンストレーション。

 

ハニカムスクリーン コードレス式 メリット

一般住宅でも、和室の「地窓」や書斎の「腰高窓」など、比較的低い位置に配置された窓での操作性や意匠性に優れた「コードレス式」は近年注目されている操作タイプとなっています。

 

和室 地窓 コードレス プリーツスクリーン

ただ、同じタチカワブラインドのプリーツスクリーン 『ペルレ』で新たなラインナップに加わった「コードレス式」のダブルタイプがハニカムスクリーン『ブレア』で用意されていないことは残念であると同時に勿体ないと感じました。
(※写真は、ニチベイ 『もなみ25』・コードレス(ツインスタイル)の当社納品事例です。⇒ 詳細

 

ハニカムスクリーン コードレス ダブル

ちなみに、コードレス式操作でダブルタイプの機能を持ったハニカムスクリーンはルーセントホームの『シェルシェード』があります(⇒詳細)。

 

 

オプション「ガイドレール」で
更なる高断熱、高遮光を実現。

タチカワブラインド ブレア ハニカムスクリーン 遮光 チェーン式 展示

続いてこちらは、『ブレア』の「メライト遮光」収録セル(6配色)より、HS-1103(ベージュ)と、セピア(木目調)の部品色を組合わせたチェーン式操作の展示品です。

 

ハニカムスクリーン ブレア ガイドレール

『ブレア』の遮光生地にオプションの「ガイドレール」を組合わせると、非常に高い「断熱性」と「遮光性」が得られます。

特に「コードレス式」、「防炎・遮光生地」、「ガイドフレーム」の組合せは業界唯一の存在であるため、カタログでもホテル(客室)向けに積極的な提案をしています。

 

以上、本日(5/1)より、タチカワブラインドから新発売されるハニカムスクリーン『ブレア』の簡単な製品紹介をさせていただきました。


展示品は店内での比較はもちろん、出張お打ち合わせ時にお持ちすることができますので、様々な製品と比較ご検討いただければと思います。

 

◆ 当社・『ハニカム シェード(スクリーン)』の特集ページ。
http://www.mitsuwa-i.com/honeycomb.html

 

ミツワインテリア:http://www.mitsuwa-i.com/

 

  • 「新着展示品」 紹介
  • Trackback(0)
  • タチカワブラインドのハニカムスクリーン『ブレア』。展示品が入荷しました。 はコメントを受け付けていません。
  • at 6:24 PM
  • posted by 管理者

ハンターダグラス『シルエットシェード』。「パワーライズ操作」の取扱い。

2018年04月12日

ハンターダグラス シルエットシェード パワーライズ操作 取扱い店

ミツワインテリアでは、ハンターダグラス・『シルエットシェード』 の、電動リモコンタイプ「パワーライズ操作」を展示品でご用意しております。

本日のブログでは、『シルエットシェード』で展開される、

① 3種類の操作タイプ

② 2種類のスラット(羽根)タイプ

③ 3種類の電源タイプ

の解説を交えながら、「パワーライズ操作」のご紹介をさせていただきます。

 

 

『シルエットシェード』
3種類の操作タイプをご用意

ハンターダグラス シルエットシェード 操作 違い

ハンターダグラス 『シルエットシェード』の操作タイプは以下の3種類

「イージーライズ操作」
→ 従来型のループコード&コードテンショナー式による操作。

「ウルトラグライド 操作(UG2)」
→ ハンターダグラス独自のユニークなコード式(UG2)による操作。

「パワーライズ操作」
→ 専用のリモコンを使った電動操作。

 

当社では、3種類の操作仕様を展示品で用意して、実際に操作体験いただきながら、様々な窓環境とお客様ニーズを想定した提案をさせていただきます。

 

 

『シルエットシェード』の2種類のスラット幅。
「2インチ」と「3インチ」 について。

次に、『シルエットシェード』で展開されている2種類のスラットタイプのご紹介。

ちなみに上の写真は、ハンターダグラス・「六本木ショールーム」で展示されている『シルエットシェード』展示の様子で、左側が「2インチ(約50mm)」、右側が「3インチ(約75mm)」スラットを使用した製品展示です。

