Mitsuwa Interio STAFF BLOG「ミツワインテリア」のスタッフ・ブログでは、日々の施工事例や新着情報をご紹介しています。

月別アーカイブ: 2012年3月

「スワッグ バランス」風に見える、『バルーンシェード』の納品事例。

2012年03月29日

f-2013.12.27.17

ミツワインテリアの平多 千春です。

窓辺から見渡すロケーションの素晴らしい、幅広窓に設置させていただいた、「バルーンシェード」納品後の様子をご紹介させていただきますす。

お昼時はシェードを上げているので、さながら豪華な「スワッグ・バランス」の様に見えますね。

窓の幅が広いので、「バルーンシェード」は、2分割サイズで設置させていただいております。

景色も素敵で、うっとりします。

 

当社・『オーダーカーテン』の特集ページを見る。
http://www.mitsuwa-i.com/sub2.htm

当社・『ローマンシェード』の特集ページを見る。
http://www.mitsuwa-i.com/roman.html

 

ミツワインテリア:http://www.mitsuwa-i.com/

インテリア専門誌・『BonChic ボンシック』 で、当社施工事例が多数掲載されています。

2012年03月29日

***2016年10月更新情報***

2012.3.29.1

『BonChic(ボンシック)』VOL.6
優雅さと洗練と。アンティークの魅力を暮らしに。
(別冊PLUS1 LIVING) ・2012年3月29日号

に、当社Webにて、「ウィリアム・モリス」と英国風インテリアのトータルコーディネートをさせていただきましたお客様邸の紹介をさせていただきました事例紹介が、雑誌編集者の目に留まり、2ページにわたる取材掲載をいただきました。

 

2012.3.29.2

お客様にも取材の快諾をいただき、良い新築記念の想いでになりましたと喜んでいただきました。

 

ウィリアム・モリス,Chrysanthemam(クリサンティマム),カーテン

実際の納品では、リビングの、4つの窓を飾る主役のファブリクスに、紺地の『Chrysanthemam(クリサンティマム)』を採用いただきました。

お手持ちのソファの色に加え、やや明るめのイエロー系の壁装、ホワイトの輸入建材、赤茶のフロア、家具との調和を考え、日常生活の落ち着きの中にも活気のある英国調インテリアにコーディネートさせていただきました。

また、写真奥のダイニングルームの3連小窓には、同じく、ウィリアム・モリスの『Daisy(デイジー)』のベージュ地のローマンシェードを採用していただきました。

◆「施工事例・詳細ページ」
http://www.mitsuwa-i.com/morris-2.html

◆ 当社・『ウィリアム モリスの特集ページ』を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/inhouse.htm
 

 
  


 

 『BonChic ボンシック』・ 過去の当社掲載事例 

 
2016-10-10-24-1
 
『BonChic ボンシック』Vol.14 ・ 2016年10月刊

 当社をご愛顧いただいておりますお客様にも読者の多い、高級インテリア情報誌『BonChic ボンシック』。

『BonChic ボンシック』は、㈱主婦の友社から発売されている、PLUS1LIVINGの別冊(特別号)として2009年にVol.1が創刊されました。

  創刊以来、年2冊のペースで、「クラシック」、「アンティーク」、「エレガント」といったテーマを中心に、国内外の本格欧米スタイルのインテリア事例をフルカラー画像と読み応えのある取材で紹介するスタイルが好評で、今回がVol.14の刊行となります。

歴史と伝統の裏付けを得た普遍的なインテリアシーンをテーマとしているため、各号非常に読みごたえがあり、インテリア好きのお客様はアーカイブ号も大切に保存するほどの書籍です。

 
 

BonChic 愛蔵版

「BonChic ボンシック 愛蔵版」・2016年3月刊

2009年の創刊号(Vol.1)から2014年(Vol.9)までに掲載された5年間の記事から厳選された事例を全290ページのフルカラーで紹介している『BonChic(ボンシック) 愛蔵版』は、個性的で華やかな輝きを放つ、「エレガント&クラシック」インテリアの事例を綴った『総集編』として愛蔵いただける必見の一冊。
ミツワインテリアの事例も、P198~201の4ページ枠でご紹介いただきました。

http://mitsuwa-i.com/blog/2016/03/01

 

