Mitsuwa Interio STAFF BLOG「ミツワインテリア」のスタッフ・ブログでは、日々の施工事例や新着情報をご紹介しています。

トラッドな雰囲気の「キャラメル」色。ナニック ウッドブラインド納品事例。

2013年02月08日

2013.2.9.4

こちらの施工事例は、ナニック・「ウッドブラインド(標準73色)」・50mmスラットの中の、スラットカラー:067(キャラメル)を、集合住宅の幅270cmの掃出し窓に、2分割に設置で納品させていただいた事例となります。

カーテンボックスまでの高さが、H260cm近くある窓でしたので、既存のカーテンレールを取外した後に設置させていただきました。

カーテンボックス内設置ではありますが、通常の「カーテンボックス」の奥行幅は、レースカーテンと厚手カーテンの2重吊りを想定した設計となっておりますため、ナニック独自の製品仕様である、ヘッドレールの正面部分に無垢板のスラットが差し込まれている、「無垢板嵌め込み式」ヘッドレール仕様が効果的にその役割を発揮いたしました。

 

2013.2.9.2

2013.2.9.5

現地お打ち合わせの際には、墨色のカラーニュアンスが入った籐のソファが入る事をお聴きしていたので、室内の内装との組み合わせと、入ってくる家具のイメージを考えながら、スラットカラーを、茶系の中で、ほんのりと「焦し色」のニュアンスが感じられる『067(キャラメル)』をご採用いただきました。

納品の際には家具も入っており、お客様にも、木目の美しさと、「キャラメル」色の実際のカラー・ニュアンスを大変ご満足いただきました。

 

2013.2.9.3

ソファとテーブルは、比較的移動が楽なので、屋外の眺望を楽しみながら寛ぐ生活シーンやティータイム、あるいはTVの鑑賞などのTPOに合わせて90度の回転(フォーメーション)で使い分けられる機能性を発揮できます。

また、ベランダに出る側の窓を、窓のサッシを境にして2分割いたしました。 TVを鑑賞する時の視野がスッキリしますし、日中であっても、TVの背後の遮光カーテンを引いて、右側面のウッドブラインドで、陽射しのグレア(眩しさ)防止にもなりますし、ベランダに出られる際の利便性も向上する配分となっております。

横浜市 鶴見区 マンション 納品事例

 

 

文責: 梶川 完之(インテリアコーディネーター・色彩コーディネーター)
ミツワインテリア:http://www.mitsuwa-i.com/


2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930