Mitsuwa Interio STAFF BLOG「ミツワインテリア」のスタッフ・ブログでは、日々の施工事例や新着情報をご紹介しています。

月別アーカイブ: 2016年4月

サンダーソンの『Vintage 2 』で魅せるシャビーシックなダイニング。

2016年04月19日

「⇒2月25日のブログ」でご紹介いたしました、英国・サンダーソン社の「輸入壁紙」と「ファブリック」のコーディネートカタログ、『Vintage2 』収録のファブリックより、「サンダーソンの花柄の象徴的デザイン」とも言われる『Chersy』のファブリックを使った「カーテン」と「ローマンシェード」のコーディネート事例をご紹介させていただきます。

サンダーソン,Chelsea,224322

サンダーソン,チェルシー,224322

今回は、リビングと区画されて設計された「ダイニング・キッチン」の窓辺に、お客様のお気に入りの可憐な薔薇の柄をデザインした『Chelsea(チェルシー)』より、一番人気の色番:224322をご採用いただきました。

 

『Vintage 2 』 のコーディネートカタログと
「プロモーション動画」。

vintage2 カタログ

当社でもご用意しております『Vintage 2(ヴィンテージ 2)』のコーディネートカタログは、サンダーソン・2015年コレクションのひとつで、心躍る色彩豊かなコテージ風の花柄や、一風変わった柄が特徴的なカタログ構成となっています。

1900年代初期から中期に人気を博したアーカイブのパターンをもとにしつつ、新たにデザインされた『Vintage 2』コレクションは、12アイテムの「プリント生地カタログ」と、10アイテムの「壁紙カタログ」で構されています。
サンダーソン・デザインチームがオリジナルドキュメントを参考に、ブロックプリント、ミスフィット、オーバープリントなどの特徴を捉え、精巧に解釈しデザインとして起こしました。
たくさんの人々に愛された柄を現代に生き返らせるだけではなく、かつてのデザイナー、印刷機がもつ技術や芸術性を記念するコレクションとなりました。
コンテンポラリーなインテリアシーン、ボヘミアン風やエレガントに、そしてアクセント使いとしてもお楽しみいただけるアイテムが揃います。

サンダーソン社では、『Vintage 2 』のカタログイメージが伝わりやすいお洒落な「プロモーション動画」もご用意しています。

 

『Chelsea・チェルシー』について。

2016.4.11.26

『チェルシー』は、サンダーソン社を代表する花柄のデザインとして世界的に有名なファブリックです。

Chelsea,224322

 

サンダーソン,Chelsea,カラーバリエーション

1957年にデザインされて以来、根強い人気を誇るこの薔薇のデザイン、現在では「世界中でもっとも複製された花柄」とも言われています。
華やかなオリジナルるこのファブリックは色によって異なる意味を持つ薔薇の花言葉から「ピンク(上品)」と「ホワイト(清純)」を描きつつ、6種類の背景パターンとの組み合わせにより、華やかさだけでなく落ち着いた生活シーンにもコーディネートできるバリエーションを用意しています。

2016.4.11.28

また、チェルシーの「壁紙」は1960年代にリリースされ、当時は類を見ない20色を使った華麗なデザインはたちまち世界中で大ヒットしました。

サンダーソン,Chelsea,チェルシー,壁紙

今回の復刻版では、ファブリックと同じ色数を揃えて、すっきりとした7展開色のラインナップをご用意しています。

 

現地でのお打ち合せコーディネート。
上質な「シャビーシック」も意識して。

2016.4.11.11

2016.4.11.10

2つの窓のある「L字」面に、ライトグレイのクラシック柄の壁紙貼りあげたころで、お打合せをさせていただきました。

今回は輸入取寄せの生地を使いましたが、お引越しは1カ月先でしたので内装が仕上がった状態で、ご来店時に選定いだいた各種展示サンプルを持参して最終的な現地コーディネートをすることができました。

表現したいインテリアテイストは、『シャビー シック』。
“SHABBY”(使い古した、擦り切れた)と“CHIC”(優雅、上品、粋)を合わせた造語で、英国調のアンティーク感と、アメリカ西海岸の開放感やカジュアル、その他フレンチアンティークなどをMIXさせた、近年、女性を中心に人気のインテリアスタイルです。
「シャビー」なスタイルは懐かしさやアンティーク感のあるテイストですが、古さを控えめにして上品にまとめるには優美なテクスチュアや家具をバランス良く組み合わせると、程よくクラシカルで落ち着いた空間を演出することができます。
壁装、フロアの配色、窓装飾、家具、照明のトータルコンビネーションでお客様のイメージするこだわりのインテリアが作られます。

