Mitsuwa Interio STAFF BLOG「ミツワインテリア」のスタッフ・ブログでは、日々の施工事例や新着情報をご紹介しています。

月別アーカイブ: 2014年11月

『横浜山手西洋館 世界のクリスマス2014』開催。『横浜市イギリス館』の見どころは「ウィリアム・モリス」。

2014年11月29日

2014年12月1日~25日までの期間、『横浜山手西洋館 世界のクリスマス2014』が、開催されます。
これは、各西洋館がテーマ国を決めて、その国の特徴的なクリスマス装飾と文化を紹介するイベントです。

 

「横浜市イギリス館(旧英国領事公邸)」・今年の見どころ。

f-2014.11.18.4

『横浜市イギリス館』では、「シーズン・オブ・ブリテッシュ・トラディション」をテーマに、純粋なる本場イギリスのクリスマスをご紹介いたします。
そして、今年の館内におけるクリスマス・ディスプレイの目玉として、「ウィリアム・モリス」のファブリックで華やかに彩られることになりました。

 

 

『館内ディスプレイ』アイテムのご紹介。

f-2014.11.18.3

これは、英国・サンダーソン社製、オリジナル「ファブリック」と「壁紙」の総輸入代理店である、マナトレーディングの協賛により実現した企画で、「華美すぎない、カントリーと品格のある本場イギリスのクリスマス装飾」を、ウィリアム・モリスの装いで再現いたします。
イギリスのクリスマスと共に「ウィリアム・モリス」の世界観を体感して頂きたく、下記のとおり説明会を開催致しますので、開催期間中は、是非皆様お誘い合わせの上ご来館下さいますようお願い申し上げます。

 

 

特別企画・「横浜山手クリスマス2014」
『横浜市イギリス館 装飾説明会』のお知らせ。

f-2014.11.18.1

オープニング初日の12月1日には、今回の装飾を手掛けていただきました、スチュワード麻子さんより、今年の館内のクリスマス ディスプレイに関する説明会を企画しております。

【日時】 12/1(月)16:30~
参加費:無料  (直接現地にてお集まり下さい)

場所:『横浜市イギリス館(旧英国総領事公邸)』・British House Yokohama
住所: 横浜市中区山手町115-3
TEL:045-623-7812
≪アクセス≫ 
電車:みなとみらい線・「元町中華街駅」元町方面改札(6番出口エレベーターにて屋上)。アメリカ山公園より、「港の見える丘公園方面」徒歩7分。
バス:「桜木町駅」より11系統、「港の見える丘公園前」下車

 

 

『ポストカード』プレゼント企画を開催。

f-2014.11.18.2

マナトレーディングでは、今回の「ウィリアム・モリス」ディスプレイ協力にあたり、添付の告知チラシを製作いたしました。
モリスお取扱い店舗にて配布しておりますが、ご案内チラシ持参のお客様には、粗品(オリジナル・ポストカード)をプレゼントとさせていただきますので、ご興味のあるお客様はメールにてご連絡下さい。
チラシの枚数に限りがありますが、ご希望の方には郵送にてチラシを送らせていただきますので、必要枚数と送付先をお書きいただき当社までお申込み下さいませ。

 

当社・『ウィリアム・モリスの特集ページ』を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/inhouse.htm

 

ミツワインテリア:http://www.mitsuwa-i.com/

  • 「ウィリアム・モリス」
  • Trackback(0)
  • 『横浜山手西洋館 世界のクリスマス2014』開催。『横浜市イギリス館』の見どころは「ウィリアム・モリス」。 はコメントを受け付けていません。
  • at 11:46 PM
  • posted by 管理者

