Mitsuwa Interio STAFF BLOG「ミツワインテリア」のスタッフ・ブログでは、日々の施工事例や新着情報をご紹介しています。

月別アーカイブ: 2019年4月

クランク窓でのウッドブラインド納品事例。入隅と出隅のコーナーに気を付けて。

2019年04月28日

クランク窓での
ナニック・『Gシリーズ』ウッドブラインド納品事例

ナニック ウッドブラインド Gシリーズ コーナー窓

ナニック ウッドブラインド Gシリーズ クランク窓

こちらは、リビング・ダイニングのクランク窓に、ナニック『Gシリーズ』ウッドブラインドをご採用いただいた納品事例です。

 

リノベーション前は、コーナー窓側に配置されていたキッチンスペースを思い切って後方に移設することで、大開口クランク窓が際立つリビング・ダイニングに生まれ変わりました。

 

 

『Gシリーズ』ウッドブラインドは、『標準73色』のナニックシリーズと違って、スラットを50mm幅に限定して在庫することで単納期(約10日)とコストダウンを測っている製品モデルです。

ナニックシリーズよりも塗装工程を簡易化しているため、木目の出方や艶感は違いますが厳選されたカラーは高級感があり、50mmスラットで検討されているお客様にはお勧めの製品です。

当社では全15色展開のカラーチャート展示品を用意していますが、ブラウン系の微妙な色調の違いで迷われるお客様が多いので役立っています。

今回も最終的な色の選定をお打ち合わせ時の窓辺で行っていただいたところ、当初考えていたカラーとは違う色が好みであることが判り大変喜ばれました。

事例の採用色は、僅かな赤味が感じられる焦げ茶の912(ダークブラウン)です。

 

 

クランク窓での採寸注意事項

クランク窓 ウッドブラインド 事例

こちらのクランク窓は、2つの「入隅」と1つの「出隅」で構成される窓であること、床までの長さの「掃出窓」「腰高窓」で構成されているという特徴がありました。

また腰高窓には「換気窓」が1つ、掃出窓には庭への「出入窓(ドア)」が1つあるため、これらの使い勝手を考慮した分割案と採寸プランを採寸の前に考えました。

 

 

「出隅」での分割

出隅 コーナー窓 ウッドブラインド

出入隅 コーナー ブラインド 勝ち 負け

「出隅(ですみ)」では、左右どちらの製品を手前に出すかという「勝ち負け」配置を各コーナーごとで考えます。

コーナーごとで光の入り方、室内から見た眺望、屋外からの見え方とプライバシー性に関わる方位などが異なる場合があるため、勝ち負けの確認はその都度行います。

 

 

「入隅」での分割

入隅 コーナー窓 ウッドブラインド

入隅 コーナー ブラインド 勝ち 負け

「入隅(いりすみ)」も同様で、それぞれの勝ち負け配置を決めてから、続いての分割配置を考えます。

 

 

出入りや換気に配慮した分割とループコードの配置

マンション 出入窓 ブラインド

分割配置では、コーナーごとの分割以外に、換気窓、出入窓を考慮した分割を考えます。

こちらの様に出入ドアと左横の換気窓の高さが異なる場合は、高低差の境界で分割しますが、腰高窓が換気窓とFIX窓で構成されている場合は、換気窓ごとで分割するかFIX窓と換気窓をひとまとめにした製品幅とするかなど確認したうえで採寸にとりかかります。

 

マンション クランク窓 ウッドブラインド 配置

採寸と併せて、製品を昇降操作するループコード位置の確認も行います。

最後に、今回のウッドブラインドの設置は①~⑦の順番で行いました。
細かい設置順は違ってもいいのですが、先に「入隅の勝ち側」を納めてしまうと「入隅の負け側」が設置できなくなるのでそこは注意します。

 

出隅 コーナー ウッドブラインド

入隅 コーナー ウッドブラインド

現地の窓状況と使い勝手に配慮しながら決まった分割プランと操作位置の振分けがこちら。

入隅コーナーの負け側に操作ループコードを配置する障害物になっていまうので、操作ループコードは勝ち側にしています。

 

クランク窓 ウッドブラインド 納め方 設置

クランク 窓 ウッドブラインド 事例

以上、本日はクランク窓とウッドブラインドの持っている特性を踏まえた上で納めている事例の裏舞台を、注意点を交えてご紹介させていただきました。

 

