Mitsuwa Interio STAFF BLOG「ミツワインテリア」のスタッフ・ブログでは、日々の施工事例や新着情報をご紹介しています。

月別アーカイブ: 2017年4月

「猫のための別宅」・リフォーム事例(第2話)。オペラハウス風の「主寝室」編

2017年04月23日

キャットルーム 豪華

キャットウォーク 豪華

「猫のための別宅」・リフォーム事例(第2話)。
本日は、「主寝室」編のご紹介です。

 

12.8帖の「主寝室」と約3帖大の「ウォークインクローゼット」。
個性的な内装の組合せと造作家具、照明計画を駆使して、お客様が希望される、猫の「オペラハウス」風のインテリアをイメージして提案施工させていただきました。

 

 

第2話
「猫の主寝室」へようこそ。

先日の「第1話(玄関・廊下)編」
http://mitsuwa-i.com/blog/2017/04/22

でご紹介した廊下のつきあたりに「猫の主寝室」があります。
ドアを開けて入ってみましょう。

 

 

「猫のクローク」風・クローゼット
ベット、クッションも特注製作で。

ドアを開けて左側にある3帖大の「ウォークインクローゼット」は、オペラハウスの「クローク(cloak)」をイメージした、猫のための「収納室」として使用します。

本来、コートや携帯品の一時預かり場としての機能を持つクローク風に、収納する寝具やクッションなどを、猫からの預かりものに見立てて活気ある雰囲気をイメージしました。

 

「クローク」内の壁紙には、フランス人デザイナー、ナタリー・レテのデザインを使用して、猫たちの「ベッド」、「クッション」といった寝具が映える収納を意識しました。

 

猫 ベッド

「クローク」いっぱいに収納されている、可愛らしい「ベッド」、様々なバリエーションの「クッション」

 

ご覧戴いているものは、クローク内の一部ですが、こちらはお客様お気に入りのファブリックを使って、1つ1つオーダーメイドで作らせていただきました。
クッションなどは、写真以外にも大小様々なサイズで作りました。

 

 

「ホワイエ」をイメージした輸入壁紙。

クロークの先、「オペラハウス」仕立ての壁装には、シルク仕立ての「オーストリアン・シェード」や、レザー仕立ての「ソファ」などをイメージした、「ホワイエ」風の雰囲気を組み合わせる事になりました。
2つの壁紙は、アメリカとドイツから取寄せた「輸入壁紙」です。

 

取扱い: テシード
カタログ名 : 「3D」
品番: TD30301
材質 :紙
ブランド: ウォールクエスト(アメリカ)
海外取り寄せ商品

 

取扱い: テシード
カタログ名 : 「 Fake Wall」
品番: NEW ENGLAND2  95877-5
材質 : 塩化ビニール
ブランド:  ASクリエーション(ドイツ)
海外取り寄せ商品

 

 

輸入壁紙 マンション 事例

キャットウォーク とは

「ホワイエ(foyer)」とは、暖炉や団らんの場を意味するフランス語のfoyerからの言葉で、通常はロビーと同意で使われることが多いですが、劇場やホールなどの入口から観客席までの広い通路のことを指して、 主に幕間の休憩や、社交の場として使われる空間をさします。

「絨毯」に相当するフロアには、メンテナンスのし易い「タイルカーペット」を選び、カーペットの下は、フローリングを保護する、特殊な保護パネルを敷き詰めた防水対策を施しています。

複層階からなる劇場の回廊をイメージして作った「キャットウォーク」が、居室を多層的に見せています。

 

 

「オペラハウス」の客席

キャットウォーク マンション

キャットウォーク モールディング

ホワイエを進むと、 カーペットの敷かれているフロア席を1階として、「5階席」構成となる客席のイメージが広がります。

ロイヤルシートを含め、猫たちが、自由に寛げる空間となっています。

 

 

「舞台」をイメージした造作寝室

舞台袖となるバスルーム側ドアの左側には、寝室のメインとなる「舞台」を、オペラ公演の演目で登場する「神殿風」のイメージで造作することになりました。

 

