Mitsuwa Interio STAFF BLOG「ミツワインテリア」のスタッフ・ブログでは、日々の施工事例や新着情報をご紹介しています。

FISBA(フィスバ)のカーペットで魅せる、ロイヤルブルーのインテリア

2018年04月18日

FISBA フィスバ カーペット

ロイヤルブルー カーペット

リビング・ダイニングに隣接する「応接エリア」のフロアに、「FISBA(フィスバ)」の高級メリノウールカーペットをご採用いただき、敷き詰めを思わせる独自の「置敷き工法」で納品させていただきました。

 

 

「ロイヤルブルー」のウールカーペットで
応接エリアのフロア・リニューアル。

 

リフォーム前の応接間のフロアは、大理石タイルに手織り絨毯をコーディネートした設え。

既に装飾性の高い「家具」や「照明」、「窓周品」との相性も素晴らしい、「応接エリア」が出来あがっていましたが、お客様からのご要望は、美しい発色と、温かく足触りの良い「ウールカーペット」でフロアをまとめあげたいというもの。

 

色の指定としては、「ロイヤルブルー」もしくはそれに近い色調のウールがペットを探して欲しいというご要望でした。 

「ロイヤルブルー」の色調は、イギリス王室の公式カラーの場合であれば「濃い鮮やかな青」をさしますが、ヨーロッパ全体の歴史を遡ると、古代ローマ帝政の時代から高貴な地位の象徴とされた「紫みの濃い青」を指す場合があります。
 
 
 FISBA フィスバ カーペット 取扱い店
 
お客様の持っているカラー・イメージは前者寄りのでしたが、国内製品にはこのイメージに見合う色調と質感を持つカーペットはないため、今回も 『FISBA(フィスバ)』の「ラグ&カーペット」コレクションより、128色のカラーバリエーションとニュージーランド産・高級メリノウールをふんだんに使った『EN VOGUE PREMIUM(アン・ヴォーグ・プレミアム)』 をご紹介させていただきましたところ、「Colour:071」がイメージに近いとのことで、オーダーメードで製作することになりました。
 
 
 
 
「今回も・・・」と書いたのは、実は一昨年にも、音楽室の「音響(反響音吸音)対策」に『EN VOGUE PREMIUM』の「Colour:062」をご採用いただいている経緯があり、吸音性はもとより、その踏み心地の良さとレッドカーペットの発色がとても素晴らしく評判が良いとのことで、応接エリアでもこのカーペットを採用したいということになりました。

 

 

 

FISBAの「ラグ&カーペット」。
用途とサイズに応じた様々な展開。

『FISBA(フィスバ)』の愛称で知られる、スイス・「クリスチャン・フィッシュバッハ」社は、200 年近い歴史を誇る、世界最高峰のテキスタイル・ブランドとして知られています。

フッァブリックにコーディネートできる最高級「ラグ&カーペット」コレクションも展開しており、ウールであれば、ニュージーランド産の「高級メリノウール・100%」を、ハンドタフテッドの技術を駆使して高密度に仕立てた、128色展開の 『EN VOGUE PREMIUM(アン・ヴォーグ・プレミアム)』 をご用意しています。

 
 
 
 
製品は、「単色(無地)」製作でも、68,000円/㎡~という高級品ですが、最少製作面積:1㎡以上の「ラグ」サイズからオーダーできるため、128の展開色との組み合わせで、FISBAがコレクションしている個性的なパターンをオーダーサイズで製作できる「ラグ」は、インテリアコーディネートの現場での引き合いが多く、同社の売れ筋商品となっています(※受注製作納期:8週間)。
 
※ FISBAラグ(カーペット)の製品紹介ページ(詳細)はこちら。
↓↓↓

http://fisba-catalogue.com/products/list.php?category_id=466

 

ウールカーペット カラーバリエーション

こちらは、当社でご用意している「65cm☓130cm」サイズの『EN VOGUE PREMIUM(アン・ヴォーグ・プレミアム)』特製カラーパレット・ラグの商談用サンプル。
 
この「色見本ラグ」を現地で直接「触って」、「踏んで」いただきながら、製品魅力を実感していただきたいというのが、メーカーのコンセプトとなっています。
 
128色展開のパレットは、熟練した職人が8cm角ほどのカラーを、1つずつフックガンで打ち込みながら、豊富な色展開、高品質素材、ハンドタフテッドの魅力を凝縮させた非売品で、素材は衣料用ウールとしても名高い「メリノウール」のなかでも最高品質とされる、「ニュージーランド産・メリノウール(100%)」を使用しています。
 
