Mitsuwa Interio STAFF BLOG「ミツワインテリア」のスタッフ・ブログでは、日々の施工事例や新着情報をご紹介しています。

「チーク」色のウッドブラインドで色づけた、優しくナチュラルな窓辺。

2017年02月19日

こちらは、マンションLD窓に、ナニック「ウッドブラインド(横型50mm・73配色)」収録色の『チーク(色番:40)』をご採用いただきました納品事例です

 

LDを構成する「木目色」にあわせて。

マンション チーク ブラインド

こちらは、『チーク(40)』色 納品後の窓辺。

お打合せは、自然光の入る日中に行いましたが、室内照明をつけた夜間のイメージも含めてご相談にあたらせていただき、ご希望どおりのカラーでまとまりました。

 

 

2016-11-21-6

今回の、ウッドブラインド「スラット(羽根)」色選定にあたっては、

①「フローリング」
② 「室内ドア」の木目色

③  「ダイニングテーブルセット」
④ 「TVラック」
⑤  「小物家具」

など、それぞれの色合いが異なる木目色との調和と構成面積比を考慮しつつ、インテリアとして大きな面積を占める「窓面」に最適な色調のご相談にあたらせていただきました。

 

 

「チーク材」をイメージした塗装色で。

お打合せを経て、茶系の持つ赤みや、圧迫感という要素を抑えつつ、淡いながらも「渋く焦した黄色味」が感じられる木材色としてお選びいただいたのが今回の「チーク(40)」です。

『チーク(teak)』は、シソ科チーク属の落葉性高木の総称で、アジアの熱帯モンスーン気候地方(インドネシアやミャンマーなど)を主産地とする高級銘木として知られています。

家具の色で使われていた「ヒッコリー」系の色も候補に上がりましたが、大面積の窓辺での採用を考慮して、若干色調の薄い「チーク」でまとめることになりました。

 
 

「ダイニングテーブルセット」との組合わせ。

 

ナニック ウッドブラインド チーク 40

家具より控えめな色調としながら、輪郭線をすっきりと見せる微妙なコーディネート

 

 

チーク 木製ブラインド

チーク ウッドブラインド

なじむのは家具だけではない様です。

 

 

「昇降」と「調光」も自由なアレンジで。

ウッドブラインドは、中央2分割で納めています。
換気&採光」モードでは明るく柔らかい陽射しが採り入れられます。

 

「お子様」「ペット」の出入りに配慮したセミ・オープンの開口は、塀のあるベランダではより使いやすいものとなります。

 

「キッチン」の正面にあるダイニング側の窓からは明るい光を採り入れたり、眺望を楽しみます。

 

 

「リビング」側のスラットだけを傾ければ、日中でもテレビが見やすくなります。

窓辺の色が入り、インテリア全体の色調もはっきりしてきたので、これからゆったりとした3人掛けの「ソファ」を選ばれるとのことでした。

 

◆  ナニック ウッドブラインド」の特集ページ。
http://www.mitsuwa-i.com/newpage13.htm

◆  当社・『木製ブラインドの特集ページ』を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/tokyo-b.htm

 

ミツワインテリア: http://www.mitsuwa-i.com/

 


  • 「新着展示品」 紹介
  • Trackback(0)
  • 「チーク」色のウッドブラインドで色づけた、優しくナチュラルな窓辺。 はコメントを受け付けていません。
  • at 6:08 PM
  • posted by 管理者
2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031