Mitsuwa Interio STAFF BLOG「ミツワインテリア」のスタッフ・ブログでは、日々の施工事例や新着情報をご紹介しています。

ウィリアム・モリスの『フルーツ』を使い分けた、カーテンとローマンシェードのスタイリング。

2016年01月21日

ウィリアム・モリス フルーツ ローマンシェード

ウィリアム・モリス フルーツ FF4510

築後20年のリフォームをされたお客様宅にて、「リビング・ダイニング」の窓回りの掛替えをご用命いただきました。

 

現地でのご相談。

2016.1.16.3

これまで使われていた、「カーテン」と「ローマンシェード」の生地は、ウィリアム・モリス・1887年作の『ウィローボウ』で、英国・サンダーソン社のコットンプリントのものでした。

2016.1.16.21

20年近く愛用し、現在でも気に入られている生地でしたが、天然素材(綿100%)を使った生地の収縮と、ローマンシェード操作メカ(コード式)の老朽化により、ローマンシェードはその役を終え、カーテンのみ「季節替え」用としてお使いいただくことになりました。

 

薄型「カーテンボックス」と
後付け「インナーサッシ」の関係。

2016.1.16.4

既設のカーテンボックスの奥行寸法は12cmと、ゆとりを持たせた標準サイズ(約15cm)よりスリムな設計でした。
加えて、リフォームで増設された「インナーサッシ」のフレームが更に1cmほどカーテンボックス内に張り出してきたため、今回はカーテンとレースの新調に併せて滑走性の良い「カーテンレール」に交換して、スムースな開閉をアシストすることになりました。

この様に、近年、リフォーム用の「後付けインナーサッシ」の普及により、これまで問題なく仕えていた様々な窓回り品が使いづらくなったり、使用できなくなる事例が増えているようです。
特に、窓枠内のサイズに合わせて設置されていた窓回り品などがその対象となり、インナーサッシに取付場所を譲るために、再使用が困難になりがちですので注意が必要です。

 

 

ウィリアム・モリス 『フルーツ(1862年作)』。
「プリント生地」と「織物」の組合せ。

2016.1.16.23

新調する生地には、季節替え用として使う『ウィローボウ』の流麗な「柳」のデザインと相性の良い、『フルーツ(Fruits)』をご採用いただきました。

 『フルーツ(Fruits)』は、1862年にウィリアム・モリスが、『トレリス(Trellis)』、『デイジー(Daisy)』と並んで初めてデザインした3点の1つとして知られており、「右斜め上」に伸びるフレームの中に、地紋柄と、メインとなるデザインの組み合わせで描かれています。

「枝と枝」は、モリス後期の作品にみられる絡み合う様にはまだ描かれておらず、まとまりのあるデザイン表現を目指す中で、自然の果実の持つ本来の魅力を失わせないように注意を払ってデザインされています。

 

ウィリアム・モリス フルーツ コーディネート

現地には、コットンプリント生地と、洗濯収縮率の低いポリエステル製・織物生地の2種類をご用意して、「掃出窓」と「出窓」でそれぞれご覧いただきました。

お客様のご感想としては、これまでは「コットンプリント」を継続的に使ってきたけれど、最近は織物のクォリティも上がってきているので、どちらも気に入っているとのこと。
結果として、今回は2つの生地を使い分けてみたいとのご要望をいただきました。

 

2016.1.16.18

2016.1.16.11

奥行き寸法が狭くなった「カーテンボックス」のある掃出窓には、川島織物セルコンの織物生地の『フルーツ(FF4510)』をご採用いただきました。
縫製使用は、「3つ山(約2.3倍ヒダ)」のfilo標準縫製として、たっぷりとしたヒダ使いでありながらも、プリーツのまとまる「ファインウェーブ(形態安定加工)」の機能性により、狭くなったカーテンボックス内での開閉もスムースに行える納めとなっています。

 

2016.1.16.2

2016.1.16.12

出窓の「ローマンシェード」には、英国・サンダーソン社のオリジナルプリント生地の『フルーツ(1)』をご採用いただき、平面表現でのプリント生地の風合いをお楽しみいただくことになりました。

裏地をつけず、日中の自然な光の透過を楽しむ仕立てといたしました。

 

納品後の様子

ウィリアム・モリス フルーツ カーテン

あらためて納品後の様子です。

マナトレーディング フルーツ(1)

2016.1.16.15

現地にて、実際に2種類の素材サンプルを並べてご覧いただいた甲斐があり、『フルーツ』での組合せにおいては、色合い、柄域の均整が取れた納まりとなりました。
異素材を組み合わせた同一作品のコーディネートは、難易度が高いため、作品(パターン)の大きさや生地の持つ発色、質感など慎重に比較しながら決める必要がございます。

 

◆当社・『ウィリアム・モリスの特集ページ』を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/inhouse.htm

◆ 当社・『オーダーカーテン』の特集ページ を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/sub2.htm

当社・『輸入カーテンの特集ページ』 を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/inhouse-2.html

◆ 当社・『ローマンシェード』の特集ページ
http://www.mitsuwa-i.com/roman.html

 

ミツワインテリア:http://www.mitsuwa-i.com/


  • 「ウィリアム・モリス」
  • Trackback(0)
  • ウィリアム・モリスの『フルーツ』を使い分けた、カーテンとローマンシェードのスタイリング。 はコメントを受け付けていません。
  • at 7:52 PM
  • posted by 管理者
2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031