Mitsuwa Interio STAFF BLOG「ミツワインテリア」のスタッフ・ブログでは、日々の施工事例や新着情報をご紹介しています。

月別アーカイブ: 2018年4月

ウィリアム・モリス『ハニーサックル(Honeysuckle)』 のカーテン。

2018年04月20日

『ハニーサックル(Honeysuckle)』 は、1883年に、ウィリアム・モリスの次女、メイ・モリスが描いた代表作として知られていますが、モリス商会の名作10選にも名を連ねる人気のあるデザインでもあります。

ハニーサックル Honeysuckle モリス カーテン

ハニーサックル モリス マナテックス

今回納品事例では、リビング・ダイニング、計3箇所の中から、美しいお庭を楽しめるリビング側の出窓の様子を取材させていただきました。

当初のご相談では、ブラインドの手前に古くなった編みレースを新調したいというものでしたが、レースでは冬場の窓辺が寒いということと、隣室である和室に貼ったウィリアム・モリスの壁紙が素敵であったため、トータルコーディネートの観点から、モリスのカーテンをご採用いただくことになりました。

 

 

『ハニーサックル(Honeysuckle)』
縫製展示品をご用意。

『ハニーサックル(Honeysuckle)』の源流は、1876年に、父親であるウィリアム・モリスが同名の『ハニーサックル』の名で描いた、シンメトリー(左右対称)柄の織物のデザインの中で描かれた「スイカズラ」のデザインに影響を受けていると言われています。

メイ・モリスは、力強く成長する『スイカズラ(ハニーサックル)』を、父親のモリスの得意とした、曲線を描きながら、垂直に伸びていく柄表現と、深みのある彩りで表現しました。
 
 
ハニーサックル ウィリアム・モリス カーテン
 
実際、瑞々しい緑と、スイガズラの花の赤で構成される豊かな色調は素晴らしく、当社でも、縫製カーテンのサンプルとスタイル展示をご用意していて、お客様からもご好評をいただいています。
 
縫製サンプルは、ご訪問先の打合せで実際に窓辺でご覧いただける様にしています。
 
 
 
緑豊かな庭の景色を採り入れて。
 
ハニーサックル カーテン リビング
 
英国・サンダーソン社の『ハニーサックル(Honeysuckle)』は、コットン100%のプリント生地。
 
今回は、生地の保護(退色)と併せて、断熱性を高める目的で、「裏地」を併用いただいています。

裏地を組合わせたカーテンの断熱性は非常に優れていて、薄手の生地との2枚合せでも、起毛豊かなベルベットなどの厚手に負けない効果があります。

「裏地」付のカーテンは、海外でも冬場の寒さが厳しい高緯度諸国々では重要アイテムとして位置づけられていますが、近年は、日本でも、冷暖房などの空調効率の向上の観点から注目されています。
 
ちなみに、今回ご採用いただいた裏地は、耐光堅牢度の高いポリエステルの裏地です。
天然素材の綿に綿の裏地を付けることを、昔ながらの王道とする考えもありますが、寒暖の差や湿度の変化がより大きい窓際にある裏地は、紫外線から表地を守る目的に加えて、表地より劣化や収縮が進行しない強度のあるものを選ぶという考えも間違っていない様で、メーカー側もこの見解を否定しません(指示傾向にあります)。
 
天然繊維のカーテンは、水洗いによる洗濯にでは縮みやすく、ドライクリーニングが推奨となるため、こうした使用条件により、天然素材と化学繊維の組合せが推奨されてきています。
寝室で使われる場合は、「遮光裏地」の組み合わせでもいいわけです。
 
 
 
お庭の雰囲気を昼夜問わず楽しめる『ハニーサックル(Honeysuckle)』のカーテン。
 
 
 
Honeysuckle モリス カーテン ブログ
 
日中も、出窓の脇を飾る素敵なインテリア・グリーンの役目を果たしてくれています。

 

◆ 当社・『ウィリアム・モリスの特集ページ』を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/inhouse.htm

◆ 当社・『輸入カーテンの特集ページ』 を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/inhouse-2.html

 

ミツワインテリア:http://www.mitsuwa-i.com/

 

 

  • 「ウィリアム・モリス」
  • Trackback(0)
  • ウィリアム・モリス『ハニーサックル(Honeysuckle)』 のカーテン。 はコメントを受け付けていません。
  • at 11:20 PM
  • posted by 管理者

FISBA(フィスバ)のカーペットで魅せる、ロイヤルブルーのインテリア

2018年04月18日

FISBA フィスバ カーペット

ロイヤルブルー カーペット

リビング・ダイニングに隣接する「応接エリア」のフロアに、「FISBA(フィスバ)」の高級メリノウールカーペットをご採用いただき、敷き詰めを思わせる独自の「置敷き工法」で納品させていただきました。

 

 

「ロイヤルブルー」のウールカーペットで
応接エリアのフロア・リニューアル。

リフォーム前の応接間のフロアは、大理石タイルに手織り絨毯をコーディネートした設え。

既に装飾性の高い「家具」や「照明」、「窓周品」との相性も素晴らしい、「応接エリア」が出来あがっていましたが、お客様からのご要望は、美しい発色と、温かく足触りの良い「ウールカーペット」でフロアをまとめあげたいというもの。

 