「パイルカーペット」で使用される一般的なウール繊維の太さは38〜40ミクロン程度(1ミクロンは1000分の1ミリ)といわれていますが、FISBAの『EN VOGUE PREMIUM』では、23ミクロン以下の「ファインメリノ」からなる繊維をハンドタフテッドで超高密度にで織り上げているため、繊維の柔らかさと弾む様な製品の踏み心地を十分に感じていただくことができます。
 
 
 
 

FISBA・『EN VOGUE PREMIUM』を
カーペットサイズで採用。  

 
 
カーペット工事での使用の際は、カーペットのロール幅搬入経路に気を付ける必要があります。
 
今回の施工で必要なフロアサイズは幅4m☓長さ6mでしたが、FISBAの『EN VOGUE PREMIUM』は、最大60㎡(6m☓10m)のカーペットサイズまで製作対応ができるため、1枚もののカーペットで敷き詰めることができました
 
製品は、成田空港からのチャーター便で指定日の朝に到着。
室内への搬入経路も確保されているため、スムースに作業が開始できました。
 
余談ですが、日本の国産カーペットは、運送費やトラック輸送に関わる制約を考慮して製品化されているため、ロール幅が382cmを超える製品がありません。
 
そういう意味では、建物内での搬入経路さえ確保されていれば幅4mを超えるカーペットが調達できる海外輸入品は魅力的ですが、大型製品の荷揚げや搬入ができない場合は分割してオーダーする必要があることが長尺カーペットを取り扱ううえでの注意点となります。
 
 

8週間のオーダー製作で到着した、『EN VOGUE PREMIUM』の「Colour:071」

「ラグ加工」のバッキングには、ダークグレイのフェルトを使った仕上げになっていますが、現場施工が必要なカーペットの場合は、バッキングなしでオーダーすることもできます。

ウール「ラグ&カーペット」は、全製品「防炎認定」済みで「床暖房対応」となっていますので、一般住宅から商業施設まで広くお使いいただけます。

 

施工は、Wall to Wallの敷き詰め工法をアレンジした特殊な「置き敷き」工法で行っているため大理石のフロアを傷めません。

 

応接エリア側に1段ある円弧状の階段は、現地で型を取って一度持ち帰り、手前側に縁かがりの「オーバーロック加工」を施して後日納品しています。

 

 

「ロイヤルブルー」の応接エリアと
インテリア ギャラリー。

高級カーペット 事例

リビング・ダイニング側から見た「応接エリア」と、『EN VOGUE PREMIUM』の「Colour:071」の納まり。

家具が入ることによりフロアの陰影が深まり、「ロイヤルブルー」としての魅力が強まりました。

 

高級 レッドカーペット 事例

「音楽室」で採用している、「Colour:062」のレッドカーペットとは違った、豪華さと気品を醸し出すことができ、お客様からも大変満足をいただきました。

 

 

エルメス カーペット

リビング カーペット 豪華

ウールカーペット 超高級

インテリアの構成色であるゴールド、レッド、アイボリーが持っている豪華さをより引き出すベースとなりました。

特に、淡いブルーが含まれるソファとの相性も良く、美しいロイヤルブルーの導線が浮かび上がりました。

 

ウールカーペット 置き敷き

オーダーカーペット 施工 評判

ウールカーペット ホテルライク

そしてカーペットを敷き詰めることにより、応接エリアの足元が暖かく優しい足触りになりました。

 

以上、本日は、こだわりぬいた家具とクラシックスタイルのインテリアに引けを取らない個性と演出効果を持つ最上級のメリノウールカーペットとして知られる、フィスバの『EN VOGUE PREMIUM』の納品事例をご紹介させていただきました。

 
 

◆当社・『オーダーカーペット(置敷き)施工』の特集ページ。
http://www.mitsuwa-i.com/overlock.htm

◆ 当社・『リフォーム工事の特集ページ』を見る
http://www.mitsuwa-i.com/m-reform.htm

 

ミツワインテリア: http://www.mitsuwa-i.com/

 


  • 「カーペット」施工事例
  • Trackback(0)
  • FISBA(フィスバ)のカーペットで魅せる、ロイヤルブルーのインテリア はコメントを受け付けていません。
  • at 9:29 PM
  • posted by 管理者
2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930