川島織物セルコン・「ウィリアム・モリス」の『ウィローボー』と『ウィローボーレースⅡ』コンビネーション納品。

2014年11月26日

こちらは川島織物セルコンの、「ウィリアム・モリス」 デザインスタジオより、『ウィローボー』『ウィローボーレースⅡ』のコンビネーション納品事例です。

f-2014.12.3.1

幅3m超の掃出し窓での納品でしたが、ダイナミックでありながらも、優しくナチュラルな雰囲気が窓辺に漂っています。
今回はお客様のご要望により、レースとカーテンの丈を床に若干触れるスタイルでご要望をいただきました。

f-2014.12.3.2

カーテンの丈寸法の製作単位は、一般的にはほぼ「1cm単位」でのオーダーとなりますため、例えばカーテンフックのリング(カン下)から床までの長さが210.5cmなどの場合は、今回の様にH210cmで作るか、床面すれすれのH211cmとするか、ゆとりを持たせてH212cmとするか判断が微妙ですが、その都度お客様のご希望をうかがって製作をさせていただいております。

ちなみに、カーテンの丈調整用の「アジャスターフック」による微調整(1目盛り当り上下5mmの調整が可能)も行いますが、1目盛以上の突き上げに関しては、「Aフック(天付)」の場合、カーテンレールの滑走性に影響しますので基本的には行いません。
カーテンやレースの様な繊維製品は、精密工業製品の様に「mm単位」での製作ができませんので、丈の寸法をどの程度の長さで納めたいかの事前ヒアリングが大切です。

海外などでは、土足文化でありながら、カーテンの丈を20~30cmくらい床に引きずる様なスタイリングをされることもありますので、丈の長さに関するイメージは、生地の組成(天然繊維と化学繊維)の違いや個人的な嗜好に大きく影響される様です。

 

ご来店と現地お打合せによる、選定色の決定。

f-2014.12.3.9

当社では、川島織物セルコンの『ウィローボー』展示サンプル(全3色)を240cmの長尺縫製品にてご用意しております。

f-2014.12.3.7

店内でのコーディメートだけでなく、掛替え時や、内覧会などの採寸時には直接お持ちいたしますので、実際にお住まいになるインテリアやとのトータルコーディネートを計画される際には是非ご活用ください。

 

f-2014.12.3.4

今回は、ご夫婦が一目惚れされた、グリーン配色(FF4537・G)の縫製サンプルをお持ちして現地にてイメージ確認をいただきました。

 

幅広いコーディネートのできる編みレース
『ウィローボーレースⅡ』

f-2014.12.3.10

f-2014.12.3.6

また、当社では、130cm丈の、英国・サンダーソン社のプリント生地に合わせて、130cm丈の『ウィローボーレースⅡ(FF4556)』もご用意しておりますので、こちらも一緒にご覧いただきました。
ちなみに、『ウィローボーレースⅡ』は、ウィリアム・モリスの作品以外とのファブリックとの相性も良いため幅広い意味でのコーディネート・レースとして愛用されています。

 

f-2013.6.13.29

川島織物セルコンの「モリス・デザインスタジオ」では、英国・サンダーソン社が販売している天然繊維(綿・麻)ファブリックパターンを、ポリエステルの織物生地として、ほぼ忠実なイメージで表現しています。

 

f-2014.12.2.6

今回納品させていただきました『ウィローボー』も堅牢性に富んだ生地ですので、「椅子張り」や「クッション」など、インテリア・ファブリックのコーディネートに幅広くお使いいただけます。

 

当社・『ウィリアム・モリスの特集ページ』を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/inhouse.htm

当社・『オーダーカーテン』の特集ページを見る。
http://www.mitsuwa-i.com/sub2.htm

 
ミツワインテリア: http://www.mitsuwa-i.com/ 

  • 「ウィリアム・モリス」
  • Trackback(0)
  • 川島織物セルコン・「ウィリアム・モリス」の『ウィローボー』と『ウィローボーレースⅡ』コンビネーション納品。 はコメントを受け付けていません。
  • at 5:17 PM
  • posted by 管理者