色の指定としては、「ロイヤルブルー」もしくはそれに近い色調のウールがペットを探して欲しいというご要望でした。 

「ロイヤルブルー」の色調は、イギリス王室の公式カラーの場合であれば「濃い鮮やかな青」をさしますが、ヨーロッパ全体の歴史を遡ると、古代ローマ帝政の時代から高貴な地位の象徴とされた「紫みの濃い青」を指す場合があります。
 
 
 FISBA フィスバ カーペット 取扱い店
 
お客様の持っているカラー・イメージは前者寄りのでしたが、国内製品にはこのイメージに見合う色調と質感を持つカーペットはないため、今回も 『FISBA(フィスバ)』の「ラグ&カーペット」コレクションより、128色のカラーバリエーションとニュージーランド産・高級メリノウールをふんだんに使った『EN VOGUE PREMIUM(アン・ヴォーグ・プレミアム)』 をご紹介させていただきましたところ、「Colour:071」がイメージに近いとのことで、オーダーメードで製作することになりました。
 
 
 
 
「今回も・・・」と書いたのは、実は一昨年にも、音楽室の「音響(反響音吸音)対策」に『EN VOGUE PREMIUM』の「Colour:062」をご採用いただいている経緯があり、吸音性はもとより、その踏み心地の良さとレッドカーペットの発色がとても素晴らしく評判が良いとのことで、応接エリアでもこのカーペットを採用したいということになりました。

 

 

 

FISBAの「ラグ&カーペット」。
用途とサイズに応じた様々な展開。

『FISBA(フィスバ)』の愛称で知られる、スイス・「クリスチャン・フィッシュバッハ」社は、200 年近い歴史を誇る、世界最高峰のテキスタイル・ブランドとして知られています。

フッァブリックにコーディネートできる最高級「ラグ&カーペット」コレクションも展開しており、ウールであれば、ニュージーランド産の「高級メリノウール・100%」を、ハンドタフテッドの技術を駆使して高密度に仕立てた、128色展開の 『EN VOGUE PREMIUM(アン・ヴォーグ・プレミアム)』 をご用意しています。

 
 
 
 
製品は、「単色(無地)」製作でも、68,000円/㎡~という高級品ですが、最少製作面積:1㎡以上の「ラグ」サイズからオーダーできるため、128の展開色との組み合わせで、FISBAがコレクションしている個性的なパターンをオーダーサイズで製作できる「ラグ」は、インテリアコーディネートの現場での引き合いが多く、同社の売れ筋商品となっています(※受注製作納期:8週間)。
 
※ FISBAラグ(カーペット)の製品紹介ページ(詳細)はこちら。
↓↓↓

http://fisba-catalogue.com/products/list.php?category_id=466

 

ウールカーペット カラーバリエーション

こちらは、当社でご用意している「65cm☓130cm」サイズの『EN VOGUE PREMIUM(アン・ヴォーグ・プレミアム)』特製カラーパレット・ラグの商談用サンプル。
 
この「色見本ラグ」を現地で直接「触って」、「踏んで」いただきながら、製品魅力を実感していただきたいというのが、メーカーのコンセプトとなっています。
 
128色展開のパレットは、熟練した職人が8cm角ほどのカラーを、1つずつフックガンで打ち込みながら、豊富な色展開、高品質素材、ハンドタフテッドの魅力を凝縮させた非売品で、素材は衣料用ウールとしても名高い「メリノウール」のなかでも最高品質とされる、「ニュージーランド産・メリノウール(100%)」を使用しています。
 
「パイルカーペット」で使用される一般的なウール繊維の太さは38〜40ミクロン程度(1ミクロンは1000分の1ミリ)といわれていますが、FISBAの『EN VOGUE PREMIUM』では、23ミクロン以下の「ファインメリノ」からなる繊維をハンドタフテッドで超高密度にで織り上げているため、繊維の柔らかさと弾む様な製品の踏み心地を十分に感じていただくことができます。
 
 
 
 
FISBA・『EN VOGUE PREMIUM』を
カーペットサイズで採用。  
 
 
カーペット工事での使用の際は、カーペットのロール幅搬入経路に気を付ける必要があります。
 
今回の施工で必要なフロアサイズは幅4m☓長さ6mでしたが、FISBAの『EN VOGUE PREMIUM』は、最大60㎡(6m☓10m)のカーペットサイズまで製作対応ができるため、1枚もののカーペットで敷き詰めることができました
 
製品は、成田空港からのチャーター便で指定日の朝に到着。
室内への搬入経路も確保されているため、スムースに作業が開始できました。
 
余談ですが、日本の国産カーペットは、運送費やトラック輸送に関わる制約を考慮して製品化されているため、ロール幅が382cmを超える製品がありません。
 
そういう意味では、建物内での搬入経路さえ確保されていれば幅4mを超えるカーペットが調達できる海外輸入品は魅力的ですが、大型製品の荷揚げや搬入ができない場合は分割してオーダーする必要があることが長尺カーペットを取り扱ううえでの注意点となります。
 
 

8週間のオーダー製作で到着した、『EN VOGUE PREMIUM』の「Colour:071」

「ラグ加工」のバッキングには、ダークグレイのフェルトを使った仕上げになっていますが、現場施工が必要なカーペットの場合は、バッキングなしでオーダーすることもできます。

ウール「ラグ&カーペット」は、全製品「防炎認定」済みで「床暖房対応」となっていますので、一般住宅から商業施設まで広くお使いいただけます。

 

施工は、Wall to Wallの敷き詰め工法をアレンジした特殊な「置き敷き」工法で行っているため大理石のフロアを傷めません。

 