オペラ公演の「舞台セット」をイメージした提案を経て造作家具の製作にかかりました。

 

キャットタワー 豪華

こちらが、「舞台セット」となる造作家具、完成品の様子。

塗装仕上げは、「ピアノ塗装」をイメージした「鏡面光沢仕上」で仕上げられています。
 
 

猫 造作ベッド

猫 ドールハウス

正式用途は「寝室」ですが、舞台ですので、階段を上がって、神殿の上のキャットウォークに猫が自由に活動できる仕掛けとなっています。

 

 

天井は荘厳な「大聖堂」風のイメージで。

「折り上げ天井」の凹面には、天井のサイズに合わせて、ドーム天井の画像を『デジタルプリント壁紙』出力で貼り上げたのち、側面を『装飾モールディング』でデコレーションすることになりました。

 

 

デジタルプリント 壁紙

「折り上げ天井」の凹面サイズでオーダーした『デジタルプリント壁紙』。 

3枚を繋ぎ合せて完成させます。

 

 

マンション 折り上げ天井 壁紙

デジタルプリント 壁紙 事例

ドーム天井のセンターには、24金メッキ仕上げと、エジプト製(アスフール社)の良質な大小「クリスタル」をふんだんにん使用した『ペンダント・ライト』を『シャンデリア』のイメージで吊り下げて仕上げました。

 

当社の「トイレ」にも使っている、このペンダント照明は人気商品でして、本体(H230mm)の他に、670mm のチェーンが装着されていますが、チェーンをほとんど取って使用すると、クリスタル独特の光の屈折が、天井近くに美しいデザインを描くという演出効果を持ちます。

 

マンション 装飾モールディング 事例

 

マンション 寝室 壁紙 クラシック 

特に「夜間」の照明効果は抜群となります。

多少、薄暗くても夜目が効く猫には過ごしやすい快適な『オペラハウス風・主寝室』の完成です。

 


 

次回は、「猫のための別宅・第3話」。
大広間を飾る肖像画風『デジタル・ロールスクリーン』編をご紹介いたします。
 
 デジタルプリント ロールスクリーン 事例
猫 ロールスクリーン
 
ミュシャ ロールスクリーン
 
 
◆ 当社・『リフォーム工事の特集ページ』を見る
http://www.mitsuwa-i.com/m-reform.htm 

◆当社・「モールディング」の特集ページ
http://www.mitsuwa-i.com/sub7tokushu-14.htm

◆ 当社・『輸入壁紙施工の施工事例集』 を見る
http://www.mitsuwa-i.com/yunyuu-k.htm

 

ミツワインテリア: http://www.mitsuwa-i.com/

 

  • 「カーペット」施工事例
  • Trackback(0)
  • 「猫のための別宅」・リフォーム事例(第2話)。オペラハウス風の「主寝室」編 はコメントを受け付けていません。
  • at 6:57 PM
  • posted by 管理者

「猫のための別宅」・リフォーム事例(第1話)。「玄関・廊下」・「トイレ」・「納戸」編

2017年04月22日

とある、都内・タワーマンションにお住まいのお客様は大変な「愛猫家」

最上階の豪邸に住み、専属のキャットシッターさんが毎日、30匹の猫たちとのお世話をしていましたが、流石に1世帯では猫たちが住みきれなくなったため、1つ下の階に、約半数、15匹分が住む「猫のための別宅」を構えることになりました。

 

猫のための「別宅」リフォーム。

これからご覧いただく光景は非現実的なものではありますが、この 猫のための別宅」は実在します。
美しいインテリアを伴いつつ、「当社の持つノウハウを結集して、壁紙の貼り替えと、養生フロアの撤収により、「原状回復」に戻せる仕様でリフォームがすすめられました。

本日は、「玄関・廊下」・「トイレ」・「納戸」編の模様を美しい内装のご紹介とあわせてご案内させていただきます。

 

 

「玄関」のリフォーム。

こちらは、本リフォームの出発点となる、お打合せ時の「玄関」

 

エントランスには、格調高い「神殿」風のモチーフをプランニング。

 