◆  ナニック ウッドブラインド」の特集ページ。
http://www.mitsuwa-i.com/newpage13.htm

◆  当社・『木製ブラインドの特集ページ』を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/tokyo-b.htm

 

ミツワインテリア: http://www.mitsuwa-i.com/

 

  • 木製ブラインド(海外)
  • Trackback(0)
  • クランク窓でのウッドブラインド納品事例。入隅と出隅のコーナーに気を付けて。 はコメントを受け付けていません。
  • at 4:38 PM
  • posted by 管理者

「ハニカムスクリーン」のトップオープンタイプとコードレス操作。

2019年04月18日

ハニカムスクリーン トップオープン マンション事例 

こちらはコーナー窓タイプの大開口窓に、「トップオープン」タイプのハニカムスクリーンを7分割設置でご採用いただいた納品事例です。

ご採用製品はルーセントホーム『シェルシェード』より、コードレス操作のトップオープンタイプ。

以前より、新居にはハニカムスクリーンを採用したいと思われていたお客様の具体的な要望は、見た目のすっきりとしたコードレス操作と上方の眺望を楽しみながらも、自由度の高い陽射しのコントロールをしたいというもので、本事例はその希望を形にしたものとなりました。

コードレス式操作導入の際にはいくつかの注意点がありますので、お客様には都度必要な説明をさせていただいております。

 

「コードレス」操作ご採用時の注意点。

例えば、小窓でコードレス操作を採用する場合、コードレス式は手元の操作で扱える手軽な操作仕様となりえますが、大型窓になるに従い体全体を使う運動量の大きい操作仕様となり、この点が操作性に変化の生じない、ループコード操作やチェーン式操作と異なります。

 

掃出窓になると腰をかがめて手動シャッターを上げるような操作感になることと、シェードの取手に手が届かないと操作自体ができませんので、製品設置高の確認が重要です。

 

ハニカムスクリーン トップオープン 展示 取扱店 販売店

ハニカムスクリーン コードレストップオープン 

当社ではループコード式、チェーン式、コードレス式それぞれの操作体験が可能です。

コードレス操作の体験では、昇降プルに手が届く高さの確認が重要で
一般的には、

◆身長150cm前後の方で取付高:180~190cm以内。
◆身長160cm前後の方で取付高:190~200cm以内。
◆身長170cm前後の方で取付高:200~210cm以内。
◆身長180cm前後の方で取付高:210~220cm以内。

程度が身長に応じた操作可能高の目安となります(※個人差あり)。

身長が高く体力のある男性が感じる使い勝手と、身長が低く腕力のない女性が感じる使い勝手の感想には差がありますので、ご家族で使用される場合は、身長差、体力差等への配慮が必要です。

本事例窓での製品設置高は210cm。
ご主人は問題なく最上部のプルに手が届き、奥様は背伸びをして手が届くといった状況でしたが、コードレス操作を強く希望されているのが奥様でした
これが逆では問題ありますが、背伸びをしてでも使ってみたいという奥様のモチベーションの高さがコードレス操作採用の決め手なりました。

 

 

カーテンボックス内への設置。

ルーセントホーム シェルシェード コードレス トップオープン 価格

納品後の様子。

一般的なマンションのカーテンボックスは、直線窓で奥行き15cm程度、コーナー窓で18~20cmある場合がありますので、ハニカムスクリーンの設置自体は問題ありません。

 

ルーセントホーム シェルシェード 25mm 38mm 違い

とりわけルーセントホームの『シェルシェード』は、取付ブラケットを含むヘッドレール部の厚みが52.5mmとコンパクトなので、

 

今回は辛うじてですが、カーテンレールを外すことなく、設置することができました(※他社製品でこの納めは不可能です)。

特注のカーブレールは外して保管するのが困難なため、できれば設置された状態にしておきたいというお客様が多く、その都度ご希望に応じた納め方を考えていますが、今回はこの希望に沿うこともできました。

 

コーナー部分の採寸では、窓の方位や間取りとの関係などを考慮したヘッドレールの設置順を決めます(※業界用語でヘッドレールの「勝ち負け」を決めるといいます)。

 