応接エリア側に1段ある円弧状の階段は、現地で型を取って一度持ち帰り、手前側に縁かがりの「オーバーロック加工」を施して後日納品しています。

 

 

 

「ロイヤルブルー」の応接エリアと
インテリアギャラリー。

高級カーペット 事例

リビング・ダイニング側から見た「応接エリア」と、『EN VOGUE PREMIUM』の「Colour:071」の納まり。

家具が入ることによりフロアの陰影が深まり、「ロイヤルブルー」としての魅力が強まりました。

 

高級 レッドカーペット 事例

「音楽室」で採用している、「Colour:062」のレッドカーペットとは違った、豪華さと気品を醸し出すことができ、お客様からも大変満足をいただきました。

 

 

エルメス カーペット

リビング カーペット 豪華

ウールカーペット 超高級

インテリアの構成色であるゴールド、レッド、アイボリーが持っている豪華さをより引き出すベースとなりました。

特に、淡いブルーが含まれるソファとの相性も良く、美しいロイヤルブルーの導線が浮かび上がりました。

 

ウールカーペット 置き敷き

オーダーカーペット 施工 評判

ウールカーペット ホテルライク

そしてカーペットを敷き詰めることにより、応接エリアの足元が暖かく優しい足触りになりました。

 

以上、本日は、こだわりぬいた家具とクラシックスタイルのインテリアに引けを取らない個性と演出効果を持つ最上級のメリノウールカーペットとして知られる、フィスバの『EN VOGUE PREMIUM』の納品事例をご紹介させていただきました。

 
 

◆当社・『オーダーカーペット(置敷き)施工』の特集ページ。
http://www.mitsuwa-i.com/overlock.htm

◆ 当社・『リフォーム工事の特集ページ』を見る
http://www.mitsuwa-i.com/m-reform.htm

 

ミツワインテリア: http://www.mitsuwa-i.com/

 

  • 「カーペット」施工事例
  • Trackback(0)
  • FISBA(フィスバ)のカーペットで魅せる、ロイヤルブルーのインテリア はコメントを受け付けていません。
  • at 9:29 PM
  • posted by 管理者

ハンターダグラス 『シルエットシェード』 の魅力と紫外線(UV)カット効果。

2018年04月16日

ハンターダグラス  シルエットシェード 事例

ハンターダグラス  シルエットシェード 人気

ハンターダグラス  『シルエットシェード』 の2インチ・スラットタイプをリビングの窓辺にご採用いただきました。

 

 

ハンターダグラス  『シルエットシェード』 
生地の魅力と特徴

ハンターダグラス 『シルエットシェード』は、レースの繊細な美しさが際立つ世界最高峰の「調光ロールスクリーン」として知られています。
 
スラット(羽根)状のファブリックを支える前後2種類のレースは、光を拡散しながらやわらかな自然光を部屋の奥まで届ける「採光拡散」機能を持ち、窓辺が光りのヴェールをまとった様に見えるのが特徴です。
 
また、ファブリックの角度を変えることにより、光量とプライバシーレベルをコントロールすることができます。
 
 
 

 

今回ご採用いただいた、ファブリックカラーは、2インチ(約5cm)セルと、近年の1番人気色と言われる「リネンフラート(A1-127)」の組み合わせ。

シルエットシェードは、7月リリース予定の新カタログで新色が加わるため、現行色の中では廃色になるものもありますが、「リネンフラート」は継続色となります。

 

 

「2インチ」と「3インチ」 。
2種類のスラットサイズをご用意。

ハンターダグラス  シルエットシェード 2インチ

「2インチ」スラット イメージ解説。

 

ハンターダグラス  シルエットシェード 3インチ

「3インチ」スラット イメージ解説。

 

立体構造の視点で「2インチ」と「3インチ」のシェードを比較すると、この様な構造と寸法構成(※参考値)となります。

『シルエットシェード』のヘッドレール厚は各製品共通で83mmですが、現行品のボトムレールの奥行き(=厚み)は「2インチ」が51mmと、3インチ(70mm)で異なるボトムレールを使い分けています(※旧製品は51mmのボトムレールで統一されていました)。

今回納品した窓の場合、窓幅W2400を超える腰高窓の窓枠奥行きはD:78mmでしたが、ベランダ出入口窓の窓枠奥行きがD:63mmと狭くなっていたため、生地とボトムレールの奥行きがコンパクトな「2インチ」をご採用いただくことになりました。

この様に、スクリーンとボトムレールの奥行きを考慮すると、小窓など窓枠内の奥行きが狭い窓枠内では「2インチ」の採用が推奨となりますが、窓枠内の奥行きが十分にある窓で採用される場合は、スラット開閉時とスラットを閉じた時の重なりイメージの好みでお選びいただいても良いでしょう。

 

 

プライバシーと景観を確保

ハンターダグラス  シルエットシェード 紫外線カット UVカット 効果

納品日当日は曇り空でしたが、スラットを水平にすると、前後のボイルレース越しにほどい屋外の景観が楽しめますし、この状態での紫外線カット率は88%と非常に優れた機能性を誇ります(※ご採用A2生地の場合)。
 
日照条件や時間帯によって、ファブリックのスラットの調整による調光コントロールも行えますし、「遮光」のスラットを選べば一般的な横型ブラインドの様に採光性を抑えた調光も可能ですので、ファブリックのタイプは居室の用途と窓辺環境に応じた組合せでお選びいただくと良いでしょう。

 

 

