Mitsuwa Interio STAFF BLOG「ミツワインテリア」のスタッフ・ブログでは、日々の施工事例や新着情報をご紹介しています。

ビンテージ風のインテリアをナニックウッドブラインドで演出。

2014年07月17日

本日のブログでは、

「カラフルなファブリック(布)」と、「ビンテージ」感のある家具や嗜好品を纏め上げる、「木製ブラインド」の演出効果を、お引っ越し後のお部屋の、「即席ディスプレイ」でご紹介させていただきます。

f-2013.8.22.8

お引っ越し後の、本格的なお部屋の整理をされる前のお部屋でも、「素材感」,「発色」,「デザイン」豊かなもので統一されている お部屋というものは、すでに独特な魅力を放っています。

 

今回の選定スラット。

f-2013.8.22.9

そして、そういうインテリア演出を作り上げていきたいというご要望のもと、今回ご採用いただきましたのが、「ナニック・ウッドブラインド(標準73色)」シリーズの中の、色番:『03(カメル)』色です。

 

スラット・「室内傾斜」時のイメージ。 

f-2013.8.22.1

ウッドブラインドの、微妙なスラットの角度調節をしていただきながら、 屋外からの採光を、スラット色の『03(カメル)』に投影しながら、「インテリアの色付け」をお楽しみいただけます。

 

スラット・「水平・換気斜」時のイメージ。 

f-2013.8.22.2

スラットを水平にすると、換気に適した状態となります。
水平状態でも、採光をほのかに「セピア」カラーで色づけてゆく スラット色の色味を味わうことができます。

 

スラット・「屋外側傾斜」時のイメージ。

f-2013.8.22.3

スラットの角度を屋外側に傾斜させると、窓上方から射しこんでくる「日照調整」を積極的に行うことができます。

夏場などでは、熱エネルギーの影響が小さい「木製ブラインド」の場合は、スラット自体が熱くなりにくいため、冷房等の「空調効率」も格段に向上します。
また、方位の異なる複数の窓に設置している場合であれば、時間帯により、移動する太陽の動きに合わせて、窓ごとにスラットの傾斜の向きを変えて、トータル面での効果的な採光と空調対策を講じることが可能です。

 

f-2013.8.22.6

本格的なディスプレイを始める前でも、完了後の美しさの予感を感じさせる、インテリアの土台が揃いました。

今回は、リビング側だけの撮影をさせていただきましたが、ダイニング側の「腰高窓」にも、ウッドブラインドを納品させていただきましたので、開放的なリビング・ダイニング全体のインテリア・ディスプレイの基礎がトータルで設えられました。

これから楽しい新生活が本格的に始まります。

東京都 世田谷区 新築住宅・入居時 納品事例。

 

当社・「ナニック ウッドブラインド」の特集ページ 。
http://www.mitsuwa-i.com/newpage13.htm

 

文責・梶川 完之(インテリアコーディネーター・色彩コーディネーター)
ミツワインテリア:http://www.mitsuwa-i.com/


2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031