コーナー窓 ハニカムスクリーン ハニカムシェード

ハニカムスクリーン トップオープン コーナー窓 L字窓 事例

今回は、長辺側のヘッドレールが勝つ(コーナー側にくる)配置で納めました。

 

事例のまとめ

ルーセントホーム シェルシェード コードレス トップオープン

ルーセントホーム シェルシェード セミオパーク カラー

最後に、採用セルサイズとカラーのご紹介。
窓面積が広いと、アクセントウォールやデザインタイルを思わせる意匠性が得られるので、近年ハニカムスクリーンの色にこだわるお客様が増えてきました。

本事例での採用セルサイズは、採光タイプの「セミオパーク」38mmセルの組合せ。
42配色のバリエーションから選ばれた「PONGEE(ポンジー)」は、木(ウッド)の温もりも感じられる黄褐色のセルで温かみのある空間演出となりました。

 

コードレス トップオープン ハニカムスクリーン 人気 評判 メリット デメリット

7分割された窓それぞれで調光・眺望・プライバシーのコントロールが自由に行えます。
このすっきり感はコードレス式もしくは電動式ならではのものです。

 

そして、スクリーンの開閉度合いにより、断熱性の高いハニカムセル構造から得られる高い保温性と遮熱性が機能します。

特に全閉状態においては室内の冷暖房効率が最大限に高まりますので、ハニカムスクリーンはマンションの大開口窓にもおすすめです。

 

◆ 当社・『ハニカム シェード(スクリーン)』の特集ページ。
http://www.mitsuwa-i.com/honeycomb.html

 

ミツワインテリア: http://www.mitsuwa-i.com/

 

  • シェード(その他)
  • Trackback(0)
  • 「ハニカムスクリーン」のトップオープンタイプとコードレス操作。 はコメントを受け付けていません。
  • at 8:47 PM
  • posted by 管理者

ルーセントホームの『シェルシェード』。電動リモコンタイプ納品事例。

2019年04月17日

「ハニカムシェード」電動タイプ
遮光セルの採用で電動シャッターの雰囲気。

タワーマンション ハニカムスクリーン 電動 防炎 遮光ルーセントホーム シェルシェード 電動 リモコンタイプ

 

ルーセントホームの『シェルシェード』電動リモコンタイプの納品事例。

高層マンション(上層階)、角部屋の大開口窓でご採用いただきました。
カーテンボックス周辺には電動窓周り品専用の電源が用意されていないため、電源コードを延長しながら既存のコンセントまで化粧モールで誘導して納めました。

シェードの昇降(開閉)は専用の5chリモコン個別・一斉操作が行うことができ、下の動画では製品高210cmのシェードがおよそ33秒かけて降下されている様子をご覧いただけます。

 

遮光セルを採用した電動ハニカムスクリーンは、まるで電動シッャターを降ろしているかの様な雰囲気。
セル部分は100%の光を遮るので、全閉時の室内は非常に高い遮光性を得ることができます。

 

遮光セルの採用とカラーの選定。

ハニカムスクリーン 遮光 展示

現地お打ち合わせでは、遮光セルと採光セルのサンプルを窓辺で見比べながらイメージ確認をいただきました。

検討の結果、時間帯によって陽射しが気になる窓面のシェードを降ろしながら窓面ごとの断熱調整を行いたいとの結論に至り、遮蔽した窓では100%の遮光が得られる「オパーク(全24色)」が採用されました。

 

選定色は、人気色のジーンブルーの防炎加工セル。
プライバシーが気にならない高層階のためシースルーを併用しない遮光のみのシングルタイプにてご注文をいただきました。

 

ハニカムスクリーンの「遮光」セル。
優れた断熱性と省エネ効果。

今回ご採用の「遮光(オパーク)」セルは、100%の遮光性が得られるため、採光セル以上の断熱性が期待できます。

夏場の熱射を効果的に遮り、冬場は、室内温度の低下を抑制します。

 

ハニカムセルは、エアコン併用時の省エネ性能にも優れていますので、大開口窓が多いマンションでの使用は効果的です。

 

余談ですが、こちらの写真は窓辺からコーナーの先に設置している「シェルシェード」の背面を見た様子。

ハニカムシェードの場合、シースルー以外の「採光セル」、「遮光セル」ともに背面色はで統一されていて、これはどのメーカーの製品でも共通です。

 