高い「紫外線(UV)カット」性を持つ
『調紫外線ロールスクリーン』としての機能性

ハンターダグラス  シルエットシェード 紫外線カット 効果

『シルエットシェード』のUVカット性能は、 シェードを閉じた状態で99%、スラットを開いた状態でも、採用生地により78%~88%の紫外線をカットすると言われています(※メーカー試験値)。

ちなみに今回選ばれた、「A1(2インチ)」や「A2(3インチ)」の採光生地は、スラット全開時で88%のUVカット効果が発揮され、スラットの角度を狭めて全閉に近づける事により99%のUVカットに近づけられる「調紫外線」性能に優れたファブリックとなっています。

調光ロールスクリーンは製品が持つ調光・採光性がに注目されていますが、やわらかな自然光を採り入れながら効果的にUVカットすることができる機能性も持っており、身体やインテリアにも優しい窓周り品と言えます。

 

 

「ウルトラグライド操作(UG2)」 について。

ハンターダグラス  シルエットシェード ウルトラグライド操作

 

今回ご採用いただいた操作仕様は、すっきりとした意匠性を持つ1本のタッセルコードを伸縮操作で昇降と調光を行える「ウルトラグライド操作(UG2)」 です。

 

ハンターダグラス  シルエットシェード 比較

ハンターダグラス 『シルエットシェード』の操作タイプは以下の3種類

① 「イージーライズ操作」
→ 従来型のループコード&コードテンショナー式による操作。

② ウルトラグライド 操作(UG2)」
→ ハンターダグラス独自のユニークなコード式(UG2)による操作。

③ 「パワーライズ操作」
→ 専用のリモコンを使った電動操作。

 

ハンターダグラス  シルエットシェード UVカット 効果

『シルエットシェード』を含めた複層の生地構造からなる「調光ロールスクリーン」の手動操作全般に言えることですが、製品と生地の特性がデリケートですので、昇降と調光操作はゆっくりと行ってください。

操作を慌てたり粗雑に引っ張ったりすると生地の巻きズレや製品故障の原因になりますので、ご提案の際にそこは力説してご案内しております。

 

ハンターダグラス  シルエットシェード 評判

ハンターダグラス  シルエットシェード プライバシー 効果

国内で販売されている「調光ロールスクリーン」の中で最も高級仕様の『シルエットシェード』ですが、リビング・ダイニングや寝室など、限定的にご採用いただくだけでも、窓辺とインテリアシーンを引き立てる客様満足度の高い窓周り品となっています。

 

ハンターダグラス  シルエットシェード 取扱い店

ハンターダグラス  シルエットシェード 調光ロールスクリーン 比較

当社では、ハンターダグラス 『シルエットシェード』の展示品を、2種類のスラット仕様と3種類の操作仕様の組合せでご用意しております。

また、様々な調光ロールスクリーンと較べながら各製品の特徴をご覧いただくことがてきますので、ご来店のお客様には、操作体験をいただきながら、様々な窓環境とニーズを想定したご相談にあたらせていただいております。

 

 

◆ 当社・『調光ロールスクリーン』の特集ページ
http://www.mitsuwa-i.com/shilhouette.html

 

 ミツワインテリア: http://www.mitsuwa-i.com/

 

  • シェード(その他)
  • Trackback(0)
  • ハンターダグラス 『シルエットシェード』 の魅力と紫外線(UV)カット効果。 はコメントを受け付けていません。
  • at 2:33 PM
  • posted by 管理者

ハンターダグラス『シルエットシェード』。「パワーライズ操作」の取扱い。

2018年04月12日

ハンターダグラス シルエットシェード パワーライズ操作 取扱い店

ミツワインテリアでは、ハンターダグラス・『シルエットシェード』 の、電動リモコンタイプ「パワーライズ操作」を展示品でご用意しております。

本日のブログでは、『シルエットシェード』で展開される、

① 3種類の操作タイプ

② 2種類のスラット(羽根)タイプ

③ 3種類の電源タイプ

の解説を交えながら、「パワーライズ操作」のご紹介をさせていただきます。

 

 

『シルエットシェード』
3種類の操作タイプをご用意

ハンターダグラス シルエットシェード 操作 違い

ハンターダグラス 『シルエットシェード』の操作タイプは以下の3種類

「イージーライズ操作」
→ 従来型のループコード&コードテンショナー式による操作。

「ウルトラグライド 操作(UG2)」
→ ハンターダグラス独自のユニークなコード式(UG2)による操作。

「パワーライズ操作」
→ 専用のリモコンを使った電動操作。

 

当社では、3種類の操作仕様を展示品で用意して、実際に操作体験いただきながら、様々な窓環境とお客様ニーズを想定した提案をさせていただきます。

 

 

『シルエットシェード』の2種類のスラット幅。
「2インチ」と「3インチ」 について。

次に、『シルエットシェード』で展開されている2種類のスラットタイプのご紹介。

ちなみに上の写真は、ハンターダグラス・「六本木ショールーム」で展示されている『シルエットシェード』展示の様子で、左側が「2インチ(約50mm)」、右側が「3インチ(約75mm)」スラットを使用した製品展示です。

スラットが宙に浮いている様な印象で見えるの意匠は、昇降開閉式の調光ロールスクリーン特有のもので、昇降用のリフトコードやスラットを支えるラダーコードを使用しないためこの様に見えます。

 

メーカーの説明では小さ目の窓には2インチ、大き目の窓では開放的な3インチを推奨していますが、これはあくまでも参考見解で、やはり窓環境を取り巻く様々な状況によって推奨は変わってきます。