玄関 造作 コラム柱

コラム柱を使った、荘厳なディスプレイ・エリアが出来上がりました。

 

玄関から猫が出ないための配慮が必要との事でしたので、「造作引き戸」をご提案。

 

片引きの戸では開口面積が1/2になってしまうため、2/3の開口が得られる「3枚引き戸」としました。

 

猫 脱走防止 ドア 引き戸

上品に見えてもそこは「猫」。
脱走防止策は必要です。
15匹の猫をマンションで飼うのはとても大変なのだそうです。

 

 

教養の間としての「廊下」。

LD、2つの寝室、トイレ、納戸に通じる「廊下」の形状を活かして、「図書館」風のデザインご提案いたしました。

 

知性と教養を大切にした集団生活を願うお客様のイメージの中にも、野生の習性を配慮しています。

 

マンション 廊下 図書館

「教養の間」としての廊下の完成形がこちら。

「大理石」調のフロアタイルは、下のフローリングを保護する防水仕様の2重張り仕上げ。
キャットシッターさんのお掃除の手間にも配慮しました。

 

図書館風 壁紙

廊下 時計

規則的な生活を刻む「時計」

 

知性と教養を示す「書籍」

 

猫 爪とぎ カーペット

「腰壁」フレーミングの内装は、猫の「爪とぎ場」として、固い繊維のカーペット仕上げで「ブレイクタイム」を想定しました。

 

 

「トイレ」の内装

トイレ アナスイ 風

こちらのマンションには、トイレ」が2つあります。

流石に、猫が使用するものではありませんが、オーナー様とキャットシッターの方が使うために、美しい内装にリニューアルしました。

 

輸入壁紙 蝶柄

輸入壁紙 パープル

蝶柄 壁紙

オーナー様が使用するトイレの内装は、お好みのパープル色にラメで縁取られた美しい蝶柄の「輸入壁紙とブラックの「モールディング」仕上げで高貴な印象を醸し出しました。

 

輸入壁紙は、テシード取扱いの海外取寄せ品。
イギリス「アートハウス社」のカタログ
:『ENCHANTMENT』収録の品番:661205
材質 は「紙」ですが、特殊加工により防火認定(不燃)を取得しているので、住宅から商業施設まで広く使用できます。
 
 
デジタルプリント 壁紙 猫
キャットシッターの方が使用するトイレの壁紙には、「デジタルプリント」による、オーダー壁紙を採用しました。
 
 
 
 
「納戸」の内装
 
 
猫のお世話に必要な用具入れとしての「納戸」も美しい内装で仕上げることになりました。
 
 
納戸 輸入壁紙 
 
 
納戸の輸入壁紙は、テシード取扱いの国内在庫・『The Bloominghouse 6』収録の品番:661205。
アメリカ「YORK(ヨーク)社」が得意とする、壁紙の伝統製法のひとつ「サーフェイスプリント」で作られたエレガントなデザインでリニューアルいたしました。
 
 
 
 
「猫のための別宅」リフォーム。
本日は、「玄関・廊下」・「トイレ」・「納戸」編をレポートさせていただきました。
 
 
 
 
***次回予告***
 
 
キッャトウォーク
 
天井 壁紙 デジタルプリント
 
猫 ソファ かわいい
 
次回は、「猫の主寝室編」をご紹介いたします。
 
 
 
◆ 当社・『リフォーム工事の特集ページ』を見る
http://www.mitsuwa-i.com/m-reform.htm 

◆当社・「モールディング」の特集ページ
http://www.mitsuwa-i.com/sub7tokushu-14.htm

◆ 当社・『輸入壁紙施工の施工事例集』 を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/yunyuu-k.htm

 

ミツワインテリア: http://www.mitsuwa-i.com/

 

  • 「インテリア塗装」事例
  • Trackback(0)
  • 「猫のための別宅」・リフォーム事例(第1話)。「玄関・廊下」・「トイレ」・「納戸」編 はコメントを受け付けていません。
  • at 11:01 PM
  • posted by 管理者