スラットが宙に浮いている様な印象で見えるの意匠は、昇降開閉式の調光ロールスクリーン特有のもので、昇降用のリフトコードやスラットを支えるラダーコードを使用しないためこの様に見えます。

 

メーカーの説明では小さ目の窓には2インチ、大き目の窓では開放的な3インチを推奨していますが、これはあくまでも参考見解で、やはり窓環境を取り巻く様々な状況によって推奨は変わってきます。

 

ハンターダグラス シルエットシェード 2インチ 3インチ 比較

当社展示品で「2インチ」「3インチ」を見比べた補足イメージと解説がこちら。

各製品のスラット水平(全開)時の状態を調べてみたところ、2インチではスラット間のクリアランスが約40mm、3インチでは約約60mmのクリアランスが用意されており、この違いが日中におけるイメージ比較の目安となります。

 

 ハンターダグラス シルエットシェード 2インチ 特徴

「2インチ」 スラット

 

ハンターダグラス シルエットシェード 3インチ 特徴

「3インチ」 スラット

 

立体構造の視点で「2インチ」と「3インチ」のシェードを観察すると、この様な構造と寸法構成(※参考値)となります。

ヘッドレールの厚みは各製品共通で83mmですが、ボトムレールとシェードの奥行き(=厚み)は、「2インチ」の方が3インチよりコンパクトになっています。

スクリーンとボトムレールの奥行きを考慮すると、小窓など窓枠内の奥行きが狭い窓枠内では「2インチ」の採用が推奨となりますが、窓枠内の奥行きが十分にある窓で採用される場合は、スラット開閉時とスラットを閉じた時の重なりイメージの好みでお選びいただいても良いでしょう。

 

 

『シルエットシェード』
「パワーライズ操作」は3種類の電源タイプをご用意

シルエットシェード 電動 取扱い 東京

シルエットシェード パワーライズ 調光

当社で設置している「パワーライズ操作」の『シルエットシェード』は3インチタイプでご用意しています。

「パワーライズ操作」では、専用リモコン操作でシェードの昇降と調光を行い、閉じたシェードについては昇降操作の途中、任意の位置で停止することができます。

シェードを開く調光操作は、シェードのスラットが閉じて降りきった自動停止位置でのみ行え、全閉状態 から、 約1/3開閉水平の3段階で調光可能です。

欲を言えば3~4段階程度の微妙な調光をしたいところですが、これが電動タイプにおけるご了承事項となりますのでご注意ください。

 

展示品設置前の様子。

電動タイプも手動タイプと同じヘッドレール内に内臓モーターを含む電動システムが組みこまれているので、製品の外観自体はほぼ一緒です。

「パワーライズ操作」での違いは電源のタイプにあります。

標準仕様品の電源タイプは、「単三・アルカリ乾電池」を12本搭載させる「バッテリーワンド」を本体の後ろにセット(固定)して使う電池式となります。

「バッテリーワンド」を外付けしたい場合には、別売りの「サテライトバッテリーパック」が、コンセント電源を使用したい場合は別売りの「コンセントタイプ・DC18V電源」が必要です。

当社展示品での通常デモンストレーションでは「バッテリーワンド」を使った電池式操作でご案内していますが、必要に応じてDC18V電源プラグと延長ケーブルを使用した「コンセントタイプ・DC18V電源」での案内も可能です。

 

 

シルエットシェード バッテリーワンド

シルエットシェード バッテリーワンド 納まり

標準仕様の「バッテリーワンド」には、東芝製の「単三・アルカリ乾電池」が12本付属されていますのでこれをセットします。

メーカーの試験では、1日1回ずつの昇降操作で約1年使用できると言われています(製品サイズ、使用頻度により異なります)。

 

 

シルエットシェード バッテリーワンド 外付け

シルエットシェード サテライトバッテリーパック

 

続いて、電池ボックスを「バッテリーワンド」ではなく延長ケーブルを使って手の届く外付けで壁などに据え付けたい場合に使用する、オプションの「サテライトバッテリーパック」のイメージ(※モール配線工事は別途要)。

 

 

シルエットシェード パワーライズ コンセントタイプ・DC18V

最後に、オプション・「コンセントタイプ・DC18V電源」を使用した接続イメージはこの様になります(※モール配線別途)。 

 

