Mitsuwa Interio STAFF BLOG「ミツワインテリア」のスタッフ・ブログでは、日々の施工事例や新着情報をご紹介しています。

JBSウッドブラインド・NC300(ナチュラル)で演出する「和室」の窓辺。

2017年08月21日

JBS ウッドブラインド WRC NC300

JBS ウッドブラインド ウエスタンレッドシダー ナチュラル

寝室として使用する「和室」窓での木製ブラインド納品事例。

カナダ産・「ウエスタンレッドシダー(WRC)」材が持つ繊細な木目の表出と、スラットの表情豊かな濃淡が魅力のJBS・ウッドブラインドをご採用いただきました。

 

店内での製品選定。
製品モデルとスラット色を吟味。

JBSウッドブラインドで使用されている、カナダ産・「WRC(ウェスタンレッドシダー)」は、成長が遅い寒冷地特有の細やかで美しい年輪の「柾目」と、「ヒノキ科」特有の芳香が魅力です。

 

さらに、一般的なバスウッド材に比べて35%程度軽量でありながら、「湿度に対しても強く腐りにくい」、「寸法安定性が高く、反りや曲がりが出にくい」、「低密度で空気を多く含むため、断熱性が高い」という特徴を持つインテリア向きの木材です。


JBSウッドブラインドでは、WRCが持つ繊細な木目と自然な素材の色むらを活かした塗装を施して、自然な風合いを最大限に引き出した本格嗜好のウッドブラインドを作り出しています。

 

 

「和室」用の木製ブラインドとして、店内では同じJBSのPT(桐材)』、熊本産・「檜材」の木目が魅力のナニック・『ヒノキ シリーズ』を比較いただくことが多いですが、今回は、スラット自体の色調と濃淡が魅力的な『WRC(ウエスタンレッドシダー)』より、NC300(NATURAL)をご採用いただきました。

 

 

窓枠内に設置。
オプション「バランス」を組合わせて。

JBSウッドブラインドを窓枠内に設置する場合、窓枠内の有効奥行き寸法が70mm以上確保できれば製品本体の内付が可能です。

また、窓枠内の有効奥行き寸法が93mm以上確保できる状況下であれば、ダイナミックな木目が感じられる84mmの「化粧バランス(オプション)」でヘッドレール全体を包み、窓の上部をより個性的に演出することもできます。

 

JBS ウッドブラインド NC300 事例 ブログ

 

今回は、オプション「バランス」の併用で納めています。

 

以上、本日は、WRCの木目の濃淡と、自然光により引き出されるスラットの陰影が味わい深い、JBSウッドブラインドの納品事例をご紹介させていただきました。

 

◆当社・『JBSウッドブラインドの特集ページ』を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/jbs.html

◆  当社・『木製ブラインドの特集ページ』を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/tokyo-b.htm

 

ミツワインテリア:http://www.mitsuwa-i.com/


  • 木製ブラインド(海外)
  • Trackback(0)
  • JBSウッドブラインド・NC300(ナチュラル)で演出する「和室」の窓辺。 はコメントを受け付けていません。
  • at 7:53 PM
  • posted by 管理者
2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031