 

ハンターダグラス シルエットシェード 2インチ 3インチ 比較

当社展示品で「2インチ」「3インチ」を見比べた補足イメージと解説がこちら。

各製品のスラット水平(全開)時の状態を調べてみたところ、2インチではスラット間のクリアランスが約40mm、3インチでは約約60mmのクリアランスが用意されており、この違いが日中におけるイメージ比較の目安となります。

 

 ハンターダグラス シルエットシェード 2インチ 特徴

「2インチ」 スラット

 

ハンターダグラス シルエットシェード 3インチ 特徴

「3インチ」 スラット

 

立体構造の視点で「2インチ」と「3インチ」のシェードを観察すると、この様な構造と寸法構成(※参考値)となります。

ヘッドレールの厚みは各製品共通で83mmですが、ボトムレールとシェードの奥行き(=厚み)は、「2インチ」の方が3インチよりコンパクトになっています。

スクリーンとボトムレールの奥行きを考慮すると、小窓など窓枠内の奥行きが狭い窓枠内では「2インチ」の採用が推奨となりますが、窓枠内の奥行きが十分にある窓で採用される場合は、スラット開閉時とスラットを閉じた時の重なりイメージの好みでお選びいただいても良いでしょう。

 

 

『シルエットシェード』
「パワーライズ操作」は3種類の電源タイプをご用意

シルエットシェード 電動 取扱い 東京

シルエットシェード パワーライズ 調光

当社で設置している「パワーライズ操作」の『シルエットシェード』は3インチタイプでご用意しています。

「パワーライズ操作」では、専用リモコン操作でシェードの昇降と調光を行い、閉じたシェードについては昇降操作の途中、任意の位置で停止することができます。

シェードを開く調光操作は、シェードのスラットが閉じて降りきった自動停止位置でのみ行え、全閉状態 から、 約1/3開閉水平の3段階で調光可能です。

欲を言えば3~4段階程度の微妙な調光をしたいところですが、これが電動タイプにおけるご了承事項となりますのでご注意ください。

 

展示品設置前の様子。

電動タイプも手動タイプと同じヘッドレール内に内臓モーターを含む電動システムが組みこまれているので、製品の外観自体はほぼ一緒です。

「パワーライズ操作」での違いは電源のタイプにあります。

標準仕様品の電源タイプは、「単三・アルカリ乾電池」を12本搭載させる「バッテリーワンド」を本体の後ろにセット(固定)して使う電池式となります。

「バッテリーワンド」を外付けしたい場合には、別売りの「サテライトバッテリーパック」が、コンセント電源を使用したい場合は別売りの「コンセントタイプ・DC18V電源」が必要です。

当社展示品での通常デモンストレーションでは「バッテリーワンド」を使った電池式操作でご案内していますが、必要に応じてDC18V電源プラグと延長ケーブルを使用した「コンセントタイプ・DC18V電源」での案内も可能です。

 

 

シルエットシェード バッテリーワンド

シルエットシェード バッテリーワンド 納まり

標準仕様の「バッテリーワンド」には、東芝製の「単三・アルカリ乾電池」が12本付属されていますのでこれをセットします。

メーカーの試験では、1日1回ずつの昇降操作で約1年使用できると言われています(製品サイズ、使用頻度により異なります)。

 

 

シルエットシェード バッテリーワンド 外付け

シルエットシェード サテライトバッテリーパック

 

続いて、電池ボックスを「バッテリーワンド」ではなく延長ケーブルを使って手の届く外付けで壁などに据え付けたい場合に使用する、オプションの「サテライトバッテリーパック」のイメージ(※モール配線工事は別途要)。

 

 

シルエットシェード パワーライズ コンセントタイプ・DC18V

最後に、オプション・「コンセントタイプ・DC18V電源」を使用した接続イメージはこの様になります(※モール配線別途)。 

 

シルエットシェード コンセント 電源 サイズ

『シルエットシェード』の電動タイプは海外でも販売されているため、コンセント電源の仕様は全世界対応型(入力:100~240V)の「AC/DCアダプター」になっています。

変換器(アダプター)付属の電源コードであるため、一般的な電源コードと形状が異なり、かなり大ぶりになっていますのでご注意ください(※直結配線工事はできません)。

 

日本国内での販売に特化している「ロールスクリーン」や「調光ロールスクリーン」の様に、電圧変換器を必要としないコンパクトな電源コードとは違いますので、新築住宅の建築時など、窓周り品専用のコンセントを計画する場合は、必要なコンセントスペースの確保と配置にも気を付ける必要があります。

 

 

コンパクトな納まりの「バッテリーワンド」。
簡単な電池交換も体験できます。


シルエットシェード 電動 パワーライズ 事例

シルエットシェード バッテリーワンド 評判

「パワーライズ操作」における標準仕様の「バッテリーワンド」は、「単三・アルカリ乾電池」を縦に6列、横に2列(合計12本)挿入できる筒状のパックになっていて、薄型でコンパクトです。

乾電池を横に2列並べたときにできる中央のくびれをパックの固定に反映させていて、ヘッドレールの後ろにセット(固定)されているワンドの着脱や電池交換が簡単に行える仕組みになっています。

ご希望のお客様には、脚立に乗っていただく必要はございますが、当社展示品で脱着作業を体験していただくこともができます。

 