窓辺のトータル・スタイリングにおける、植物パターン・『ローマンシェード』の「柄出し」納品事例。

2014年11月24日

本日のブログでは、

2013.3.16.11.6

2013.3.16.11.8

「リビング・ダイニング」エリアのアクセントとなる小窓での『ローマンシェード』の「柄出し」納品事例の打合せ内容をご案内させていただきます。

 

「カーテン」・「ローマンシェード」生地の選定。

2013.3.16.27

f-2014.12.26.1

メーカー:川島織物セルコン
カタログ:『filo(フィーロ)』
生地:FF-4661・『イツシバ』
カラーバリエーション・・・2色
生地幅:141cm
生地組成: ポリエステル(100%)・ウオッシャブル
柄リピート:タテ:84.6cm、ヨコ:70.5cm
生地価格: 9,300円/m(6,600円/㎡・税別)

今回ご採用いただきました生地は、川島織物セルコンの織物生地、『イツシバ』FF-4661で、『和』のイメージも合わせ持つも、クラシカルな印象の織物生地です。 こちらの生地は、全2配色のカラーバリエーションをご用意しております。

 

2013.3.16.2

上の写真では、現地でのお打ち合わせ過程の中で、「リビング・ダイニング」でご採用になりましたカーテン縫製サンプルを実際に現地で広げて、「小窓」用の『ローマンシェード』の「柄(パターン)出し」の配分を、窓のサイズと照らし合わせてイメージ確認後、納品をさせていただいた過程です。

納品をする窓の内寸が、W72cm×H133cmでしたので、生地本来が持っている柄リピートを参考にしつつも、納める窓のサイズに最適な柄の「切りだし」を打合せする必要がございました。
『ローマンシェード』の柄出しは、生地のパターン、窓のサイズ、お客様の嗜好を手掛かりに提案をする必要がございます。

 

トータル・コーディネート後の様子。

2013.3.16.23

2013.3.16.24

2013.3.16.11.7

2013.3.16.25

こちらが納品後の「小窓・ローマンシェード」の柄出しの様子です。

生地の持つ「柄リピート」は、タテ:84.6cm、 ヨコ:70.5cmでしたが、W72cm×H133cmの縦長系の小窓『ローマンシェード(プレーン)』にて、生地を段階的に昇降しながら、様々な「畳み代(たたみしろ)」でのパターンの表情を楽しむためには、基本的に縦方向のパターンの流れを意識しながら柄の「切りだし」を行う方が良い様でした。

ただし、完全に引き上げた時の「柄出し」の状態は、前出の『ストレート・バランス(上飾り)』の画像で表現されている様に、横長方向のパターンが美しく表現されるように留意する必要もございます。

 

2013.3.16.11.10

2013.3.16.13

「リビング・ダイニング」の3つのタイプの窓において、『ローマンシェード』の「柄出し」の担う役割は重要で、ヒダのある他の窓のカーテンのパターンを象徴する視覚的役割を持ちますので、柄の出し方を変えれば、空間全体のイメージ・ニュアンスにも影響します。今回は、その様な観点を加味しながら、ローマンシェードの「柄出し」のコーディネートをさせていただきました。

 

当社・『ローマンシェード』の特集ページ
http://www.mitsuwa-i.com/roman.html

当社・『オーダーカーテン』の特集ページ
http://www.mitsuwa-i.com/sub2.htm

当社・『川島織物セルコン オーダーカーテン』の特集ページ
http://www.mitsuwa-i.com/kawashima.htm

 

文責: 梶川 完之(インテリアコーディネーター・色彩コーディネーター)
ミツワインテリア:http://www.mitsuwa-i.com/

ウィリアム・モリスの 『フルーツ』の生地で椅子のリフォーム。

2014年11月22日

ウィリアム・モリスの代表作の1つである、『フルーツ』は、当社でも採用実績の多い人気ファブリックです。

f-2014.12.2.5

上の写真は、ダイニング・チェアのリフォームが終わって納品の準備をする際に撮影した様子です。

ウレタンのクッション材も交換して、張りのある「フレッシュな果実」の様に再生しました。

 

f-2014.12.2.2

f-2014.12.2.1-1

今回は、3配色ある生地のカラーバリエーションの中から、FF4508(BE)色をご採用いただき、お客様愛用の椅子生地をリフォームさせていただきました。

 