 

2016.2.20.8

『BonChic ボンシック』Vol.5  ・2011年9月刊


2016.2.20.7

『BonChic ボンシック』Vol.6 ・ 2012年3月刊
 

BonChic ボンシック』では、これまで4回(2016年10月現在)にわたり、編集部の方より取材オファーをいただき、お客様のご協力のもと想い出深い誌面を作り上げていただきました。

この様に、継続的に当社の事例を著名な高級インテリア専門誌から注目いただけることは大変光栄なことです。

ミツワインテリアの活動は、お客様と共に造り上げる、さまざまなスタイルのインテリア・コーディネートの提案施工ですので、今後も、多岐にわたるこだわりのインテリアに携わらせていただき、お客様と業界の信頼を得て参りたいと思います。

 

 

◆ 当社・『輸入カーテンの特集ページ』を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/inhouse-2.html

◆ 当社 ・「装飾バランス」の特集ページを見る。
http://www.mitsuwa-i.com/balance.htm

◆ 当社・『輸入壁紙施工の施工事例集』 を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/yunyuu-k.htm

◆ 当社・「モールディングの特集」ページを見る。
http://www.mitsuwa-i.com/sub7tokushu-14.htm

◆ 当社・『ウィリアム モリスの特集ページ』を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/inhouse.htm
 

 

ミツワインテリア: http://www.mitsuwa-i.com/

 

『フロントレース』スタイルのオーダーカーテンに合わせた、「装飾タッセル」のコーディネート。 

2012年03月21日

2012.3.21.3

こちらの納品事例は、オーガンジーと起毛生地で構成するテクスチュアとデザインが美しい、レース生地を「前幕(フロント)」として、「後幕」に個性的な光沢と深みのある無地シャンタンのカーテンを組み合わせた際の『装飾タッセル』のコーディネート事例です。

 

2012.3.21.2

フロントのレース生地として、「後幕」のシャンタン・ドレープは、季節やイメージチェンジの際に、前後逆転して、通常のカーテン&レースの組み合わせでお使いいただけるように、丈のサイズを同サイズで仕立てています。

 

2012.3.21.1

戸建住宅であるため、保温対策を考慮したオーダーカーペットの配色は、窓のカラーを決めてから選定いたしました。気軽に腰をおろして寛ぐ際に心地の良い手触りのものをご採用いただきました。
また、グリーン、ゴールド、ブラックのトラッドカラーに合わせた「装飾タッセル」がリビングの窓を豪華に演出しております。

 神奈川県 大和市   新築戸建住宅 ・ 1F リビング コーディネート事例

当社・『オーダーカーテン』の特集ページ
http://www.mitsuwa-i.com/sub2.htm

 

文責:
梶川 完之(インテリアコーディネーター・色彩コーディネーター)
ミツワインテリア:http://www.mitsuwa-i.com/

「子供部屋」の窓辺での、リボン付 『ストレートバランス』 とオーダーカーテンの納品事例。

2012年03月10日

f-2013.12.27.16

ミツワインテリア の平多 千春です。

こちらは、「子供部屋」のオーダーカーテン納品事例の様子です。

家具新調前にお写真を撮らせて頂きましたので、これからこの窓辺に合わせた、スウィートな家具が仲間入りします。

今回は、オリジナル製作の「タッセル」合わせて、居室正面の窓の「上飾り」に、リボン付・『ストレートバランス』をつけてスタイル・コーディネートさせていただきました。
バランスに付いているリボンと、タッセルのリボンが可愛いでしょ?

バランスのリボンは、将来的にリボンの取外しが出来るようになっています。

 

当社・「子供部屋」の特集ページ
http://www.mitsuwa-i.com/shumi-1.htm

当社 ・「装飾バランス」の特集ページを見る。
http://www.mitsuwa-i.com/balance.htm

当社・『オーダーカーテン』の特集ページ
http://www.mitsuwa-i.com/sub2.htm

 

  ミツワインテリア:http://www.mitsuwa-i.com/