Mitsuwa Interio STAFF BLOG「ミツワインテリア」のスタッフ・ブログでは、日々の施工事例や新着情報をご紹介しています。

ナニックのウッドバーチカルブラインドと横型60mm,76mmウッドブラインド納品事例。

2020年05月07日

ウッドバーチカルブラインド 横型ウッドブラインド 組合せ 事例

farrow&ball ペイント ウッドブラインド

ナニック カラーバリエーション

こちらは英国・Farrow&Ball社の高級ペイントで仕上げられた2つの居室に、73色のカラーバリエーションを持つナニックシリーズのウッドブラインドを組合わせたこだわりのコーディネート事例です。

どちらの居室も茶系での組合せですが、1つは女性的な雰囲気、もうひとつは男性的な雰囲気が感じられるインテリアにしたいというお客様のご要望を受けて、配色と製品の組合せをご提案させていただきました。

 

 

ピンクと赤の壁装に相性の良い
「チョコレート(532)」を採用して。

ナニック ウッドブラインド チョコレート 532 事例

ナニック ウッドバーチカルブラインド 事例 おすすめ 人気

メインとなる壁装には淡いピンクの「MIDDLETON PINK(245)」、アクセントとなる書棚の壁には「RECTORY RED(217)」と、いずれも歴史的建造物やその修復にも使用されているFarrow&Ballペイントのナショナルトラスト色でリニューアルされた居室の窓に、90mmルーバーのウッドバーチカルブラインドと、60mmスラットのウッドブラインドをご採用いただきました。

ウッドブラインドの採用色はナニックシリーズの「チョコレート(532)」
日中の自然光が醸し出す陰影と濃淡のなかで優しい赤味が感じられる女性好みの赤茶です。

 

ナニックジャパン ウッドバーチカルブラインド 価格 取扱店

間口一間半の出入り窓。
ボックス高が2700mmあるこちらの窓にはお客様本命のウッドバーチカルブラインドを設置することになりました。

 

ナニック ウッドバーチカルブラインド ヒンジ分割タイプ

ウッドバーチカルブラインドのルーバー(羽根)は1枚木で作ると反りが生じるため、ナニックでは3種類のヒンジ分割タイプをご用意しており、今回はB分割タイプを採用しています。

 

腰高窓の上にもブラインドボックスがありましたが、こちらは60mmスラットの横型ウッドブラインドを窓枠内に設置することになりました。

 

ナニックシリーズ 60mm チョコレート 532

ナニック ウッドブラインド バランス 内付用 Iタイプ

73mm幅のオプションバランスを内付仕様で組合せることでヘッドレールの樹脂部を覆い、すっきりさせつつも木質感豊かに納めています。

 

ウッドブラインド 縦型 横型

窓の形状を考慮して縦型と横型のウッドブラインドを組合わせることで、ピンクの壁に調和するお客様満足度の高い窓辺を演出することができました。

 

 

グリーンの壁装と相性の良い
「ブロンズ(22)」を採用して。

ナニック ウッドブラインド 横型 76mm

ナニックシリーズ ウッドブラインド 横型 76mm 価格 取扱店

続いて、Farrow&Ballペイントのナショナルトラスト色に指定されている「CALKE GREEN(34)」が採用され、落ち着きのある空間にリニューアルされたセカンドリビング窓のご提案。

格調高いグリーンに自然に溶け込む茶系の「ブロンズ(22)」「セピア(082)」がスラット色の最終候補に絞られましたが、塗装色との馴染みの良い「ブロンズ(22)」が今回の採用色となりました。

 

英国インテリア ウッドブラインド おすすめ 人気

どちらも間口が一間半ある出入窓と途中窓。

横型ブラインドの表現で男性的な印象の窓辺と居室の雰囲気にしたいというご要望を受けて、こちらの居室ではスラット幅76mmの製品をご案内させていただきました。

76mmスラットの製品は、スラットを水平にした際のクリアランスが大きいためより開放感の高い視界を得ることができますが、スラット調節の工夫で間接照明の様な調光効果が得やすい製品です。

 

 

76mmスラットのウッドブラインド

ナニックジャパンのショールームでは76mmスラットの展示品を4連窓の分割スタイルで展示しております。
実際に導入をご検討のお客様にはショールームをご来場いただき、他サイズの製品と比較してご確認いただくと間違いないため、今回もショールーム見学をご活用いただきました。

◆ナニック・『初台ショールーム』
http://www.nanik.co.jp/Showroom/index.html

■ナニックジャパン 本社・ショールーム
住所: 東京都渋谷区初台2-31-4
TEL:03-3370-0729
電車: 初台駅(京王新線・都営新宿線)から徒歩約5分、
   代々木公園駅(千代田線)、代々木八幡駅(小田急線)から徒歩約10分

 

住宅用で採用されるウッドブラインドのスラットは35mm、50mm、60mmが中心となりますが、76mm82mm幅のスラットは商業施設の意匠や間仕切り演出など、非日常的な雰囲気を出したい設計シーンで使われることが多い製品です。

 

上の写真は、商業施設の窓で76mmをご採用いただいた事例ですが、店内外でのアイキッャチ効果とそれに伴う費用対効果が高いと好評でした。

 

76mm ウッドブラインド

製品補足として、76mm以上の製品はスラット中央のルートホールが縦長になるため、スラットを前後で支えるラダーコードを60mm以下の製品より若干太くすることで遮光性の低下をカバーしています。
マニッシュな雰囲気作りが目的のこちらの窓では、太目のラダーコードがデザインとしてはまりました。

 

ホテルライク インテリア ウッドブラインド

伝統色を使った高級ペイントによる壁装、ホテルライクな雰囲気を持つウールカーペットに個性的な横型ウッドブラインドを組合せたこだわりの居室が完成して、お客様からも大変ご満足をいただくことができました。

 

以上、本日は英国・Farrow&Ball社の高級ペイントとの相性も良いナニックのウッドブラインドを製品仕様、羽根サイズ、カラーにこだわりご採用いただいた事例紹介をさせていただきました。

 

◆ ナニック ウッドブラインド」の特集ページ。
http://www.mitsuwa-i.com/newpage13.htm

◆ 当社・『木製ブラインドの特集ページ』を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/tokyo-b.htm

 

ミツワインテリア: http://www.mitsuwa-i.com/

 


  • 木製ブラインド(海外)
  • Trackback(0)
  • ナニックのウッドバーチカルブラインドと横型60mm,76mmウッドブラインド納品事例。 はコメントを受け付けていません。
  • at 3:14 PM
  • posted by 管理者
2020年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031