当社・縫製展示品のご紹介

ウィリアム・モリス 「フルーツ」 オーダーカーテン

当社には丈240cmの縫製サンプル(全3色)をご用意しております。
今回の納品に際しましても、まずはご来店いただきまして、ウィリアム・モリスの作品の中からお気に入りの生地をお選びいただき製作に取り掛かりました。
やはり、カタログの小さな生地を見るより、大きなサンプルで色感、質感を確かめたいというお客様が多いです。

 

f-2014.1.8.5

英国・サンダーソン社のデザインチェックは非常に厳しく、本来「コットン(綿) プリント」生地である、『Fruit (フルーツ)』の生地を、織物生地として表現することを承認されるまでの過程では、何度もオリジナルの持つイメージに沿った、デザイン表現や、「織物で表現」する色彩の微細な直しを指摘され、ライセンスを得るに至ったという経緯がございます。

しかし、ポリエステル繊維の織物として仕上げられたこの生地は堅牢度に優れているため、オーダーカーテンのみならず、デザイン性の良い「椅子張り」生地にもご採用いただく事例が多いです。

愛着のある椅子の再生を終え、お客様からも大満足をいただきました。

 

当社・『ウィリアム・モリスの特集ページ』を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/inhouse.htm
ミツワインテリア:http://www.mitsuwa-i.com/

  • 「ウィリアム・モリス」
  • Trackback(0)
  • ウィリアム・モリスの 『フルーツ』の生地で椅子のリフォーム。 はコメントを受け付けていません。
  • at 4:01 PM
  • posted by 管理者

住まいの「リフォーム」と、「新しい家具」のご購入に合わせてご採用戴きました「窓周り」のコーディネート事例。

2014年11月20日

f-2014.4.26.02

愛着のある我が家のリフォーム工事が終わり、10人掛けのダイナミックなダイニングセットも納品されたその日に、オーダーカーテンをメインとした窓周りのコーディネート・アイテムを納めさせていただきました。

 

「カーテン」と、スタイル「レース」生地の選定。

f-2014.4.26.01

f-2014.4.26.1

今回ご採用いただきましたカーテンは、当社にも縫製展示品をご用意しております、フジエテキスタイル・カタログ『PROFILE(プロファイル)』に収録されている人気生地、PF1402・「コノメアメ(RD)」です。

 

f-2014.4.26.4

また、LD3箇所ある、「出窓」、「小窓」、「掃出窓」には、同じくフジエテキスタイルのファブリックの中から、FA0076/0077(CH)・『フィット』をご採用いただき、それぞれの窓の特徴を考慮したスタイリングをご提案させていただきました。

 

 

『出窓』でのスタイリング

f-2014.4.26.04

こちらは、ダイニングの「防音窓」に納めさせていただきましたカーテンと「スカラップ・レース」の様子です。

f-2014.4.26.3

出窓内のレースのスタイルは、 『スカラップS型・裾共生地フリル付・2.5倍ギャザー』スタイルで納めさせていただきました。
出窓の外にたっぷりと観賞できる春の花がとても綺麗な窓辺でした。

f-2014.4.27.9

こちらは、玄関横にある、同じ規格の「出窓」での納品の様子です。

 

 

『小窓』でのスタイリング

f-2014.4.26.03

 「小窓」内のレースのスタイリングは、窓のフレームラインや、内装の壁仕上げのデザインを考慮して、上下2段構えの「カフェ」スタイルで小さいながらも個性的にアレンジさせていただきました。

f-2014.4.26.2

f-2014.4.27.10

◆「上段」カフェカーテン・上部パイプ通し・裾共布フリル
W75(150)cm × H20cm
◆「下段」カフェカーテン・上部パイプ通し・裾共布フリル
W75(150)cm × H50cm