 

2016.4.11.13

2016.4.11.29

メインとなる『チェルシー 』ファブリックカラーは、ダイニングとキッチンの間を区画している、キッチンカウンターの収納扉とも相性の良い「色番:224322」に決定。
麻(60%)・綿(30%)・ナイロン(10%)の混紡からなる風合い豊かな木機(きばた)に、独特のエイジングのプリントが特徴のファブリックが、「ダイニング・キッチンの華」となります。

 

クラスト19,ブラス,カーテンレール

2016.4.11.25

「腰高窓」を演出するカーテンレールには、螺旋状のキャップが印象的なブラス色の「装飾アイアンレール」を採用して、渋めのアクセントとしました。
それに対して、カーテンを束ねるタッセルには、ファブリックの薔薇柄とも相性の良い立体的な2ツ房の「装飾タッセル」を合せて、華やかなアクセントで全体のバランスを整えました。

 

シャビーシック インテリア 輸入カーテン

キッチンエリアの照明のフレームは、装飾レールに合せたブラス色に合わせ、、、。

 

シャビーシック,カーテン

ダイニングテーブルのペンダントライトは、装飾レールのキャップデザインを意識した組合せとして全体をまとめています。

 

シャビーシック カーテンレール

「装飾レール」は少し長めにして、プッシュ型の換気口を使用してもその存在感を軽減させる位置にキャップをセットしています。
キッチンから、2つの照明とカーテンのキャップまでの連なりが見渡せる、お客様の感性が光るコーディネートです。

 

装飾カーテンレール エアコン

右側の「エアコン」側はプレーンキャップですっきりまとめていますが、壁紙のデザインにも似ている左側の装飾キャップが付くだけでも窓辺の雰囲気が引き立ちました。

 

サンダーソン,チェルシー,ローマンシェード

小窓は「ローマンシェード」のダブルタイプを窓枠内に設置して、フレーム仕立ての絵画としての味わいを表現。

 

シャビーシック,ローマンシェード

日中は、腰高窓のカーテンを左右に寄せても、ローマンシェードの上部のデザインを窓飾りとして楽しめる仕立てとしました。
ちなみに、レースで使用されている生地は、天然素材の風合いを持つ縦ストライプのウオッシャブル生地を合せています。
縦ストライプのレースをローマンシェードに使用した場合、レース生地の特性上、室内側から透けて見える昇降テープとコードの存在を同じ縦ラインの柄使いでカムフラージュできるというメリットがありますが、、前幕のプリント生地との相性も良く上品におさまっています。

 

こだわりのダイニングエリアの完成。

サンダーソン,カーテン,シャビーシック

この様に、『Vintage 2 』のアーカイブコレクションは、上質なビンテージをインテリアに反映することができます。

 

2015.12.12.3

『Vintage2 』 のコレクションは、マナトレーディング・WEBサイトでも紹介されています。
http://www.manas.co.jp/sanderson/vintage-ii-sorilla-damask-weaves-kerry-weaves/

 

「Traditional, English inspired design.」
英国・サンダーソン社のプロモーション動画。

サンダーソン社は、1860年にアーサー・サンダーソンにより創設されました。
“より良いデザインを一般の人々へ”のモットーを掲げ、英国王室御用達の栄誉を賜り、インテリアファブリックと壁紙の分野でもっとも長く存続しているブランドです。
ボタニカルの花柄デザインを中心に、定評のあるデザインで芸術的にも技術的にも最高の品質を追い求めてきた「サンダーソン」。

伝統に根ざした懐かしさと、今を呼吸する新しさがひとつに溶け合う世界に出会えます。  

 

 

  ◆ 当社・『輸入カーテンの特集ページ』を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/inhouse-2.html

◆ 当社・『輸入壁紙施工の施工事例集』 を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/yunyuu-k.htm

◆ 当社・『リフォーム工事の特集ページ』を見る
http://www.mitsuwa-i.com/m-reform.htm

ミツワインテリア: http://www.mitsuwa-i.com/
  • カーテン(輸入ブランド)
  • Trackback(0)
  • サンダーソンの『Vintage 2 』で魅せるシャビーシックなダイニング。 はコメントを受け付けていません。
  • at 9:21 PM
  • posted by 管理者