シルエットシェード コンセント 電源 サイズ

『シルエットシェード』の電動タイプは海外でも販売されているため、コンセント電源の仕様は全世界対応型(入力:100~240V)の「AC/DCアダプター」になっています。

変換器(アダプター)付属の電源コードであるため、一般的な電源コードと形状が異なり、かなり大ぶりになっていますのでご注意ください(※直結配線工事はできません)。

 

日本国内での販売に特化している「ロールスクリーン」や「調光ロールスクリーン」の様に、電圧変換器を必要としないコンパクトな電源コードとは違いますので、新築住宅の建築時など、窓周り品専用のコンセントを計画する場合は、必要なコンセントスペースの確保と配置にも気を付ける必要があります。

 

 

コンパクトな納まりの「バッテリーワンド」。
簡単な電池交換も体験できます。


シルエットシェード 電動 パワーライズ 事例

シルエットシェード バッテリーワンド 評判

「パワーライズ操作」における標準仕様の「バッテリーワンド」は、「単三・アルカリ乾電池」を縦に6列、横に2列(合計12本)挿入できる筒状のパックになっていて、薄型でコンパクトです。

乾電池を横に2列並べたときにできる中央のくびれをパックの固定に反映させていて、ヘッドレールの後ろにセット(固定)されているワンドの着脱や電池交換が簡単に行える仕組みになっています。

ご希望のお客様には、脚立に乗っていただく必要はございますが、当社展示品で脱着作業を体験していただくこともができます。

 

シルエットシェード 電動 パワーライズ 取扱い 横浜

シルエットシェード 電動 パワーライズ プラチナリモート

専用『プラチナリモート』による操作は、動作距離7m程度の一般的な「赤外線操作」の他、電波を使って動作距離を30m程度まで拡大させた「FM操作」の2種類を選択して行うことも可能です。

 

 

最後に、ハンターダグラス・『シルエットシェード』 の「パワーライズ操作」の昇降と調光のイメージをご案内して、本日のまとめとさせていただきます。

当社では、『調光ロールスクリーン』の電動製品を2社、『ハニカムシェード』の電動製品を1社、『ウッドブラインド』の電動製品を2社、展示品でご用意しており、電動窓周り品にご興味のあるお客様のご来店をお待ちしております。

 

◆ 当社・『調光ロールスクリーン』の特集ページ
http://www.mitsuwa-i.com/shilhouette.html

 

 ミツワインテリア: http://www.mitsuwa-i.com/

 

  • 「新着展示品」 紹介
  • Trackback(0)
  • ハンターダグラス『シルエットシェード』。「パワーライズ操作」の取扱い。 はコメントを受け付けていません。
  • at 9:05 PM
  • posted by 管理者

ウィリアム・モリス『ラグ・コレクション』サンプル入荷いたしました。

2018年01月25日

ウィリアム・モリス ラグ コレクション

2018年、新春入荷の展示品より、本日は、ウィリアム・モリス  『ラグ・コレクション』のご案内です。

 

 

ウィリアム・モリス 
『ラグ・コレクション』について。

ウィリアム・モリス ラグ サンダーソン

イギリスのアール&クラフツ期を代表するデザイナーとして知られる、ウィリアム・モリスのカーテンや壁紙のデザインは、現在もMORRIS&Coブランドによって製品化されていますが、このたび、コーディネートのための『ラグ・コレクション』6柄(8配色)展開で加わりました。

製品コンセプトは、幅広いインテリアシーンとの調和で、深みのあるクラシカルな色調から、現代的なニュートラルカラーを多く使ったインテリアにもマッチします。

12mm高のパイルはしっかりとした密度と高級感があり、「床暖房対応」のバッキング加工で仕上げられているため、リビング・ダイニングでも気軽にお使いいただけます。

素材は「ウール:100%」または、「ウール:80%,レーヨン:20%」によるハンド・クラフトで、製品サイズは、140cm × 200cm170cm × 240cm、の2パターンが用意されています。

製品は、インドからの輸入品ではありますが、以下に紹介するカタログ収録作は、一定量、マナトレーディングが国内在庫としてストック(※要確認)しているため、在庫があれば、オーダーより3日ほどで取寄せも可能な、お求めやすいインポートラグとなっています。