 

「掃出窓」は、ダブルタイプ
『装飾カーテンレール』
でコーディネート。

f-2014.4.26.05

 「掃出窓」のレースは、オーソドックスな3ツ山(2倍ヒダ)の縫製スタイルでゆったりカーテンとなじむ納めとなりました。

 

f-2014.4.26.5

今回、3つの窓でご採用いただきました「装飾カーテンレール」は、トーソーの『グレイスノーヴァ19』(色:ダークマホガーニー、キャップD)の場合)ですが、「出窓」と「小窓」はシングル付、レースも並列に使用する「掃出窓」にダブルポールセットをご採用いただきました。

グレイスノーヴァ19は、あらゆるインテリアシーンに調和するシンプルで洗練されたデザインとカラー、そして木目とメタルを融合させた高級感のある、新しいデザインレールです。
ダブル付けでもコンパクトにすっきりと取付けられます。

また、ブラケットは壁面にピッタリ寄せて取付けも可能で、今回ご採用いただきました、コンパクトな「Dキャップ」との組合せでは、窓際からの光漏れを防ぐことができます。

 

f-2014.4.26.6

グレイスノーヴァ19」の特徴は、洗練された意匠性だけでなく、カーテンの開閉の際の滑走性や、エアコン周りや壁際に取り付ける際のコンパクト収納性に優れているといった特徴がございます。

 

f-2014.4.26.7

ちなみに今回は、「グレイスノーヴァ19」とコーディネートされていれ、『ふさかけノーヴァ』を共布タツセル用のアクセサリーにご採用いただきました。

 

 

愛着のある新たなLDの
インテリア・ストーリーの始まり。

 f-2014.4.26.0

25年ぶりのリフォームと、新しく取り揃えた調度品が揃った記念日の写真です。
人がたくさん集まる賑やかな家族の新しいLDのインテリア物語が始まります。

 

f-2014.4.26.06

 「リフォーム」や「家具」のご購入に合わせて「窓辺のリニューアル」も是非ご検討下さいませ。

 

当社・『フジエテキスタイルの特集ページ』を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/fujie.htm 

参考:当社『カーテンレール特集ページ』を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/sub2-2.htm

参考:当社『オーダーカーテンの特集ページ』を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/sub2.htm

 

ミツワインテリア:http://www.mitsuwa-i.com/

 

  • カーテン(国内ブランド)
  • Trackback(0)
  • 住まいの「リフォーム」と、「新しい家具」のご購入に合わせてご採用戴きました「窓周り」のコーディネート事例。 はコメントを受け付けていません。
  • at 10:27 PM
  • posted by 管理者

フジエテキスタイルの『C&S』カタログの紹介と、「チア カーテン」、「トリコロール カーテン」縫製展示品情報。

2014年11月18日

本日は、 フジエテキスタイルの生地を使用したカーテンとレースの提案の際、「スタイル」を希望されるお客様の参考となる、別冊スタイル・カタログ・『C&S(コンビネーション アンド スタイル)』に収録されているスタイルイメージの一部を、当社展示品のご案内かたがた、ご紹介させていただきます。

 

『C&S(コンビネーション アンド スタイル)』カタログについて。

f-2014.11.17.8

◆『C&S(コンビネーション アンド スタイル)』・デジタルカタログ
http://saas.startialab.com/acti_books/1045173812/20525/#

 

「C&S コンビネーション アンド スタイル」という新スタイルカタログは、これまでのメーカーの受注実績の中から、特にご要望の多かったスタイルについて、カタログ記載の「規格仕様」にのっとって、フジエテキスタイルの各ブランドの多様な生地を組合せ、魅力あるスタイルデザインとして表現し、製品価格もわかりやすくご提案している参考スタイルブック(132頁)として専門家が使用しています。