ハニカムシェードで吹抜窓の「眺望&調光&断熱」対策。

2016年04月11日

吹抜けのあるリビング側の窓に「眺望&調光&断熱」対策として、『ハニカムシェード(ハニカムスクリーン)』と『アルミブラインド』をコーディネートさせていだきました。

2016.4.10.3

2016.4.10.1

「注文戸建住宅」に住まわれてしばらく経つお客様より、上・中・下3段からなるリビング窓での「眺望&調光&断熱」対策のご相談をいただきました。

現地打合せの時も感じたことですが、日中の強い陽射しは、冬場であってもじりじりとした熱気を帯び、早めの対策を講じなければ更に気温が上がる春以降が大変です。
また、窓を背にしたTV配置のため、日中はモニターが見えづらいといった眩しさの問題もありましたので、この
すっきりとしたインテリアに寄り添う窓のコーディネートをお客様と共に考える事になりました。

 

ロフトに近い「吹抜窓」で採用した
眺望&断熱配慮の『ハニカムシェード』

吹抜け窓,ハニカムシェード、トップオープンタイプ

吹抜け窓,ハニカムシェード、断熱

2016.4.10.15


「吹抜け」窓からは隣家の屋根の上に広がる空を眺めることができましたので、この貴重な「眺望」を確保しながらも、季節や天候、時間帯などの日照条件に応じてフレキシブルな「日照調整」と「断熱対策」を図るアイテムとして、当社で人気の高いルーセントホームの『シェルシェード』より、「コードレストップオープンタイプ」をご採用いただくことになりました。

 

「コードレス」タイプは昇降コードを持たずに手動でシェードを扱う操作機構です。
通常、高所にある吹抜け窓では、下のフロアから長いコードを引っ張って昇降させるため使いづらいのですが、ロフトに上がって手動でシェードを扱えるこちらの物件では、すっきりとした納まりのコードレスタイプを採用することかできました。

 

f-2013.5.26.017

f-2013.5.26.03

「トップオープン」タイプの「ハニカム シェード」は、ヘッドレール側が固定されていないので、スクリーンの幕体を上下へ自由在に昇降できるフレキシブルな操作仕様が特徴です。

 

 

吹抜け窓,ハニカムスクリーン、トップオープンタイプ

『トップオープン』タイプのハニカムシェードは本来、室内のプライバシーの確保や日照調整をしながら、眺望を楽しむことができるため人気のある操作機構ですが、これを今回、ロフトのある吹抜け窓で使用することになりました。

 

2016.4.10.14

2016.4.10.4

上昇熱がこもりやすいロフトを、断熱効果の高いハニカム構造の「コットン(CS310-001)」色セルが、日射の強い吹抜け窓を程よい明るさと眺望を楽しめる窓として引き立てています。

 

「アルミブラインド」とコーディネート

吹抜け窓,ルーセントホーム、トップオープンタイプ

こちらは、「採光(日照調整)」モードの様子です。
中・下段には手軽な日照調整、換気、隣家とのプライバシー対策に配慮して、横型スラットの回転・昇降操作で調節する『アルミブラインド』をご採用いただきました。

吹抜け窓,シェルシェード、トップオープンタイプ

続いて、シェードとブラインドをそれぞれ閉じた全閉時のイメージ。

2016.4.10.13

採用スラットは、タチカワブラインドの『シルキーアクア』より「フッ素コート+遮熱コート」加工が施された、T-4522(シャインピュアホワイト)をご採用いただきました。
お好みのカラーで、シンプル&モダンなインテリアを引き立てながらも効果的に日照調整、換気、隣家とのプライバシー対策を講じる事ができました。

以上本日は、リビングのフロアに近い中・下段の窓には「アルミブラインド」を、梯子を昇ってロフトに通じる天窓ではLDK全体から空を眺められる「ハニカムシェード」を組み合わせた提案・納品事例をご紹介させていただきました。 

 

◆ 当社・『ハニカム シェード(スクリーン)』の特集ページ。
http://www.mitsuwa-i.com/honeycomb.html

◆当社・『アルミブラインド』の特集ページ
http://www.mitsuwa-i.com/sub3.htm

 

ミツワインテリア:http://www.mitsuwa-i.com/

  • アルミ・ブラインド
  • Trackback(0)
  • ハニカムシェードで吹抜窓の「眺望&調光&断熱」対策。 はコメントを受け付けていません。
  • at 9:00 PM
  • posted by 管理者

TOSOのバーチカルブラインド『デュアル シェイプ(STYLE C)』納品事例。

2016年04月08日

本日のブログでは、「寝室」の窓辺にモダンなフォルムと味わいのある陰影をもたらす、TOSO(トーソー)のバーチカルブラインド・『デュアル シェイプ(STYLE C)』納品事例を、ルーバーの持つ魅力と、オプションアイテムを効果的に組合せたバージョンアップイメージと併せてご案内させていただきます。