外部からの陽射しを反射して熱の吸収を抑えるが熱射に対する断熱性能を高めてくれるのですが、このため、外部からは採用色に関わらず白い窓周り品が使用されている印象に映ります。

 

ルーセントホームの『シェルシェード』は
セルバリエーションは多様

ルーセントホームの『シェルシェード』では、ハニカムシェードを希望されるお客様の希望に応じて多様な機能と表情を持つセルをご用意しており、電動タイプとの組み合わせも可能です。

 

当社でも提案用の展示サンプルを多数ご用意しており、ご来店時はもちろん現地お打合せ時にご覧いただくことができます。

 

 

◆ 当社・『ハニカム シェード(スクリーン)』の特集ページ。
http://www.mitsuwa-i.com/honeycomb.html

 

ミツワインテリア: http://www.mitsuwa-i.com/

 

  • シェード(その他)
  • Trackback(0)
  • ルーセントホームの『シェルシェード』。電動リモコンタイプ納品事例。 はコメントを受け付けていません。
  • at 7:13 PM
  • posted by 管理者

グレーを基調にしたカーテン、レースとハニカムスクリーンのコーディネート。

2019年04月09日

グレーを基調としたインテリア グレイ

モリス ヘリテージカラー 壁紙 グレー

注文住宅ご入居時の窓周り品納品事例。

内装のアクセントクロスに、モリス・ヘリテージカラー収録の壁紙が使用されていて、そのグレイッシュな雰囲気を窓辺にも採り入れたいというご相談をいただきました。

 

透明感のあるグレイの窓辺

マナトレーディング ルーチェ レース マナテックス 事例ブログ

掃出窓でご採用いただいたカーテンは、マナトレーディングが取扱うシャンタン(シルク)風のファブリック『ベガ』より、新色の20番。

軽やかで僅かな光沢を含んだライトグレーの無地です。

 

 

コーディネートレースの『ルーチェ』もマナトレーディング取扱いの人気レース。

薄いオーガンジーを2枚重ねた立体ファブリックが外の景色をややおぼろげに霞ませてくれ、印象的な窓辺が演出されます。

透明感を持ちつつも単体のオーガンジーやボイルよりもプライバシー性が得られるといった特徴を持っているシアーです。

 

マナトレーディング ベガ カーテン マナテックス 事例ブログ

薄手のレースとカーテンの組合せなので、日中にカーテンを閉めても程よい採光が得られ、遮熱や保温などのコントロールをし易い窓辺になりました。

余談ですが、薄手のカーテンに薄手の裏地(※非遮光)を組み合わせて空気層を持たせれば、採光による明るさを保ちつつより断熱性の高い窓辺にすることができます。

 

小窓は自由度の高いハニカムスクリーンで。

続いて、オペレーターハンドルのある横滑り出し窓。

同じ規格の小窓は全体で7カ所ありましたが、枠内にすっきりと納められる窓周り品で統一することになりました。

 

  ルーセントホーム シェルシェード 25mm 38mm 違い

小窓でもグレイのカラーを採り入れてインテリアアクセントにしたいということと、調光と断熱のコントロール性が良い製品をお求めとのことでしたので、コンパクトな形状と洗練されたフォルムに定評のあるルーセントホームの『シェルシェード』をご提案させていただきました。

シェルシェードでは25mmセルと38mmセルの展開がありますが、今回はボトムレール部が28mmと薄く、オペレーターハンドルとの干渉を避けられる「25mm」セルタイプご採用いただくことになりました。

 

ハニカムスクリーン トップオープン 階段

ご採用の操作仕様は、シェードの開閉自由度の高い「コードレス・トップ・オープン」タイプです。

 

ルーセントホーム シェルシェード オパーク カラーバリエーション

トップオープン ハニカムスクリーン 取扱店

採用色は、42配色展開の採光タイプ「セミ・オパーク」セルより、「グレイシーン」の28mmセル。

掃出窓で選んだグレイ系ファブリックとの相性も良く、色の調和と実用性を併せ持つ洗練された小窓が完成しました。

 

ハニカムスクリーン 人気

グレイ ハニカムスクリーン グレー ハニカムシェード

そして家具を引き立てるアクセントとしても魅力的です。

 

以上、本日はグレイ系でまとめた窓周り品を、製品の特長、魅力解説と合わせせてご紹介させていただきました。

 