アップダウンスタイルの「プリーツスクリーン」で魅せる、「からくり収納棚仕切り」。

2017年04月21日

ニチベイ もなみ アップダウンスタイル

「階段下収納棚」にお洒落と遊び心を求めたご主人のこだわりにお応えして、ご提案させていただいた『プリーツスクリーン』

生地の上下を自由に昇降操作できる「アップダウンスタイル」の操作仕様に加えて、今回は「オプション・フレーム」をコーディネートして意匠性にこだわりました。

 

 

プリーツスクリーンの
「アップダウンスタイル」とは

 

プリーツスクリーンの「アップダウンスタイル」とは、採光と通気を使い分けられる自由度の高い昇降スタイルのことで、窓周りだけでなく、居室の機能性「間仕切り」(※製作幅上限:W200cmまで)としても使用することができます。

プリーツスクリーンで「アップダウンスタイル」を用意しているメーカーニチベイ『もなみ』シリーズだけで、窓のサイズや用途によって「コード式」「ループコード式」「チェーン式」を使い分けることができます。

ちなみに、今回の階段下収納で採用した操作スタイルは、「ループコード式」
「ループコード式」の採用理由は、ヘッドレールの適度なコンパクト性と、全体昇降、上部昇降の操作側を片側にまとめられる統一性が、収納棚スペース手前を覆う製品として使いやすかったというものでした。

 

 

内装材に合わせた「カラーコーディネート」。
オプション「フレーム」も組み合わせて。

階段周辺の壁装で使用されていたのは、手触りの良い本格嗜好の「織物壁紙」

壁紙が放つ味わい深い炭色の発色に合わせてコーディネートした生地は、手揉みの和紙の様な凹凸感のある皺が作り出す光の陰影が美しい生地・『廬山(ろざん)』より、壁紙の色と馴染みの良いM-7083(アイズミ)です。

 

 

プリーツスクリーンの左右をカバーする「オプション・フレーム」は本来、遮光性や気密性を高めるものですが、今回は、収納棚の全面での安定した昇降の確保と、収納庫としての意匠性にこだわるお客様のご要望により併用することになりました。

 

 

プリーツスクリーンで魅せる
「からくり収納棚仕切り」の完成。

収納 プリーツスクリーン おしゃれ

「からくり」には、糸の仕掛けで操ることやそういう仕掛けといった意味も持ちますが、プリーツスクリーン「アップダウンスタイル(フレーム付)」で仕上げた収納棚の仕切りにはからくりを用いた遊び心があります。

 

プリーツスクリーン アップダウンスタイル とは

お好みに応じて、ディスプレイしたい部分だけ見せることができるのです。

 

プリーツスクリーン オプション フレーム

生地は、下側に全開することもできますし、もちろん、上部にまとめ上げることもできます。

 

ニチベイ プリーツスクリーン 廬山

全閉状態では、壁装を邪魔せずにまとままる素敵な「からくり収納棚仕切り」ができあがりました

 

当社・『プリーツスクリーンの特集ページ』を見る
http://www.mitsuwa-i.com/pleats&pleats.htm

 

ミツワインテリア:  http://www.mitsuwa-i.com/

 

  • プリーツ・スクリーン
  • Trackback(0)
  • アップダウンスタイルの「プリーツスクリーン」で魅せる、「からくり収納棚仕切り」。 はコメントを受け付けていません。
  • at 4:34 PM
  • posted by 管理者

主寝室のカーテンとレース。装飾タッセルの特徴を活かした「両開き」と「片開き」の使い分け。

2017年04月20日

フルール 刺繍レース マナテックス

こちらは、「主寝室」の掃出窓に遮光カーテンと、裾スカラップデザインの刺繍レースを納品させていただいたコーディネート事例です。

 

メインとなる刺繍レースは、マナトレーディングのカタログ「マナテックス Vol.16」収録のドイツ製人気レース『フルール』

『フルール』は、繊維にドイツ・トレビラ社開発の難燃ポリエステル・「トレビラCS」を使用している、高品質の防炎レースです。

裾スカラップと高さが80cmの刺繍柄がひときわ美しいこちらのレースを当社では、H240cmのサンプルでご用意しているのですが、内覧会の際、現地の窓に合わせてみたところ、丈もぴったりサイズで、ご夫婦ともにイメージ通りと大満足。