シルエットシェード 電動 パワーライズ 取扱い 横浜

シルエットシェード 電動 パワーライズ プラチナリモート

専用『プラチナリモート』による操作は、動作距離7m程度の一般的な「赤外線操作」の他、電波を使って動作距離を30m程度まで拡大させた「FM操作」の2種類を選択して行うことも可能です。

 

 

最後に、ハンターダグラス・『シルエットシェード』 の「パワーライズ操作」の昇降と調光のイメージをご案内して、本日のまとめとさせていただきます。

当社では、『調光ロールスクリーン』の電動製品を2社、『ハニカムシェード』の電動製品を1社、『ウッドブラインド』の電動製品を2社、展示品でご用意しており、電動窓周り品にご興味のあるお客様のご来店をお待ちしております。

 

◆ 当社・『調光ロールスクリーン』の特集ページ
http://www.mitsuwa-i.com/shilhouette.html

 

 ミツワインテリア: http://www.mitsuwa-i.com/

 

  • シェード(その他)
  • Trackback(0)
  • ハンターダグラス『シルエットシェード』。「パワーライズ操作」の取扱い。 はコメントを受け付けていません。
  • at 9:05 PM
  • posted by 管理者

FUGA「調光ロールスクリーン」と、ニチベイの電動ロールスクリーン組合せ納品事例。

2018年04月06日

調光ロールスクリーン FUGA プレーン 事例

こちらは、調光ロールスクリーン 『FUGA』と、ニチベイの『サイレント電動式』 ロールスクリーンを組合わせでご採用いただいた納品事例です。

1階・LDに並ぶ3連「掃出窓」では繊細な調光を楽しめる『FUGA』を使いますが、1日を通じて強い陽射しの入る吹抜窓には、電動ロールスクリーンを使って日照調整と遮熱対策を講じることになりました。

 

モダン・インテリアのダイナミックな窓辺
「調光ロールスクリーン」でまとめあげる。

調光ロールスクリーン FUGA プレーン ホワイト

LDの3連「掃出窓」は、窓全体の幅が約5m、高さも2.4m近くある約12㎡の大開口で、日中は豊かな陽射しが入ります。

ただし、実生活の中では、リビングエリアとダイニングエリアの用途に応じた調光で使用する場合もあるため、明るさを採りつつも、前後のレース生地に挟まれているスラット(羽根)を室内側に傾斜させて微妙な調光をコントロールできる製品は、デザインと実用性の両面からモダンリビングの意匠と機能をサポートする窓周り品として評価されています。

 

調光ロールスクリーン 側面 生地 奥行き

すっきりと窓枠内に製品を納めても、窓周りが立体的な印象になるのが、複層生地構造からなる調光ロールスクリーンの特徴なのです。

 

調光ロールスクリーン FUGA プレーン SB-01

LDを見渡せる、2階ファミリースペースの小窓にも調光ロールスクリーン『FUGA』・PLAINタイプのホワイト(SB-01)を組合わせた大小でコーディネート。

デザインタイルやフローリングの意匠との相性も良く、柔らかい光で満たされる空間演出が整いました。

 

調光ロールスクリーン FUGA 取扱店

ハンターダグラス シルエットシェード 電動 3インチ 展示

当社では2018年4月現在、国内主要4社の「調光ロールスクリーン」を展示品を10点用意しており、以下の8製品については、陽射しの入る窓辺で一斉にご覧いただくことができます。

① ハンターダグラス・『シルエットシェード』(ウルトラグライド2操作)

② ハンターダグラス・『ナンタケットシェード』(イージーライズ操作)

③ ハンターダグラス・『シルエットシェード』(3インチ・電動タイプ)

④ ニチベイ・『ha・na・ri(ハナリ)』 標準タイプ、ループコード式

⑤ トーソー・『ラクーシュ』 ライト、チェーン式

⑥ トーソー・『ラクーシュ』 デコラ、チェーン式

⑦ WIS・『FUGA』 BASIC(ベーシック)、ループコード式

⑧ WIS・『FUGA』 PLAIN(プレーン)、ループコード式

 

お客様ご来店時に、②③の製品は未入荷だったのですが、選考の際にお客様の目に留まったのが、シェードの昇降途中でもスクリーンを閉じずに開閉状態を得る機能を持った『FUGA(フーガ)』した。

この機能は『FUGA』以外の製品では持ち合わせていないのです。

 

調光ロールスクリーン FUGA ベーシック プレーン 違い

続いて、『FUGA』のBASIC(ベーシック・写真左)生地とPLAIN(プレーン・写真右)生地の比較。

実際に見ると、BASICの方が生地の密度が細かくプライバシー性があるため、今回はシンプル表情を持つPLAINをご採用いただきました。

価格の比較で言えばBASICの方がハイスペックではありますが、お客様の好みも様々ですので、お客様には各製品の特長をご説明して、あとはお好みでお選びいただいています。

 

 

吹抜窓の日照調整。
電動タイプの「ロールスクリーン」で。

ニチベイ ロールスクリーン サイレント電動式 事例

 

撮影時の写真は夕方のものですが、日中の陽射しが特に強い吹抜窓の日照調整対策には、「ロールスクリーン」をご採用いただきました。

選定製品は、ニチベイのロールスクリーンより『サイレント電動式』

吹抜け窓では調光よりも遮熱を重視したのですが、生地は似寄りのものでまとめています。

 

ニチベイ ロールスクリーン サイレント電動式 リモコン

『サイレント電動式』では、シンプルな「1ch」対応、「2ch」対応のほか、3台以上の窓を一斉操作できる「8ch」リモコンをお選びいただくことができ、操作自体は従来型の赤外線操作ではなく、FM電波を使った操作のため、直接リモコンを受光部に向けなくても昇降ができる設計です。