◆ 当社・『オーダーカーテン』の特集ページ を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/sub2.htm

◆ 当社・『ハニカム シェード(スクリーン)』の特集ページ。
http://www.mitsuwa-i.com/honeycomb.html

 

ミツワインテリア: http://www.mitsuwa-i.com/

 

  • カーテン(国内ブランド)
  • Trackback(0)
  • グレーを基調にしたカーテン、レースとハニカムスクリーンのコーディネート。 はコメントを受け付けていません。
  • at 1:50 PM
  • posted by 管理者

「麻」風のカーテンとレースで素材感のあるインテリア・コーディネート。

2019年04月02日

 

こちらは新築マンションご入居前に実施した、デザインタイル「エコカラット」と壁紙リニューアル後の様子。

ナチュラルな内装に、淡くくすんだグリーンを加えてモダン&リゾートの奥深さが感じられる玄関まわりにしたいという奥様こだわりの質感と色調を表現しています。

 

ファブリックにも天然素材の質感と色合いを。
「麻」をイメージしたカーテンとレースを組み合わせて。

フジエテキスタイル キュリアス FA2620 カーテン

玄関から続く流れを汲んでリビング・ダイニングで納品させていただいたカーテンとレースの組合せは、「麻」を思わせる風合いと発色を持つ人気ファブリックの組合せで納めています。

 

ダイニング側の壁面に採用された「エコカラット」の組み合わせまで含めて見ると、玄関から始まる色と質感の連続性が伝わりやすいコーディネートになりました。

 

フジエテキスタイル キュリアス FA2620 カーテン 価格 取扱店

今回、選定いただいたカーテン生地は、フジエテキスタイルの『キュリアス』(全8色)より、淡くくすんだ青味と緑味の両方が感じられるFA2620LB

 

麻 風 カーテン 人気

「麻」の風合いをイメージしたこちらの無地は、シンプルながら程良い重量感があり、手持ち感の良さとナチュラルな色味に定評があります。

シワになりにくく、洗濯による縮みの心配がないポリエステル繊維ですのでメンテナンス性にも優れています。

 

フジエテキスタイル メルシー FA2420 カーテン 価格 取扱店

フジエテキスタイル メルシー トリコロール カーテン

こちらは余談ですが、フジエテキスタイルでは、「麻」をイメージした『キュリアス』と併せて、「綿」をイメージした『メルシー』(全10色)をご用意しています。

どちらも単色表現はもちろん、複数の淡色を組み合わせたコンビネーションスタイルで仕立てても魅力的な生地となっており、メンテナンス性の良い天然素材風のファブリックをご検討されているお客様にご紹介しています(※縫製サンプルは、現地お打合せ時にお持ちすることができます)。

 

「麻」をイメージしたレース。
フジエテキスタイルの『リンネット』。

フジエテキスタイル リンネット FA1618  価格 取扱店

続いて、レースにご採用いただいた、フジエテキスタイルロングセラー生地・『リンネット』FA1618。
美しいシワ加工で作り上げた生地は、麻の風合いに、ポリエステル繊維だからできる意匠性を組み合わせた独特の素材感が魅力です。

 

フジエテキスタイル リンネット FA1618 レース

レース生地の持つ透け感を、1日中楽しまれたい方にお勧めです。

 

フジエテキスタイル 麻風 レース 人気

麻の風合いを持つカーテンとレースの組合せにより、シンプルさとナチュラル感に富む窓辺ができ上がりました。

 

フジエテキスタイル 無地 レース 人気

壁紙とカーテン、異なるインテリア・アイテムであっても、色調と素材感をまとめると、シンプルであっても統一感のある空間づくりが可能です。

 

◆ 『フジエテキスタイル』の特集ページ を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/fujie.htm

◆ 『オーダーカーテン』の特集ページ を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/sub2.htm

◆ 『輸入カーテンの特集ページ』 を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/inhouse-2.html

  
ミツワインテリア: http://www.mitsuwa-i.com/
 
 
  • カーテン(国内ブランド)
  • Trackback(0)
  • 「麻」風のカーテンとレースで素材感のあるインテリア・コーディネート。 はコメントを受け付けていません。
  • at 3:57 PM
  • posted by 管理者
2019年4月
« 3月   5月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930