「寝室」での納品イメージ

TOSO,トーソー,バーチカルブラインド,デュアル シェイプ,STYLE C,事例

トーソー,デュアル シェイプ,STYLE C

製品解説の前に、まず納品イメージをご覧ください。

 

2016.4.1.7

「寝室」での採用でしたが、生地には優しい風合いのアイボリーのを選びました。明るい色調の生地ですので特性上、遮光等級はやや低い「遮光3級」生地となっています。
とはいえ、遮光3級程度の生地ですと、陽射しの強い日中などでも適度な採光を入れながら以下でご説明する、製品スタイルの持つ魅力を楽しむことできます。

 

 
『デュアル シェイプ(STYLE C)』について。
 
2016.4.1.5
 
一般的なバーチカルブラインドのルーバーは、スマートな直線フォルムの「短冊」形状ですが、TOSO(トーソー)・バーチカルブラインド『デュアル シェイプ』は、ブレードを曲線や直線などモダンなフォルムにデザインすることにより、1枚1枚のルーバーに個性を与えるだけでなく窓全体に圧倒的な存在感で演出することができます。
 
2016.4.1.4
こちらの製品は発売当初から、北欧やヨーロッパの「モダン」デザインをインテリアで楽しみたいというお客様からの支持を得ていましたが、好評につき現在はルーバーのスタイルも4種類に増えています。
 
 
2016.4.1.1
2016.4.1.6
 
今回、ご採用いただいたデザインは新しくラインナップに加わった『デュアルシェイプ(Style C)』です。
「Style C」は、従来からある「Style A」の流麗なフォルムをよりグラマラスに強調したデザインとなっております。
バーチカルブラインドには、ルーバー同士が重なり合う隙間へ差し込む陽射しが独特の陰影を作り出す美しさがございます。
この重なり部分の幅に変化を与えると、ルーバーの調光の加減に応じて表情豊かな光と影のニュアンス表現を自由に楽しむことができるのが特徴です。
 
 
 2016.4.1.10
 
デュアル シェイプ,STYLE C
 
日中における調光の様子。
上質なモダンインテリアをまず窓辺から表現することができました。
 
 
トーソー,バーチカルブラインド,ウッドバランスセット
 
採光モードではルーバーの調光の度合いによって表現される「陰影の調整」することもできます。
「やはり大胆にこのデザインに挑戦して良かった」とお客様も大満足。
 
 
 
 オプション・『ウッドバランスセット』の併用。
遮光性・意匠性に優れた「ブラインドボックス」。
 
2016.4.1.17

主寝室として使う窓には「カーテンボックス」がありませんでしたが、遮光生地の使用に併せて窓枠の上に遮光性を補完する工夫を講じる事になりました。
マンションでバーチカルブラインドを設置する場合、制約のある取付下地の問題を考える必要があります。
 
2016.4.1.18
http://mitsuwa-i.com/blog/2015/09/10
例えば、上の事例の場合であれば、生地に遮光性を求めていない居室ですので、今回とは異なる取付上の工夫をしています。
 
 
 

2016.4.1.15

 

しかし、マンションの窓環境において、カーテンボックスの代用となるニーズがあることから、最近ではトーソーの様に遮光性や意匠性を向上させる『ウッドバランスセット』をオプションで用意するメーカーもでてきました。
 
2016.4.1.16

このウッドバランス自体は、本来「木製ブラインド」専用の化粧材として作られたものですが、バーチカルブラインドと併用できるように改良された取付部材を用意しており、これによって窓枠正面や上方への光漏れを軽減しつつバーチカルブラインドのトータルデザインを手軽に洗練させることが出来る様になりました。
 
 
2016.4.1.14
 
さらに、『ウッドバランスセット』用の追加オプションである樹脂製の『カバートップ』で上部を覆えば更なる遮光性や断熱性を高める事ができますので、バーチカルブラインドをご検討の際はこの様なアイテムの効果的な併用をお勧めいたします。
 
 
2016.4.1.9
『Style C』ルーバーの上下はストレート。
これはカタログだけでは判りにくいイメージですが、曲線と直線の融合によりメリハリの効いたデザインとなっています。
 
トーソー,バーチカルブラインド,カバートップ
 
ルーバー全閉(遮光)時の陰影の様子と窓辺全体のフォルムもとても印象的なものになりました。
夜間はこの陰影が消えますので、ルーバーのフォルムのみお楽しみいただけます。
 