また、全国のショールームでも、カタログでご紹介しているスタイルの一部を展示しております。

 

 

展示会での『C&S』ブースの模様

f-2014.11.17.1

こちらの写真は、『第33回 JAPANTEX 2014』・(インテリアトレンドショー・「東京ビッグサイト」東館)会場内における、フジエテキスタイルの『C&S』展示ブースの様子です。

 

f-2014.11.17.4

本日は、その中のスタイルより、当社でもスタイル展示品をご用意しております、

①『チアカーテン(Cheer Curtain)』
『トリコロール カーテン(Tricolour Curtain)』
『パサージュ アクセント(Passage Accent)』

の3つのスタイル・カーテンをご案内させていただきます。

 

 

 ①『トリコロール カーテン(Tricolour Curtain)』

f-2014.11.17.6

最初にご紹介をさせていただくスタイルは、写真右側の『トリコロール カーテン(Tricolour Curtain)』です。

f-2014.11.17.7

『トリコロール カーテン(Tricolour Curtain)』スタイルは、
生地名:『シャラ(SF5100)』収録の全20色のカラーバリエーションの中から、同じ生地の色違いを使用して、縦「3等分」に切替縫製えを施したスタイルカーテンで、とりわけカーテンのドレープ(ヒダ)を寄せた時の深みのある色調の変化が美しく、モダンなトリコロールカラーがスマートな印象で表現できる人気スタイルです。

 

f-2014.11.17.10

f-2014.11.17.15

開口部の広い窓辺で、シンプルでありながらも力強い存在感を持たせたい場合にもお勧めのスタイルで、『C&S』スタイルブック記載の縫製仕様の範囲であれば、カタログ掲載色以外での組合せをご指定いただくことも可能です。

 

f-2014.11.17.20

メイン生地の『シャラ(SF5100)』は、シェニール糸(ビロード調の飾り糸)を織り込んだ、地厚で美しいドレープの出やすいテキスタイルを使用していますので、 クッションや椅子生地にも使用されることが多いです。
『C&S』のカタログでは、『フリンジ クッション』スタイルとしてコーディネートアイテムをご用意しております。
ちなみに、オリジナルの「フリンジ」部分は、シルバーやゴールドの杢糸と、スパンコールの組合せによるラグジュアリーなテイストであしらわれています。

 

 

②『パサージュ アクセント(Passage Accent)』

f-2014.11.17.3

『パサージュ アクセント(Passage Accent)』は、同じ生地の色違いの生地で上下を切り替え、間のボーダーにアクセントラインを施したスタイルです。
イメージスタイルの場合、上下のシルバーとネイビーの細やかなストライプが、味のある「無地」の様に見えるのが特徴で、優しい光を放つ表情が魅力です。
アクセントラインには、タフタのダークブラウンを合わせ、スタイリッシュな印象を表現しています。

 

f-2014.11.17.16

『C&S』・『パサージュ アクセント(Passage Accent)』スタイルで使用されている上下用の生地は、カタログ「STORY2」収録の、FA6511・『クリエ(全15色)』のの中から、見本イメージでは、
「上部・FA6511(05)」、「下部・FA6511(13)」の色違いを使用しており、ボーダー部分のアクセントにのみ別生地(タフタ)の『エマ』の中から「FA2016(20)」色を組合わせたスタイル縫製仕様になっています。

ご説明させていただきました2つの生地の色番内でのカラーコーディネートは可能です。

 

f-2014.11.17.18

ただ、『パサージュ アクセント(Passage Accent)』スタイルの規格仕様の場合、窓の大小にかかわらず、上中下の生地の配分は決まっておりますので、この比率以外のイレギュラー対応の場合は、別途お見積りが必要となり、規格品よりも割高になるとのことをご了承ください。

 

f-2014.11.17.17

こちらは、このスタイルでの実際の当社納品事例です。
パサージュ アクセント(Passage Accent)』は、モダンなインテリアシーンに人気のスタイルです。

 