ミツワインテリアでは、「30cm角」サンプルをご用意しており、カタログと併せて、店内はもちろん、ご訪問先でのお打ち合わせサンプルとしてご活用いただくことができます。

 


 

 ウィリアム・モリス 
『ラグ・コレクション』・作品紹介

 

製品(作品)名: 『CHRYSANTHEMUM』 (1877年)

パイル高:12mm
重量:4.5kg/㎡
種類:ハンドタフト
カットパイル素材:羊毛100%
基布素材:綿 パッキン材:ラテックス
機能: 「防炎」・「床暖房」対応
生産国: インド製
 
ラグサイズ①: W140cm ☓ D200cm 
定価: 80,700円
 
ラグサイズ②: W170cm ☓ D240cm
定価: 116,700円
 
 

『CHRYSANTHEMUM(菊)』 のオリジナルは、ウィリアム・モリスが1877年に描いた「壁紙」のデザインです。
古くから、極東で親しまれてきた「菊」の花柄は、英国・ヴィクトリア時代の日本の美術工芸への関心の中で注目され、モリスも自身の作品に取り上げました。

『CHRYSANTHEMUM』の100%ウールのハンド・タフテッド・ラグは、ラグ向けに縁取られたモノトーンでデザインされ、温かみのある「クリーム・トーン」と、クールな「チャイナ・ブルー」の2色展開でご用意しています。

 


 

製品(作品)名: 『AUTUMN FLOWERS』 (1878年)

 

パイル高:12mm
重量:4.5kg/㎡
種類:ハンドタフト
カットパイル素材:羊毛80%、レーヨン20%
基布素材:綿 パッキン材:ラテックス
機能: 「防炎」・「床暖房」対応
生産国: インド製

 
ラグサイズ①: W140cm ☓ D200cm 
定価: 80,700円
 
ラグサイズ②: W170cm ☓ D240cm
定価: 116,700円
 
 

アンティーク調の面持ちをもつ 『AUTUMN FLOWERS』 のオリジナルは、ウィリアム・モリスが描いた「壁紙」のデザインです。
羊の新毛(ピュア・ニュー・ウール)で織られたハンド・タフテッド・ラグで、デザインのディテール部分に美しいレーヨンを使って美しい光沢感を表現しています。

リッチでクラシックな雰囲気を持つ「プラム(赤紫)」と、現代的でクールな色調の「エッジシェル(グレイッシュ・ブルー)の2色展開でご用意しています。

 


 

製品(作品)名: 『SEAWEED』 (1901年)


 

 

パイル高:12mm
重量:4.5kg/㎡
種類:ハンドタフト
カットパイル素材:羊毛80%、レーヨン20%
基布素材:綿 パッキン材:ラテックス
機能: 「防炎」・「床暖房」対応
生産国: インド製

 
ラグサイズ①: W140cm ☓ D200cm 
定価: 80,700円
 
ラグサイズ②: W170cm ☓ D240cm
定価: 116,700円
 
 

 『AUTUMN FLOWERS』は、モリスの一番弟子として知られる、ジョン・ヘンリー・ダールによるデザインで、水中の植物の有機的な動きを捉えた、アール・ヌーヴォーのしなやかで自由に流れる曲線美が特徴です。

多色を用いたダイナミックなデザインの主要に羊の新毛(ピュア・ニュー・ウール)を使ったハンド・タフテッド・ラグですが、ディテール部分にレーヨンを織り交ぜて光沢感を表現しています。

 


 

製品(作品)名: 『OAK』 (1879年)

 

 

パイル高:12mm
重量:4.5kg/㎡
種類:ハンドタフト
カットパイル素材:羊毛100%
基布素材:綿 パッキン材:ラテックス
機能: 「防炎」・「床暖房」対応
生産国: インド製
 
ラグサイズ①: W140cm ☓ D200cm 
定価: 80,700円
 
ラグサイズ②: W170cm ☓ D240cm
定価: 116,700円
 
 
ウィリアム・モリスの壁紙デザイン「Acorn」(どんぐり)からインスパイアされたエレガントなラグは、100%ニュー・ウールのハンド・タフテッド・ラグです。
幅広いインテリアに組合せしやすい、グレイ・ベージュのニュートラルカラーが魅力です。
 
 

 


 

製品(作品)名: 『GRANADA』 (1879年)

 

 

