Mitsuwa Interio STAFF BLOG「ミツワインテリア」のスタッフ・ブログでは、日々の施工事例や新着情報をご紹介しています。

『スミコ・ホンダ』の人気作「ディリット」と、『メゾン・ドゥ・ファミーユ』人気「編みレース」のコーディネート。

2015年05月07日

リノベーション・リフォーム(マンション)の最後を飾る窓周りのコーディネートに、川島織物セルコンのブランド・『スミコ・ホンダ』シリーズの最新作『ディリット』と、1993年の誕生以来、お洒落な人々の心をとらえて離さないフランスのインテリア・ブランドである『メゾン・ドゥ・ファミーユ』の高品質「編みレース」をメインに組み合わせたコーディネートをさせていただきました。

2015.4.17.5

2015.4.17.2

納品時には、リノベーションで新しくなった「大理石」のフロアに、アクセントとなる敷物とモダンなソファが新調されていました。
カラーの配色もテーマを決めて、モダンなインテリアの中に落ち着いた高級感の感じられる大人のインテリアが出来上がりました。

 

「カーテン」には『スミコ・ホンダ』の人気作で。

2015.4.17.28

『スミコ・ホンダ(Sumiko Honda)』は、川島織物セルコンが展開するファブリックの最上級に位置するインハウスブランドです。

その作品は一貫して、「オリジナリティにこだわり、新しくて強いものを創る」を開発テーマとして、生活者の日常に希望と安らぎを与える布づくりを目指し、季節の移ろいや陰影、川や空気の流れをその中に表現しています。

実生活の中に存在し、暮らしに彩りを添えて愛されることを願う布づくりには、日本人の感性が産み出す自然観があふれ、伝統的な織技術に現代的な感覚を融合させたファブリックスとして、これまでも多くの芸術的な作品が発表されています。

 

作品解説: 『ディリット(diritto)』について。

2015.4.17.31

今回の納品事例では、当社とメーカーのショールームでご覧いただきました『スミコ・ホンダ(SUMIKO HONDA)』の新作コレクションより、代表作の『ディリット』(色番:SH9888)をご採用いただきました。

2015.4.17.30

こちらは、当社展示品の一例です。『スミコ・ホンダ(Sumiko Honda)』の縫製サンプルはH240cmの長丈でご用意しております。

『ディリット』は、伸びやかで凛としたアマリリスの花を、シルクのようにしなやかさと複雑な刺繍調の織組織で仕上げた、ふくよかで豊かな存在感を放つ一フアブリックです。

花びらの厚みさえ感じさせてくれる独特な、茎が幾重にも重なった地文様は、やわらかな風通織と、「 タテの極細糸」と、「光沢のあるヨコ糸」の交織により表現されています。

 

「レース」には、フランス『メゾン・ドゥ・ファミーユ』の
格調高い「編みレース」を組み合わせて。

2015.4.17.23

レースでご採用いただいた、『メゾン・ドゥ・ファミーユは、フランスのモード&ホームファニシング・ブランドとして、日本国内の百貨店等でもショップ展開をしています。
窓周り品に関しては、インテリア・メーカーの
「アスワン」が、2014年8月に、同社とのライセンス契約によって企画・開発を始める事になった画期的なブランドとしてリリースされ、「上質な日常をオーダーメイド」をテーマにして、チュールレースやオーガンジー刺繍レースといった個性的な薄地を10柄20アイテム展開しています。

 

2015.4.17.32

今回の納品事例では、『スミコ・ホンダ(SUMIKO HONDA)』の『ディリット』(色番:SH9888)とのコーディネートを行い、気に入っていただきました『クラリス』(色番:B4005)の組合せをご採用いただきました。

 

2015.4.17.15

2015.4.17.16

採寸・打合せ時には展示縫製品をお持ちできますので、各窓に合わせて、イメージ確認をいただけます。

 

2015.4.17.32

2015.4.17.6

納品時には、家具も入っていましたが、イメージ通りの調和の取れたコーディネートで納まりました。

 

アクセント・カラーに『装飾タッセル』をコーディネート。

2015.4.17.24

『装飾タッセル』は、高級ファブリックではもちろんですが、個性的な色柄のファブリックや、大きな窓で効果的に使用すると、ファブリックの持つ魅力を更に引き立てることが出来るお勧めアイテムです。
今回は、『ディリット』収録の4配色のカラーとインテリアとの調和を考えて、「レッド」カラーのアマリリスの花を引き立たせるアクセントに、「1ツ房」で大ぶりな「タイ製」の鮮やかな一品発色を合わせる事になりました。

 

