Mitsuwa Interio STAFF BLOG「ミツワインテリア」のスタッフ・ブログでは、日々の施工事例や新着情報をご紹介しています。

バーチカルシェード『Suave(スアベ)』納品事例。調光ロールスクリーンとの相性も抜群。

2018年12月18日

バーチカルシェード Suave スアベ

バーチカルシェード WIS

バーチカルシェード とは

本日は、バーチカルシェード・『Suave(スアベ)』の納品事例を製品の特長と併せてご紹介させていただきます。

 

 

バーチカルシェード・『Suave(スアベ)』とは。

このブログを書いている2018年12月18日現在、『Suave(スアベ)』という製品名も、「バーチカルシェード」という用語も世に広まっておりませんが、それもそのはず、こちらの製品が披露されたのが先月、東京ビッグサイトで開催された、第37回「JAPANEX(インテリアトレンドショー)」<11月20日~22日>でのこと、まだ1か月経っていないからです。

 

バーチカルシェード Suave スアベ 価格

バーチカルシェード 『Suave(スアベ)』を発売したのは、調光ロールスクリーン 『FUGA』の発売元でもある株式会社WISです。

 

JAPANEXの出店企業ブースでは、数種類あるFUGAの参考展示品と並べてSuaveが展示されており、横型の『FUGA』と縦型の『Suave(スアベ)』を組み合わせ提案がされていました。

「Suaveは、レースカーテンの持つしなやかさと採光性、調光ロールスクリーンの持つ機能性を縦型製品で表現したものです。」

「Suaveに関しては納期3週間ほどでの製作も可能です。宜しければご検討ください。」

と案内を受け、製品の撮影といただいたパンフレットを見つつ、会場を後にしたのですが、この資料が2日後の現地打合せで早速活用されました。

 

 

現地お打合せにて。
『Suave(スアベ)』ご採用にいたる経緯。

JAPANEX開催期間中におうかがいしたお客様宅でのお打合せ。

事前ご相談の中で、お客様の個希望は、ハンターダグラスの『シルエットシェード』と縦型の『ルミネットシェード』、あるいはニチベイの調光ロールスクリーン『ha・na・ri(ハナリ)』とセンターレーススタイルの『バーチカルブラインド』を検討したいとのことでした。

 

しかし、現地で窓の状況を確認すると、腰高窓の三方額縁にモールディング材が使用されているため窓枠内に製品を設置できるクリアランスが53mm程度しか確保されていない状況でした。

また、窓枠下にオペレーターハンドルのある窓もあり、こういった状況の窓で調光可能な製品となると一般的にはアルミブラインドくらいしか該当する製品がありません。

 

そこで、急遽提案の土俵に上がったのが、調光ロールスクリーン『FUGA』と段差調整用スペーサーの併用プラン。

FUGAのブラケット(取付金具)は、薄型コンパクト形状であること、前後の向きを逆にしても設置できる設計のため、干渉物の多い窓で使い易くなっています。

 

設置にあたって、最適なスペーサーを選定する必要がありましたが、最終的に上部化粧枠の張り出しを12mm厚のスペーサーでかわすことでお客様の希望を叶えることができました。

 

その様な経緯もあり今回は、『FUGA』とのコーディネートでテラス側窓に、バーチカルシェード『Suave(スアベ)』をご採用いただくことになりました。

Suaveは、『ルミネットシェード』と、『バーチカルブラインド(センターレーススタイル)』の中間的な位置づけを意識された製品ですが、価格設定はバーチカルブラインド寄りの値付けになっています。

 

 

『Suave(スアベ)』設置後の様子。

バーチカルシェード Suave スアベ 片開き

バーチカルシェード Suave スアベ バトン式

バーチカルシェード『Suave(スアベ)』設置後の様子。

今回ご採用いただいた開閉操作仕様はバトン式の片開き操作。

 

バーチカルシェード Suave スアベ コード式

展示会では、開閉操作と調光操作が個別にあるコード式を見ていましたが、間口一間ほどの窓のため、レースを引く様に手軽にテラスに出入りできるバトン式をおすすめしました。

 

『Suave(スアベ)』で展開するルーバー色は「オフホワイト(01)「アイボリー(02)」の2配色。

今回の採用色はオフホワイトです(※現段階で遮光生地の対応はありません)。

 

バーチカルシェード Suave スアベ ルーバー 生地

こちらは店内で間の事前検証の様子。

Suaveのルーバー形状は、およそ幅32cm。

13cm幅のシースルー生地(レース)が、9.5cm幅の不透明生地(採光)に挟まれた構造で、製品幅W200cm程度の窓の場合は25枚のルーバーを使用します。

 

専用レールを使ってルーバーの不透明生地同士を連結させると、「U字」状にシースルー生地をまとったバーチカルブラインドの様な意匠になります。

 

ちなみに、屋外から見た意匠は「逆U字」となります。

 

バーチカルシェード Suave スアベ シースルー

日中にルーバーを広げて、屋外から見た様子はこちら。

「逆U字」状の完成品であれば、平面で見るよりもプライバシー性が高まります。

 

 

バーチカルシェード Suave スアベ プライバシー

Suaveのルーバーを傾けると不透明生地が優位になります。

手前にあるレースの膨らみがあるため、不透明生地同士を完全に閉じることはできません。
ブラインドや調光ロールスクリーンの様に斜め方向に若干の隙間が生じますことはご了承事項となります。

 

バーチカルシェード Suave スアベ 畳み代

今回の事例では、壁面に対して正面付で設置いたしましたが、バーチカルシェード『Suave(スアベ)』の設置には、畳んだ時の製品厚(D155mm)に加え、製品前後に合計20mm程度のクリアランスが必要となりますので、マンションなど、カーテンボックスのある窓に天付けで採用される場合は、ボックス内の奥行きが180mm程度ある場合に限られます(※ただし、ボックスの深さが50mm以下であれば使用できる場合もあります)。

Suaveの畳み代の目安は、幅200cmの片開きの場合で約38cm、両開きであれば片側21~23cm程度必要ですので、テラス窓などでご採用の場合は、納め方と開閉仕様の確認をお勧めいたします。

 

バーチカルシェード Suave スアベ 取扱店

こうして、東京ビッグサイトでのお披露目から1か月以内の期間で、バーチカルシェード『Suave(スアベ)』を納品する運びとなりました。

シースルー生地の風合いもFUGAの「ベーシック」と相性が良く、取付上の制約がある中で希望する製品が採用できましたと、お客様からも大変ご満足をいただくことができました。

レースカーテンの美しさとバーチカルブラインドの機能性を兼ね備えた、次世代のウィンドウアイテム『Suave(スアベ)』は、2019年の注目商品になることでしょう。

 

◆ 『バーチカル(縦型)ブラインド』特集ページ
http://www.mitsuwa-i.com/ver&ver.html
 
◆ 当社・『調光ロールスクリーン』の特集ページ
http://www.mitsuwa-i.com/shilhouette.html 
 
 
ミツワインテリア: http://www.mitsuwa-i.com/

 


  • シェード(その他)
  • Trackback(0)
  • バーチカルシェード『Suave(スアベ)』納品事例。調光ロールスクリーンとの相性も抜群。 はコメントを受け付けていません。
  • at 7:57 PM
  • posted by 管理者
2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930