 

 

 

現調の時点では、コンセントの穴は塞がれていましたが、お客様とのお打ち合わせ時に3連窓の右上に、電動ロールスクリーン専用の電源コンセントを用意していただく指示を出させていただきました。

ちなみに、コンセントのタイプは、コンパクトた形状の1口「家具用コンセント」をご提案しています。

 

電動ロールスクリーンの右側直上に「家具用コンセント」を配置しているので、1階から見るとコンセントは見えません。

 

電動ロールスクリーン コンセント 位置

電動ロールスクリーン 家具用 コンセント

2階のファミリースペースから見ても、コンセントが極力目立たない納まりになっています。

 

ニチベイの『サイレント電動式』ロールスクリーンを降下させたイメージ動画がこちら。

W2500☓H2350サイズのスクリーンを操作していますが、降下スピード結構ゆっくりで、枚秒5cmくらいです。

始動から停止まで40秒程度かかりましたが、リモコン・ワンタッチ操作ですので、スクリーンが降りきったら自動停止いたします。

 

FUGA 電動タイプ 吹抜け 事例

参考までに、吹抜窓に『FUGA』電動タイプを設置した事例をご覧いただきたい場合は、こちらをご覧ください。

 

以上、本日は調光ロールスクリーン 『FUGA』と、ニチベイの『サイレント電動式』 ロールスクリーンを組合わせご採用事例をご紹介させていただきました。

当社には『FUGA』電動タイプの展示品もございますので、手動操作タイプと併せてご検討くださいませ。

 

◆ 当社・『調光ロールスクリーン』の特集ページ
http://www.mitsuwa-i.com/shilhouette.html

 
◆ 当社・『ロールスクリーンの特集ページ』を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/roll&roll.htm
 
 

ミツワインテリア: http://www.mitsuwa-i.com/

 

  • スクリーン(その他)
  • Trackback(0)
  • FUGA「調光ロールスクリーン」と、ニチベイの電動ロールスクリーン組合せ納品事例。 はコメントを受け付けていません。
  • at 10:39 PM
  • posted by 管理者

ニチベイのプリーツスクリーン。『もなみ』ツインスタイル「コードレス式」の特徴と魅力。

2018年04月04日

ニチベイ プリーツスクリーン もなみ ツインスタイル コードレス式

和室 プリーツスクリーン 人気

意匠性豊かな和室の窓でご採用いただいた「プリーツスクリーン」ツインスタイルの納品事例より、「コードレス式」操作仕様のご紹介です。

 

 

「和室」での演出性が高い 『プリーツスクリーン』。

こちらは、今回の窓辺でご採用いただいた、ニチベイの 「プリーツスクリーン」、『もなみ』ツインスタイルでの生地組合せ。

和室の意匠を引き立たせる和紙調和風シースルーなどの生地バリエーションが多い「プリーツスクリーン」は、「障子」の代わりに登場した、現代的な和を演出する意匠性の高い窓周り品として知られており、生地に組み合わせる木目の部品色も充実しています。

また、「シースルー生地」「不透明生地」を上下に配置してその組み合わせを自由に選べるツインスタイルでは、シースルーと不透明生地の調整で採光や視線のコントロールを自在に行うことができます。

 

 

5種類の操作仕様を持つ
ニチベイの「プリーツスクリーン」より
『コードレス式』をご採用。


ニチベイ・『もなみ』ツインスタイルの操作仕様には、製品登場当初からある「コード式」と「ループコード式」に加えて、その後追加された「チェーン式」や「ワンチェーン式」、そして最新の操作方式となる「コードレス式」と、5種類の操作仕様が用意されており、製品イメージをメーカーの動画でご覧いただけます。

 


今回ご採用いただいた製品仕様は、ツインスタイルより「コードレス式」

 

国内メーカーの中で「コードレス式」操作を用意しているメーカーはニチベイだけですが、このシャッターを上げ下げするように扱えるコンパクトな操作仕様がスタイリッシュな和室のインテリアシーンで採用されるようになってきました。

 

地窓 プリーツスクリーン おすすめ

和室 地窓 プリーツスクリーン

事例の様な、コードレス操作が支障なくできる「腰高窓」や、和室特有の「地窓」などでの操作性に優れています。

 

また、操作用のループコードやチェーンを持たないため、チャイルド・セイフティの観点からも評価されている操作仕様です。

 

 

「プリーツスクリーン」・コードレス式
展示品をご用意しています。

プリーツスクリーン コードレス式

以上、本日は、ニチベイ・『もなみ』ツインスタイルの「コードレス式」のご紹介をさせていただきました。

当社では「コードレス式」の展示サンプルをご用意しており、ご来店時はもちろん、現地お打ち合わせ時のイメージ確認としてご活用いただいております。

 

 

当社・『プリーツスクリーンの特集ページ』を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/pleats&pleats.htm

 

ミツワインテリア: http://www.mitsuwa-i.com/

 

 

  • プリーツ・スクリーン
  • Trackback(0)
  • ニチベイのプリーツスクリーン。『もなみ』ツインスタイル「コードレス式」の特徴と魅力。 はコメントを受け付けていません。
  • at 8:41 PM
  • posted by 管理者