 

『フルール』の上品さを引き立てる、装飾タッセルには同じくマナトレーディングの『ソワレ』より7番色をコーディネート。

こちらの装飾タッセルも当社では、全7色取り揃えており、選ばれるファブリックに応じたコーディネートのご提案をさせていだいております。

 

フルール 刺繍レース マナトレーディング

装飾タッセルでコーディネートされた、カーテンとレース。

刺繍レースのエレガントさを引き立てつつ、格調高いチャコールグレイが印象的なカーテンの上質なアクセサリーにもなっています。

 

アスワン 遮光1級 カーテン

「遮光カーテン」はシルク調のベースに主張をおさえたクラシック柄が淡く描かれている、アスワンの人気生地『アセアード』より、E4312(遮光1級)を合わせて甘くなりすぎない窓辺を設えました。

 

 

ベッドの左右にあつらえた造作家具。
レイアウトに合わせた開閉パターンをご提案。

アスワン アセアード カーテン

これから、納品されるベッドのサイズに合わせてお客様がオーダーされたこだわりの「造作家具」

 

こちらは、奥様が使われる「ドレッサー」

コンパクトながらも間取りに合わせて無駄なくレイアウトされた美しい縦長のオーダー家具。

 

窓側には、インターネット用のオーダーテーブルが造作されていました。

 

造作スペースと使用上の機能性の都合があり、テーブルの奥行がカーテンボックスの前方に12cm張り出していましたので、窓の右側は、カーテン、レースともに固定させずに、「両開き」でも「片開き」でも自由に使い分けられる納めにしています。

 

寝室 カーテン 両開き

寝室 カーテン 片開き

「幅広窓の両開き」でも使用できる、ロープが長い装飾タッセルの特徴を活かした応用スタイリングで解決です。

 

◆ 当社・『オーダーカーテン』の特集ページ を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/sub2.htm

◆ 当社・『輸入カーテンの特集ページ』を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/inhouse-2.html

 

ミツワインテリア: http://www.mitsuwa-i.com/

 

 

  • カーテン(国内ブランド)
  • Trackback(0)
  • 主寝室のカーテンとレース。装飾タッセルの特徴を活かした「両開き」と「片開き」の使い分け。 はコメントを受け付けていません。
  • at 1:38 PM
  • posted by 管理者

「チェアレール」と「フレーミング」を使った腰壁。「玄関・廊下」の生活動線をスタイリッシュに演出。

2017年04月19日

マンション 廊下 腰壁

こちらは、「チェアレール」「フレーミング」などを使った『装飾腰壁』の施工事例。

玄関からLDを始めとする各居室の共用通路となる、マンションの「廊下」を装飾的な生活動線にバージョンアップしました。

 

 

マンションの「廊下」は生活動線の大動脈。

ワンフロア完結で、玄関から各居室に続くマンションの廊下は、生活動線の大動脈ともいえる凝縮されたスペースです。

本事例の場合、各居室とつながる廊下は、2つの「洋室」、「洗面所」、「トイレ」、「キッチン」、「LD」と6つの開口ドア(扉)が関わるL字コーナー型。

通常、LDや寝室などの居室よりも天井高の低い廊下は圧迫感を感じやすい場所ですが、ダウンライトが廊下の直下だけでなく、左右の壁の間接照明として機能する魅力に注目すれば各居室とのアプローチとしての印象はグッと変わります。

更に、装飾で仕上げた腰壁の上に絵画や写真など、魅力的なディスプレイを楽しめば、廊下のもつ魅力を更に引き上げることができるのです。

 

 

木製の装飾材を組み合わせて。

今回、腰壁の上下の区分に使用した「チェアレール」

 

そして、腰壁内の額縁装飾で使用した「フレーム」

 