以上本日は、TOSO(トーソー)のバーチカルブラインド、『デュアル シェイプ(STYLE C)』納品事例を、ルーバーの持つ魅力やオプションアイテムを組合せたバージョンアップイメージと併せてご案内させていただきました。
 
 

◆『バーチカル(縦型)ブラインド』特集ページ
http://www.mitsuwa-i.com/ver&ver.html

 

ミツワインテリア: http://www.mitsuwa-i.com/

  • バーチカル・ブラインド
  • Trackback(0)
  • TOSOのバーチカルブラインド『デュアル シェイプ(STYLE C)』納品事例。 はコメントを受け付けていません。
  • at 8:53 PM
  • posted by 管理者

FISBA(フィスバ)の「リネン ラグ」。『LINEN DREAMS』。

2016年04月05日

前回のブログでは、全128色のカラーバリエーションを持つ、FISBA(フィスバ)・オーダー・メリノウール「ラグ&カーペット」のご紹介をさせていただきましたが、本日は「リネン(麻)」の単独素材、またはメリノウール素材とのミックスでオーダーができる、カタログ『LINEN DREAMS』のご紹介をさせていただきます。

 

FISBA(フィスバ)の「FLAX(亜麻)・100%」ラグ。
『LINEN DREAMS』について。

FISBA,フィスバ,リネン ラグ

リネン(麻)ならではのさらりとした質感が特徴の、『LINEN DREAMS』コーディネートカタログ(キット)は、無地のラグ見本と全64色からなるカラーチャートの組合わせでご覧いただけます。

使用されているパイルには、約20種類あるといわれる「麻」の中でも最も高品質と言われる「FLAX(亜麻)・100%」を使用しています。

 

FISBA,フィスバ,麻(Flax) ラグ

カラーチャート・サンプルはパイル高:15mmのラグをイメージして作られていますが、同梱のラグ・サンプルは、パイル長・15mmのデザインである「FENN(フェン)」と、25mmのカット・リネンで表現した『TIDEN(ティーデン)』をサンプルの中央で織り分け、質感の確認もさることながら、FISBAの自信の表れである「ハンドタフテッド」の技法もPRした作りとなっています。

2016.5.1.65

パイル長・15mmのラグ、「FENN(フェン)」のイメージ。
「単色(無地)」製作で、48,000円/㎡(~58,000円/㎡)

 

2016.5.1.67
パイル長・25mmのラグ、「TIDEN(ティーデン)」のイメージ。
 「単色(無地)」製作で、54,000円/㎡(~58,000円/㎡)

 


「WOOL & LINEN」MIX コレクションより、
『VIS A VIS(ヴィザヴィ)』

2016.5.1.25

フィスバ ラグ,VIS A VIS

最後に、全128色展開の「メリノウール」と、全64色展開の「リネン」を絶妙に組み合わせたユニークなラグ、『VIS A VIS(ヴィザヴィ)』のご紹介です。

 

FISBA ラグ VIS A VIS

『VIS A VIS(ヴィザヴィ)』とは、「face to face(向かい合う)」という意味をフランス語であらわしたラグで、こちらのシュミレーション解説では、長さ3mのオーダー品の中で、対照的なモノトーンの2配色をブレンドさせた「ウール」と「リネン」の成分比率を、カラーグラデーションの変化の様子併せてイメージ提案しています。
ラグは、上部の淡色が100%のメリノウール、下部の濃色が100%のリネンで始まっており、ラグの内側に向けて徐々に双方の素材の混合比率を変えながら、中央で50%の素材比率となる色と素材のグラデーション楽しめます。

 

フィスバ,ラグ,LINEN DREAMS

『VIS A VIS(ヴィザヴィ)』は、「メリノウール(全128色)」☓「リネン(全64色)」=8,192通りの組合せに、ウールとリネンの混合比が織りなす「19段階」のカラーグラデーションが加わる、個性的な色展開を楽しめるラグで、パイル高は8mmです。

 

FISBA ラグ ヴィザヴィ

パターンイメージ例の様に、少しずつ変わってゆく色調と素材感の変化を視覚と触覚で感じることができるこのラグの醍醐味を、様々なインテリアシーンを彩るアクセントとして是非ご活用ください。

 『VIS A VIS(ヴィザヴィ』は、最少製作面積:1㎡から最大60㎡(6m☓10m)まで製作可能です。
製作価格:@84,000/㎡(税別)

 