パイル高:12mm
重量:4.5kg/㎡
種類:ハンドタフト
カットパイル素材:羊毛100%
基布素材:綿 パッキン材:ラテックス
機能: 「防炎」・「床暖房」対応
生産国: インド製
 
ラグサイズ①: W140cm ☓ D200cm 
定価: 80,700円
 
ラグサイズ②: W170cm ☓ D240cm
定価: 116,700円
 
 

 『GRANADA』のオリジナルデザインは、ウィリアム・モリスが描いた金糸を織り込んだシルクベルベットで、これを100%ウールのハンド・タフテッド・ラグとして製品化しました。

中世の生地や15、16世紀のベルベットの影響を受けた「ザクロ」のモチーフと、枝葉をまとった装飾的な格子柄を組み合わせたデザインを、リッチな赤の色調と鮮やかなカラーリングで表現しています。

 


 

製品(作品)名: 『LODDEN』 (1883年)

 

 

パイル高:12mm
重量:4.5kg/㎡
種類:ハンドタフト
カットパイル素材:羊毛100%
基布素材:綿 パッキン材:ラテックス
機能: 「防炎」・「床暖房」対応
生産国: インド製
 
ラグサイズ①: W140cm ☓ D200cm 
定価: 80,700円
 
ラグサイズ②: W170cm ☓ D240cm
定価: 116,700円
 
 
 花と枝葉が美しく渦巻いているこの柄は、ウィリアム・モリスが抜染ブロックプリント・ファブリック用にデザインしたものがオリジナルです。

明るくで瑞々しい色調が空間に明るさを与える100%ウールのハンド・タフテッド・ラグです。

 


 

 

当社では、モリス 『ラグ・コレクション』とコーディネートできる、カーテンの縫製サンプルやカタログを多数取り揃えております。

店内ではもちろん、ご訪問先でもお客様のお役に立てれば幸いです。

手触り豊かな歴史的名作をフロアに敷いてみませんか?

 

 

◆ 当社・『ウィリアム・モリスの特集ページ』を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/inhouse.htm

◆ 当社『オーダーカーペット(置敷き)施工』の特集ページ
http://www.mitsuwa-i.com/overlock.htm

 

ミツワインテリアhttp://www.mitsuwa-i.com/

 

  • 「ウィリアム・モリス」
  • Trackback(0)
  • ウィリアム・モリス『ラグ・コレクション』サンプル入荷いたしました。 はコメントを受け付けていません。
  • at 9:01 PM
  • posted by 管理者

ルーセントホームの「電動リモコン」タイプほか、新着展示品のご案内。

2018年01月23日

昨日は、東京・神奈川でも数年ぶりに20cmを超える降雪がありました。

昨夜一時間、今朝1時間半、駐車場や店舗前の雪掻きをしましたが、降雪の多い地域にお住いの皆様方の労を考えると、冬場でも比較的温暖な環境に感謝しなくてはいけないなと思った次第です。

以下、本日の本題です。

 

『ハニカムスクリーン(シェード)』で窓辺の断熱対策

ルーセントホーム シェルシェード ドラムタイプ

こちらは、カラーバリエーションが豊富なルーセントホームの『シェルシェード』より、「スノウ・ホワイト」色をご採用いただいた納品事例。

冬場の冷気対策としての断熱効果も大きいですが、こちらの掃出窓は西日が強く、特に冬場は低い陽射しで入り込むため、快適な日照調整も重視しています。

 


ルーセントホーム シェルシェード オパーク スノウ・ホワイト

1間半の掃出窓は、ドラム(ループコード)操作のハニカムシェードを2分割で設置して、ベランダへの手軽な出入りを考慮しました。

その他、3箇所ある小窓は、窓の高さが低いため、スッキリ意匠の「コードレスタイプ」をご採用。

 

ハニカムスクリーン 窓枠内 2分割

納品当日は小雨模様の天候でしたが、シェードを通した光が柔らかく部屋に拡散し、落ち着いた雰囲気を醸し出して、天井・壁ともに塗り壁で仕上げたマットな内装を引き立てるコーディネートとなりました。

 


 

納品事例に続き、当社展示品の新着情報をご案内いたします。

 