マンション 廊下 チェアレール

今回使用したのは,「アユース材」を加工した装飾材です。

アユース材は、桐に似た性質を持つ木材で、湿気などによる狂いが少なく、また細かい加工性に優れている点や、塗装の色のりの良いため、室内装飾材だけでなく、広く内装材、家具用芯材、引出しの側板、靴のヒール材などにも使われています。
 
このアユースを使った装飾材を、腰壁のベースとなるパネル材に組み合わせて「装飾腰壁」を作りました。

 

 

仕上げ「塗装」も、オーダー色で。

マンション 廊下 腰壁 リフォーム

事前塗装を施した腰壁材を現地で組み立てて仕上げました。

カラーも、塗りつぶしから、ステイン着色など、廊下の雰囲気に応じて対応致します。

生活動線の大動脈となる「廊下」が持つ魅力。
上質な空間に生まれ変わりました。

 

 ◆ 当社・『リフォーム工事の特集ページ』を見る
http://www.mitsuwa-i.com/m-reform.htm 

◆当社・「モールディング」の特集ページ
http://www.mitsuwa-i.com/sub7tokushu-14.htm

 

ミツワインテリア: http://www.mitsuwa-i.com/

 

  • 「インテリア塗装」事例
  • Trackback(0)
  • 「チェアレール」と「フレーミング」を使った腰壁。「玄関・廊下」の生活動線をスタイリッシュに演出。 はコメントを受け付けていません。
  • at 11:27 PM
  • posted by 管理者

大迫力の「フロントレース・スタイル」と「マルチウインドウ」のコーディネート。

2017年04月18日

注文住宅・LDの吹抜け全体にレイアウトされた様々な形状の窓。

 ウイロウボウ ボイル ウィリアム・モリス

シンプルでありながら、質感の良い内装、クラシカルな家具に合わせたコーディネートをご提案させていただきました。

 

 

「マルチウインドウ」のコーディネート。

来店当初、お客様より頂戴した、LD窓全体のレイアウトイメージ。

高さ3.5mを超える3種類の「高所窓」や腰掛けて出入する引き戸とユニットで設計された「地窓」など、注文住宅ならではの「マルチウインドウ」。
様々な目的を持つ開口レイアウトにあわせて、適材適所の窓周り品をコーディネートしたいとのご要望をいただきました。

 

 

「大型FIX窓」はセンターレース・スタイルで。

フロントレース 大型窓

高さ3.5mの「大型FIX窓」には、ウィリアム・モリス・1887年の作品として知られる『ウイローボウ(Willow Boughs)』のボイルレースを、「フロントレース・スタイル」で納めました。

 

『ウイローボウ(しだれ柳)』のデザインは、モリスがとりわけ気に入っていたモチーフで、家の近くを流れる「テムズ川」の川べりに茂る柳の木々からインスピレーションを受けて描かれたといわれています。

また、『ウイローボウ』といえば、コットン・プリントや織物の厚手が有名ですが、コーディネート用のボイルも、レース単独で使われることも多い魅力的なファブリックです。

 

フロントレース ウィリアム・モリス

生地の作風からは緑豊かな川べりの風のそよぎが感じられますが、ボイルレースの場合、陽射しを透して緑豊かな森の「木漏れ日」感を楽しむことができますし、外構と植栽が出来上がれば、縦長窓の特徴と両開き用のマグネットの機能を応用して「センタークロス風」の演出スタイルで窓辺に多彩な表情を持たせることもできます。

 

カーテンを束ねるタッセルは、華美な房を付けずに、単色「ロープタッセル」を2本ずつ使ったシンプルな組合せでまとめ、後幕のカーテンには、西日対策も考慮して、軽い遮光性(遮光3級)が得られる無地より、「シルク」調の質感を持つ厚手を合わせました。

 

カーテンボックスの前方には、「大型プロジェクター用スクリーン」が収納できる設計になっています。

 

 

高所窓は、「ウッドブラインド」で調光。

ニチベイ クレール K822 エイジンググレイ

左右の形状が異なる高所窓に組み合わせた、ニチベイの「ウッドブラインド」

縦長窓は1階側から操作できますが、右の高所窓は2階の書斎窓を開けて操作できる納めとなっています。

 