「日本フィスバ」・東京ショールームへのアクセス

2016.5.1.77

日本フィスバ・東京ショールーム
住所:  東京都港区南青山2丁目7-28 CHビル1F
電話: ショールーム:(03)5775-0604
営業時間: 11:00AM~6:30PM 〔水曜日・祝日休館〕
※無料コーディネートをご希望の方は事前にお電話にてご予約下さい。

以上、本日は、FISBA(フィスバ)の「ラグ&カーペット」コレクションより、「リネン(麻)」の単独素材、またはメリノウール素材とのミックスでオーダーができる、カタログ『LINEN DREAMS』のご紹介をさせていただきました。
フィスバ・ショールームではラグの直販を行っておりませんので、ご購入の際は当社まで是非ご相談くださいませ。

 
◆当社・『オーダーカーペット(置敷き)施工』の特集ページ。
http://www.mitsuwa-i.com/overlock.htm

◆ 当社・『輸入壁紙施工の施工事例集』 を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/yunyuu-k.htm

◆ 当社・『輸入カーテンの特集ページ』を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/inhouse-2.html

 

  • 「新着展示品」 紹介
  • Trackback(0)
  • FISBA(フィスバ)の「リネン ラグ」。『LINEN DREAMS』。 はコメントを受け付けていません。
  • at 3:57 PM
  • posted by 管理者

FISBA(フィスバ)の「ラグ&カーペット」。『MERINO TREASURES』。

2016年04月04日

2016.5.1.31.2

『FISBA(フィスバ)』の愛称で知られる、スイス・「クリスチャン・フィッシュバッハ」社は、200 年近い歴史を誇る、世界最高峰のテキスタイル・ブランドとして知られていますが、このたび新しい「ファブリック」「ラグ」のコレクション・カタログが入荷いたしました。

 

FISBA(フィスバ)のラグ&カーペット

 

2016.5.1.8

本日のブログでは、FISBA(フィスバ)の、「ラグ&カーペット」コレクションより、ニュージーランド産の「メリノウール・100%」を使用したカタログ『MERINO TREASURES』のご紹介をさせていただきます。

 
※ FISBAラグ(カーペット)の製品紹介ページ(詳細)はこちら。
↓↓↓

http://fisba-catalogue.com/products/list.php?category_id=466

 

『MERINO TREASURES』  

「メリノウール(100%)」のラグコレクション。

2016.5.1.16

写真(右)は、使いやすい無地『EN VOGUE PREMIUM(アン・ヴォーグ・プレミアム)』

「ラグ」だけでなく「カーペット」の施工にもおすすめです。
FISBAの「ラグ&カーペット」は、最少製作面積:1㎡から最大60㎡(6m☓10m)まで製作可能です。

 

2016.8.10.24

色番:062の「レッド・カーペット」を単色でお選びいただいた当社施工事例はこちらです(※2016年8月追記)。
↓  ↓ ↓

音楽室 レッドカーペット 事例

FISBA メリノウール カーペット 事例

FISBA(フィスバ) EN VOGUE PREMIUM

地下「音楽室」の音響対策(反響・吸音)としてご採用いただきましたが、機能的効果はもちろんのこと、海外の「オペラハウス」や音楽ホールをイメージした豪華なインテリアを演出することができました。

※ 「ブログ」で詳での細を見る。
http://mitsuwa-i.com/blog/2016/08/13


フィスバ ウールラグ

2016.8.10.40

FISBA(フィスバ)の「ウール」ラグ&カーペットの展開色は、あらゆるインテリアシーンとの調和に対処する様、全128色と圧倒的なカラーバリエーションをご用意しています。

 

2016.5.1.41

「約65cm☓130cm」大で作られた、特製カラーパレット・ラグ(非売品)は、実際の打合せの際にカタログと一緒に持ち運びできるように作られています。

熟練した職人が8cm角ほどのカラーを、1つずつ丁寧に、フックガンで打ち込みながら作る「ハンドタフテッド」と呼ばれる手法は、サイズ、形、色、デザイン、密度などを自由に設定できますので、無地だけでなく、色柄の組合わせを駆使した様々なラグをオーダーする事が出来ます。

の職人芸ともいえるこだわりを、128展開色の見本の組合わせも含めてプレゼンテーションできるシステムを用意していることが、FISBA「ラグ&カーペット」のこだわりです。


2016.5.1.74

こちらは、「日本フィスバ」東京ショールームでの展示の様子です。
無地のカラーチャートと併せて、コレクションで展開しているパターンの特徴をサンプルでご確認いただけます。