 

③『チアカーテン(Cheer Curtain)』

f-2014.11.17.9

最後にご紹介いたしますのは、アレンジ自由なリボンにときめく、フレッシュなスタイルが魅力の『チアカーテン(Cheer Curtain)』 です。

 

f-2014.11.17.5

当社展示品の様子です(結びスタイル「ネクタイ結び」のイメージ)。

こちらは、上部の無地の「フレーム」と細い「リボン」が付いたスタイルで、下部のボイルプリント・レースの持つ、カラフルでキュートな生地の印象と、爽やかなイエローグリーンのトップを組み合わせたコンビネーションスタイルです。
明るく澄んだイメージが、暮らす人にエールを送る思いを込めて作られたレースです。

 

f-2014.11.17.22

リボンの長さは、製作するレース全体の丈の長さによって、50cmと70cmの2種類が用意されています。
また「ちょうちょ結び」と「ネクタイ結び」など、リボンのアレンジはお好みに合わせて行うことができます(出荷時は結ばれておりません)。

 

f-2014.11.17.19

 

以上、本日はフジエテキスタイルの別冊スタイル・カタログ・『C&S(コンビネーション アンド スタイル)』の一部について、当社展示品を交えてご紹介させていただきました。

 

 

当社・『フジエテキスタイルの特集ページ』を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/fujie.htm 

当社・『オーダーカーテン』の特集ページを見る。
http://www.mitsuwa-i.com/sub2.htm

 
ミツワインテリア:http://www.mitsuwa-i.com/

  • 「新着展示品」 紹介
  • Trackback(0)
  • フジエテキスタイルの『C&S』カタログの紹介と、「チア カーテン」、「トリコロール カーテン」縫製展示品情報。 はコメントを受け付けていません。
  • at 4:50 PM
  • posted by 管理者

「シングル・スワッグ&テール」スタイルの『装飾バランス』展示品を店内ディスプレイいたしました。

2014年11月16日

 

f-2014.11.16.1

「JAPANTEX2014」開催期間内に、会場内の「主催者依頼・テーマブース」で展示させていただきました、「シングル・スワッグ&テール」スタイルの装飾バランスの1つを、プロジェクト参加のご褒美(?)として頂戴いたしましたので、早速店内の模様替えに使わせていただきました。

 

f-2014.11.12.17

f-2014.11.12.18

◆「JAPANTEX2014」詳細レポート(ブログ)
http://mitsuwa-i.com/blog/?p=10028

 

『ディスプレイ』の模様替え

f-2014.11.16.3

f-2014.11.16.4

ここには、もともと「ウィリアム・モリス」の人気作品である、『ハニーサックル』のプリント生地を使用した、「ストレートバランス」を展示しておりましたが、当社には、モリス専用のディスプレイブースがありますので、これをそちらに移設集約して、入替で新作の「スワッグ&テール」バランスを設置することになりました。

 

f-2014.11.16.2

今回の模様替えにより、当社の接客用カウンターの前には、「シングル・スワッグ」と「ダブル・スワッグ」の装飾バランスを並べてご覧いただける様になりました。
個性的なファブリック・カタログや、様々な装飾アクセサリーなどと並べて展示しておりますので、スタイル提案がし易いディスプレイとなりました。

 

 当社は、『装飾バランス』の提案・納品事例も豊富ですので、詳細はスタイリング・アドバイザーまでご相談下さいませ。

 

当社 ・「装飾バランス」の特集ページを見る。
http://www.mitsuwa-i.com/balance.htm
ミツワインテリア:http://www.mitsuwa-i.com/

  • スタイル・ カーテン
  • Trackback(0)
  • 「シングル・スワッグ&テール」スタイルの『装飾バランス』展示品を店内ディスプレイいたしました。 はコメントを受け付けていません。
  • at 3:52 PM
  • posted by 管理者