共通のスラットカラーは、クラシカルな空間演出を楽しめる、K822(エイジンググレイ)
目線の離れた高所窓で採用すると、フェイクとは思えないリアルな味が得られます。

 

打ち合わせ当初の希望製品は、リフトコードを通す穴のない高遮光用ウッドブラインド『クレールグランツ50』でしたが、縦長窓の内寸が「クレールグランツ」の製作対応サイズに満たないため、こちらは遮光性を高める「ラダーテープ仕様」で納めています。

 

 

地窓のローマンシェードは夜の主役。

地窓 ローマンシェード

日中は、後幕のレースを使用することが多い地窓の「ローマンシェード」

 

地窓の前幕を飾る、ローマンシェードの『ラーモ(別称:ブァイン)』は、ウィリアム・モリス、1874年の作品。
「 葡萄の葉」と「柳の葉」を組み合わせた「パターン・オン・パターン」の柄構成や、渦巻く葡萄の蔓:トレーサリ(モリス特有の渦巻く流れのある更紗)がモリスらしさを表現しています。

こちらは、立体的な川島織物セルコンの織物生地を採用しましたが、パターンの中に「柳の葉」が含まれているのがコーディネートのポイントです。

夜間、プロジェクター用スクリーンを降ろしてTVを見る時に、生地の深みが際立ってとても美しいのだそうです。

 

高所窓 ウッドブラインド

以上、本日は、大迫力の「フロントレース・スタイル」の魅力と、一日を通して様々な窓演出にローテーションされる「マルチウインドウ」のコーディネート事例をご紹介させていただきました。

 

 ◆ 当社・『ウィリアム・モリスの特集ページ』を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/inhouse.htm

◆ 当社・『輸入カーテンの特集ページ』 を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/inhouse-2.html

当社・『ローマンシェード』の特集ページを見る。
http://www.mitsuwa-i.com/roman.html

◆当社・『木製ブラインドの特集ページ』を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/tokyo-b.htm

 

ミツワインテリア:http://www.mitsuwa-i.com/

 

  • 「ウィリアム・モリス」
  • Trackback(0)
  • 大迫力の「フロントレース・スタイル」と「マルチウインドウ」のコーディネート。 はコメントを受け付けていません。
  • at 12:00 AM
  • posted by 管理者

英国・Farrow&Ballの壁紙で仕上げた、マンション入居前リフォーム(玄関廊下・洗面所編)。

2017年04月17日

BlockPrintStripe ブロックプリント ストライプ 壁紙

本日のブログでは、タワーマンション・高層階に入居されるお客様宅の内装リフォーム事例より、「玄関廊下・洗面所」編をご紹介いたします。

今回採用した、英国・「Farrow&Ball」の壁紙は、世界的に評価の高い同社の天然顔料で作られた水性ペイントとのコーディネートもできる、ペイント刷りの壁紙です。
 
とりわけ、18世紀から受け継がれている「トラフプリント」「ブロックプリント」といった伝統的な工法で刷られた壁紙は、花柄、ダマスク柄、ストライプ柄、幾何学模様など豊富なバリエーションを持ち、光沢を抑えたペイントの発色との組合せからは、ビニール壁紙では表現できない独特な風合いと表情を生み出します。

 

 

前回のレポート(まとめ)

前回(LDK)レポートの詳細はこちら

LDKの拡張工事で使用した、英国・Fallow&Ball社の「ペイント」と「壁紙」のコーディネート。
眺望の良い、タワー型マンション(
高層階)のインテリアに更なる付加価値を与える内装リフォームにより、こだわりの家具や窓周りを迎え入れる土台をつくることができました。

そして、その効果は、生活動線としての「玄関・廊下」「洗面所」「トイレ」といった小空間においても非常に効果的です。

 

 