2015.4.17.7

『装飾タッセル』は、カーテンだけでなく、「キッチンカウンター」や「モザイクタイル」との相性も良く、その鮮やかな発色が上質な空間演出に結実しています。

 

 ※参考事例としての『機能性』対策。
『西日対策』にロールスクリーンを配備。

2015.4.17.4

 今回の掛け替え事例では、もう1つのご要望がありました。
それは、西側の2つの大小の窓での『西日対策』です(こちらの写真は対策後のものです)
マンションの上層階に位置するこちらのお部屋の窓は、日中の眺望が素晴らしく、広陵な富士山も臨める魅力がある一方で、午後の西日が非常に強く、特に冬場の西日が強いとの事でした。

2015.4.17.19

 

築年数の経過しているマンションですので、サッシの高さ自体は余りない窓でした。
そのため「遮熱対策」は、窓のフレーム枠の中に納まる、目立たないものを付けたいとのご要望をいただき、今回はフレームの色に合わせて「保護色」の効果を狙ったロールスクリーンをお勧めすることになりました。
写真は出窓内での提案の様子ですが、ロールスクリーンの設置に伴い「交差レールの位置を4cm程度前方に移設して対策を実施しています。

 

2015.4.17.21

今回、ご採用いただきました「ロールスクリーン」生地は、2014年8月にタチカワブラインドよりリリースされた新世代ファブリック・『エブリ』です。
『エブリ』は、天然素材の様な柔らかな質感と50色の豊富なカラーバリエーション展開が特徴の生地で、W270cmまでの幅広窓から小窓まで様々なインテリアシーンにお使いいただける魅力的に仕上がっています。

 

2015.4.17.22

2015.4.17.20

サッシのフレーム枠のカラーに馴染みの良い『カカオ』・色番:6224をご採用いただき、チェーン式操作の部品色は、ダークブラウンでまとめましたので、レース越に見るとロールスクリーンの気配が感じられない納まりとなりました。

 

2015.4.17.3

こちらは、「ロールスクリーン」を完全に引き降ろした時の様子です。午後の陽射しの強い時間帯でもスクリーンの昇降の割合をお好みで調整していただきながら、効果的な『西日対策』を講じる事ができます。
実際は、ベランダのフェンスがありますので、『西日対策』の際はスクリーンを全閉にしなくても良く、フェンスの高さまで降ろせば良いのですが、遮熱や保温といった『断熱対策』の際にはこの様にご使用いただければ「冷暖房効率」の向上にも結び付きますのでお勧めです。

2015.4.17.1

「カーテン」を閉めると、選ぶ生地にもよりますが、「カーテン裏地」の様な役割も期待できます。

 

『主寝室』では『装飾タッセル』を変えてコーディネート。

2015.4.17.14.2

今回は、「リビング・ダイニング」でご採用いただきました生地の組合せを『寝室』でもご採用いただきました。
寝室は「遮光対策」が必要ないとのことでしたので、自然の光を採りいれていますが、LD同様に「ロールスクリーン」を設置すれば、シャッターなどのないマンションの窓などでも、気軽な遮光対策を講じる事もできます。

 

2015.4.17.9

2015.4.17.25

「寝室」の内装は、薄いピンクの花柄の壁紙で仕上げられていたことと、カーテンボックスの高さが少し低めでしたので、『装飾タッセル』も少し小ぶりでピンクの要素が入ったものをお選びいただきました。

 

2015.4.17.13

房のサイズはやや小ぶりですが、「2ツ房」の装飾タッセルが、LDとは違った優美な印象で寝室の窓のアクセントとなりました。

2015.4.17.11

お気に入りのファブリックに、「居室」のテイストを意識したアクセントや、窓の方位を考慮に入れた機能性を加えることにより、幅広い味わいをご堪能いただく事ができます。

 

 ◆ 当社・『オーダーカーテン』の特集ページ を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/sub2.htm

◆ 当社・『輸入カーテンの特集ページ』を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/inhouse-2.html

◆当社・『川島織物セルコンの特集ページ』を見る。
 http://www.mitsuwa-i.com/kawashima.htm

◆当社・『ロールスクリーンの特集ページ』を見る。
http://www.mitsuwa-i.com/roll&roll.htm

 

ミツワインテリア:http://www.mitsuwa-i.com/


  • カーテン(国内ブランド)
  • Trackback(0)
  • 『スミコ・ホンダ』の人気作「ディリット」と、『メゾン・ドゥ・ファミーユ』人気「編みレース」のコーディネート。 はコメントを受け付けていません。
  • at 2:29 PM
  • posted by 管理者
2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930