Mitsuwa Interio STAFF BLOG「ミツワインテリア」のスタッフ・ブログでは、日々の施工事例や新着情報をご紹介しています。

『インテリアコーディネーター』・梶川 完之の、「自宅ワークルーム」の、『プロ・DIY リフォーム』の歴史。

2013年10月09日

本日は、ミツワインテリアの代表取締役、「インテリーコーディネーター」・「色彩コーディネーター」である、梶川 完之 自身が行った、プロの行う、自宅「DIY・リフォーム」の歴史と歩みを、実例をご紹介してレポートさせていただきます。

f-2013.10.6.0

f-2013.10.6.12

自宅の「DIYリフォーム」一例

 

『リフォーム・コンセプト』の概要

ミツワインテリアの「Webサイト」と「ブログ」の編集者であるの私の、『自宅ワークルーム(戸建・築35年』は、戸建住宅の1階と2階の階段途中に設けられた、「中2階(ちゅうにかい)」と呼ばれる居室で、広さ6畳、天井高はH2300mmとコンパクトな洋室です。

ここに、自宅での仕事の拠点としてのワークスペース、及び、趣味の音楽鑑賞と読書を楽しむプライベートルーム(書斎)として、融合しうるインテリアのリニューアルを数回にわたり、技術の実験の場としてDIYで行ってきました。

ちなみに、私は、大学卒業後の2年間、国家公務員の職を経て、24歳で家業を継ぎましたが、公務員時代の最初のボーナスをはたいて買った、「ライティングデスク」と「書棚」は、自分の人生の想い入れのある愛用品として、現在のワークルームの内装でも生活を共にしています。

 

『25歳~35歳まで』の修行時代に行った「基礎実験」。

f-2013.10.6.2

提案者として肩書きである、「インテリアコーディネーター」の資格を取る前段階の約10年間、トータル・インテリアの基礎技術「修行時代」に取り組んだDIYのテーマは、下地処理の難しい、薄い壁紙や「柄物」の壁紙、及び、「カーペット」施工と、「インテリア塗装」を暇さえあれば、家中のあらゆる部屋で行いました。

その当時の私は、現在の「ヨーロッパ」諸国のインテリアよりは、TV番組等、時代の潮流の影響を受けていたこともあったことと、友人にアメリカ人がいたこともあり、「アメリカン・ナイズ」されたテイストのインテリアを嗜好していたと思います。

 

(1)『自宅』はインテリア提案の「実験室」である。

『35歳~40歳まで』の成長期に行った、「自宅DIY」・『前編』

f-2013.10.6.3

f-2013.10.6.5

f-2013.10.6.4

時は流れ、『インテリアコーディネーター』の資格を採り、当社のHPを自作で作り始めた35歳頃になり、漸くインテリアの関心がヨーロッパに向き始めました。

 

f-2013.10.6.8

f-2013.10.6.6

アメリカの歴史の底流には、ヨーロッパ諸国の文化が息づいているという事実を強く感じ始め、そこから私のインテリアに対する好奇心のアンテナは一気に多角的になりました。

 

f-2013.10.6.7

当時の「ワークルーム」のリフォームでは、フローリングを「カーペット」張りに変えたり、「モールディング」や、「塗装仕上げの壁紙」の施工など、個人的に興味のある、輸入品を使用した自作リフォームに挑戦しました。

また、日常の現場では、大工、塗装のエキスパートの職人の方に師事し、共に施工しながら、専用工具を作ったり、こだわりのある様々な工法に徹底的に挑戦した時代でした。

 

『兄弟』で常に「施工ディスカッション」。

f-2013.10.6.0.2

ミツワインテリアの「リフォーム部門」における仕事は、共に施工技術の向上と、裏技の開発に明け暮れた兄弟と、厳選された、各方面の一流の技術者の少数精鋭チームにより実施されていますので、他社の様に、支店を拡充するとか、請け負った仕事を外注に投げるといった仕事はできません。

 

f-2013.10.6.0.4

親の代から通算して40年以上続いている、トータル・インテリア提案施工の会社ですが、時代の勢いに乗り過ぎて、ブレーキの掛からなくなった会社の栄枯盛衰の有り様を良く知っているため、我々は、「仕事の質の維持」を重視しております。
したがって、「会社の大規模化」の道は選ばず、少数精鋭で日々忙しく活動を続けております。

 

f-2013.10.6.0.5

f-2013.10.6.0.6

当社は、「窓周り品」の提案・納品実績を持つ、「ウィンドゥ・トリートメント」部門のスタッフと、「リフォーム」部門スタッフのコラボレーションで作り上げる、少数精鋭で専門性の高い『トータル・インテリア コーディネート』の提案・施工を主眼とした、「インテリア専門店」というスタンスで、様々な提案・施工活動を行ってきております。

 

 

 

(2)『自宅』は「個の熟成の場」である。

『40代の嗜好』。応用技術で遊ぶ、プロの「自宅DIY」・『後編』

f-2013.10.6.9

f-2013.10.6.16

f-2013.10.6.14

40歳を過ぎた頃から、『近代インテリア(モダン・インテリア)の父』と呼ばれる、「ウィリアム・モリス」のデザインと色彩の世界に強い影響を受け、現在の、英国製の「輸入壁紙」を組み合わせた内装DIYリフォームを、仕事の合間を縫って行いました。

 

f-2013.10.6.15

f-2013.10.6.10

f-2013.10.6.13

この、自身のDIYによる自宅の模様替えもそうですが、20年を超える、「トータルインテリア施工」の下積み時代に段階的に挑戦していった、新しい手法の確立と実践の蓄積により、日常生活におけるインテリアの楽しみ方と、その醍醐味を、様々な「引き出し」をご用意してお客様にご提案できる様になりました。

 

 

『地道に基礎学習と応用学習の経験値を積み上げてきた20年』

本日は、トータル・インテリアの施工・提案歴、20年を併せ持つ、「インテリーコーディネーター」の自宅・『DIY スタイリング・リフォーム』事例を、当社の活動の歴史と併せてご案内させていただきました。
この様な、一連の基礎技術と知識を踏まえた上で、リフォーム及び窓周り専門スタッフとの共同体制で日々の提案活動をさせていただいております。

 

自宅「DIY」で実施した、参考「特集ページ」一覧

①『輸入壁紙』施工事例集』:
http://www.mitsuwa-i.com/yunyuu-k.htm

②『インテリア・ペイントの施工事例集』:
http://www.mitsuwa-i.com/yunyuu-runa.htm

③『モールディン具施工の特集ページ』:
http://www.mitsuwa-i.com/sub7tokushu-14.htm

④『ウィリアム モリスの特集ページ』:
http://www.mitsuwa-i.com/inhouse.htm

⑤『オーダー・カーテン等の特集ページ』:
http://www.mitsuwa-i.com/sub2.htm

⑥『輸入カーテンの特集ページ』:
http://www.mitsuwa-i.com/inhouse-2.html

⑦『オーダー・カーペットの特集ページ』:
http://www.mitsuwa-i.com/carpet-2.htm

⑧『木製ブラインドの特集ページ』:
http://www.mitsuwa-i.com/tokyo-b.htm

 

文責・梶川 完之(インテリアコーディネーター・色彩コーディネーター)
ミツワインテリア:http://www.mitsuwa-i.com/


2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930