Mitsuwa Interio STAFF BLOG「ミツワインテリア」のスタッフ・ブログでは、日々の施工事例や新着情報をご紹介しています。

日別アーカイブ: 2016年4月8日

TOSOのバーチカルブラインド『デュアル シェイプ(STYLE C)』納品事例。

2016年04月08日

本日のブログでは、「寝室」の窓辺にモダンなフォルムと味わいのある陰影をもたらす、TOSO(トーソー)のバーチカルブラインド・『デュアル シェイプ(STYLE C)』納品事例を、ルーバーの持つ魅力と、オプションアイテムを効果的に組合せたバージョンアップイメージと併せてご案内させていただきます。


「寝室」での納品イメージ

TOSO,トーソー,バーチカルブラインド,デュアル シェイプ,STYLE C,事例

トーソー,デュアル シェイプ,STYLE C

製品解説の前に、まず納品イメージをご覧ください。

 

2016.4.1.7

「寝室」での採用でしたが、生地には優しい風合いのアイボリーのを選びました。明るい色調の生地ですので特性上、遮光等級はやや低い「遮光3級」生地となっています。
とはいえ、遮光3級程度の生地ですと、陽射しの強い日中などでも適度な採光を入れながら以下でご説明する、製品スタイルの持つ魅力を楽しむことできます。

 

 
『デュアル シェイプ(STYLE C)』について。
 
2016.4.1.5
 
一般的なバーチカルブラインドのルーバーは、スマートな直線フォルムの「短冊」形状ですが、TOSO(トーソー)・バーチカルブラインド『デュアル シェイプ』は、ブレードを曲線や直線などモダンなフォルムにデザインすることにより、1枚1枚のルーバーに個性を与えるだけでなく窓全体に圧倒的な存在感で演出することができます。
 
2016.4.1.4
こちらの製品は発売当初から、北欧やヨーロッパの「モダン」デザインをインテリアで楽しみたいというお客様からの支持を得ていましたが、好評につき現在はルーバーのスタイルも4種類に増えています。
 
 
2016.4.1.1
2016.4.1.6
 
今回、ご採用いただいたデザインは新しくラインナップに加わった『デュアルシェイプ(Style C)』です。
「Style C」は、従来からある「Style A」の流麗なフォルムをよりグラマラスに強調したデザインとなっております。
バーチカルブラインドには、ルーバー同士が重なり合う隙間へ差し込む陽射しが独特の陰影を作り出す美しさがございます。
この重なり部分の幅に変化を与えると、ルーバーの調光の加減に応じて表情豊かな光と影のニュアンス表現を自由に楽しむことができるのが特徴です。
 
 
 2016.4.1.10
 
デュアル シェイプ,STYLE C
 
日中における調光の様子。
上質なモダンインテリアをまず窓辺から表現することができました。
 
 
トーソー,バーチカルブラインド,ウッドバランスセット
 
採光モードではルーバーの調光の度合いによって表現される「陰影の調整」することもできます。
「やはり大胆にこのデザインに挑戦して良かった」とお客様も大満足。
 
 
 
 オプション・『ウッドバランスセット』の併用。
遮光性・意匠性に優れた「ブラインドボックス」。
 
2016.4.1.17

主寝室として使う窓には「カーテンボックス」がありませんでしたが、遮光生地の使用に併せて窓枠の上に遮光性を補完する工夫を講じる事になりました。
マンションでバーチカルブラインドを設置する場合、制約のある取付下地の問題を考える必要があります。
 
2016.4.1.18
http://mitsuwa-i.com/blog/2015/09/10
例えば、上の事例の場合であれば、生地に遮光性を求めていない居室ですので、今回とは異なる取付上の工夫をしています。
 
 
 

2016.4.1.15

 

しかし、マンションの窓環境において、カーテンボックスの代用となるニーズがあることから、最近ではトーソーの様に遮光性や意匠性を向上させる『ウッドバランスセット』をオプションで用意するメーカーもでてきました。
 
2016.4.1.16

このウッドバランス自体は、本来「木製ブラインド」専用の化粧材として作られたものですが、バーチカルブラインドと併用できるように改良された取付部材を用意しており、これによって窓枠正面や上方への光漏れを軽減しつつバーチカルブラインドのトータルデザインを手軽に洗練させることが出来る様になりました。
 
 
2016.4.1.14
 
さらに、『ウッドバランスセット』用の追加オプションである樹脂製の『カバートップ』で上部を覆えば更なる遮光性や断熱性を高める事ができますので、バーチカルブラインドをご検討の際はこの様なアイテムの効果的な併用をお勧めいたします。
 
 
2016.4.1.9
『Style C』ルーバーの上下はストレート。
これはカタログだけでは判りにくいイメージですが、曲線と直線の融合によりメリハリの効いたデザインとなっています。
 
トーソー,バーチカルブラインド,カバートップ
 
ルーバー全閉(遮光)時の陰影の様子と窓辺全体のフォルムもとても印象的なものになりました。
夜間はこの陰影が消えますので、ルーバーのフォルムのみお楽しみいただけます。
 
以上本日は、TOSO(トーソー)のバーチカルブラインド、『デュアル シェイプ(STYLE C)』納品事例を、ルーバーの持つ魅力やオプションアイテムを組合せたバージョンアップイメージと併せてご案内させていただきました。
 
 

◆『バーチカル(縦型)ブラインド』特集ページ
http://www.mitsuwa-i.com/ver&ver.html

 

ミツワインテリア: http://www.mitsuwa-i.com/

  • バーチカル・ブラインド
  • Trackback(0)
  • TOSOのバーチカルブラインド『デュアル シェイプ(STYLE C)』納品事例。 はコメントを受け付けていません。
  • at 8:53 PM
  • posted by 管理者
2016年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930