2016.5.1.73

FISBA・「ウール」ラグ&カーペットのアイテムと主要な価格展開は、

「単色(無地)」製作で、68,000円/㎡(※2016年8月現在価格)

複雑な柄物や特殊デザイン(加工品)製作はパターンにより異なりますが、84,000円/㎡~148,000円/㎡までのアイテム展開がございます(※2016年8月現在価格)

完全オーダー品のため、全製品受注製作納期は約8週間となります。

 


「ニュージーランド産・メリノウール」について。

2016.5.1.71

FISBAの「ラグ&カーペット」で使用するウールの素材は、高級衣料用ウールとしても名高い「メリノウール」のなかでも最高峰に位置づけられる、「ニュージーランド産・メリノウール(100%)」を使用しています。

「メリノウール」とは、メリノ種の羊から採った羊毛のことを呼びます。

紡績された繊維は、羊毛の中で最も細く、シルクのような光沢感と弾力性に富み、そのなめらかな肌触りは衣料品に最適といわれています。
水を弾き、調湿機能に優れているため、一年を通して快適に使えることができることと、燃えにくいという特性があるため、防炎製品としても優秀な素材です。

2016.5.1.38

 ところで通常、「糸の太さ」は番手やデニール、デシテックスなどで表しますが、ウールなど「繊維の太さ」はミクロン(1ミクロンは1000分の1ミリ)で表示し、その数字が小さいほど繊維が細くしなやかになります。
ニュージーランドメリノは、全世界メリノ生産量の1.5%以下ですが、繊維の太さは12ミクロンから24ミクロンまで(平均繊度は19ミクロン以下)とメリノ種の中で最も細く引っ張り強度に富み毛羽立ちが少ないのが特徴です。

主要生産国オーストラリアの平均繊度(22ミクロン)や、南アフリカ連邦(23ミクロン)と比較して、ニュージーランドメリノはより繊維が細く希少な原料とされています。 

参考までに、毛の細さによって使われる製品用途も異なります。
 
 *  「スーパーエクストラファインメリノ(16.5~17.5ミクロン)」
⇒(用途):超高級スーツ・コート・ドレスなど。
 
* 「エクストラファインメリノ(18.5~19.5ミクロン)」
⇒(用途):高級スーツ・コート・ドレス・ニットウェアなど。
 
* 「ファインメリノ(20~22ミクロン)」
⇒(用途):しっとりとしたセーターやカーディガンなどの高級ニットウェア。
 
* 「ストロングメリノ(22.5~25ミクロン)」
⇒(用途):ざっくりとしたセーターやカーディガンなどの高級ニットウェア。

「カーペット」で使用される一般的なウール繊維の太さは38〜40ミクロン程度
(1ミクロンは1000分の1ミリ)といわれていますが、FISBA(フィスバ)の「ウール」ラグ&カーペットで扱うニュージーランドメリノは「23ミクロン以下」の衣料品クォリティの繊維をふんだんに使用して超高密度で織り上げています。

 


2016.5.1.9

実際に、FISBA・「ウールラグ&カーペット」が、豊富なカラーバリエーションに加えて、繊維密度の高さという点でも品質が抜きん出ているというデモンストレーションを128配色のサンプルキットを使ってご紹介してみましょう。

 

2016.5.1.47

プラスチックの筒にパイルが詰め込まれているカラーサンプルは1個ずつ取り外すことができ、ラグの組合わせ見本と比較しながらお好みの配色をあてがいカラーコーディネートができます。
サンプルは実際のラグの密度をイメージして作られています。

 

2016.5.1.72

サンプルを逆さに立てると、プラスチック筒の中に詰め込まれているメリノウールパイルの圧縮度合いが観察できます。
画像を拡大してご覧いただければ解りますが、パイルを無理に筒から引き抜いてしまうと、繊維が爆発的な勢いで膨張してしまうため原状回復できません。
繊維の細いニュージーランド産・メリノウールが驚くほどの高密度で詰め込まれています。

 

2016.5.1.49

上質なラグとは繊維の細さとパイルの高密度にありますが、FISBAのラグは指を押し当てて繊維を広げようとしてもご覧の様な超高密度のため、パイルの根元を見ることは勿論、容易に広げることすらできません。

単色「ラグ&カーペット」のパイル高さは9mmですが、繊維が細いニュージーランド産メリノを超高密度で織り上げているため、柔らかな手触りでありながらも、しっかりとした弾力性が得られ、薄いという感じが全くしません。
また、
高密度ウールは撥水力が高く、コーヒーなどをこぼしても、すぐに乾いたタオルなどで拭き取れば繊維に液体が吸水浸透せず汚れもほとんど残らないなどの長所を持ちます。
もちろん吸音性や保温性も抜群です。