ニチベイのハニカムスクリーン。『レフィーナ25』 ツインスタイル納品事例。

2018年04月03日

ニチベイ レフィーナ25 ツインスタイル 事例

ニチベイの『レフィーナ25』 ツインスタイルを、幅4.6m超(※製作面積:9.3㎡)の大開口窓に2分割設置で納品させていただいた事例紹介です。

階高11階以上の高層マンションでの納品のため、生地の組合せは、「防炎」加工対応のあるハニカムの「採光セル」と、プリーツスクリーン「シースルー生地」の組合せでご提案をさせていただきました。

 

 

ニチベイのハニカムスクリーン
『レフィーナ』 ツインスタイルの特徴

上下の異なる生地で、採光と外からの視線をコントロールできる、ツインスタイルでは、25mmセルを使った「レフィーナ25」と、45mmセルを使った「レフィーナ45」の2モデルを用意しており、生地の組み合わせとセルサイズにより、様々な窓辺の表情を演出できます。

 

シースルー生地と不透明・遮光生地の組合せも上下自由にに配置でき、窓環境に応じた採光や外からの視線をコントロールできます。
 
今回納品した窓サイズは、片側:W2300☓H2000を超える大型サイズ。
 
生地の組み合わせは、「ハニカム不透明・遮光」 + 「ハニカム シースルー」「ハニカム不透明・遮光」 + 「プリーツ シースルー」2種類からお選びいただくことができますが、シースルーのハニカムセルを使った組合せでは、防炎加工の対応がないことと、製品製作面積の上限が4㎡までに制約されてしまうため、防炎対応があり、製品製作面積の上限が5.5㎡まで対応可能な「プリーツ シースルー」の組合わせで2分割設置のご要望にお応えすることになりました。
 

この様に、大開口窓に対応できるメリットを持つ「ハニカム」 + 「プリーツ シースルー」のツインスタイルですが、1点だけ注意事項があります。

それは、1台あたりの製品幅がW2005mmを超えているツインタイプ製作の場合にあたっては、「プリーツ シースルー」の生地対応が最大W2000までとなっているため、 製品中央でプリーツ スルー生地を重ね合わせて製作する必要があることをがご了承事項となります(※ハニカムスクリーンの生地幅はW3000までつなぎ無しで製作可能です)。
プリーツス・シースルーは生地を重ね合せて製作する分、生地を畳み上げた時の「畳み代」が厚く、山なりにもなりますことをご注意下さい。

 

と書いていながら、事例では畳み上げた時の写真は撮り忘れておりました・・・。

ちなみに、生地の重ね合せ部分の納まりはこの様な感じですが、生地の横つなぎが必要なレースカーテンやローマンシェードの様なイメージとなります。
基本的に、W2005mm以上の窓から起きる特徴ですので、比較的目立ちにくい納まりになっています。


ニチベイ レフィーナ25 ツインスタイル ハニカム シースルー 事例

 ご採用いただいたプリーツ・シースルーは『ベーネ(全5色)』より、H1013のウスシロ。

『ベーネ』は、ベールをかけたような淡い透け感が特長のシースルー生地で景色や光を和らかく採り込みます。
 
リビングダイニング プリーツスクリーン シースルー
 

ハニカム・シースルーよりも透け感のあるプリーツシースルーは、より外の景色を楽しめる特徴があるため、強い陽射しの射し込まない時間帯に外の眺望を楽しみたいというニーズに沿った生地です。

 

 

『レフィ-ナ』のツインスタイルで、
自由度の高い「日照調整」と「断熱対策」を。

ニチベイ レフィーナ25 ツインスタイル 防炎


そして、採光・遮光タイプの「ハニカムスクリーン」が本来持ち合わせている生地特性を活かしたて、窓辺の「日照調整」と、夏場の「遮熱」、冬場の「断熱」を効果的に行えるツインスタイルによる光りと熱のコントロールの様子。

 

ニチベイ レフィーナ25 人気

採用いただいたハニカム・セルは、防炎加工を加えた採光セルの『ココン(全6色)』より、H1001(ミルキーホワイト)の25mmセル。

ニカムスクリーンのセルタイプは、45mmと25mmの2種類からお選びいただけますが、やはり45mmと25mmの2種類の生地を用意しているプリーツ・シースルーで25mmをお選びいただいたため、ハニカムスクリーンのセルも25mmとなりました(※異なる生地サイズ同士の組合せはできません)。

セルサイズの小さい方が、畳み上げた時のたまりが大きくなりますが、細かいプリーツラインを通して入る光の美しさがより繊細となるため、ご提案の際は、2つの展示品を見比べていただきながら、使用される窓環境を考慮に入れつつ美採用いただくお手伝いをさせていただいております。

 


今回、採用いただいた操作仕様はツインスタイル・「ワンチェーン式」
1本のチェーンで全体昇降はもちろん、下部生地だけの昇降、上部生地の昇降を自由な配分でコントロールできる手軽な操作仕様となっています。

 

メーカーでも操作仕様の説明動画を用意していますが、当社でも比較用の展示品(※出張時に対応も可)を用意しておりますので、ご興味のあるお客様におかれましては、ご相談いただければ幸いです。

 

◆ 当社・『ハニカム シェード(スクリーン)』の特集ページ。
http://www.mitsuwa-i.com/honeycomb.html

 

ミツワインテリア:http://www.mitsuwa-i.com/

  • ハニカム・スクリーン
  • Trackback(0)
  • ニチベイのハニカムスクリーン。『レフィーナ25』 ツインスタイル納品事例。 はコメントを受け付けていません。
  • at 11:49 AM
  • posted by 管理者