『ハニカムスクリーン(シェード)』
店内デモンストレーション動画( 窓際にて)。

当社の店内には、実に15種類の「ハニカムスクリーン(シェード)」の展示品がございまして、「掃出窓」、「腰高窓」、「小窓」それぞれをイメージした展示品の他に、打合せ先でもご覧いただける小型のサンプルを多数ご用意しています。

生地も一般的な採光タイプから、遮光、シースルーとの組合せまで多彩な組合せでご用意していますが、本日は新作3点を動画で取り上げました。

 

店内の窓際で行った、

① ハンターダグラス 「デュエットシェード(トップダウン・ボトムアップ型)」

② ルーセントホーム「シェルシェード(コードレス・トップオープン)」

③ ルーセントホーム「シェルシェード(電動リモコンタイプ)」

の操作実演イメージがそれで、2分24秒の動画では、調光イメージの確認だけでなく、プライバシーコントロールのイメージ確認のデモンストレーションをしています。

 

写真イメージでご紹介すると、

ハンターダグラス デュエットシェード 3層ハニカム アーキテラ

ハンターダグラス  デュエットシェード トップダウン・ボトムアップ型

断熱性の高い「3層ハニカム」として知られる『アーキテラ』生地でご用意した、ハンターダグラス 「デュエットシェード(トップダウン・ボトムアップ型)」のウルトラグライド操作実演を含めたご紹介から始まり、

 

ルーセントホーム コードレス トップオープン

ルーセントホーム「シェルシェード(コードレス・トップオープン)」の昇降・開閉実演に続き、

 

ルーセントホーム シェルシェード 電動リモコン タイプ

ルーセントホーム シェルシェード 電池式

ルーセントホーム「シェルシェード(電動リモコンタイプ)」の簡単な説明をお伝えしています。

ルーセントホームの「電動リモコン」タイプについては、ACアダプターを使用するコンセント電源を使うタイプと、単三乾電池☓8個を電源とする「電池式」も用意しておりまして、どちらも5チャンネル対応の専用リモコンで個別または一斉操作が可能です。

出張先でのデモンストレーション実演にも対応するサンプルです。

 

ハニカムシェード 電池式

動画では詳細まで触れていませんが、電池式は、本体と離れた場所で電源ボックスを外付けする仕様以外にも、大き目のサイズであれば、本体ヘッドボックスの中に電池ボックスを内臓させる製作仕様にも対応しています。

電池内蔵型の場合、専用のブラケットを使用することにより、プッシュボタン操作でヘッドボックスが手前に傾斜して電池交換がし易くなる設計となっているため、脚立などを使って電池交換ができる窓などで採用が可能です。

参考までに、電池式における電池交換の目安は、1日・2回使用(昇降)した場合で、使用するアルカリ乾電池の性能、製品の大きさや、操作台数にもよりますが、6ヶ月程度とされていますので、昇降頻度の多い窓で採用される場合は、外付電源式をお勧めいたします。

 

ハニカムスクリーン 電動

後日行った、実際の納品事例の動画と、その時の取材レポート(ブログ)もございます。

 

 

『ハニカムスクリーン(シェード)』
店内デモンストレーション動画( 照明を当てて)。

最後に、店内で行った、『ハニカムスクリーン(シェード)』の製品比較と操作実演の様子(PARTⅡ)。

こちらの什器では、SEIKI(セイキ)の『ハニカムサーモスクリーン』の「ツーウェイタイプ(断熱レール仕様)」の操作実演に続いて、先ほどご紹介した3製品が、枠内に設置した高輝度LEDライトが放つ光を遮るデモンストレーション形式でご紹介しています。

 

この様に、小型展示品レベルにおいては出張お打ち合わせ時に現地デモンストレーション形式で対応することもできますので、ご興味のあるお客様はご相談くださいませ。
カタログだけでは解らないイメージ確認にお役立ていただけます。

 

◆ 当社・『ハニカム シェード(スクリーン)』の特集ページ。
http://www.mitsuwa-i.com/honeycomb.html

 

ミツワインテリア:http://www.mitsuwa-i.com/

 

  • 「新着展示品」 紹介
  • Trackback(0)
  • ルーセントホームの「電動リモコン」タイプほか、新着展示品のご案内。 はコメントを受け付けていません。
  • at 9:47 PM
  • posted by 管理者
2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031