 

2016.5.1.18

2016.5.1.56

「ラグ加工」のバッキングには、ダークグレイのフェルトを使い、表面の美しさを損なわない仕上がりとなっています。

ウール「ラグ&カーペット」は、全製品「防炎認定」済みで「床暖房対応」となっていますので、一般住宅から商業施設まで広くお使いいただけます。

 


『MONO(モノ)』
2色使いも可能な柄物コレクション

2016.5.1.57

FISBA・フィスバ ラグ 「MONO(モノ)」

無地に続いて、「ハンドタフテッドラグ」によるデザインパターンより、『MONO(モノ)』のご紹介です。

ご覧の様に、単色づかいに加えて、パイルの高低を職人の手によるカービング作業により、高級「緞通(だんつう)」さながらの雰囲気に仕上げることもできます。

 

『MONO(モノ)』は、最少製作サイズ「1.8m(横)☓1.3m(縦)」よりフリーサイズでオーダー可能です。
また、グランド(無地)と柄部分の色を分ける「2色使い」の製作も可能です。
製作価格:@84,000/㎡(税別)

 

 

『RENDEVOUS(ランデブー)』
手作業のカービングによる総柄が魅力。

2016.5.1.54

FISBA・フィスバ ラグ RENDEVOUS(ランデブー)

「円形」または「正方形」のデザインパターンをご用意した、『RENDEVOUS(ランデブー)』
有機的で大胆な柄が空間を華やかにするこちらのラグは、日本フィスバの東京ショールームのディスプレイで実際に使われています。

2016.5.1.29

直径または一辺2.2m以上からフリーサイズオーダーが可能です。
製作価格:@98,000/㎡(税別)

 

 

『SPLISH(スプリッシュ)』
3色使いによる緻密なグラデーション織り。

『MERINO TREASURES』ラグの中で最もこだわりを見せているのが、こちらの『SPLISH(スプリッシュ)』というデザインです。

 

2016.5.1.17

FISBA・フィスバ ラグ SPLISH(スプリッシュ)

「A」・「B」・「C」3配色の自由な組合わせにより作られる、芸術的なカラーグラデーションが魅力のラグです。
パターン「A」・「B」カラーのグラデーション(濃淡)を引き立てるために、パターン「C」で使用する色は色系や淡いカラーにすると良いでしょう。

 

2016.5.1.51

「ハンドタフテッド」の技術を結集させたこちらのデザインは、上質なモダンインテリアの演出にうってつけです。

『SPLISH(スプリッシュ)』は、最少製作面積:1㎡から最大60㎡(6m☓10m)まで製作可能です。
製作価格:@128,000/㎡(税別)

 


オリジナル「オーダープレート」について。

 2016.5.1.59
完成品のオーダー「ラグ&カーペット」には、ご希望によりFISBAのプレートをお付けいたします。
形状や色柄のレイアウト、お部屋での配置に合せて、ご指定の位置にプレートを付けることができますので、ご依頼の際は詳細をご指定下さい。

 

「日本フィスバ」・東京ショールームへのアクセス

2016.5.1.77

日本フィスバ・東京ショールーム

住所:  東京都港区南青山2丁目7-28 CHビル1F
電話: ショールーム:(03)5775-0604
営業時間: 11:00AM~6:30PM 〔水曜日・祝日休館〕
※無料コーディネートをご希望の方は事前にお電話にてご予約下さい。

 

以上、本日は、FISBA(フィスバ)の「ラグ&カーペット」コレクションより、ニュージーランド産・高級メリノウールを使用した『MERINO TREASURES』コレクションのご紹介をさせていただきました。
フィスバ・ショールームではラグとカーペットの販売施工を行っておりませんので、ご購入の際は取扱店であるミツワインテリアまで是非ご相談くださいませ。


◆当社・『オーダーカーペット(置敷き)施工』の特集ページ。

http://www.mitsuwa-i.com/overlock.htm

◆ 当社・『輸入壁紙施工の施工事例集』 を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/yunyuu-k.htm

◆ 当社・『輸入カーテンの特集ページ』を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/inhouse-2.html


ミツワインテリア:
http://www.mitsuwa-i.com/

 

  • 「カーペット」施工事例
  • Trackback(0)
  • FISBA(フィスバ)の「ラグ&カーペット」。『MERINO TREASURES』。 はコメントを受け付けていません。
  • at 8:28 PM
  • posted by 管理者
2016年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930