「玄関」・「廊下」の内装リフォーム。

「玄関」・「廊下」の壁装に使用したパターンとカラーは、カタログ「STRAIGHT AND NARROW」収録の壁紙、『BlockPrintStripe(ブロックプリント ストライプ) 』よりBP753のブルー色。

 

15配色のカラーバリエーション展開を持つこちらの壁紙。
ローラー「ブロックプリント製法」で作られているストライプの横リピートが4.7cmと小ぶりなため、小空間でも使いやすいパターンです。
 
 
 
 
伝統的な「壁紙印刷技法」を使い分けて。
 
 
Fallow&Ballの壁紙は、「フラット ベッド ブロック(トラフプリント)「ローラーブロック」「スループリント」といった、3種類の印刷技法を使い分けて作られています。
 
 
 
 
F&Bのファクトリーには、各製造段階にプロフェッショナルがおり、熟練の職人が18世紀はじめから受け継がれる壁紙の伝統製法を駆使してひとつひとつ丁寧に壁紙を作っています。
 
オーダーごとの受注生産品のため、納期は約2~3週間生産最少ロットは原則として3本からとなります。
 
 
 
「ローラー ブロック プリント」で作られたBP753のストライプ。
 
通常、伝統技法で擦り上げる「ストライプ柄」では、 「スルー プリント」による、刷毛(はけ)で引いたような風合いで仕上げるため、ヘアライン独特のかすれ感が出るのですが、「ローラー ブロックプリント」で仕上げたこちらの壁紙は、雑味の少ない優しい表情のストライプに仕上がります。
 
 

輸入壁紙 ストライプ 

「玄関」・「廊下」まわりの壁装が、「ローラー ブロック プリント」のもつ流麗な風合いとこだわりのカラーによる上質なストライプ柄で模様替えされました。

 

 

「洗面場」もアクセントウォール仕立てで。

 「洗面所」の壁装に使用したパターンとカラーは、カタログ「PRESENT AND CORRECT」収録の壁紙、『Lotus(ロータス) 』よりBP2017のダークグレー色。

19世紀フランスのアーカイブパターンを復刻させたもので、連続性のある「蓮(ハス)の花」のデザインは、当時、世界を席巻していた「アーツ&クラフツ」の影響を受けた名作といえます

 

14配色のカラーバリエーション展開を持つこちらの壁紙。

リピートパターン、縦:51.8cm、横:53cmからなる、大柄パターンを連続的に描くこちらの壁紙では、18世紀から伝わる「フラット ベッド ブロック(トラフプリント)による手仕事で仕上げられます。

『LOTUS』の版木をブロック・スタンプの要領で捺しながら仕上げられるこの壁紙は、用紙を前方に移動させながら正確にブロックのパターンを捺しすすめる、難易度の高い作業で仕上げられた職人の技で作られています。

 

Farrow&Ball LOTUS ロータス 壁紙

カラーワークス LOTUS ロータス 壁紙 事例

洗面所の左右に貼り上げられた『LOTUS』の芸術的なパターンが加わり、小空間が見違える印象にリニューアルされました。

 

「Farrow&Ball」の壁紙は、不燃認定の取得も済んでおりますので、ご家庭や店舗でも、幅広くお使いいただくことができます。 
また、素材は紙ですが、表面にウォッシャブル加工というコーティング加工を施しているため、今まで紙の壁紙ではできなかった水拭きによるメンテナンスも可能となっています。

 

◆ 当社・『リフォーム工事の特集ページ』を見る
http://www.mitsuwa-i.com/m-reform.htm

◆ 当社・『輸入壁紙施工の施工事例集』 を見る
http://www.mitsuwa-i.com/yunyuu-k.htm

◆ 当社・「インテリアペイント・リフォーム」の特集ページ。
http://www.mitsuwa-i.com/yunyuu-runa.htm

 

ミツワインテリア:  http://www.mitsuwa-i.com/

 

  • 「インテリア塗装」事例
  • Trackback(0)
  • 英国・Farrow&Ballの壁紙で仕上げた、マンション入居前リフォーム(玄関廊下・洗面所編)。 はコメントを受け付けていません。
  • at 12:00 AM
  • posted by 管理者