Mitsuwa Interio STAFF BLOG「ミツワインテリア」のスタッフ・ブログでは、日々の施工事例や新着情報をご紹介しています。

ナニックウッドブラインドの展示サンプルを追加しました。

2015年12月21日

2017年2月・更新情報です。

当社では「木製ブラインド」の展示が大変充実しています。

国内外ブランドメーカーの人気モデルを、新しく加わった「電動モデル」も含めて「大小・22アイテム(27台)」の展示品でご用意しています(メーカー:50音順表記)。

 

「国内メーカー」モデルの大小展示。

ナニック ウッドブラインド 展示

2016.8.30.29

 

 

「ナニック」、「JBS」製品の大小展示。
『電動タイプ』も比較いただけます。

2016-10-10-8-1

JBS ウッドブラインド トーソー

2016年発売、「JBS」ウッドブラインド(PT・桐)の電動タイプに続き、2016年発売。「ナニック」電動シリーズウッドブラインドの展示品を新たにご用意いたしました。

 

 *** 展示品製品ラインナップ ***

① JBS・WRC「横型ウッドブラインド(45mm)」:ギアタイプ × 2台
JBS・桐「横型ウッドブラインド(50mm)」:電動タイプ

 タチカワブラインド・「フォレティア25P」:ポール式
④ タチカワブラインド・「フォレティアシェイディ35」:ループ式
⑤タチカワブラインド・「フォレティアシェイディ50」:ループ式
⑥タチカワブラインド・「フォレティア50」:ループ式
⑦タチカワブラインド・「フォレティア エグゼエコ50R」:自動降下タイプ
⑧タチカワブラインド・「フォレティア エグゼ50」:ループ式
⑨タチカワブラインド・「ウッド・バーチカルブラインド(89mm)」
⑩トーソー:「ベネウッド50T」:ドラムタイプ ☓ 3台
⑪トーソー:「ベネウッド アイデア50」:ワンタッチ降下タイプ
⑫ トーソー:「ベネウッド ウェーブ」:ドラムタイプ
⑬トーソー:「コルト ウッドブラインド」:ドラムタイプ ☓ 2台
⑭東京ブラインド:「ベネチアウッド50(杉材・横型)」:ギアタイプ
⑮東京ブラインド:「バーチカルウッド90(杉材・縦型)」:ギアタイプ
⑮ ナニック:「ウッドブラインド50(横型)」:電動タイプ

⑯ ナニック:「ウッドブラインド50(横型)」:モノコントロール方式 
⑰ ナニック:「Gシリーズウッドブラインド50(横型)」
⑱ ナニック:「檜シリーズ・ブラインド50(横型)」:モノコントロール方式

⑲ ニチベイ:「クレール35」:コード式
⑳ ニチベイ:「クレール50」:ループコード式
ニチベイ:「クレール50F」:ループコード式
ニチベイ:「クレールグランツ50」:ループコード式
 

展示品のサイズも、35~60cm幅のコンパクトなものから、90cm、120cm、160cm、210cm幅まで、広範囲な用途をイメージした展示にてご用意しています(製品高も、50~250cmまでご用意)。

当社にご来店いただければ、取扱い6社の製品比較を小窓から大型窓まで、窓の特徴に合わせた操作性の違いも含めた製品比較が可能です。

また、「手動タイプ」と「電動タイプ」の比較操作も体験いただけます。

 


 

「ナニックウッドブラインド」の人気色
『バーニッシュドメープル(518)』の展示品を追加。

2015.12.21.4
2015.12.21.1
 

当社でご採用実績の高い『ナニック』ウッドブラインドの展示に、フラッグシップモデル(73色展開)の中でも代表的な人気色としてカタログでも扱われている「バーニッシュドメープル(518)」色を新たに加えることになりました。

 

2015.12.21.12

当社の施工事例でも、こちらの施工事例(50mmスラット)や、

2015.12.21.13

こちらの施工事例(60mmスラット)など、無垢のフローリングと漆喰(天然素材)の壁装を組み合わせる様なインテリアを作られるお客様からの要望の多いカラーです。

天然素材仕上げのインテリアにナニック・ウッドブラインドが選ばれる理由は、“ Fine Furniture For Windows 上質な窓辺の家具 ” と形容されるこ、材料の選定、加工、塗装、組立等の全工程を1つの工場で行っており、機械ではまかなえない精密な製造工程の中で多くの手作業が加わるところにあるのかもしれません。
「フラッグシップモデル(標準73色)」の場合であれば、製造工期も最低2週間をかけて
丁寧に製作されますし、製作サイズも、縦横ともに「1mm単位」での受注が可能であることも大量生産品では真似できない手作業の証と言えます。

 

並べると判り易い国内メーカー同等モデルとの違い。

2015.12.21.6

ナニック ウッドブラインド 横型 スラット バリエーション

「海外ブランド」とは別に設けている、「国内メーカー品」展示コーナーにも「ナニックウッドブラインド(標準73色)」を並べて比較展示しています。
これは、お客様のご要望を具現化にしたものですが、これによりナニック・ウッドブラインドの持つ「美しい木目」、「スラットの質感」、「塗装のクォリティ」、「昇降メカニックの性能」の高さを確認していただけます。

展示品のスラットカラーは、カタログ掲載イメージ色と同じ、50mmスラットの『518(バーニッシュドメープル)』でご用意。
加えて、6種類(25mm,35mm,50mm,60mm,76mm,82mm)のバリエーションを誇るスラットサンプルをご覧いただくことにより、希望スラットサイズのイメージ確認もできる様にいたしました。

 

ナニック カラー スラット 

また、ナニック・ウッドブラインドのフラッグシップモデル(標準73色)」については、横型だけでなく、縦型の「ウッドバーチカルブラインド(90mmルーバー)」での組み合わせにも対応していますので、窓辺やインテリアシーンに合わせて、よりこだわりを持たせた製品選びをお楽しみいただけます。


ナニック製品を、国内大手3社と言われる、タチカワブラインド、ニチベイ、トーソーの同等スペックと比較した場合、実勢販売価格では、エコノミー仕様の「Gシリーズ(14配色)」で約3割高、「フラッグシップモデル(標準73色)」に関しては約2倍となるため、ウッドブラインドの中では「高嶺の花」と考えられていますが、ものは考えようで、「ローマンシェードのダブルタイプ」や、「カーテンレールにそれなりのレースとカーテン」を付けることを考えれば、むしろウッドブラインド単体価格の方が安くなる場合もあります。

「我が家はフローリングや家具の材質にこだわっているから、窓辺はウッドブラインドで。」という価値観のお客様などから、木目と塗装のクォリティが別格であるナニック・ウッドブラインドは愛用されています。

 

 

「Simpull II」 昇降機構が軽い操作性を実現。

2015.12.21.14

ナニック独自の操作方式である、「Simpull II」 昇降機構は、昇降、チルト(羽根角度)の操作性が非常に軽く、スムーズな操作を確実に行うことができます。
具体的には、大型ブラインドでも、操作時に手にかかる重量(操作コードを引く力)負担を2.5kg以下に抑えられます。
そのような軽量な昇降性能があるため、最大9㎡までの大型ブラインドの製作が可能であることがその性能を裏付けています(国内標準品は6㎡以下)。

 

小さな「ルートホール」が光漏れを軽減。

2015.12.21.2

ナニックの木部塗装チームが1枚ずつ丁寧に仕上げたスラットに、ナニックオリジナルの高い機能性を持つ最新昇降システムを組込みナニックウッドブラインドは完成します。
昇降やチルト(羽根角度)の操作性、ブラインドとしての調光機能を追求したメカニカル機構部を開発しているため、ルートホール(リフトコードが通るスラットの穴)が小さく、 上品で光漏れの少ないデザインが可能になりました。
 
2015.12.21.10

実際に並べている展示品で比較していただければお判りいただけますが、手作業でリフトコードを通しているナニック製品のルートホールは、国内メーカー品のそれより穴の面積が1/3程度と小さいのが特徴です。



美しくと畳まれるスラットの秘密。

2015.12.21.3

また、スラット(羽根)一枚毎に、リフトコードとラダーコードを交互に編み込む、ナニック独自の精密技法でブラインドが組み立てられているため、ブラインドを下げたとき、あるいはたたみ上げた時など、常にスラットの両端が揃い、美しい表情が得られる設計となっています。国内メーカー品の場合、コードの編み込みが交互いはなく、変則的な複数枚単位で編まれているためここまで両端を揃えて畳むことはできず、僅かながら左右にズレやすくなります。

 

「窓枠内付」が美しく決まる、極薄ブラケット。

2015.12.21.11
ブラインドを固定する「ブラケット(金具)」も独自の仕様で、極薄でありながら、粘りのある強靭な金属で作られています。

 

2015.12.21.7

設置の際に多少のコツはいりますが、経年劣化しやすいプラスチックなどの樹脂を一切使用しない精密構造のブラケットが本体に吸い付く様にピタリと納まります。

 

 

2015.12.21.9

展示品の上に板を乗せてみた写真でもお判りのとおり、「窓枠内」に設置する場合の上部の納まりは秀逸です。

 

2015.12.21.8

国内メーカー品のブラケットは、それ自体が厚く、また手前側が樹脂構造となっているため、窓枠内に設置する場合に限ればナニック製品ほど綺麗に納められませんので、オプションの「化粧バランス」でヘッドレールを覆うこともあります。
この様に細かい違いを拾い上げて行きますと、価格の違いが生じるだけのことはあるのです。

 


 

ナニック Gシリーズ 73色 違い

ミツワインテリアでは、極上のバスウッドを薄塗り2度仕上げで仕上げたスラットの美しさと塗装と、高性能のメカニックにこだわれらる方には、「フラッグシップモデル(73配色)」を、高性能のメカニックと国内メーカー品より低光沢で程良い木目感が得たい方にはエコノミー仕様の「Gシリーズ(14配色)」をご予算に応じてご案内しております。

 

◆当社・「ナニック ウッドブラインド」の特集ページ。
http://www.mitsuwa-i.com/newpage13.htm

 

ミツワインテリア:http://www.mitsuwa-i.com/


  • 「新着展示品」 紹介
  • Trackback(0)
  • ナニックウッドブラインドの展示サンプルを追加しました。 はコメントを受け付けていません。
  • at 10:53 PM
  • posted by 管理者
2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930